ネットワークエンジニアが年収を上げる方法

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

現在ネットワークエンジニアとして 「スキルアップして年収をあげたい」「ゆくゆくは年収1000万を目指したい」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、そのような方に向けてネットワークエンジニアが年収を上げる方法について説明していきます。

そもそもネットワークエンジニアとは?

ネットワークエンジニア とは、サーバーエンジニアによって構築されたサーバーを基にネットワークを繋ぐ事が仕事です。

サーバーと端末や、サーバーとサーバーを繋ぐ事によって、ネットワークの設計・構築・運用・保守を行います。

ネットワークの設計

設計は、クライアントの要望をヒヤリングしてネットワークシステムの企画をする仕事です。

ットワークの構築

設計書をもとに新たなネットワーキングシステムを構築する仕事です。

ネットワークの運用・保守

システムを正しく稼働させるために、ネットワークの監視・トラブルの対応を行います。

他のエンジニアとは何が違うの?

エンジニアと言っても、たくさん種類があるので、なかなか違いがわからないという方も多いかと思います。ネットワークエンジニア と混同されやすいエンジニアを紹介します。

サーバーエンジニア

サーバエンジニアは、ネットワークエンジニアの職域のサーバ部分のサーバ機能の設定やカスタマイズを業務とします。

インフラエンジニア

インフラエンジニアは、PCの配置やサーバ機やルーターやハブ、配線などの物理的なインフラの設置から、各クライアント端末のセキュリティ設定、プリンタ設定、SSLのクライアント証明書の設定なども行います。
サーバ周りの設定は、サーバエンジニアやネットワークエンジニアが担当しますが、クライアント端末の設定は、インフラエンジニアの業務となります。

名前は違うものの、明確な線引きが行われないことも多く、優秀なネットワークエンジニア がサーバーエンジニアの役割を担う事はざらにあります。

ネットワークエンジニア としての業務だけでなく、サーバーエンジニアやインフラエンジニアとしての業務を行う事ができれば、将来的なキャリアを充実させる事ができるでしょう。

ネットワークエンジニア への転職をお考えの方へネットワークエンジニア への転職を成功させるためは、転職エージェントの利用が強力な武器となります

私自身、リクルートエージェントの時代からキャリアアドバイザーとして転職に携わらせて頂いてますが、相談に来る候補者様のほとんどが「どうすれば将来的なスキルアップ・キャリアアップできるかわからない」と悩んでいます。

少しでも転職成功の確率を上げるために、ぜひ転職エージェントに相談してみましょう。
(転職エージェントへの相談は無料です。)

あなたにピッタリの転職エージェントを15秒で診断します

性別を教えてください♪

年齢を教えてください♪

希望年収を教えてください♪

希望職種を教えてください♪

Loading...

あなたに
ピッタリの転職エージェント

1見つかりました
(エージェントは複数登録をおすすめしています)

リクルートエージェント

あなたにオススメな理由

向けの転職に最大の強みを持つ

リクルートエージェントへの
登録はこちら

リクルートエージェントの特徴

1.国内最多の求人数を保有
2.20代で未経験業界や職種へのチャレンジ可能な求人を多数保有

こんな人にオススメ

幅広い業界・職種の求人を網羅的に紹介して欲しい

リクルートエージェントへの
登録はこちら

マイナビエージェント

あなたにオススメな理由

向け最大の求人数

マイナビエージェントへの
登録はこちら

マイナビエージェントの特徴

1.若手向けサービスマイナビジョブ20’sを展開
2.営業系転職への強み

こんな人にオススメ

20代で未経験業界・職種にチャレンジしたい人

マイナビエージェントへの
登録はこちら

doda

あなたにオススメな理由

幅広い年代や職種に対応できる
10万件以上の求人数

dodaへの
登録はこちら

dodaの特徴

1.面接・書類作成などの転職サポートが手厚い
2.マッチングへのこだわり。
キャリアアドバイザーが求人を絞ってくれる

こんな人にオススメ

自分に合った求人をプロの視点で提案して欲しい

dodaへの
登録はこちら

ジェイック

あなたにオススメな理由

フリーター・既卒・大学中退向け最大の求人数
年収円向け最大の求人数

ジェイックへの
登録はこちら

ジェイックの特徴

1.既卒者・派遣・フリーターの転職を手厚くサポート
2.未経験業界・職種への転職サポートが手厚い

こんな人にオススメ

自分のキャリアや転職市場価値に自信がない

ジェイックへの
登録はこちら

JACリクルートメント

あなたにオススメな理由

ハイクラスの転職に特化したエージェント
年収円向け最大の求人数

JACリクルートメントへの
登録はこちら

JACリクルートメントの特徴

1.年収600万円以上の転職サポートに特化
2.30代以上の転職サポートにも強い
3.企業側・転職者側の担当が同一人物

こんな人にオススメ

年収600万円以上を目指す20代後半から30代以上の方

JACリクルートメントへの
登録はこちら

ビズリーチ

あなたにオススメな理由

会員制転職サイト
ハイクラス求人は数が少ないので、網羅するため転職サイトも一緒に利用するのがオススメです!

ビズリーチへの
登録はこちら

ビズリーチの特徴

1.年収600万円以上のハイクラス転職サポートに特化
2.行きたい企業から逆オファーが届く

こんな人にオススメ

年収600万円以上のハイクラス転職を目指す方

ビズリーチへの
登録はこちら

マイナビIT

あなたにオススメな理由

向けの転職に特化したエージェント

マイナビITへの
登録はこちら

マイナビITの特徴

1.IT・WEBに特化した国内最大規模の転職エージェント
2.IT業界を専門とするキャリアアドバイザーが担当

こんな人にオススメ

エンジニアやWebデザイナーとしてキャリアアップを目指す方

マイナビITへの
登録はこちら

レバテック

あなたにオススメな理由

年収円向けIT業界最大の求人数

レバテックへの
登録はこちら

レバテックの特徴

1.エンジニアやWebデザイナーに特化した国内最大規模の転職エージェント
2.エンジニア・Webデザイナーの非公開求人を多数保有

こんな人にオススメ

エンジニアやWebデザイナーとして相談ベースで転職を目指す方

レバテックへの
登録はこちら

Type女性の転職エージェント

あなたにオススメな理由

女性に特化した転職エージェント

Type女性の転職エージェントへの
登録はこちら

Type女性の転職エージェントの特徴

1.女性のキャリアアドバイザーが転職をサポート
2.女性の転職に特化した国内最大規模の転職エージェント

こんな人にオススメ

女性ならではの悩みを相談しながら転職を目指す方

Type女性の転職エージェントへの
登録はこちら


ネットワークエンジニアの年収相場や平均年収は?

今回ネットワークエンジニアの年収を上げる方法について考える前に、そもそもネットワークエンジニアの平均年収がいくら位なのかを見ていきましょう。

”ネットワークエンジニアの平均年収”

  • 20歳~24歳 373.4万円(月額23.3万円)
  • 25歳~29歳 465.1万円(月額29.1万円)
  • 30歳~34歳 510.9万円(月額31.9万円)
  • 35歳~39歳 583.0万円(月額36.4万円)

また、「設計」「構築」「運用・保守」でも年収は異なる場合があります。

ネットワークエンジニアの年収は高い?低い?

それでは、そのネットワークエンジニアの年収ですが、他のエンジニア職と比較してどうなのかを見ていきましょう。

  • ネットワークエンジニアの平均年収:455万円
  • サーバエンジニアの平均年収:465万円
  • プログラマーの平均年収:443万円
  • システムエンジニアの平均年収:516万円

あくまで参考ですが、ネットワークエンジニアの年収は、他のエンジニアと比較しても平均的とは言えるでしょう。

年収は大きくは変わりませんが、社内的な地位は ネットワークエンジニアは高い場合が多いです。

ネットワークエンジニアが年収を上げるには?

ここまで、ネットワークエンジニアの年収とそれが高いのか低いのかを見てきましたが、ここからはそれを上げていく方法について説明します。

派遣で年収アップする方法

メリット

派遣社員であれば、派遣先の掛け持ちなどで業務量自体を増やせば、年収約700万円以上は可能になります。同じ理由で、フリーランスになって業務量や活動量の制限を無くせば、当然年収アップに繋がります。

デメリット

フリーランスになると、収入は安定しないですし、一般的に企業で受けられる福利厚生や社会保障が受けられないというデメリットもあるので、自分の経験や知識を十分見極めた上で検討する必要があります。

転職して年収アップする方法

メリット

一般的に、運用・保守→構築→設計と上流工程になるに従って年収はアップします。

「現在働いている企業でのスキルアップが難しい」という方は、上流工程に携われる企業に転職をすることをお勧めします。

転職エージェントを活用すると、現在の会社と他社の条件を比較して自分の希望にあった会社を選べます。

デメリット

必ずしも短期間で転職先が見つかるわけではないことと、未経験であれば年収ダウンに繋がる可能性が高いこと、自分が転職希望であることが現在働いている会社に知られると、その後の処遇や配置に悪影響を及ぼしかねないことです。

勤務場所を国外に求めて年収アップする方法

メリット

一定のスキルを持つネットワークエンジニアであれば、日本国外の企業で働く方法もあります。IT業界の進歩が日本より進んでいるアメリカや中国であれば、年収が日本のネットワークエンジニアを大きく上回るケースが多く見られますし、平均年収は1,000万円を超えるケースは多く見られます。

デメリット

国外で働くことは英語などのスキル面でのハードルと、家庭がある方にとっては、国外で暮らすという事は心理的なハードルが高いかと思います。

多くの人にとっては現実的な選択肢にはならならないかもしれませんね。

資格取得

IT企業では関連資格の取得補助や保有に対して手当を支払うケースが多く見受けられます。

資格自体は難易度の低いものから、高いものまで様々ですが、会社が取得に補助や報奨金を付けたり、毎月の手当を支給してくれるのであれば、取っておいて損はありません。企業側の評価につながる資格をいくつかご紹介します。

企業が評価する資格

CCNA

ここで紹介するCCNA以下は世界最大手のネットワーク機器メーカーであるシスコシステムズ社が実施するネットワークエンジニアの技能を認定する資格試験です。試験のグレードは難易度として5種類あり、CCNAは、保有することでネットワークエンジニアとして基礎的な技能が備わっていると評価されます。この試験は、1998年の日本語試験開始時には174人だった受験者が、2004年には8万人を超えていることから注目度の高い資格と言えます。

CCNP

CCNAの上位資格にあたります。大規模ネットワークの導入、運用、保守を行う技術を持つことが証明されます。

CCIE

ネットワークエンジニアとしては最も難易度の高い資格です。保有者の平均年収は、900万円~1,500万円と言われています。

実績による評価

資格だけでは大幅な年収アップには繋がらないかもしれませんが、システムの設計や構築に関する実績による評価を積み上げて、昇格につなげることができれば、かなりの年収アップを得ることは可能です。実績としてアピールのポイントは、プロジェクトの規模、その役割や期間、成果物があります。

ただ、システムの運用・保守に携わっている方はなかなか評価はされづらいかもしれません。

在籍企業では、そのような実績でアピールする方法がありますが、転職を伴う場合は、やはり転職エージェントを利用して、職務経歴書の書き方など具体的なアドバイスをもらった方が効果的でしょう。そこでは、自分の専門スキルや応用可能なスキルの再発見ができるかもしれません。

ネットワークエンジニアの年収についてのまとめ

ここまで、ネットワークエンジニアが年収アップする方法を見てきましたが、やはり効果が大きいのは資格の取得です。特に、CCIEを保有している場合は効果的と言えます。ご紹介した資格は世界基準の資格なので、海外の企業でも通用しますし、フリーランスとして働く場合も勿論評価されます。

このように、自分の経験や保有する資格を生かして環境を変えることも年収アップのひとつの手段です。ネットワークエンジニア自体は、今後も企業からの需要は高く、アメリカ並みの年収も期待される職種ですが、現状日本での年収は高いとは言えません。

今回の記事を参考に資格の取得や環境を変えることで年収アップを目指してみてはいかがでしょうか?

上流工程に転職して年収をアップするには?

運用・保守などの業務に携わっている方は、「上流工程に携わりたい」「ずっと同じクライアントを抱えているので、技術的な成長がなく、新たな環境でチャレンジしたい」「年収をあげたい」という思いを抱えている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか?

ネットワークエンジニアはクラウドサービスの台頭により、絶対的な数は減っていくことが見込まれます。

また、ネットワークエンジニア とサーバーエンジニア そしてインフラエンジニアとの明確な境界が曖昧になっていくので、これまでのように、狭く深くという知識を持っているより、比較的浅く広い知識を持った人材が評価される時代に突入していく事が予想されます。

変化の多い時代を生き抜くためにも、戦略的にキャリアを創造する事が必要となるでしょう。

そのためにも、一度転職エージェントに相談してキャリアについて一度、考え直してみてはいかがでしょうか?

ただ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、そういった優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきです

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

一般的な転職の流れ

①転職サービスへの登録

申し込みフォームに、転職希望時期希望勤務地職種年収などを入力し、申し込みを完了させます。

②求人状況の確認・サービスのご連絡

申し込み内容を見て、転職エージェントは保有している求人のなかから紹介可能な求人を調べます。申し込みから一週間以内で、転職エージェントからサービス内容や面談日程について電話やメールで連絡が届きます。

なお、求人の状況によっては、面談や相談サービスを受けることが難しい場合もあります。

③キャリアアドバイザーとの面談・相談

面談では、業界、職種に精通した専任のキャリアアドバイザーやコンサルタントが、これまでの経験や希望条件を確認し、求人の紹介やキャリアプランの提案を行います。

日程調整やキャリアアドバイザーと直接会えない場合は、電話面談も可能です。

④求人紹介・書類添削・面接対策

面談によって方向性が明確になったら、転職エージェントが保有している求人企業の紹介が始まります。お申込みいただいた方の力を最大限に発揮できる企業を中心にご紹介しています。

求人の9割は一般の転職情報サイトや求人誌には掲載されない非公開求人。いままで見つけることのできなかった求人に出会えるかもしれません。

採用担当者が思わず読みたくなるような職務経歴書の書き方や、「採用したい!」と思わせる面接テクニックのアドバイスもサポートのひとつです。

「模擬面接」を実施し、希望企業に「採用したい!」と思わせるような面接テクニックをレクチャーしています。

⑤応募・書類選考・面接

応募したい企業が決まったら、意思をしっかりと確かめた上で、キャリアアドバイザーが推薦状と共に推薦します。

また、面接日程の調整だけでなく、内定時期をできるだけ揃えるといった調整もキャリアアドバイザーが行います。

⑥内定・退職交渉・入社

内定が決まったあとの、入社日の調整や円満退社のための手続きのアドバイスなども、キャリアアドバイザーがサポート。入社や退職にあたり、困ったことがあれば遠慮なくキャリアアドバイザーに相談しましょう。

転職エージェント に絶対相談すべき10個の理由

【プロが全部教えます】転職エージェントで転職は成功する?本当に相談すべき?