ゴールドマンサックス証券へ転職|中途採用の難易度・求人情報が分かる!

    ゴールドマン・サックス証券へ転職するコツをプロが徹底解説します。また、気になる中途採用の難易度や求人情報、面接でよく聞かれる質問なども分かりやすく説明します。

    さらに未経験から転職する方法も紹介します。

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

ゴールドマンサックスの中途採用の難易度

ゴールド・マンサックス証券の中途採用難易度は非常に高いです。

なぜなら、日系証券会社と比較しても、必須要件が高いからです。

ゴールド・マンサックス証券の日本勤務の場合、基本的に大卒以上で、希望する職種の3〜5年の実務経験が求められます。

また、日本語だけでなく英語で対面・書面の両方で円滑にコミュニケーションが取れる必要があり、ビジネスレベルの語学力が必須となっています。

さらに金融業界や金融商品、ビジネスに関する深い知識も必要となるため、業種経験者でなければ内定を獲得するのは難しいと言えます。

一方で日系証券会社「野村證券」はどの職種も大卒以上であることが求められますが、その他の必須要件は職種によって異なります。

金融部門の総合職なら銀行・証券会社での営業経験3年以上としていますが、ファイナンシャルアドバイザーは業種未経験でも挑戦できる職種です。

野村證券と比較してもわかるように、ゴールド・マンサックス証券は即戦力として活躍できる実務経験だけでなく、高い英語力も求められるため、中途採用されるのは非常に難しいです。

そんなゴールド・マンサックス証券へ転職する方法としては、主に以下の4つがあります。

1.スカウトサービスから

ゴールド・マンサックス証券からスカウトがくるサービスは、ビズリーチLinkedinの2つがあります。

ビズリーチは、年収500万円以上の良質な求人がたくさん掲載されている転職サイトです。登録しておくと、あなたに興味を持った企業の採用担当や加盟しているヘッドハンターから声がかかります。

Linkedinは、あなたのビジネスパーソンとしての価値を見える化し、人材採用にも利用されるビジネス用のSNSです。人事の人もLinkedinの情報を見るため、その情報をもとにスカウトされて内定が出るケースがあります。

2.自社リクルーター(ヘッドハンター)から

日系企業の人事は、どちらかというと事務仕事の色が強いですが、外資系の人事はゴリゴリの営業に近いイメージなのです。

そのため、自社のリクルーターは上記のビズリーチLinkedinなどの広告求人、もしくは知り合いの紹介などのアナログな方法で人材を探すことが多いのです。

ただ、直接声がかかっても落とされることはよくあります。また、リクルーターから声がかかるのをただ待つだけの受動的な姿勢になってしまいます。

狙ってヘッドハンティングされるのは難しいので、積極的に転職したい人にはおすすめできない方法です。

3.転職エージェントから

ゴールド・マンサックス証券などの外資系企業は、求人を一般公開せず、転職者を目利きしてもらう意味で、一部の限られた転職エージェントに求人情報を出しています。

そのため、転職エージェントから直接紹介された転職者の情報は、人事の目に留まりやすいです。

ゴールド・マンサックス証券への転職をまだ悩んでいる人も、とりあえず悩んでいる状況を相談してみて、早めに転職するかどうか決断することをオススメします。

末永

ゴールド・マンサックス証券など外資系金融に転職したいのであれば、外資系金融への転職に強いエージェントであるJACリクルートメントに相談するのがオススメです。


転職実績が非常に豊富なので、内定獲得に向けて的確なアドバイスをしてくれますよ。

外資系企業の転職にオススメのエージェント

末永

業界最大手の転職エージェントも、ゴールド・マンサックス証券の非公開求人を持っている可能性が高いです。


ただゴールド・マンサックス証券のような外資系企業の求人は、大手エージェントですら常にあるとは限りません。


数少ないチャンスを少しでも広げるためには、様々なエージェントに登録して求人が出る瞬間を待ち、即座に応募できる状態にしましょう。

業界大手の転職エージェント

また、転職するべきか迷っている人は、ゴールド・マンサックス証券のような大手企業から直接スカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがオススメです。

4.未経験から転職する場合

ゴールド・マンサックス証券の中途採用は、業種経験者のみが対象となっているため、未経験からすぐに転職するのは難しいです。

しかし、ゴールド・マンサックス証券が求める必須要件を満たせるように、金融業界で実務経験を積んでから挑戦するのが未経験者におすすめの方法です。

その際、転職のサポートをおこなってくれる転職エージェントを利用すると、必要なスキル・経験が身につく求人の紹介だけでなく、面接対策などもおこなってくれるので積極的に活用すると良いでしょう。

業界大手の転職エージェント

ゴールドマンサックスに転職しやすい人の特徴

ゴールド・マンサックス証券に転職しやすい人の特徴を「経験・スキル」「マインド」の2つに分けて紹介していきます。

経験・スキル

  • 言語能力
  • 数学的知識
  • 金融サービスの知識

マインド

  • 論理的思考ができる
  • 最新の情報に敏感
  • 独創的かつ革新的なアイデアを実現したい
  • チーム意識を持てる
  • 金融資本市場の活動で社会貢献したい

ゴールド・マンサックス証券は世界各国で事業を展開しているため、現地のクライアントと信頼関係を構築するのに言語能力は必要になります。とくにゴールド・マンサックス証券自体がアメリカ企業の外資系になるので、英語能力は必須です。

ゴールドマンサックスの求人情報

2020年12月時点で、ゴールド・マンサックス証券で募集されている求人情報を紹介します。

ゴールド・マンサックス証券が募集している全ての求人を見たい人は、ゴールド・マンサックス証券の公式サイトをご確認ください。

税務アナリスト職の求人情報

税務アナリスト職の募集要項は以下のようになっていました。

募集職種

  • 税務アナリスト

応募資格

  • 主要な会計または法律事務所での最低2年の税務コンプライアンス/アドバイザリーの経験
  • 高い完全性と信頼性
  • 学び、責任を取ることに熱心
  • 強力なコントロール意識と問題についてグローバルな視点をとる能力
  • 強力な分析スキルと詳細志向のアプローチ
  • プレッシャーの下で働き、結果を得る能力
  • イニシアチブを使用し、革新的なソリューションと提案を考え出す能力
  • チームで効果的に働く能力
  • 優れたコミュニケーションスキルが必要
  • 日本語と英語に堪能
  • 金融業界や金融商品に関する知識が役立つ
  • 資格のある日本のCTAまたは弁護士
  • 特に好ましいビッグ4税務経験

責任

  • 日本で事業を行うさまざまなGS事業体の税務コンプライアンス業務に対応
  • 税務部門の他のメンバーと一緒に税務監査に対処する
  • 内部クライアントからの日々の税関連の質問への対応
  • 金融商品/国境を越えた移転価格問題/その他の全社的なプロジェクトの税務顧問業務に関与している

エクイティリサーチ・銀行M&Aブローカー・アソシエイト職の求人情報

エクイティリサーチ・銀行M&Aブローカー・アソシエイトの募集要項は以下の通りです。

募集職種

  • エクイティリサーチ・銀行M&Aブローカー・アソシエイト

応募資格

  • 大学の学位(財務、会計専攻が望ましい)
  • 3〜4年の関連する実務経験
  • 英語と日本語での優れた口頭および書面によるコミュニケーションスキル
  • 優れた分析力、組織力、創造力
  • Microsoft Officeアプリケーション(Excel、Word、PowerPoint)の優れたスキル
  • 独立して、限られた監督の下で仕事/行動する能力
  • 細部への細心の注意、強力な分析および組織力
  • 財務諸表、ビジネス、評価分析を実行する強力な能力
  • 同等のビジネス/財務/コンサルティングの経験が望ましい
  • 水平思考と適切な判断力を発揮する確かな能力
  • エクイティリサーチに対する高いレベルの熱意を持った自発的な態度
  • 自然な好奇心、批判的思考、論理的思考

責任

  • 個別株先物リサーチアナリストへのサポートの提供
  • 会社の予測および評価モデルの構築、維持、更新
  • 市場シェア、マクロトレンド、および企業間およびサブセクター間のデータ分析の分析
  • 対象企業に関する調査ノートを書く
  • 会社/セクター固有のプロジェクトに取り組んでいます
  • 経済データ、ファンダメンタルズ、およびデータの関連する相関関係の統計分析を実施する
  • 月次レポートとマーケティングプレゼンテーションを更新する
  • コンテンツ管理グループと緊密に連携して、調査レポートをタイムリーに公開できるようにします
  • クライアント、セールス、トレーダーからのアドホックリクエストに対応する

財務サービス変更管理・アソシエイト職の求人情報

財務サービス変更管理・アソシエイト職の募集要項については、以下のようになっていました。

募集職種

  • 財務サービス変更管理・アソシエイト

スキルと経験

  • 円決済システム(日本銀行ネット、FXYCS、ゼンギン)および関連する規制、規則、市場慣行、ならびに運用プロセスに関する深い知識
  • 日本における銀行関連の規制上の期待/規則に関する深い理解
  • 対象分野の専門家、プロダクトマネージャー、プロジェクトマネージャーのいずれかとして、ペイメントおよびリクイディティオペレーションの分野で新しいシステム/プロセスの幅広く複雑な実装を実行した経験
  • 速いペースのチーム作業環境で厳しいタイムスケールに取り組む
  • 上級の利害関係者と協力した経験
  • フェデレーションおよびビジネスの利害関係者と協力して、共同の目標を追跡および提供する
  • 戦略的焦点と戦術的実装/実行のバランスをとる能力
  • 関連する製品と市場の知識を完全に理解する
  • ワークストリームのパフォーマンスを監視し、進行に対するリスクと障壁を分析
  • レポートと監視の指標を作成し、問題を特定し、解決するための推奨事項を作成
  • 強力なリーダーシップ、問題解決能力、効果的なコミュニケーションにより、対立/複雑な問題を管理した確かな実績

基本的な資格

  • 日本での円決済、支払い処理、トランザクションバンキング業務で6年以上の関連経験を持つ学士号
  • 複雑なビジネス文書や規制当局とのコミュニケーションを処理するための、日本語のネイティブレベルの流暢さ
  • 優れたコミュニケーションスキルとプレゼンテーションスキル
  • 組織やレベルを超えて影響を与え、影響を与える能力を備えた効果的なチームプレーヤー
  • 優れた分析力、問題解決能力、時間管理能力
  • 複数のプロジェクトを同時に管理するための優れた組織力
  • 強い詳細感と切迫感、他の人に提供するように動機付ける能力
  • 強力な利害関係者の管理
  • Word、Excel、Outlook、およびPowerPointを含むMicrosoft OfficeSuiteの熟練した使用
  • プロセス設計、BPM、リーン/シックスシグマおよび/またはその他の継続的改善方法論の経験
  • ウォーターフォールとアジャイルプロジェクトの提供方法の両方の経験が強く望まれます

ゴールドマンサックスに転職できる可能性を上げる方法

ゴールド・マンサックス証券へ転職できる可能性を上げるためにやるべきこととして、以下の3つが挙げられます。

  • 自己分析をする
  • 企業研究をする
  • 逆質問を考えておく

自己分析では、なぜその企業に入社したいのか?なぜその職種を選ぶのか?をしっかりと振り返り、整理しましょう。

また、希望する企業の事業内容や方針を理解していないと、面接で答えらずにお見送りになってしまうケースがあるので、企業研究もしておきましょう。

基本的に、面接の最後は逆質問を聞かれるので、質問を用意しておきましょう。

自己分析・企業研究・逆質問について詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事転職活動の自己分析のやり方と活かすコツをプロが伝授!【想定質問集付】
関連記事【保存版】企業研究のやり方を転職のプロが分かりやすく解説!
関連記事転職面接の逆質問例&NG例を解説!見られるポイントもご紹介します

ゴールドマンサックスの面接でよく聞かれる質問

ゴールド・マンサックス証券の面接では、以下のような質問をされる可能性があります

  • NYでのビールの1年間の売上高はいくらくらいだと思うか?
  • もしあなたがプロジェクトの仕事でチームメンバーの一人と意見が合わず議論が平行線のまま白熱してきたらどうするか?
  • ゴールドマン・サックスにとって重要なクライアントの不正が発覚したときにどうするか

また、上記のような質問を面接でされることを意識して、志望動機や自己PRを考えると良いです。

以下は、志望動機や自己PRを考える方法をまとめてありますので、考えたけれどうまくまとまらないという人は参考にしてみてください。

関連記事転職面接での志望動機の考え方を解説|面接官に響く回答例つき
関連記事履歴書の自己PRってどう書く?書き方とポイントを例文付きで伝授!

ゴールドマンサックスの企業情報

以下は、ゴールド・マンサックス証券の企業情報です。

設立 1869年
資本金 836億1,600万円
代表者 持田 昌典
従業員数 約800人

もっと詳しい企業情報について、以下で紹介していきます。

事業内容

ゴールドマン・サックスは、投資銀行としての事業、証券・資産運用事業を核にした金融サービスを企業や国家に提供している会社です。

日本国内では数多くの大手企業の資産運用を代行したり、M&Aの手助けをして利益を得ています。

有名な例をあげればユニバーサルスタジオジャパンへの投資です。当時ユニバーサルスタジオジャパンは経営不振で厳しい状況でしたが、ゴールドマンサックスが投資をして業務改善をおこない、ユニバーサルスタジオジャパンは経営不振から脱却できた過去があります。

ゴールド・マンサックス証券は全世界の機関投資家のために金融サービスを提供し、成り立っている外資系の会社です。

他にもゴールドマン・サックスは投資銀行業務を含め、以下のような事業をおこなっています。

  • 投資銀行業務
  • 証券業務
  • 投資業務
  • 資産運用業務
  • 投資調査業務

職種

ゴールド・マンサックス証券には以下のような職種があります。

業務内容
エンジニアリング あらゆる業務の情報システムを担当する
グローバル・マーケッツ 世界の金融市場の株式、債権、為替、コモでティティ、そしてデリバティブ(金融派生商品)の高度な分析と取引に注力
投資銀行部門 M&A等に関するアドバイザリー業務、資金調達等に関する引き受け業務等、自己勘定投資に関わる業務等を通じて、お客様に対する財務上その他のソリューションの提供を行っている
アセット・マネジメント ゴールドマン・サックス・グループの資産運用部門に属しており、幅広く資産運輸サービスを提供
マーチャント・バンキング ゴールドマン・サックス・グループのプライベート・エクイティ・ファンドを通じ、企業や不動産などの資産に対して投資を行っている
投資調査 グローバルな金融ネットワークを通じ、世界の主要な国々のマクロ経済調査、投資戦略、企業調査を行っている
オペレーションズ 金融商品事に、取引を成立させる部門と成立した取引を管理実行する
コントローラーズ 自社およぶファンドの財務・管理会計・報告や、金融商品の保有状況及び収益管理と直評価の検証等
リスク・マネジメント ゴールドマン・サックスの信用リスク、市場リスク、オペレーショナル・リスクなど様々なリスクの管理、評価、分析を行う
コンプライアンス ゴールドモン・サックスのレピュテーションを守り、あらゆる業務におけるリスクの管理
人事 人材を採用・育成し、社員が意欲的かちう長期的に働くためのサポート
コーポレート・アンド・ワークプレース・ソリューション オフィスインフラ、ワークプレース、アメニティなどの各種サポートやサービスの提供
財務 ファイナンス面の中核的機能

直近の業績と今後の事業課題

2020年10月に発表された7~9月期決算では、純利益が36億1700万ドル(約3800億円)で前年同期比93%増となりました。さらに事業会社の売上高に相当する順営業利益は前年同期に比べ30%増の107億ドルとなりました。

ただ部門別の営業収益は投資銀行部門が同7%増にとどまり、他の部門と比べて増加が少なくなっています。

会社全体で見たら業績は好調です。今後はゴールド・マンサックス証券のメイン事業となる投資銀行部門の売り上げをどう伸ばしていくかが課題となりそうですね。

ゴールドマンサックスのカルチャー・働きがい・福利厚生

ゴールド・マンサックス証券のカルチャー・働きがい・福利厚生などについて、以下の順で解説していきます。

企業文化・組織体制

ゴールド・マンサックス証券の企業文化や組織体制を口コミサイトなどで調べてみたところ、悪い評判は少なかったです。

ゴールド・マンサックス証券はいつトラブルが起こるか分からない仕事柄、労働時間は長くなってしまいがちです。ただしその労働時間に見合うだけの高年収をもらえるため、社員の満足度は高いようです。

ワークライフバランスよりも高年収を得ることを優先している社員が多いのかと予想できますね。

他には以下のような口コミがありましたので、まとめて紹介します。

  • チームワークを大事にする
  • パフォーマンスが求められる(外資企業の特徴)
  • 社会貢献活動に積極的で社員のボランティア活動への参加率が高い

働きがい

ゴールド・マンサックス証券の働きがいと言えば、やはり経営難の企業を救済するということにやりがいを感じるのではないでしょうか。

ゴールド・マンサックス証券は投資銀行の業務が核となるので、業績が悪化している企業に投資とテコ入れをして業績を回復させ利益を得ています。

なので高いコンサルティング力が求められます。時には相手先企業の経営者になりかわり、会社の方針を変えることもあります。

その判断によって1つの企業というだけでなく、そこで働く従業員やそこと取引している企業にも利益を与えることができるので、その規模感の大きさがやりがいにつながっているのでしょう。

他にも口コミサイトには以下のような声が寄せられていました。

  • 優秀な人が集まっているし、卒業生などはスタートアップやファンドなどで活躍しているので彼らとの人脈構築に役立つ
  • 業界で世界トップのプレゼンスのある企業の社員として働く誇りがある
  • やる気があって努力していれば必ず評価してくれる

ワークライフバランス

ゴールド・マンサックス証券は先ほども紹介した通り激務になりやすい企業です。ワークライフバランスについては正直いまいちな印象です。

ただし部署によっては19時の退社や育児休暇などの取得も柔軟に取れるようです。また在宅勤務などの出社に関する融通は効きやすいです。

年収・福利厚生

ゴールド・マンサックス証券の平均年収を口コミサイトのOpenWorkで調べたところ、約1841万円でした。

とはいえ口コミサイトの情報は誰が書いているのかなどで、平均年収は変わってしまいます。

ゴールド・マンサックス証券は確かに基本的に年収は高いですが、結果を残している人にのみ当てはまる部分と言えるでしょう。3000万円のボーナスがもらえるような会社なので結果を残した人は年収は高くなりますが、結果を残せない人は去っていきます。

加えてどの部署に配属になるかによっても開きがあるので、一概に年収相場を記載することは難しいです。

またゴールド・マンサックス証券が導入している福利厚生は以下のような制度がありました。

  • 長期所得保証保険
    ・長期にわたり就業不能の場合、基本給の一定割合を支給

  • ウェルネス・プログラムの提供
    ・フィットネスセンターを利用できる
    ・社員同士の交流を深めるために、シャアにで結成されたクラブの活動費の一部を会社が負担
  • チャイルドケア
    ・ペアレンティング休暇〜男女問わず、法令で定められている産前産後休暇を含めて最大20週間までの有給休暇をとれる
    子供が3歳になるまで所定労働時間を1日あたり1時間短くすることができる

ゴールド・マンサックス証券の福利厚生について、もっと詳しく知りたい人はゴールドマンサックスが出している公式の採用情報をご確認ください。

ゴールドマンサックスへの転職を成功させるコツ

転職エージェントを活用することで、ゴールドマンサックスへの転職成功率がアップする可能性があります。

選考で見られるポイントを把握した上で、応募書類や面接対策を実施してくれる他、経歴だけではなく、人柄を含めて推薦してくれるため、自主応募よりも選考通過率が高まるからです。

また、転職するべきか迷っている人は、大手企業からスカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがオススメです。

筆者がおすすめする転職エージェントをいくつか紹介しますので、気になったものを登録してみてください!

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビ金融 AGENTに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント