派遣営業の離職率は?どれくらいキツいのかすべてお話しします!

派遣営業ってなんだか良さそうかも…と思っても、具体的にどんな仕事をしているのか漠然としかわかっていない人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、派遣営業が具体的にどんな仕事をしているのか、離職率の高さやその理由だけでなく、実例も交えてご紹介していきます。

派遣営業の離職率は高い

派遣営業は、一般的に「新規開拓営業」と「既存営業」が多いです。この中で離職率が高いのは、新規開拓営業のほうなんです。

なぜなら、信頼ゼロから顧客を増やしていかないといけないことに加え、ノルマ達成に対するストレスやプレッシャーに耐えられなくなってしまうからです。

新規開拓営業と既存営業の仕事内容の違いについて、あまりピンときていない人もいると思いますので、仕事内容について次で解説していきますね。

新規開拓営業の仕事内容

新規開拓営業は、まったく取引がない会社に電話でのアポ取りや訪問をして、新規取引をおこないます。

取引先をコツコツ増やしながら、取引先企業が欲しいと言った人数分、派遣スタッフを紹介していきます。営業の中でも1番ハードで、それだけ離職者も多くいます。

既存営業の仕事内容

既存営業は、既存の顧客に対して、定期的に営業をおこないます。これは新規開拓営業と同じく、取引先企業が求めている人数分、派遣スタッフを紹介します。

営業としてはスタートしやすいので、長期的に働けるのが特徴だと言えます。

︎[完全無料]経歴や人柄を考慮して、あなたに本当に合った求人を提案いたします!まずは弊社の転職のプロたちにご相談ください!

派遣営業の離職率が高い理由

派遣営業全体として言えるのは、業務量が多く、派遣スタッフと企業の両者の意見を聞いて立ち回らなければならないため、大変だということですね。

とくに新規開拓営業は、新規開拓しなければいけませんし、提案や商談も同時進行していく必要があります。企業に「派遣スタッフを●●人連れていきます」と言ったことも、守らなければなりません。

また、派遣スタッフが入社日に来なかった、辞めてしまったとなった場合、企業が求めている人数より足りないため、企業から怒られることがあります。

そうならないためにも派遣スタッフに「今日の仕事はどうだった?」「何かツライことはないですか?」などと、うまくコミュニケーションをとることも求められます。

派遣スタッフだけではなく企業側とも、うまくコミュニケーションを図らないといけません。

休みが自分のタイミングで取得できず、休日なのに派遣スタッフや企業から連絡が来ることも多く対応する必要があるので、どうしても激務になる傾向が見られます。

︎[完全無料]営業職への転職に不安がある人、今後のキャリアについて、まずは弊社の転職のプロたちに相談だけでもしてみませんか?

派遣営業はキツイけどやりがいがある!

派遣営業は実際にキツイことが多いですが、もちろんやりがいもあります。派遣営業をしている知人にお話を聞いてみました。

末永

派遣営業のやりがいを教えてくれますか?

派遣営業3年目

上手くいかなくて企業側からキツく言われることもありますが、派遣スタッフから「いつも親身に相談に乗ってくれてありがとう」って言ってもらえることがあります。

派遣スタッフの人が気持ちよく仕事をできるように、できる限りコミュニケーションを取るようにしているので、「ありがとう」って言ってもらえた時は、とても嬉しくてこの仕事をしていてよかったなって思っています。

派遣営業5年目

それこそ始めの頃は何度も辞めたいと考えていました。派遣の人も簡単に辞めてしまい、そのたび取引先から怒られることもありました。

でも、業務に慣れてきた頃、取引先の担当者から「良い派遣スタッフを紹介してくれて、業務効率が良くなって助かっているよ」と言われた時は、喜びも一塩でした。

派遣営業はツライ部分も確かに多いですが、やりがいもそれだけ大きなもののようですね。業務が大変だからこそ、派遣スタッフや企業から感謝されると、「この仕事をやっていてよかった」と思えるのでしょう。

また、人材派遣の営業を経験している人は、コミュニケーション能力や提案能力、顧客折衝能力などが評価されるので、その後の転職先も比較的決まりやすいです。

個人的には、次のキャリアプランとしては、ITサービスの営業職と人材紹介会社の営業職がオススメですね。

というのも、現職で培ったスキルを活かしやすく、専門性を身につけやすい、その上、中長期的に給与・年収を上げやすいからなんです。

[完全無料]20代での転職で年収700万円を超える。10年後、20年後を見据えた転職をサポート

人材派遣営業以外でオススメの営業は?

でも、派遣営業はキツそうだし、やっぱり止めておこうと思った人向けに、人材派遣営業以外でおすすめの営業をご紹介します。

人材業界への就職・転職を検討されている人へ

人材業界には興味があるけど、「派遣営業は自分には合わないかもな」と考える人もいるかと思います。

人材業界と言っても、派遣営業だけでなく、求人広告営業、リクルーティングアドバイザー、キャリアアドバイザーなど様々な職種があり、仕事内容は、人材業界の営業とは言っても、大きく異なります。

人材業界に興味がある人は、転職エージェントの企業担当(RA)やキャリアアドバイザー(CA)などもオススメです。 とくに、将来的に人事がやりたいという場合は、人事に営業をする側のRAのキャリアを積むことが近道です。

人材業界への転職を検討されているなら以下の記事を詳しく知りたい人はこちらの記事をご覧ください!

関連記事【未経験必見】人材業界の営業職へ転職するには?おすすめの職種って?

人材業界以外への就職・転職を検討されている人へ

人材業界にとくにこだわりがあるわけではなく、「できることの幅を広げてキャリアアップしたい」「あくまで営業の仕事がしたい」という場合は、「無形商材の法人営業職」がオススメです。

具体的には、ITやWeb業界のコンサルティング営業や、広告運用のアカウントプランナーなどです。

無形の法人営業ってなに?どうしてキャリアアップに有利になるの?という理由をもっと詳しく知りたい人はこちらの記事もご覧ください!

関連記事無形商材の法人営業に転職するべき2つの理由【キャリアUPに繋がる】
︎[完全無料]営業職への転職に不安がある場合は、今後のキャリアについて、まずは弊社の転職のプロたちに相談だけでもしてみませんか?

20代の大事な時期を逃さないためには

転職エージェントの立場から現実をお伝えすると、特定のスキルを持っていない人が30歳を超えて転職をするのはなかなか難しいのが実情です。

反対に、20代で仕事で実績を残しており、かつ前向きな思考を持っている人は市場価値を伸ばせるチャンスがあります。なぜなら、前向きな思考を持っている人は想像以上に評価されるからです。

弊社エージェントサービスでは、市場価値を伸ばせる無形商材法人営業職の求人を多数保有しております。

また、これまで多くの転職を支援した実績から、自己分析のお手伝い、および書類選考対策から面接対策まで一貫した、的確なアドバイスをおこなえる自信があります。

20代というキャリアにおいて大事な時期は今しかないです。本気で営業職でキャリアアップを目指しているという人は、ぜひ弊社へ相談してください。

営業職でキャリアアップしたい20代のための転職エージェント

ポイント

  1. 会社に依存せず市場価値を高めたい営業マンに向けた転職支援!
  2. 営業職のキャリアアップを考えた無形商材法人営業の求人を多数保有
  3. あなたの自己実現ビジョンを軸としたキャリア形成をサポート

【無料】転職サポート申し込み

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。