【例文付】IT業界の志望動機を徹底解説!未経験や文系向けも紹介!

履歴書 職務経歴書 書類

人事の心を掴むIT業界の志望動機を書く3つのポイントを転職のプロが説明します。

未経験の人も1から理解できるようにIT業界の業務内容や適性などを徹底的に解説していきます。

IT業界の志望動機は自己分析が重要!

正直に言うと、志望動機が上手く思いつかない・書けないのは何がしたいのかハッキリと決まっていないということです。

まずはIT業界で自分が何をしたいのかを明確にしましょう。

その際に大切なのは自己分析です。

自己分析をすることで、「なぜ前職を辞めてしまったのか」という原因が明確になります。

そのため、「次はどういう会社を選ぶべきなのか」という転職軸がハッキリします。

弊社がおすすめする最強の自己分析の仕方が下のリンクにありますので、確認してみてください。

関連記事自己分析なしの転職は失敗します。転職のプロが正しいやり方をご紹介!

自己分析をしっかりおこなえたら、いよいよ志望動機を考えます。

志望動機の書き方について以下で、説明をしていきます。

︎[完全無料]転職は面接ですべてが決まります!転職のプロたちと面接は練習を重ね、自信を持って進めたい人はぜひ弊社までご相談ください!

IT業界の志望動機の基本的な書き方

志望動機は基本的に3つのテーマから構想します。

各項目のポイントは以下で紹介します。

志望動機の構成

  1. 書き出し
  2. 本文
  3. まとめ

1.書き出し

志望動機を書く際、もっとも重要なのが「書き出し」です。

なぜなら、志望動機のなかで最初に読まれる部分だからです。

最初に読まれるからこそ、書き出しは「結論」から持ってくるべきです。

ここでいう結論とは受けたい会社の志望する理由のことです。

書き出しの例

  • グローバルな環境で仕事ができ、年齢関係なく実力で判断されることに魅力を感じました。
  • 様々な業界と取引しており、どんな要望にも応えられる柔軟性に魅力を感じました。
  • 志望する理由は最新の技術を積極的に取り入れ、サービスに転換しており、革新性を感じたからです。

2.本文

本文では、理由に対する根拠を書き出します。

根拠を提示することにより、理由の説得力が増します。

根拠では、きっかけだけを志望動機にしてしまう人が多く見られますが、 将来どうなりたいかも書いておいたほうが良いです。

なぜなら、きっかけだけでは様々な仕事に対しても同じことが言えてしまい、 ありきたりな志望動機になってしまうからです。

よって、根拠には明確な将来像も忘れず書きましょう。

3.まとめ

最後に、説得力のある志望動機を作成するには 志望する会社でなければならない理由について書くことです。

なぜなら、企業側から見ると、志望者の熱意が測りやすいからです。

志望する会社のことをあまり知らない状態で書いてしまうとありきたりな志望動機になりやすく、説得力があまりないです。

効率よく情報収集をするために実践してもらいたい情報収集する方法の3選をご紹介します。

情報収集する方法3選

  • 商品やサービスを使ってみる
  • 志望する会社のホームページにて沿革、経営理念、事業内容を調べる
  • 志望する会社に関わるニュースや業界シェアを調べる

このような方法で1度調べ、自分が社員だと想定し、どんな仕事をしたいのかを書き込むと熱意が伝わる志望動機になります。

︎[完全無料]「志望動機が思い浮かばない...」転職支援のプロから客観的なアドバイスをもらい、面接官に刺さる志望動機を作りませんか?

人事の心を掴む志望動機を書く3つのポイント

IT業界へ転職する際に、志望動機としてどのような内容であれば差別化できるのかを紹介します。

1.今までの経験をどう活かせるかを伝える

IT業界が経験者・未経験者であっても、今までの経験に基づいて志望している内容は訴求力があります。

IT業界経験者の場合

過去の開発実績や使用できるプログラミング言語などを文章に取り入れましょう。

実務スキルや業務経験が重視されることが多いので、人事にアピールできるように伝えましょう。

IT業界未経験者の場合

文系職種からの転職であっても伝えられる内容は少なくありません。

例えば、「営業で培ったヒアリングスキルを、顧客の要望を聞いてシステムを構築するために活かしたい」のように表現することができます。

これらのように、自分の経験から伝えられる内容がないか、まずは整理してみることが大切です。

2.独自にIT関連の勉強をしている内容を入れる

未経験採用の場合、効果的なのが自発的なIT関連の勉強をおこなっているケースです。

例えば、「あるきっかけからプログラミングのスクールに通って基礎を学んだ」「独学でスマートフォンのアプリケーションを作ってみた」など、自ら積極的にトライした経験から仕事としてやっていきたいという内容につなげることは説得力も上がります。

3.周りとの差別化を図る

志望動機を伝える時は、必ず自分にしか言えない要素を入れてください。実体験などを入れ込めると、オリジナル感が強くなって良いですよ。

「IT業界に興味を持った理由」や「前職で実際にあった体験や経験」などから、志望動機として使えそうなものはないか探ってみてください。

オリジナル要素がない志望動機は採用担当者に興味を持ってもらえない可能性があるため、注意しましょう。

[完全無料]IT/Web系企業の採用事情について知る転職のプロが作成した想定質問集と蓄積された転職ノウハウで選考通過率UP!

IT業界への志望動機の例文

先ほどご紹介した志望動機の書き方のポイントを用いて、それぞれの例文を以下で紹介します。

例文1:今までの経験をどう活かせるかを伝える

御社は顧客管理システムを主力商品として持ち、スマートフォンを活用した営業効率アップの仕組みも積極的に開発しているとお聞きしました。

エンジニア未経験でありますが、顧客側の視点での経験を活かして御社のシステムをより多くの方に広げる、縁の下の力持ちとして働きたいと考えています。

この例文は、これまでの経験としてクライアント側の業務経験があるケースです。

これまで経験から、顧客側に想定される課題を見出すという強みは具体性があり、未経験職種ながら経験に基づいた動機とできるので印象も良いです。

例文2:独自にIT関連の勉強をしている内容を入れる

以前から関心があり、1年前より週末にプログラミングスクールに通いRubyを勉強しています。

自分でWebサービスを作る面白さにのめり込んだのがこの仕事を志望するきっかけとなりました。
実際の経験に基づいた志望動機は説得力があります。

また、継続して技術について学ぶ必要のあるIT業界での仕事において、自発的に学ぶ姿勢がある点も評価を得やすいポイントとなります。

例文3:活躍するための自己研鑽の姿勢についての内容を入れる

今まで営業職として●●の販売に携わってきました。完成したものを売るだけでなく、自分が製品を作るフェーズにも携わりたいと思いシステムエンジニアを志望しています。

未経験職種ではありますが、御社の実施する研修で基本を身につけるだけでなく、自発的に技術の勉強を怠らず1日も早く活躍できるように努めたいと考えています。

このような場合、これまで自発的に勉強した結果、仕事の成果につながった経験などを自己PRで併せて伝えるなどの工夫も必要です。継続して学べる姿勢を最大限伝えましょう。

[完全無料]20代での転職で年収700万円を超える。10年後、20年後を見据えた転職をサポート

未経験からIT業界への転職をするには

先ほどご紹介した通り、未経験・文系からの転職であってもIT業界への転職で伝えられるポイントは少なくありません。

きっかけレベルの話や、企業の提供する研修などに頼るないように止まらず、できる限り自分の経験を具体的に関連させた志望動機を考えましょう。

弊社はIT・Web業界の転職に強く、支援実績も多数ございます。キャリア相談から始まって、企業研究や選考対策も入念にサポートさせていただきます。

志望動機や選考対策に不安がある人は、ぜひ弊社にお問合わせください!

キャリアを高めたい20~30代前半に向けた転職エージェント

ポイント

  1. 会社に依存せず自立を目指す人に向けた転職支援!
  2. 丁寧なカウンセリングと厳選された求人で質の高いサポートをします
  3. あなたのキャリアに有利な企業・求人のみご紹介!

【無料】転職サポート申し込み

また、IT業界に強い転職エージェントについて、こちらの記事でも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

関連記事IT業界に強いおすすめの転職エージェント7選【職種・分野別】厳選!
︎[完全無料]10年後、20年後の姿まで踏み込んだキャリアプランの提案が強み!弊社への相談はこちらから

IT業界で仕事をしたいなら知っておくべき3つの事

未経験でIT業界を志望する際に覚えておきたいIT業界と各業務の適性をご紹介します。

IT企業の採用に失敗しないように、IT業界とシステムエンジニアの役割を今1度把握しておきましょう。

1.IT業界は大きく3つに分類することができる

IT業界は幅広く、実は大きく3つに分類することができます。

分類されたそれぞれの業態では、様々な職種・業務があるにも関わらず、しっかり把握できている人は少ないです。

志望動機を考える前に、自分がどの業態へ転職したいのか、さらにどのような仕事をおこなっているのかを把握することが大切です。

ソフトウェア業

コンピューターのプログラムの作成及びその作成に関する調査、分析、助言などのサービスやホームページの作成などをおこないます。

情報処理・提供サービス業

不動産情報・気象情報・科学技術情報などのデータを収集、加工、蓄積し、情報として提供するデータベースサービスなどが当てはまります。

インターネット附随サービス業

Web情報検索サービス、インターネット・ショッピング・サイト運営などの、インターネットを通じて、情報の提供やサーバ等の機能を利用させるサービスを提供する業務です。

志望する企業がIT業界の中で、どの枠組みに入るかを確認すれば、競合企業との比較ができ、志望動機が書きやすくなります。

2. エンジニアの仕事内容は流れで掴む!

IT業界には様々な職種が存在しています。

例えばITコンサルタントやWebディレクターなどが挙げられます。

しかし、その中でも代表的なシステムエンジニアの仕事内容を紐解いていきます。

1.要件を定義する

顧客の要望を聞き、システムの全体像を決めます。

何の目的があり、どのような機能が必要で、業務内でどれだけシステムに頼るのかを明確にします。

このように、顧客の業務内容をきちんと把握した上で顧客の要望も聞き、より効率化する提案もします。

この時点で顧客の要望とシステムの開発とが合致しなければ、致命的なミスになりかねない難しい作業です。

2.基本設計をおこなう

要件定義で決まったシステムの全体像をもとに、システムにどのような機能をもたせ、表示方法や操作方法はどのような形式でおこなうのかなどを決めます。

3.詳細設計をおこなう

基本設計フェーズで決めた機能をもとに、どのような技術で実現していくかを決定します。

開発を担当するプログラマーに渡す設計書も詳細設計の段階で書かれます。

4.システムテスト

すべてのプログラミングが完了し、システムが完成した後にシステムが設計通りに動くかどうかをテストします。

3.エンジニアの適性

IT業界では、知識の量や技術力が求められるのは確かです。

しかし、知識の量や技術力以外にもIT業界の現場で求められる適性・人材あります。

以下でその適性・人材についてご紹介します。

ITへの知的探求心が高い人

IT業界の革新スピードは他の業界と比べて顕著に見られます。

そのため、エンジニアには、最新の技術を知り続けることが必要不可欠です。

よって、無類のパソコン好きな人やITの情報にの詳しい人は向いていると言えます。

コミュニケーション能力が高い人

意外に思われるかもしれないですが、エンジニアにとって、コミュニケーション能力は必須です。

顧客となる企業の要望を適切に理解し、他のエンジニアと連携することも多くあります。

ロジカルシンキングができる人

顧客が1番望んでいるのは、ITを活用して、課題を解決することです。

課題を的確に理解し、それに対して解決策を考えられることは評価が高くなります。

上記のように知られざるエンジニアの適性について知ったところで自分の性格と照らし合わせて志望動機に書くのも高評価につながります。

︎︎[完全無料]10時間以上の選考対策で納得のできる転職を実現。転職サポート申し込みはこちらから

未経験や文系でもIT業界で働くことはできる!

「文系出身や未経験ではIT業界に就職するのは難しいのではないか」と思ってしまい、選択肢に入れない人も多いのですが、そのようなことはありません。

なぜなら、情報処理推進機構発表の「IT人材白書2017」によると下記のようなデータが出ているからです。

情報処理推進機構発表の年代別IT企業IT技術者の最終学歴での専攻についてのグラフ

このようにIT企業の技術職ですら、20代であれば、全体の59%が理系出身ですが、残りの40%が文系、残りの1%がその他となっています。

確かにIT業界で働いている人の半数以上が理系出身ですが、4割は文系出身です。

つまり、志望職種や自分の頑張り次第で、文系出身者でもIT業界で十分に活躍することができます。

IT業界未経験者、文系でも働けるケースについて、以下で詳しく説明します。

1.未経験者や文系出身者でも募集が存在する

転職サイトのIT企業の求人でも「学歴不問、文系歓迎」などと書いてある企業も存在します。その場合、手厚い研修を実施していることが多いです。

また、文系と理系にあまり大きな差があるわけではなく、ITの予備知識があるかないかが大きな分かれ道になります。

2.未経験者や文系出身者でも活躍できるケース

IT業界では、文系寄りの職種である営業職や事務職が存在し、企業によっては企画やマーケティングなども担当させてもらえることがあります。

IT業界の代表職であるシステムエンジニアにも文系が活躍できる機会があります。

例えば、顧客である企業の要望を資料を通し、話を聞き、社内状況を理解しなければならないことや、プログラマーに分かりやすく伝えるための資料などを作成しなければならないことなどが挙げられます。

IT業界に転職をお考えの人へ

「将来は会社に依存せずに生きていきたい」
「自立していたい」
「自分の力で食べていけるようになりたい」

このように思っている人は多いのではないでしょうか?

また、上記のことを頭では分かっているが、どのように実行に移せば良いのかわからない、もしくは自分の視点のみでキャリアの選択を判断することはリスクが高いと捉える人もいると思います。

そんな時転職エージェントのご利用をおすすめします。

数多ある転職エージェントの中でも、弊社アクシスは独自の、そしてもっとも大事にする価値観の一つとして、「自立型人材の育成」を挙げています。

自立型人材とは、会社や時代など外部環境に左右されず、いつでもどこからでも引き合いを得られたり、食べていけるキャリア(経験やスキル)を持った人材のことです。

20代~30代前半で営業スキルをはじめ専門スキルを保有しており、かつこれからマネジメント経験を積もうと考えている人は市場価値を伸ばせるチャンスであり、自立型人材を目指せます。

弊社アクシスの強みについてさらに詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

本気で今の経験やスキルを活かして、会社に依存しない人キャリアを歩みたい人はぜひ弊社へ相談してみてください。

キャリアを高めたい20~30代前半に向けた転職エージェント

ポイント

  1. 会社に依存せず自立を目指す人に向けた転職支援!
  2. 丁寧なカウンセリングと厳選された求人で質の高いサポートをします
  3. あなたのキャリアに有利な企業・求人のみご紹介!

【無料】転職サポート申し込み

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

  • すべらないエージェントとは
  • すべらないエージェントの強みとは
  • 弊社のイチオシ自律型人材とは
  • すべらない転職Q&A