転職回数が多い人向け!内定を獲得する方法をプロが伝授!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けてプロの転職エージェントがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今の会社を辞めて他の会社に転職したいけど、転職回数が気になってしまう…という悩みを抱えている方はいませんか?

転職回数が多いと面接官からの印象が悪いんじゃないか、選考の際に不利になってしまうんじゃないか、なんて不安になってしまいますよね。

今回は、そんな悩みを抱える方のために、転職回数の多さは選考に影響するのか、成功する人・失敗する人の特徴、転職回数は何回目から多いと判断されるのか、転職回数が多くても採用されるコツなど、詳しく解説していきます。

転職回数が多いと選考に影響することがある

転職回数が選考に影響するのか悩んでいる男性
転職回数が実際の選考に影響するかという点についてですが、保有しているスキルや年齢などによって変わってきます

専門性の高いスキルがある人、例えばWebマーケティング、エンジニアなどの人は、転職回数が多くても転職を成功させやすいですね。

逆に、転職回数が多くて、なかなか内定をもらえない人の特徴としては、今までの職歴があまりにも拡散している、または支離滅裂な人です。

わかりやすく言えば、1社目では飲食業、2社目では不動産の営業、3社目ではエンジニアといったように、職歴が拡散していると「飽きっぽいのではないか。飽きたらまた辞めてしまうのでは?」と思われやすいです。

在籍していた期間が短ければ尚更のことですね。

他にも1社での経験が1年未満の状態を繰り返している時も、前と同じように「嫌なことがあるとすぐに辞めてしまうのでは?長く働いてくれるのかな。。」と不安に思われてしまい、お見送りになりやすいです。

【年代別】転職が多いと思われる回数

転職回数が多い求職者に対して、企業側は「ストレス耐性がない」「すぐに仕事を辞めるかもしれない」と思ってしまい、マイナスの評価をされるのが一般的です。

では、転職回数は何回目から多いと思われるのでしょうか。平均転職回数とともに、ご紹介していきます。平均転職回数は、リクナビNEXTのデータを参考にしています。

20代で2回以上転職している人

リクナビNEXTによると、20代の平均転職回数は、多くても1回までとなっています。ほとんどの方は積極的に転職をするわけではないというのがわかりますね。

20代全体的の場合、3社目から多いと判断されます。度を超えたハラスメントなど、明確な理由があれば、きちんと検討してもらえますが、そうではない場合は多いと思われてしまいます。

30代前半で3回・30代後半で4回以上転職している人

30代の平均転職回数は、1〜2回のようです。転職経験なしという方が47%、転職回数1回以上あるという方は53%という結果になっています。

そのため、30代前半の場合は4社目から、30代後半の場合は5社目から多いと判断されます。

40代で4回以上転職している人

40代以降になってくると、転職回数も上がってきて4〜5回も珍しくはありません。管理職としてのニーズがあるのでキャリア採用として転職する方が多いですね。

しかし、現実的に40代全体の場合、5社以上で多いと判断されます。

転職回数をあまり気にしない3つの業界

転職回数が多くてもこの業界と職種なら大丈夫なのか納得している女性

転職回数を気にしない業界・職種は「人材業界」「不動産営業」「飲食業界」「アパレル業界」です。

その中でも特に接客販売など需要が多い業界は、転職回数を比較的気にしない傾向が見られます。なぜなら、需要と供給のバランスが関係しており、なおかつスキルや経験を優先しているからです。

人材業界への転職について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧下さい!

【未経験必見】人材業界の営業職へ転職するには?おすすめの職種って?
不動産業界への転職について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧下さい!
未経験で不動産業界に転職するには?

内定獲得のコツは「一貫性」

転職回数が多い人向けに内定を獲得するコツが書かれたノート

転職回数が多くても内定をもらうコツは「自分の方向性を一貫してきちんと伝えること」です。

過去の経験を反省して、これから希望する企業で長期的に働き続けていく覚悟を伝えるように注意しましょう。

自分の力だけで希望の条件に合う会社から内定をもらうことが厳しいと考えている方は、転職エージェントを利用するとアピールの方法などをアドバイスしてもらえるので、内定獲得率を高めることができますよ!

転職回数が多い人の職務経歴書の書き方

転職回数が多い職務経歴書の書き方

転職回数が多くても3ページ以内にまとめるのが良いです。

仕事の内容が統一されている場合は、これまでの経験を箇条書きにして、「営業経験通算●年」と記載するのが良いでしょう。そのほうが面接官も内容を理解しやすくなります。

履歴書・職務経歴書といった応募書類の書き方をさらに詳しくご紹介している記事がありますので、ぜひ読んでみてください!

転職の履歴書はどう書く?書類選考で落ちないための完全マニュアル!
人事の目に留まる転職の職務経歴書の書き方完全ガイド

転職回数が多くてもごまかさない!

たとえ、どんなに転職回数が多かったとしても、必ず1つも抜け漏れなく全てきちんと記載する必要があるので注意が必要です。

なぜなら、1つでも抜け漏れがあると経歴詐称になってしまうからです。試用期間でも雇用保険が発生している場合、1日、3日しか勤めていなくても就業経験と判断されるケースがあります。

例えば、転職回数が多いからといって隠して入社したとします。隠していたことを企業に知られた場合、経歴詐称になって解雇されることもあり得ます。

また、損害賠償請求されてしまうケースも考えられます。企業が源泉徴収票を確認した際に知られてしまうため、ごまかそうといった考え方は絶対にやめましょう!

転職回数が多い人のための面接対策

面接回数が多い人向けの面接対策
転職回数が多い人は必ずといっていいほど「これまでの退職理由・転職理由」「なぜその会社を選んだのか」という2つの質問をされます。

この質問で面接官は「転職理由」と「なぜ弊社を選んだのか」の理由に一貫性があるのかどうかを確認します。一貫性がないと、「気持ちが変わりやすい」「飽きやすい」と面接官に思われ、書類選考でお見送りになることが多いです。

お見送りにならない答え方!

一貫した軸があって転職していること、自分の方向性としてブレていないことをしっかり伝えるのが良いでしょう。

また、これまで短期離職に至った経緯を自責で捉えて、同じ問題を繰り返さないように、きちんと覚悟を持っている旨を伝えるのがベストです。

誰がどう見ても明らかなハラスメントや人間関係での問題などは、環境要因としてもちろん考慮されます。ただ、他責にならないように事実を伝えることが大切です。

転職回数が多くて面接が心配な人に、上手い退職理由や転職理由など、面接対策について詳しく書かれている記事もご紹介します!

自信がない人、どう面接対策をしたらいいのか分からない人は、以下の記事で面接対策に関する情報を読んでみてください。

転職の面接回数って何回?面接官に見られているポイントを大公開!
面接での退職理由の上手い伝え方!刺さる回答例を転職のプロが解説!
転職理由を面接で上手く伝える方法!面接官にハマる回答例付き!
転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説
転職面接で緊張するのは◯◯が理由!成功率UPの法則を大公開
転職面接でこんな逆質問はNG!見られるポイントや対策方法を解説!

転職エージェントに相談してみよう

自分で面接対策をきちんとできるか分からない…という人におすすめなのが転職エージェントです!

転職エージェントでは転職の専門家が面接対策をおこなってくれます。また、転職回数が多くてどう伝えたらいいのか、といったアドバイスもしてくれるので心強いです!

1人で転職活動をしていて書類選考でお見送りになった人でも、転職エージェントによる職務経歴書の添削や面接対策で無事に内定を得た人がいます。1人で転職活動するよりも、転職の専門家である転職エージェントと一緒に転職活動をしたほうが転職を成功させやすいですよ!

無料で転職活動に関わるあらゆるサポートが受けられるので、転職エージェントを上手く活用して、ぜひ転職を成功させてください!

以下に、筆者がおすすめする転職エージェントをいくつかご紹介します。

転職活動を効率よく進めるために、2社〜3社に登録し、自分に合う担当者と転職活動を進めることをオススメします!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント

30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

女性の転職支援に特化した転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!