転職回数が多いと不利?内定獲得するコツをキャリアのプロが徹底解説!

  • !

転職回数が多いと不利

    転職回数は何回から多いと思われてしまうのでしょうか?この記事では転職回数が多い人(ジョブホッパー)のデメリットや、転職回数が多い人向けの面接のコツや履歴書の書き方など転職成功のポイントを具体的に解説しています。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

転職者

やっぱり転職回数が多いと選考で不利になるのかなぁ……転職回数は何回から多いと思われてしまうのかなぁ……

このように自分の転職回数(退職回数)の多さに不安や悩みを感じている人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は10年以上転職エージェントのキャリアアドバイザーとして大勢の転職支援をしてきた私が、転職回数(退職回数)がすごい多い人の転職事情について解説していきます。

【年代別】選考で不利になる転職回数

まず年代別の平均転職回数についてお伝えしていきます。以下のグラフはリクナビNEXTがおこなった年代別の平均転職回数の統計データ結果です。

年代別転職回数のグラフ

引用元:リクナビNEXT「転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態」

この統計データ結果から20代は転職しても1回、30代から40代(ミドル層)は1~2回転職していることが多いようですね。これらが中央値になりますので、この転職回数以上だと人事から避けられる確率が高くなります。

年齢別の転職回数の許容範囲

転職回数は何回から多いと思われてしまうのでしょうか。それは年齢によって変化します。

転職回数の許容範囲ですが、一般的に年齢の十の位の数が許容される転職回数の目安と考えていいでしょう。転職回数の許容範囲について、以下の表でまとめました。

20代 ・2社まで
・20代後半でも同様(ただし明確な理由がある場合は別)
30代 ・30代前半:3社まで
・30代後半:3〜4社まで
40代 ・4社までが望ましい
50代 ・5社までが望ましい

一般的に新卒入社の場合、3年以内の離職率が30%と言われており、20代なら1~2回までが許容範囲内です。つまり、20代で転職回数が3回以上だと多すぎだと思われてしまいます。

ただし、リストラや倒産など会社都合の退職の場合は、転職回数(退職回数)としてカウントされない傾向にあります。

また結婚や出産で退職した場合も、それほどデメリットにはなりません。

転職回数が多いことのデメリット

転職回数が多いことの最大のデメリットは、選考で不利になることです。転職回数が多ければ多いほど人事の心理的な印象が悪くなってしまいます。その理由は大きく分けて4つです。

  • 自分の軸がブレていると思われる
  • 自分勝手・自己中心的な性格だと思われる
  • やり切らずにすぐ諦める性格だと思われる
  • 入社してもすぐ退職されそうと懸念される
  • 嫌なことがあったらすぐ転職すると思われる

立て続けにブラック企業に入社してしまったなど本人側に問題がない場合もありますが、「人間関係の問題ぐらいなら我慢して働くべき」「転職しまくりの人は性格に問題がある」と考える人事担当者がいるのも事実です。

大企業になると転職回数が書類選考の足切り基準になっている会社もあります。

年収や給与にも大きく影響する

転職を繰り返す行為は生涯賃金を下げることに繋がります。日本は昇給制度によって年収を増やす仕組みが一般的で、1年目の年収は低く設定されがちです。

転職する際に、前職の年収をベースに算出されるケースもあり、転職するたびに年収が下がってしまう人もいます。こうしたデメリットがあることは十分に理解しましょう。

会社によっては勤務年数が退職金の算出基準になっている会社もあります。「長年働いてくれた人にたくさん報いたい」という考え方が前提になっているためですが、勤続年数が短い人間には不利な基準だと言えます。

さらに、クレジットカードや住宅ローンの借り入れにおいて、入社間もない場合は審査が通らないことがあります。1社あたりの在籍が短い転職が続くと、支払い能力がないと判断されてしまうデメリットがあります。

転職回数が多い人に共通する失敗理由3選

続いて、転職回数がすごい多い人にありがちな転職失敗理由を3つ紹介します。すでに転職回数がすごい多い人は、同じ失敗を繰り返すことがないように気をつけてくださいね。

失敗理由1:1年未満の退職を繰り返している

早期退職(入社してから1年以内に退職)を繰り返している人をジョブホッパーと呼びますが、ジョブホッパーと思われてしまうと面接に落ちる確率が上がってしまいます。

なぜなら、早期退職を繰り返している=活躍できるスキル・経験が伴ってない、またすぐ離職しそうとみなされてしまうからです。

とくに、20代後半からの転職では「即戦力人材として自社へ貢献できるか」が重要な指標になってくるため、入社してすぐ貢献してくれる見込みがないと転職は難しいでしょう。

そのため、転職回数と同じくらい1社の在籍期間が重要になってきます。現在の職場を辞めたいと考えている人は「最低でも3年は頑張る」など現職の在籍期間も意識してみてください。

失敗理由2:これまでの業界・経歴・職種に一貫性がない

これまでの職務経歴に一貫性がない、つまり未経験職種への転職を繰り返している場合も活躍できるスキルが伴ってないと判断され、面接で落ちやすくなってしまいます。

ここで「未経験職種へ転職していると幅広いスキルが身に付くのでは?」と思われた人もいるのではないでしょうか?

確かに、未経験職種への転職を繰り返すことで幅広いスキルが身に付く可能性もありますが、広く浅く身に付いている状態では即戦力として貢献してくれる見込みが低いと判断されるため、面接で落ちやすくなります。

逆に、アパレル販売員→アパレルECサイトのマーケティング職への転職のように、転職回数が多くてもスキルの上乗せをすることで、市場価値を上げることもできます。

失敗理由3:ないものねだりをしてしまう

「もっといい給与が良い職場はないかな」「もっと楽に稼げる仕事はないかな」「自分にもっと合っている仕事がある!」と、ないものねだりをしてしまい、退職を繰り返してしまう人がいます。この心理状態を「青い鳥症候群」と呼びます。

中には転職しまくった結果、思い描いた仕事は見つからず、むしろ市場評価を下げてしまい、理想の仕事から遠ざかってしまう結果に…。

ないものねだりをしてしまうのは、転職市場や自分自身の市場価値が理解できていないのが原因です。定期的にキャリアの棚卸をして、キャリア設計をするようにしましょう。

転職回数が多くても転職できる人の特徴2選

転職回数が二桁でも転職を成功させている人はいます。過去には最多で30代で10回以上転職している方がいました。

周囲に聞き込み調査をしたところ、20回以上転職した方もいるみたいですよ。発言小町や、ヤフー知恵袋では30代で40回転職したという口コミも!? 本当かどうかわかりませんが、ギネス記録ですね。

人生で20回以上も転職できるのは、ある意味、自慢できる特技です。趣味と言えるかもしれません。

不利になるはずの転職回数ですが、それなのに転職できている人たちは一体どんな特徴があるのでしょうか。転職回数が多くても転職を成功させている人の特徴を2つ紹介していきます。

特徴1:転職回数を気にしない業界・職種を選んでいる

業界によっては転職回数が採用に響かない、転職回数が不問の会社もあります。転職回数を気にしない業界や、転職回数が不問の職種を挙げてみました。

上記6つは共通して多くの現場スタッフが必要とされる業界・職種です。

多くの従業員スタッフを確保する必要があるため、転職回数はあまり気にせず、それよりも本人のやる気や、前向きな姿勢を重視する傾向があるのです。

やりたい仕事が明確でない場合は、これらの業界の求人情報を検索してみるのもいいでしょう。上場企業でも中途採用を積極的に募集しているケースが多いです。

また上記の業界は全国的に求人数が多く、男性・女性関係なく採用人数が多いのも特徴。さらに採用率も高いことから、転職回数を気にしない企業が多いと言えます。

海外では「転職は当たり前」の文化

ちなみにアメリカや韓国など海外では「転職は当たり前」の文化のため、優秀な人ほど転職を繰り返す傾向にあり、グローバル展開している外資系企業も転職回数を気にしない業界だと言えます

海外の国では「厚遇(キャリアアップ)を求めて転職するのは当然」「何度も転職できる実力がある」という価値観があり、日本と違い転職回数が多いことにポジティブなイメージを持ってくれます。

国別でみるとアメリカの平均在籍年数は4年ほどだそうです。日本ではマイナスに働く転職回数ですが、海外ではプラスになるなんて面白いですよね。

具体的に上記の業界でどんな求人があるのか、自分に合う求人があるのか気になる人はリクルートエージェントdodaなどの転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントは非公開求人を含め、転職回数が多くても不問の企業を教えてくれます。簡単な登録を済ませると、あとは全て無料でサポートしてくれるので、利用して損はないでしょう。

末永おすすめの転職エージェントはこちら

特徴2:高度な専門スキルを持っている

繰り返しになりますが、企業が中途採用をする目的は入社後に即戦力として活躍してくれる人材を引き入れるためです。

そのため、高度な専門スキルが備わっている優秀な人は入社後すぐに貢献してくれるだろうと見込まれ、多少は転職回数が多くても企業から内定をもらうことができます。

とくにWebマーケティングやエンジニアなど、求人ニーズが高い職種で結果を残している人は、転職回数が多くても重宝されるでしょう。

その他、薬剤師、介護士、保育士、看護師、介護福祉士、電気工事士など国家資格が必要な資格は強いですね。慢性的に人手不足の業界でもあるため、選り好みさえしなければ転職に困ることはありません。

これから資格と取りたいなら「登録販売者」もおススメです。国家資格に近い存在で、特にドラッグストアには絶対に必要とされる資格です。合格率もそれほど低くなく、通信講座でも学べるので主婦に人気の資格です。

優秀なスキルがあれば転職回数は気にされませんので、もし現職で専門スキルを磨くことが可能なら、先にスキルアップしてから転職を検討すべきですね。

転職回数が多い人のための面接対策2選

少し厳しく聞こえるかもしれませんが、すでに転職を繰り返しているなら、その事実をごまかすことができません。転職回数が多すぎるといって、履歴書や職務経歴書でごまかすことは絶対に止めましょう。

転職回数が多いならその経験を踏まえて、入社後どのように貢献できるか前向きな意欲をアピールすることが大事になってきます。

そこで、ここからは転職回数が多い人が面接で絶対に聞かれる定番質問「退職理由」「その会社を選んだ理由」の回答のコツについて紹介していきます。

面接対策1:これまでの退職理由をごまかさない

退職理由を伝えるときは、ごまかさずきちんと事実を伝えることを意識しましょう。

「残業が多い」「人間関係(上司と合わない)」「病気になった」「パワハラ(セクハラ)があった」などネガティブな退職理由であってもごまかさず正直に伝えることが大切です。

注意点として、退職理由を伝える際に他責にすることだけは避けましょう。他責にしてしまうと面接官からは「この人は問題が起きてもすぐ人のせいにする」とマイナスの評価をされてしまいます。

また「自分が感じた不満を改善するために可能な限りは取り組んだが、それでも改善できなかった」という事実をアピールするのも大切です。

以下の記事では上手な退職理由の伝え方を詳しく解説しています。今すぐ活用できる例文テンプレートもあるので、ぜひご覧ください。

関連記事面接での退職理由の上手い伝え方!刺さる回答例を転職のプロが解説!
関連記事転職理由を面接で上手く伝えるコツを解説!答え方の例文付き

面接対策2:志望動機・志望理由を明確にする

志望理由、転職理由を聞かれたら、以下の2点を意識して回答しましょう。

  • 自分の成長のために志望したことを伝える
  • 自分の主張に一貫性を持たせる

自分の目標と現在地のギャップを埋めるために御社での経験が必要であることを伝えられると、面接官に自分の本気度・熱意をアピールすることができます。

企業は長期的に活躍できる人材を求めているので、熱意がしっかり伝われば「長期的に頑張ってくれそう」と面接官を納得させることができます。

誤解されがちですが「離婚してワーママになったので稼がないといけない」といった理由も、人事は好意的に受け止めてくれることが多いです。

また、自分の考え・主張には一貫性を持たせるようにしましょう。これまでの経験を心の中で振り返って、御社では長期的に働く覚悟をしっかり伝えることが大切です。

以下で自己紹介・自己PRなど面接について詳しく解説している記事をまとめています。

関連記事転職面接でよく聞かれる質問集!成功率を上げる対策法を徹底解説
関連記事転職面接の逆質問例&NG例を解説!見られるポイントもご紹介します

転職回数が多い人の職務経歴書の書き方

最後に職務経歴書の書き方について紹介します。転職回数が多い場合の職務経歴書の作成方法ですが、多くても3ページ以内に収めるようにしましょう。

仕事の内容が統一されている場合は、これまでの経験を箇条書きにして「営業経験通算●年」と省略記載するのが良いですね。面接官も職務経歴書の内容を理解しやすくなるからです。

経歴詐称に注意

職務経歴書にはどれだけ転職回数が多くても抜け漏れなく記載する必要があります。「7回も転職していたら1回分くらい書かなくてもバレないでしょ」と考えるのは絶対NG。

1つでも抜けていたら、それがただの記入漏れでも「偽装した」「経歴詐称扱い」になって解雇される、損害賠償請求される可能性があるからです。経歴詐称の末路は、悲惨な結果になります。

企業側は過去の源泉徴収票を見て確認することができるので、嘘をついてもばれてしまいます。

雇用保険が発生している=就業経験とみなされるケースが多いため、就業が1日だろうと試用期間中だろうと雇用保険が発生しているか確認してください。

アルバイトから正社員を目指す場合

アルバイト・パートから、契約社員や正社員を目指す場合でも、履歴書と一緒に職務経歴書を書きましょう。そして、職務経歴の補足でアルバイト経験を記載しておきましょう。

転職回数が多いことは不利とお伝えしましたが、アルバイト経験を4回、5回繰り返していても(正社員ほど)不利になりづらいです。もちろん限界はありますが、無職の空白期間が長いよりかは有利になりやすいです。

また、アルバイト・パートで何か成果を出した場合は、どんな小さな改善でも問題ありませんので、そちらも併せて伝えることをおススメします。企業側はアルバイトの経験でも、自社で活かせるような経験があれば評価してくれるからです。

以下の記事ではフリーターや派遣から正社員になる方法について解説しています。

関連記事フリーターから正社員を目指すために必要な知識・コツを徹底解説!
関連記事派遣から正社員になれる?転職のプロが方法を紹介!

転職回数不問の企業の見つけ方・探し方

この記事を読んでいる人の中には「転職しすぎて自分の経歴に自信がない…」と不安に感じている人もいるのではないでしょうか?もしかしたら「ヤバい。不採用が続いている。人生終わりだ…」と悩んでいる人もいると思います。

そんな人には転職エージェントがおすすめです。一人で転職回数を気にしない会社を探すよりも、プロに頼ったほうが選考通過率が高くなります。

なぜなら「〇〇さんは転職回数が多いものの、パワハラが原因で仕方なくの退職だった」「転職回数は多いが、魅力的な人柄でスキルも高い」といったフォローを応募先の人事担当に伝えてくれるためです。

また職務経歴書をチェックしてくれたり、合格しやすいノウハウも無料で教えてくれたりします。転職回数が多い人は、キャリアアドバイザーに自己分析を相談することもおススメです。

転職エージェントは簡単な登録を済ませるだけで、あとは全て無料でサポートを受けることができるので、利用して損はないでしょう。

転職エージェント経由ならテレワーク(リモートワーク)可否など聞きづらい質問を代わりに聞いてくれるのもメリットです。

ただ、転職エージェントによっては転職回数が多すぎると「紹介できる求人がない」「サポートが難しい」といった理由で断られるケースもあります。

転職エージェントもクライアントとの信頼関係を壊したくないので、短期間で離職する可能性が高い人間を紹介したくないと考える会社もあります。

また、担当のキャリアアドバイザーによってサポートの質が異なるので、まずは3社ほど複数登録して、転職回数が多くても問題ないと言ってくれるキャリアアドバイザーと一緒に転職活動を進めていくのがベストですね。

以下に満足度ランキング上位の転職エージェントをご紹介します。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェント
に相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない人向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブ
に相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

UZUZ
に相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがおすすめです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)
に相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメント
に相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※エンジニア未経験者向けの求人は保有しておりません。

ポイント

  1. 保有求人7000件以上の約8割が年収600万円以上のハイクラスIT求人
  2. 大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  3. WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリア
に相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENT
に相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント