営業職ってブラック?激務になりやすい業界を転職のプロが大暴露!

The following two tabs change content below.

アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

一般的に、営業はブラックだと言われていることが多いですよね。この記事を読んでいる人も、きっとブラックだというイメージを持っていると思います。

でも、営業をやっている人がみんなブラックだと思いながら働いているという訳ではありません。

そこで今回は、営業職は本当にブラックなのか?という疑問を解決していきます。

他にも「営業職の中でも激務になりやすい業界」や「実際に営業職で働く人の口コミ」についても紹介します!

営業職は業界や企業によってはブラック

営業職全般がブラックであるかというとそうではありませんが、残念なことに業界や企業によってはブラックなところもあります

とくに不動産・保険・証券会社・銀行など、お金を取り扱う営業職の人は、休日にアポイントの予定が入ったり、勤務時間外の仕事が入る場合があります。

とはいえ、会社自体がブラックというわけではなく、営業成績に応じてインセンティブが支給されることもあるため、自ら激務にしている人もいます。

ブラック企業の特徴とは

ブラック企業の定義は特に決まっていませんが、厚生労働省が以下3つの特徴を挙げています。

  1. 極端な長時間労働やノルマを課すこと
  2. サービス残業やパワハラなどコンプライアンス意識の低さ
  3. こうした状況下で労働者に対して過度の選別を行うこと

なんだかボヤっとしていてはっきりしませんよね。

簡単に言えば、過剰残業や給与の残業代の未払い、大量採用、パワハラ・セクハラなどが行われている会社はブラック企業だと言えます。

激務になりやすい業界と営業の種類

営業を大きく分けると、新規営業・既存営業・深耕営業の3種類がありますが、その中でも新規営業はブラックだと言われがちです。

新規営業は個人や企業に向けて電話や訪問で営業をしますが、なかなかアポイントが取りづらく、断られ続けると精神的にツラくなるのでブラックに感じる人が多いです。

既存営業は顧客の御用聞きといった感じで、商品の補充をしたり、挨拶回りをしたりします。ルート営業とも呼ばれることがあり、基本的に新しい商品の提案などはしません。

深耕営業はすでにある顧客に対して、ニーズを汲み取って、さらなる提案をしていくのが仕事です。

もちろん会社によって違いはありますが、それぞれの業界で割合的に多い営業は以下の通りです。

新規営業の多い業界 既存営業の多い業界 深耕営業の多い業界
人材教育業界 電子機械系メーカー・商社 医薬医療バイオ業界
広告・メディア業界 化学系メーカー・商社 コンサルティング業界
金融業界 消費財メーカー・商社 IT通信業界
不動産業界(個人向け) マスコミ業界
インターネット業界 物流運輸業界
不動産業界(法人向け)

新規営業は激務になりがちなので、ワーク・ライフ・バランスを保ちながら働きたい人は、既存営業か深耕営業がおすすめです。

実際に営業職で働いている人の口コミ

営業職で実際に働いている人は、ブラックだと思っているのかどうか聞いてみました。

新規営業・男性
新しく開拓していかなくてはいけないので、100件電話をかけても1件もアポイントに繋がらないことはザラにあります。

それでも挫けずに何度もチャレンジをして、アポイントが取れたときのやりがいを感じられないとなかなか続かない仕事です。

ノルマがあるので、ブラックだと思われてしまいがちではありますが、ノルマをしっかりと達成すればそこまでブラックではないと思います。

でも、営業としての実力がつくまではかなりしんどい思いをしますね。猪突猛進タイプの人には向いているんじゃないでしょうか。

既存営業・女性
既存営業は、営業職の中で1番ラクだと言われていますが、業務がルーティン化されるので忍耐力が必要です。

営業職として、人とコミュニケーションを取りながら働きたいけれど、新規営業みたいにゴリゴリ営業はしたくないって人には向いているかもしれません。

私は新規営業から既存営業に転職しましたが、やりがいで言えば新規営業の頃の方が断然ありましたね。

結婚して子供がいるので、ワーク・ライフ・バランスを保ちながら働きたい女性にも向いているかと思います。

深耕営業・女性
既存の顧客とコミュニケーションを取りながら、あとどれぐらい引き出せるのかを戦略的に考える必要があるので、コミュニケーション能力・提案力・戦略性が必要な仕事だと思います。

顔見知りのお客さん相手なので、新規営業よりはキツくないと思います。

ただ、知っているお客さんだからこそ、長く付き合ってもらうためにガツガツした営業はできないですし、きちんと戦略を練らないといけないです。

ブラックかどうか不安なら転職エージェントに相談するのがおすすめ

「転職してみたらブラックだった…」「求人広告や面接で聞いていた話と全然違う…」といったミスマッチの転職は、みなさんが思っている以上に多いです。

またすぐ転職することになり、経歴にキズがついてしまうことは避けたいですよね。

とはいえ、気になっている企業がブラックなのかを自分で目利きするのは、難しいのではないでしょうか。

口コミサイトなどを参考にするという方法も1つですが、その企業を退職した人が口コミを書いているケースがほとんどなので、一定のバイアスがかかっており、情報が100%正しいとは限りません。

転職エージェントは、企業や事業部ごとの社風や退職率の実態、こんなタイプの人は合うけど、こんなタイプの人は合わないかも…といった、企業の生の情報をたくさん持っています。

客観的な視点で、あなたの志向性やキャリアにあった企業をオススメしてくれますよ。

※以下にオススメの転職エージェントをまとめてみました。
担当キャリアアドバイザーと相性が合わない、十分なサポートをしてもらえない、というケースもあるので、まずは自分に合いそうなエージェントに2〜3社登録してみて、キャリアアドバイザーに会ってみた上で、サポートしてもらうエージェントを選んでいく方法がオススメです。

全員必ず登録すべき!大手エージェント

30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。そういった方は、幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25