javaエンジニアの年収ってどのぐらいなの?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

javaエンジニアの年収の特徴としては、

  • 安定して高い
  • ただいくつかのプログラミング言語エンジニアに比べると安いこともある
  • 将来性は高い

の3つが挙がります。

javaエンジニアの年収について、「人材は不足しているのか」「需要は健在なのか」といった視点を交えてみてみましょう。

javaエンジニアって不足しているの?

「言語別のエンジニア年収ランキング」を紹介したサイトはいくつか存在しますが、javaエンジニアは大体5~8位に位置しています。このように聞くと「javaエンジニアの年収は高くない」と感じるかもしれませんが、一概にそうとも言えません。

javaエンジニアの年収は安定している

というのも、上位に位置する他の言語エンジニアの年収は、乱高下することが多いからです。また、ランキングは平均年収額でつけられますが、上位の中には最高額が1,000万円ほどの言語エンジニアも目立ちます。

その点javaエンジニアの年収はどの年のランキングを見ても安定していますし、高額取得者は2,000万円に届きます。

この背景には、慢性的なjavaエンジニア不足があります。

javaエンジニアはなぜ不足しているのか

javaエンジニアが不足しているのは、WEB業界とIT市場が双方ともに成長しているからです。

さらにIoT(ネットとモノ)市場が活況を呈していて、自動車、冷蔵庫、レンジ、住宅がネットにつながるのはもちろんのこと、最近は衣服やメガネまでもネット化されようとしています。

javaエンジニアは、

  • 業務用のシステムづくり
  • アンドロイド向けアプリ
  • WEB上のアプリ
  • パソコン向けアプリ

のいずれにも対応できるので、IoTの拡大とともに「ITの担い手」から「社会を変える担い手」として期待されています。

javaエンジニアを欲しがるのはIT企業だけでなく、モノづくり企業――すなわち自動車メーカー、家電メーカー、住宅メーカー、アパレルメーカー、メガネメーカーも採用に意欲的なのです。

javaエンジニアの需要は?

javaエンジニアが不足しているのは、需要の高まりが止まらないからです。

需要の高まりとは、具体的には企業のアプリ製作意欲の高まりです。IT分野に詳しい経済アナリストは、2020年まではアプリ製作の需要は伸び続けるだろうと見ています。

三菱東京UFJ銀行や楽天も、当然ながらjavaを使っています。

三菱東京UFJ銀行は仮想通貨事業に乗り出そうとしていますし、楽天は携帯キャリアへの進出を表明済みです。こうしたメガ企業ですら、これまで以上にアプリを必要とするでしょう。これに加えて無数のベンチャー企業がアプリを開発しようとしているのでjavaエンジニアの需要は当面枯渇しないでしょう。

しかもjava言語は、他の言語と比べて習得が難しく、需要が高まっているからといってすぐに人材育成できるわけではありません。

つまり、javaエンジニアには、需要が高まるほど不足し、不足するほど需要が高まるという「正のスパイラル」が生じているのです。

javaエンジニアの年収相場は?

javaエンジニアの年収相場は、新卒者でも220万円は「固い」でしょう。高額年収者では1,900万~2,000万円を取っています。

ただ平均年収は500万円ぐらいですので、30代前半までのjavaエンジニアは「他言語エンジニアより安い」と感じているかもしれませんが、30代後半以降の伸びではjavaエンジニアに「一日の長」があります。

Oracleが認定している資格を取得すると、「転職をして年収を増やす」という手法も有効になってきます。

まとめ~「当たりくじ」と称されることもある

少し言葉の悪いIT専門家は、「javaエンジニアは当たりくじを引いたようなもの」と言います。歴史ある言語でありながら、単に生き残っているだけでなく、成長し続けているからです。javaエンジニアは、労働市場価値が高い職種の1つといえます。

エンジニア経験者の転職なら、エンジニア専門の転職エージェントを利用しよう!

上記にて、未経験エンジニアの転職についておすすめエージェントを紹介させて頂きました。
一方で、経験者になると「より多くの案件の中から検討したい。」と思われる方は多いのではないでしょうか。

そこで、今回経験者の方におすすめの大手エージェントさんをご紹介させていただきます。
以下がおすすめの大手エージェントさんとその特徴です。ご自身の目的に応じて、是非ご検討ください。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント
  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!