日立ソリューションズに転職(中途採用・求人)するには?

日立ソリューションズって何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

日立ソリューションズという名前は聞いたことがあっても「何をしている会社か?」は案外知られていないと思います。

日立ソリューションズは2010年に日立システムアンドサービスと日立ソフトウェアエンジニアリングが合併して設立されました。
主な事業内容は「ソフトウェア・サービス事業」「情報処理機器販売事業」で、事業領域は製造、流通、通信、金融、社会、公共、交通、教育、医療など多岐にわたります。

主なサービス

「製造業向けトータルソリューション」

グローバル製造業の経営マネジメント支援・生産拠点データ・販売拠点データ・市場データなどの分析・経営計画シミュレーションタイムリーな意思決定の支援

「安全保障貿易ソリューション」

厳格な安全保障貿易管理の履行と業務効率化の両立を支援統一基準での顧客審査業務、該非判定業務、取引審査業務輸出事故防止経験差による品質低下の防止コンプライアンス遵守・ガバナンス強化に伴う業務効率低下の防止

「人事総合ソリューション LYSITHEA(リシテア)」

人事・労務管理に必要な機能の提供・人事戦略を支援・就業管理・工数管理・人材戦略・人事管理・給与管理・健康管理・人事諸届・web明細

このように、日立ソリューションズは情報分野において様々なサービス展開をしている、大手システムインテグレーターと言えます。


▶︎初めて転職エージェントを利用するなら、転職者の8割が登録しているリクルートエージェントにまずは相談してみましょう!

日立ソリューションズの直近の業績

それでは日立ソリューションズの直近の業績はどうなっているでしょうか?

日立ソリューションズの2016年度(20173月期)の連結業績は、売上4555億(前年比100%)、調整後営業利益で414億円(前年比102%)とほぼ横ばいでしたが、受注額は翌年計上分を合わせて過去最高の5000億円を計上しました。

2017年度(2018年度3月期)は、IOTを活用した設備予防保守サービスや統合資産管理サービスなどのサービス事業の拡大により、売上4790億円、調整後営業利益で427億円となる見込みです。

日立ソリューションズの本社・オフィスの場所

日立ソリューションズの本社・オフィスの場所は以下の通りです。

本社

東京都品川区東品川4127(日立ソリューションズタワーA、B)

横浜事業所

横浜市西区高島一丁目12号(横浜三井ビルディング 89F

中部事業所

名古屋市西区牛島町61(名古屋ルーセントタワー 28F

関西事業所

大阪市北区堂島浜一丁目21号(新ダイビル 9F

▶︎10万件の求人からあなたにぴったりの仕事が見つかる!利用者満足度No.1のdodaを利用してみませんか?

日立ソリューションズの仕事内容・職種

それでは日立ソリューションズの職種や仕事内容はどのようなものでしょうか。
日立ソリューションズの職種は、大きくシステムエンジニアと営業職の2つに分かれています。

「システムエンジニア」

システム開発・システムやアプリケーションの「提案・コンサルティング」から「設計」「構築」「保守・運用」までトータルソリューションをワンストップで提供。

「ソフトウェア開発」

クライアントのニーズに対応したソフトウェアの選択や開発、導入、カスタマイズを実施。

「研究開発」

研究・検証や製品評価、プロトタイプになるソフトウェアの開発を実施し、技術動向調査、新規自社プロダクト及びサービスの開発、事業化支援などを実施。

「営業職」

システムやプロダクトのソリューション営業・パッケージソフトやオープン系システムの課題解決型営業・クライアントとシステムエンジニアとのパイプ役としてプロジェクト全体のコーディネートを実施。

日立ソリューションズの今後の事業課題

日立ソリューションズは2016年に鈍化した事業成長を再び成長路線に乗せることを課題としています。
近年
IOTの進化で2020年までに500億以上のデバイスがインターネット上でつながるといわれており、そこから得られる膨大なデータは新たなアウトプットや価値を生み出していきます。
これは今までで一番大きなデジタライゼーションの波だと言われており、システムインテグレータ各社は必然的にビジネスモデルの転換が求められてきます。

日立ソリューションズではその潮流に乗るためにソフトウェアやプロダクト等、既存の製品提供型ビジネスモデルから脱却し、デジタル技術をツールとして活用したサービスへの転換が求められています。

このように時代の流れに適応したビジネスモデルの展開が日立ソリューションズの今後の課題と言えそうです。


▶︎20代・第二新卒の方の初めての転職なら、若手に強いマイナビエージェントに相談してみましょう!

日立ソリューションズの将来性は?

それでは日立ソリューションズの将来性はどうでしょうか?

日立ソリューションズでは2017年度、「デジタライゼーションの潮流を捉えたサービス事業の拡大」を重点方針に掲げ、組織の再編と5点の重点施策に取り組んでいます。

「基盤事業の強化・拡大」

金融分野における株式会社日立製作所の金融ビジネスユニットとの連携したデジタル化支援などによるシステム運用事業の拡大など

「新規事業の創生」

製造現場向けの工場見える化サービス、設備の予防保守・定期保守支援サービスなどの拡販など

「グローバル事業の拡大」

東南アジア、中国、インド、欧州の4拠点における事業基盤強化とサービス事業拡大

「経営基盤の強化」

日立グループのコスト構造改革プロジェクト「Hitachi Smart Transformation Project」と連携した取り組みなど

「企業ブランド価値向上に向けた取り組み」

「日立システムズWay」を推進

このように日立ソリューションズでは複合的な取り組みを実施しており2017年度は増収増益の予測となっています。今後はIOTの進化によりさらに加速するデジタル化の時代に則した事業展開ができるかがカギとなりますが、将来性についても期待できるといってよいと思います。

日立ソリューションズの仕事のやりがい

日立ソリューションズの仕事のやりがいは以下のような点が挙げられています。

「営業職」

  • 大手企業を相手に仕事ができる
  • 扱う商材が幅広いため提案に困らない
  • 教育制度が整備されている

「エンジニア職」

  • 若手にも大きな仕事が任せられる
  • 日立グループとして幅広い周辺事業の情報を得られる
  • 教育制度が充実している

日立ソリューションズは2010年に合併して設立された会社ですが日立グループということもあり、教育制度、事業内容など大手企業ならではのメリットがあり、そこがモチベーションとなっている社員が多いようです。

日立ソリューションズの評判・社風・カルチャー・クチコミ

日立ソリューションズの社員による評判として以下のようなものが挙げられています。

「良い点」

  • 福利厚生制度が整っている
  • 研修プログラムが充実している
  • 女性が働きやすい環境
  • 社員間のコミュニケーションが活発

「改善すべき点」

  • 異動、配置転換が多い
  • 評価制度の運用面
  • 残業が多い部署もある

日立ソリューションズは全体的に良い評価が多く、特に教育面では高い評価でした。
福利厚生制度も整っておりワークライフバランスのとりやすい環境と言えますが、部署によっては残業が多いなど、大きな組織だけに制度の運用面に差があるのかもしれません。

日立ソリューションズの面接・SPIなど選考難易度

日立ソリューションズでは、新卒採用に力を入れており、現在キャリア採用は行っておりません。
非公開求人で募集している可能性もありますので、転職エージェントを通じて情報収集を行うことをお勧めします。

日立ソリューションズの年収相場(給与)は?

日立ソリューションズの平均年収は696万円です。

昇給はグレード制で、入社2年目まではほぼ昇給はありません。
入社2年後に論文発表があり、その後グレードに応じた昇給をしていきます。

成果主義のため、経年ごとに年収差が生じます。
年収500万円~600万円がボリュームゾーンとなりますが、なかには20代で700万円台の社員もいるそうです。
なお、裁量労働制を敷いているため残業時間による年収差は生じません。


【無料】転職で年収600万円以上の高収入を狙うなら、ハイレイヤーに特化した転職サイト「ビズリーチ」に登録して企業からのスカウトを待ちましょう!

転職エージェントに相談してみませんか?

日立ソリューションズへの転職は、大手の転職エージェントか、中小エージェントに非公開求人として、依頼する事もあります。

コーポレートサイトから直接申し込むことも可能ですが、その後のキャリアプランを一人で考えるのはミスマッチが起こる原因でもあります。
仮に転職に自信があったとしても、転職エージェントは無料でサポートをしてくれるので、受けた方がいいでしょう。
また自分一人では面倒な面接の日程調整や対策をしなければならず、そのような手続きを代わりにしてくれるなどマイナスにはなりません。

※転職エージェントは、平均して2〜3社登録することをオススメします。

おすすめの転職エージェントをいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18