2019.08.14

NTTドコモへ転職する方法は?内定獲得率を上げる秘訣をプロが伝授

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

「新しいコミュニケーション文化」を創造していることで有名なNTTドコモ、この名前を知らない人はいないと思います。

タブレット端末等の2台目需要の拡大などによる通信事業の回復や、dマーケットをはじめとしたスマートライフ領域で、順調に成長しているようです。

今回は、そんな携帯大手三社の1つであるNTTドコモに転職する方法をお伝えします。

「NTTドコモの転職難易度」「NTTドコモの転職難易度」「NTTドコモの年収相場」「元社員・現役社員からの口コミ」についても紹介します。

NTTドコモの転職難易度

NTTドコモの転職難易度は、大手企業の中ではそこまで高くないと言われています。

しかし、ここで言われている高くないというのはグループ会社の難易度ことで、本社へ入社する際の難易度は高いです。

とはいえ、グループ会社への難易度も低いというわけではありませんので、しっかりとした面接対策が必要です。

NTTドコモが求める人材

NTTドコモが求める人材は「挑戦心」と「行動力」の2つを持ち合わせた人です。

「挑戦心」とは、新しいコミュニケーション文化の世界を作るという、難しい問題にチャレンジするマインド面を指します。

「行動力」とは、想いを実現するためのアクションを起こし、最後までやり遂げる力のことです。

「挑戦心」と「行動力」を最大限発揮し「未来の世界を支えたい」「未来の世界を変えたい」「今はない新しい何かをつくってみたい」という、強い気持ちを持った人材を求めています。

NTTドコモの面接で聞かれること

NTTドコモの面接では、以下のようなことを聞かれます。

  • 退職理由
  • 志望動機
  • 実際に働いたときのイメージ

NTTドコモの面接では、退職理由や志望動機などの一般的なことを聞かれます。

一般的な質問の他に「ドコモで仕事をするとして、何が難しいのか」「何が課題になるのか」といった実際に働いたときのイメージについてもきかれるので、しっかりと思い描いておきましょう。

もちろん、ただ働いている姿を思い描くのではなく「生じた課題に対して、どのように乗り越えていくのか」が重要になってきます。

NTTドコモでは「物事を俯瞰して捉え、課題を捉えているのか」という点を重視する傾向があるので、自分なりに事前に解決策を用意しておくと転職成功率を高めることができます。

退職理由と志望動機を、面接官に上手く伝えられる方法を以下で解説しておりますので、ぜひ参考にしてみてください!

面接での退職理由の上手い伝え方!刺さる回答例を転職のプロが解説!
【プロ直伝】転職面接で面接官に響く志望動機の考え方!【回答例付】

NTTドコモの中途採用事情

NTTドコモの職種は大きく分けて2つです。

  • 事務系総合職
  • 技術系総合職

NTTドコモでは基本的に、新卒のみを採用しています。

中途採用の募集は聞いたことがないので、もし募集が出た時にはかなりの倍率になることが予想されます。

大手企業にはよくあることなのですが、新卒を募集した際に、あまり企業とマッチする人がいなかった場合、人員補充のため中途採用をすることがあります。

グループ会社なら中途採用がある

NTTドコモのグループ会社には、中途採用枠があります。

以下は、NTTドコモのグループ会社一覧です。

  • ドコモ・サポート
  • ドコモ・システムズ
  • ドコモ・テクノロジ
  • ドコモCS
  • ドコモCS北海道
  • ドコモCS東北
  • ドコモCS東海
  • ドコモCS北陸
  • ドコモCS関西
  • ドコモCS中国
  • ドコモCS四国
  • ドコモCS九州

各グループ会社によって業務内容が異なり、必要な経験やスキルも違います。

とはいえ、未経験でも面接が受けられる職種も多いです。

また、正社員募集と契約社員があり、雇用形態も様々となっています。

末永

NTTドコモへ転職するためには圧倒的求人数を誇るマイナビエージェントリクルートエージェントdodaへの相談をおすすめします。

なぜかと言うと、NTTドコモの求人を最も多く持っているのがマイナビエージェントリクルートエージェントdodaだからです。

しかも、単に求人を多く持っているだけでなく、履歴書と職務経歴書の添削や面接対策、さらには企業への推薦と、あなたの転職の最初から最後までサポートしてくれます。

上記3社は、これまでの採用実績もあり、もしあなたが初めての転職でも安心して相談することができます。

そして、本社で求められる求人のレベルは非常に高く、特定のハイレイヤー層の転職に強みを持つ転職エージェントに依頼するか、スカウトで引っ張ってくるケースがほとんどですので、スカウトサービスのビズリーチやハイクラスの求人が多いJACへの相談をすると良いでしょう。

もしあなたがエンジニアやデータサイエンティストのような専門職の場合にはレバテックキャリアマイナビITのようなIT人材の紹介に強い転職エージェントへ相談してみてください。

NTTドコモの年収相場

NTTドコモの年収は、通信業界の中でも高めです。

理由としては、他の通信会社へ優秀な人材が引き抜かれないために、年収が平均よりも高く設定されています。

給与体系は年功序列なので、長く働けば働いただけ年収が増えていきます。

年齢別の平均年収

NTTドコモの年齢別平均年収は、以下のようになっています。

年齢 年収
20〜24歳 304~334万円
25〜29歳 598~648万円
30〜34歳 643~743万円
35〜39歳 665~769万円
40〜44歳 743~864万円
45〜49歳 846~968万円
50〜54歳 927~1,037万円
55〜59歳 918~1,028万円
60〜64歳 600万円~1,028万円

年齢別の平均年収で高くなっているのは、50~54歳です。

20代後半から500万円を超え、30代後半からは約700万円となっているので、高年収だと言えますね。

NTTドコモの評判・口コミ

MTTドコモの元社員や、現在も働いている方からの評判を集めてみました。

ぜひ、転職するかどうかの参考にしてみてください。

良い評判・口コミ

総合職・34歳

どの部署でも研修がしっかりとしているので、安心して働けます。

会社なので成果は求められますが、厳しいノルマといったものはなく、残業も厳しく管理されているので比較的ゆるやかな社風だと思いますね。

事務職・30歳

産休や育休の取得にも理解があって、スムーズに取得することができます。

復帰についても、時短対応などをしてくれて、結婚・出産をした女性でも働き続けることができます。

会社として女性管理職を増やしたいと考えているようで、チャレンジするチャンスがたくさんあるのも良い点だと思います。

営業・26歳

有給がすごく取りやすいですね。もちろん、チームと協力してになるのですけど、基本的には好きなときに取れます。

長期休暇もあるし、普通に海外旅行にも行けますよ。

通信業界ってブラックなイメージがありましたが、ドコモは有給休暇もしっかり取れるので、そんなことなかったです。

悪い評判・口コミ

営業・33歳

年功序列、新卒至上主義なところがあって、中途で入社するとちょっと働きにくさはあります。

いくら経験があっても、新卒と同じ段階からスタートするのも納得いかない部分ですね…。

開発・29歳

労働環境は悪くないのですが、モチベーションが保てないです。

同じことをずっと続けていく環境が合わない人は正直な話、向かない会社だと思います。

常に新しいことにチャレンジしたいのなら、他の会社にするべき!

営業・28歳

3年ごとに転勤が無理でした。

転勤しなければ減給するし、出世はできません。

海外転勤なんかもあるので、結婚して、子供がいる女の人はキャリアアップできないですね。

NTTドコモの事業内容

NTTドコモの事業内容

NTTドコモで有名どころと言えば、携帯電話キャリア会社だと思います。

NTTドコモと聞くと、ほとんどの人がスマホや固定電話などの電話関係を思い浮かべるのではないでしょうか?

実は、大手携帯会社「au」「ソフトバンク」の中でも、NTTドコモはシェア数が日本トップとなっています。

他にも、医療関連、教育、地方創生など、社会課題解決事業も積極的に取り組んでいます。

日本各地にグループ会社があり、会社ごとに事業内容が異なります。

NTTドコモの本社は中途採用の募集が滅多にないですし、自分がやりたい業務を見つめ直してみると、本社よりグループ会社の方が自分に合う仕事が見つかるかもしれません。

NTTの本社、グループ会社共にどういう業務をおこなっているのかを確認してから、転職活動をするようにしましょう。

NTTドコモへの転職を希望される方へ

結論から言いますと、NTTドコモに転職したい方は転職エージェントを複数利用するべきです。

複数の内訳としては、業界大手2社、中小特化型を1社です。

また、業界大手として、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaには必ず登録するべきです。

なぜならば、冒頭でもお伝えした通りNTTドコモへの転職を成功させるためにはどれだけ多くの求人と出会い、自分に合った求人を見つけられるかが勝負だからです。

さらに、NTTドコモの本社勤務を希望する場合にはビズリーチJACへ相談するのが良いでしょう。

兎にも角にもどれだけ多くの求人と出会えるかが、勝負の鍵ですよ。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。