営業から総務へ転職ってできる?必要な適性や転職する注意点を解説!

オフィスの風景

The following two tabs change content below.

末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

総務って仕事がラクそうだから、営業から転職しようかな?と考えて、この記事を読んでいる人が多いと思います。

外回りに1日を費やし、設定された目標を達成するために残業をする日々…もっとワークライフバランスを保って働きたい…そうだ、総務が良いのでは?と思って、次の転職先として考えているのではないでしょうか。

そんな営業から総務へ転職したい人向けに、「営業から総務へ転職できるのか」「総務に必要な適性」「総務へ転職するときの注意点」など、転職のプロである筆者が徹底的に解説します。

営業から総務へ転職できる?

ハサミや付箋などの備品が並んでいるデスク
営業から総務へ転職できるのかですが、会社を選ばなければ可能です。

営業はコミュニケーション力があって、実際の契約周りのことも知っているので総務への転職は不可能ではないですね。

ただ、総務は利益を生まない間接部門なので、人手が足りないなどの理由がないと求人が出ません。基本的にはすぐに活躍できる人でないと採用されないため、法務や経理、人事の経験がないと採用されにくいです。

営業から総務へ転職することはできますが、法務や経理、人事に関わったことがないと、現実的に厳しいところがありますね。

営業から総務へ転職するときのアピールポイント

法務や経理、人事に関わったことがなく、未経験で営業から総務を目指す場合、どういうことをアピールすれば良いのか悩むと思います。

必ずしも評価されるわけではないのですが、アピールポイントをいくつかご紹介していきますね。

総務は部署間の調整役を担い、スムーズに業務をおこなえるようにしなければなりません。そのため、コミュニケーション能力の有無は十分にアピールできるポイントの1つです。

また、社内社外を巻き込んで仕事をやった経験企画をプランニングした経験などがあれば、自己PRに入れるようにすると良いでしょう。

他にも社内の問題を積極的に解決するために何をしたのか、社内の生産性を上げるための仕組み作り、部署の雰囲気を改善するための施策の提案も評価される場合があります。

次で総務の仕事内容について説明しますが、総務は会社をより良くするための部署なので、営業時代から総務的な仕事を自主的にやっていれば、アピールポイントになると思います。

総務に必要な適性

忙しそうに働いている女性
総務は縁の下の力持ちと言われるほど、様々な業務をおこないます。別名、なんでも屋と呼ばれているぐらいです。

地味な仕事をただただ毎日こなす必要があるため、デスクワークやルーティンワークに苦痛を感じない人は向いていると言えますね。

また、業務やイベントをスムーズに進めるための部署間の調整役でもあるので、コミュニケーション力と協調性が求められる職種です。

裏方としてサポートをしていくのが好きな人なら向いていますね。あとはどれだけ会社を好きになれるかも重要な適性だと思います。

総務は任された仕事をやるのも大切ですが、どうしたら会社がもっと良くなるのかを考える必要があります。そして考えた施策を実行するために、各部署と調整をするのですが、それはある意味社内営業のようなものになります。

こういう部分に営業で培われた経験が役立つかもしれませんね。

総務の仕事内容

ヨーロッパの地図とパスポート
総務では、会社を経営していく上では必要だけど、専門的に受け持つ部署がない仕事を担当しています。

利益を生み出す部署ではないものの、会社全体に関わる仕事をおこなっています。

  • 書類の管理
  • 契約書の作成・管理
  • 郵便物の管理
  • 備品の管理・発注
  • オフィスの管理
  • 社内旅行などのイベント企画・運営
  • 株主総会の企画・運営
  • 来客・電話の対応
  • トラブルの対応

中小企業の場合は、間接部門にそこまで人員を割けないため、総務が給与計算や勤怠管理、社会保険の手続き、入社・退社の手続きなどの労務関係の業務も担当します。

また、採用活動や社内研修などの人事を兼ねることもあります。会社の知的財産の管理、社内規定の作成・更新といった法務の仕事、広報の仕事も含まれていたりします。

業務内容は多岐に渡るので、仕事がラクってことはないです。色々なことを頼まれるため、しっかりとこなす必要があって、実は他の部署よりも責任が重いと言えるでしょう。

総務へ転職するときの注意点

悩んでいる女性
ぶっちゃけですが、総務は花形ではなく、裏方の部署です。そのことを理解していないと仕事がキツくなってしまいます。

自分から積極的に何かをしたいと思っている人や、出世したいと思っている人には向いていないでしょう。

仕事はやって当たり前だと思われていることが多く、やりがいが感じられないです。また、単調な仕事から飽きてしまう場合もあります。

総務にはこのようなリスクがあるため、どういう仕事なのかをしっかり把握して、それでも頑張っていける人でないと転職はしないほうがいいでしょう。

総務へ転職した後のキャリアパス

笑顔で並んでいる男女
最後に総務へ転職した後のキャリアパスについてもご紹介しておきますね。

基本的には、管理部門の責任者として活躍することが多いです。会社全体のことを把握しているため、チームのマネジメントをすることになりますね。

あとは会社によって違いますが、経営者に対して新しい施策の提案など、戦略的なことに関われる場合もあります。

他にも中小企業で総務兼人事を経験し、その次の転職で人事として活躍する人もいますね。

総務の求人は多くないからこそ転職エージェントを使うべし!

現職と異なる業界や業種に転職する際に、多くの方が陥りやすい失敗は「イメージや憧れで転職したけれど、やってみたら実際は全然違った」というケースです。

ラクな仕事だと言っている記事もありますが、正直ラクな仕事ではないです。総務へ転職すると安易に決め、働き始めたものの、やっぱり合わなくて転職してしまうとキャリアに傷がついてしまいます。

そうならないためにも、筆者としては転職のプロである転職エージェントに「総務へ転職するべきなのか、リスクはあるのか」などの相談することをおすすめします。

転職エージェントでは、業界の人でないと知らないような業界の構造や将来性、具体的な仕事内容、メインとなるプレイヤーの関係図などの基礎的な情報を提供してくれます

また、総務は利益を生まない間接部門なので、人手が足りないなどの理由がないと求人が出ません。
大量募集ではなく、自社の採用要件にぴったりの人材を選んで採用したいというニーズなので、転職エージェントに非公開求人として依頼しているケースも多いです。

できるだけ多くの求人に出会うためにも、まずは2~3社、自分に合いそうな転職エージェントに相談をしてみましょう。

以下に求人数やサポート面、得意領域などから、オススメのエージェントをピックアップしました。
リンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

全員必ず登録すべき!大手エージェント

30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。そういった方は、幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25