NTT東日本(東日本電信電話株式会社)に転職するには?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回は、転職先の企業としても人気のあるNTT東日本についてまとめてみました。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

NTT東日本(東日本電信電話株式会社)って何している会社?

東日本電信電話株式会社は、東日本における地域電気通信業務を手掛ける企業です。

社会の電話やインターネットなど情報通信ネットワークをサポートしています。

東京都新宿に本社を置き、北海道から関東圏内に拠点を配置。

フレッツ光、コラボ光などのインターネット・電話をはじめ、ネットワーク設備や通信機器サービス、サイバーセキュリティ業務などを行っています。

NTT東日本(東日本電信電話株式会社)の直近の業績

NTT東日本の営業収益は、直近5年間でやや下降傾向が見られますが、営業利益に至っては、2014年期から連続で過去最高額を更新しています。

2016年は1,618億円(前年比47.3%増)、2017年は1,891億円(前年比16.9%増)です。

コラボ光などコラボレーション事業を含むフレッツ光の純増数が好調に伸びていることが要因ですが、同時に営業費用が抑えられていることも収益増加を後押ししているようです。

光アクセスに加えて、ギガらくWi-Fi、24時間出張修理オプションなどの付加価値サービスを提供。ビジネスユーザー市場の拡大にも取り組んでいます。

NTT東日本(東日本電信電話株式会社)のグループ会社

  • 地域子会社4社(南関東、関信越、東北、北海道)
  • 情報通信エンジニアリング分野6社(NTTエムイー、NTTインフラネットなど)
  • SI・情報通信処理分野(NTTテレコン、日本テレマティーク)
  • 電話帳ビジネス・印刷分野(NTTタウンページ、NTT印刷)

その他、テレマーケティング、不動産、金融・カード、ファシリティマネジメント・福利厚生、移動体通信、国際など幅広い分野のネットワークを築いています。

NTT東日本(東日本電信電話株式会社)の仕事内容・職種

コンサルティング営業

法人や自治体のお客さまが抱える経営課題やニーズに対する最適なソリューションを提供する仕事です。

あらゆるシステム、サービス、テクノロジーを組み合わせて最適プランを提案します。

ICT知識やスキル、経営知識、そしてお客様の事業を理解することが必要です。

サービス開発

人のコミュニケーションを豊かにする新しいサービスを開発する仕事です。

ロボット、Wi-Fiなどを活用して未知、無限大の領域です。社会のあらゆる分野での期待が高まっています。

ネットワークプランニング

IoT技術やP2Pなどの新技術の拡大が見込まれる世の中の、ネットワーク環境、ネットワークセキュリティ環境をデザインし提供していく仕事です。

NTT東日本(東日本電信電話株式会社)の仕事のやりがい

コンサルティング営業

クライアントが大規模法人ということも多く、自分が関わった提案やサービスの影響力の広さを感じる仕事が多いというのが特徴です。

サービス開発

人と人とをロボットを使って「つなげる」サービスを生み出す仕事です。

ロボコネクトの機能を活用して企業とユーザーをつなげる手段は無限大の可能性を秘めているものです。

思い描くものサービスがカタチになるやりがいがあります。

ネットワークプランニング

国家的なスケールの仕事もあり、膨大な費用の掛けられているという責任の裏に、新しい未来を創造していることの実感度が高いという魅力があります。

NTT東日本(東日本電信電話株式会社)の評判・社風・カルチャー・口コミ(転職会議)

NTT東日本の社風や文化がどのようなものなのか、想像つきますでしょうか?
社風や文化について、ご紹介していきたいと思います。

どういう社風・文化があるのか

NTT東日本は、トップダウンという組織体制になっています。

典型的な日本企業で、旧国営と言うだけあり、チャレンジをしない保守的な会社とも言えるでしょう。

技術力・知識・スキルよりも、人と人との繋がりが重要だと考えている社員が多いのも特徴です。

人材教育体制などもしっかりしており、社員能力のレベルアップのための仕組みや制度は充実しているようです。

成長やスキルアップ意欲のある人にとっては満足度の高い企業といえるでしょう。

また、社員の働きやすさの面では、多彩な勤務制度・福利厚生・女性の働き方への配慮の充実度が高いという声も多く見受けられます。

NTT東日本(東日本電信電話株式会社)の面接・SPIなど選考難易度

通信と何かをつなげ多岐にわたる事業やサービスを展開しているNTT東日本です。

この先も、通信と何かを掛け合わせた新創出は欠かせません。その創出のためにあらゆるリソースとつながり連携していける人材が求められるでしょう。

「つなげる」を叶えるために、社会のニーズを先読みしたり、適切にくみ取ったりという思考力があるかという点も大切になってくるでしょう。

選考フロー

NTT東日本の選考フローは以下の通りです。

STEP1.説明会

STEP2.エントリーシート

STEP3.WEBテスト

STEP4.グループディスカッション

STEP5.個人面接

STEP6.内定

上記が、選考フローとなっています。

WEBテストでは、算数や言語・性格診断などの科目が用意されているみたいです。

一般的なSPIと同等なので、中学受験レベルの知識でも大丈夫だそうですよ。

ちなみに、所要時間は1時間です。

グループディスカッションはオフィスで行われるそうです。

ちなみに、面接では中堅社員と部長クラスの2名、所要時間は20分のようです。

面接での質問例

NTT東日本の面接では、どんなことが質問されているのでしょうか?
その質問の内容について、ご紹介していきます。

1.なぜNTTなのか?(志望動機)

2.具体的にやりたい研究開発は?

3.学生時代最も困難だったことをどう解決したか?

以上が、実際に質問されている内容です。

数多くある中でなぜNTTなのか、これは面接官が最も注目する部分です。

他にも同業種がある中で、なぜこの会社が良いのか。
これは必ず質問される内容なので、上手に回答できるよう対策しておくのが良いでしょう。

入社をしてどんな部門でどんな研究がしたいのか。
これもキャリアプランを知るために聞いておきたいことだと思います。

自分がどんなことをして貢献していきたいのか、じっくり考えてみましょう。

SPI難易度

NTT東日本のSPI難易度は、標準的な難易度と言えるでしょう。
応募の倍率が30倍を超えていますが、大手企業ではこれくらいだそうです。

文理一括の採用を行なっており、採用人数は全体で200〜300名ほどです。
文理の区別をしていないので、難易度はどちらも同じレベル。

NTT東日本(東日本電信電話株式会社)の年収相場(給与)は?

NTT東日本の全体平均年収は800万を超えています。
通信業界では比較的高めの平均値のようです。

年齢別の平均年収

NTT東日本の平均年収がどの程度なのか、気になりませんか?
その平均年収をご紹介していきます。

まずは、年齢別の平均年収について。

1.20~24歳
→平均年収・・・301.0万円

2.25~29歳
→平均年収・・・419.0万円

3.30~34歳
→平均年収・・・486.4万円

4.35~39歳
→平均年収・・・558.3万円

5.40~44歳
→平均年収・・・606.4万円

6.45~49歳
→平均年収・・・663.3万円

7.50~54歳
→平均年収・・・706.2万円

8.55~59歳
→平均年収・・・701.5万円

9. 60~64歳
→平均年収・・・467.5万円

上記が、年齢別の平均年収です。
やはり、長年勤めて経験を持つ50代の平均年収が高くなっていますね。

職種別の平均年収

次いで、職種別の平均年収をご紹介したいと思います。

1.営業系
→平均年収・・・605万円

2.企画・事務・管理系
→平均年収・・・672万円

3.IT系エンジニア
→平均年収・・・643万円

4.電気・電子。機械系エンジニア
→平均年収・・・550万円

5.建築・土木系エンジニア
→平均年収・・・350万円

6.運輸・物流・設備系
→平均年収・・・850万円

7.その他
→平均年収・・・650万円

上記が、職種別の平均年収です。
最も平均年収が高くなっているのは、運輸・物流・設備系となっています。

次いで高いのは、企画・事務・管理系です。

賞与・給与(評価)制度

NTT東日本の給与水準は、他業種と比べて若干高くなっているそうです。

昇給が2〜3年に一度あり、昇給試験に受からなければ、給与アップは厳しいのだとか。

高い評価を得られれば昇進できますし、ボーナスも高くなります。
評価も上司だけではなく、360度から評価されて社員の納得感も高いようです。

頑張った分だけ給与に反映されていくため、仕事のモチベーションにも繋がっていきますね。

年齢に関係なく実力で給与が決められる点、3ヶ月ごとに時給の見直しがあるなど自分の努力次第で変えられるのが嬉しいですね。

残業時間

基本的には、ほぼ定時に帰ることができるみたいです。
比較的自由なため、休日出勤をして休日出勤手当をもらう社員もいるのだとか。

ただ、競争や案件規模などによって、時間外労働が長時間化しやすい傾向があるみたいですよ。

NTT東日本へ転職をするには?

NTT東日本などの大手通信会社の求人は、大手の転職エージェントか、大企業に強い中小エージェントに非公開求人として、依頼する事が多いです。

20代や第二新卒などの若手層は、求人数国内最大規模を誇る「リクルートエージェント」か、同様に20代の転職支援が充実している「マイナビエージェント」に登録をして社内のキャリアアドバイザーにNTT東日本の求人を依頼・相談してみることをオススメします。

他にもパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が提供をする転職エージェントサービスの「doda」も利用をした転職者の満足度が非常に高いので、ぜひ見てみましょう。

またNTT東日本のような大手企業への転職は、様々な職種に分かれているため転職後の配属先や給与面の交渉など自分一人ではしづらい事も代わりに行ってくれるため転職エージェントの利用は非常に有効です。

しかし大手の転職エージェントでも担当になるキャリアアドバイザーによって得意、不得意もあるので、まずは複数の転職エージェントへ登録をしてみて一番自分に合うエージェントを見つけるよう能動的に動けるよう意識しましょう。

※転職エージェントは、平均して2〜3社登録することをオススメします!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

一般的な転職エージェントの流れ

①転職サービスへの登録

申し込みフォームに、転職希望時期や希望勤務地、職種や年収などを入力し、申し込み・登録を完了させます。

②求人状況の確認・サービスのご連絡

申し込み内容を見て、転職エージェントは保有している求人のなかから紹介可能な求人を調べます。
申し込みから一週間以内で、転職エージェントからサービス内容や面談日程について電話やメールで連絡が届きます。
※なお、求人の状況によっては、面談や相談サービスを受けることが難しい場合もあります。

③キャリアアドバイザーとの面談・相談

面談では、業界、職種に精通した専任のキャリアアドバイザーやコンサルタントが、これまでの経験や希望条件を確認し、あなたに合った求人の紹介やキャリアプランの提案を行います。
※日程調整やキャリアアドバイザーと直接会えない場合は、電話面談も可能です。

④求人紹介・書類添削・面接対策

求人紹介

面談によって方向性が明確になったら、転職エージェントが保有している求人企業の紹介が始まります。 お申込みいただいた方の力を最大限に発揮できる企業を中心にご紹介がされています。 求人の9割は一般の転職情報サイトや求人誌には掲載されない非公開求人なのでいままで見つけることのできなかった求人に出会える可能性があります。

書類添削

採用担当者が思わず読みたくなるような職務経歴書の書き方のアドバイスをしてくれます。

面接対策

模擬面接」を実施し、希望企業に「採用したい!」と思わせるような各企業に合わせた面接テクニックをレクチャーしています。

⑤応募・書類選考・面接

応募したい企業が決まったら、意思をしっかりと確かめた上で、キャリアアドバイザーが企業に推薦状と共に推薦します。
また、面接日程の調整だけでなく、内定時期をできるだけ揃えるといった調整もキャリアアドバイザーが行ってくれます。

⑥内定・退職交渉・入社

内定が決まったあとの、入社日の調整や円満退社のための手続きのアドバイスなども、キャリアアドバイザーがサポートします。
入社や退職にあたり、困ったことがあれば遠慮なくキャリアアドバイザーに相談しましょう。