javaエンジニアの年収ってどのぐらいなの?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

javaエンジニアの年収の特徴としては、

  • 安定して高い
  • ただいくつかのプログラミング言語エンジニアに比べると安いこともある
  • 将来性は高い

の3つが挙がります。

javaエンジニアの年収について、「人材は不足しているのか」「需要は健在なのか」といった視点を交えてみてみましょう。

javaエンジニアって不足しているの?

「言語別のエンジニア年収ランキング」を紹介したサイトはいくつか存在しますが、javaエンジニアは大体5~8位に位置しています。このように聞くと「javaエンジニアの年収は高くない」と感じるかもしれませんが、一概にそうとも言えません。

javaエンジニアの年収は安定している

というのも、上位に位置する他の言語エンジニアの年収は、乱高下することが多いからです。また、ランキングは平均年収額でつけられますが、上位の中には最高額が1,000万円ほどの言語エンジニアも目立ちます。

その点javaエンジニアの年収はどの年のランキングを見ても安定していますし、高額取得者は2,000万円に届きます。

この背景には、慢性的なjavaエンジニア不足があります。

javaエンジニアはなぜ不足しているのか

javaエンジニアが不足しているのは、WEB業界とIT市場が双方ともに成長しているからです。

さらにIoT(ネットとモノ)市場が活況を呈していて、自動車、冷蔵庫、レンジ、住宅がネットにつながるのはもちろんのこと、最近は衣服やメガネまでもネット化されようとしています。

javaエンジニアは、

  • 業務用のシステムづくり
  • アンドロイド向けアプリ
  • WEB上のアプリ
  • パソコン向けアプリ

のいずれにも対応できるので、IoTの拡大とともに「ITの担い手」から「社会を変える担い手」として期待されています。

javaエンジニアを欲しがるのはIT企業だけでなく、モノづくり企業――すなわち自動車メーカー、家電メーカー、住宅メーカー、アパレルメーカー、メガネメーカーも採用に意欲的なのです。

javaエンジニアの需要は?

javaエンジニアが不足しているのは、需要の高まりが止まらないからです。

需要の高まりとは、具体的には企業のアプリ製作意欲の高まりです。IT分野に詳しい経済アナリストは、2020年まではアプリ製作の需要は伸び続けるだろうと見ています。

三菱東京UFJ銀行や楽天も、当然ながらjavaを使っています。

三菱東京UFJ銀行は仮想通貨事業に乗り出そうとしていますし、楽天は携帯キャリアへの進出を表明済みです。こうしたメガ企業ですら、これまで以上にアプリを必要とするでしょう。これに加えて無数のベンチャー企業がアプリを開発しようとしているのでjavaエンジニアの需要は当面枯渇しないでしょう。

しかもjava言語は、他の言語と比べて習得が難しく、需要が高まっているからといってすぐに人材育成できるわけではありません。

つまり、javaエンジニアには、需要が高まるほど不足し、不足するほど需要が高まるという「正のスパイラル」が生じているのです。

javaエンジニアの年収相場は?

javaエンジニアの年収相場は、新卒者でも220万円は「固い」でしょう。高額年収者では1,900万~2,000万円を取っています。

ただ平均年収は500万円ぐらいですので、30代前半までのjavaエンジニアは「他言語エンジニアより安い」と感じているかもしれませんが、30代後半以降の伸びではjavaエンジニアに「一日の長」があります。

Oracleが認定している資格を取得すると、「転職をして年収を増やす」という手法も有効になってきます。

まとめ~「当たりくじ」と称されることもある

少し言葉の悪いIT専門家は、「javaエンジニアは当たりくじを引いたようなもの」と言います。歴史ある言語でありながら、単に生き残っているだけでなく、成長し続けているからです。javaエンジニアは、労働市場価値が高い職種の1つといえます。

エンジニア経験者の転職なら、エンジニア専門の転職エージェントを利用しよう!

上記にて、未経験エンジニアの転職についておすすめエージェントを紹介させて頂きました。
一方で、経験者になると「より多くの案件の中から検討したい。」と思われる方は多いのではないでしょうか。

そこで、今回経験者の方におすすめの大手エージェントさんをご紹介させていただきます。
以下がおすすめの大手エージェントさんとその特徴です。ご自身の目的に応じて、是非ご検討ください。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08