20代で転職を検討されている方へ


カスタマーエンジニア から転職するには

カスタマーエンジニア(フィールドエンジニア)は、ITの知識から機器の仕様、またはその企業に合わせた業務内容までを把握する必要があるなど、幅広い知識と技術が求められる職種です。

また、トラブル解決などを現場で行うため、お客様とのコミュニケーション能力も重要なスキルとなっており、いわばオールマイティな能力が求められる技術者でもあります。

カスタマーエンジニアを現職としている方のスキルは、様々な分野に転職するに十分な力を持っているはずです。

カスタマーエンジニア の将来性はある?

カスタマーエンジニアを現職としている方は、、広い分野における知識が必要であったり、緊迫した状況下でのトラブル解決によるストレス、またお客様との円滑コミュニケーションが上手くいかなかったり、時間を問わず起こるトラブルで多忙な毎日をこなしているなど、様々な面で不満を持っている方も少なくありません。

カスタマーエンジニアに将来性があるのかという不安もあるでしょう。

しかし、上述したようにカスタマーエンジニアには、コミュニケーション能力や様々な機器に対する知識、トラブル現場での適切な対応能力とコミュニケーション能力が備わっているのです。

現在のインターネット社会は、さらに拡大していきます。身近な家電製品にまでインターネットが接続されるIoT化などはますます浸透し便利になります。

ただし、便利になるに比例して、トラブル時に専門家が必要となる場面は増えますよね。トラブルが起これば、それを解決するのはカスタマーエンジニアです。

社会の流れ、インターネットのさらなる普及により、カスタマーエンジニアに広いニーズがあることは間違いありません。

今後特に、医療分野においては機器やネットワーク技術に関しては最先端の技術が絶えず導入されていきます。機器や技術が導入されるということは、それに比例して現場でのカスタマーエンジニアの迅速な対応が求められるという事に繋がります。

カスタマーエンジニアの迅速な対応は、その業界を指させるものとなり、特に医療の分野などスピードが求められる現場では、広い知識とコミュニケーション能力、そしてトラブル解決能力を併せ持つカスタマーエンジニアは非常に重要なポジションとなるのです。

カスタマーエンジニアはきついから辞めたいはありか?

トラブルの現場で臨機応変に対応するカスタマーエンジニアには、きついと思うシーンが無数にあります。

その中でも特に、トラブルが解決するまで業務が終わらないという事です。

現場でトラブルを解決するカスタマーエンジニアは、ソフトや機器、ネットワークなど様々な専門のエンジニアとコミュニケーションを取りながらトラブルを解決していきます。

しかし、どうしても原因が分からず、対応が長引く事は日常茶飯事ですよね。しかも、当然ですがトラブル解決するまでは終わりません。「わかりません」が通用しない世界だからです。

どのようなトラブルでも、お客様が業務を再開出来る状態にする事が何よりも重要で、それが任務だからです。トラブルがあれば遠方(海外も含む)まで足を運び、解決に当たります。

しかし、問題が解決しなければもちろん帰る事は出来ませんし、時間が立つにつれてお客様からのアタリも強くなるでしょう。

カスタマーエンジニアは、極端に言えば「精神力」が最も重要なスキルといえるかもしれません。精神的に絶えながら、解決に至るまで永遠に思える時間の中で作業をするには、現場をこなすための精神力は並大抵ではありませんよね。

ですので、カスタマーエンジニアには正直に言って「人によって向き不向き」があるのです。では、これ程ツライ思いをするカスタマーエンジニアに向いている人はどのような人なのでしょうか。

それは、以下に該当する人です。

  •        難しいトラブルを解決する事が好き
  •        お客様とコミュニケーションを取るのが好き
  •        お客様からの「ありがとう」が何よりも嬉しく感じる

このどれかが当てはまる人には、とてもやり甲斐のある職種なのです。

しかし、それでもやはりツライと感じる場合はどのように対処すれば良いのでしょうか。

それは、自身がツライと感じる部分をケアしてくれる企業に転職をする事です。

例えば、トラブル現場での緊張感が絶え難いという方は、トラブル現場には基本的に二人で向かう事を原則としている企業への転職であったり、幅広い知識やお客様とのコミュニケーションが苦手だと感じる方は、医療機器など、専門的な分野に特化したインフラエンジニアに転職するという方法があります。

カスタマーエンジニアから転職するにはどこがいいか?

カスタマーエンジニアは、トラブル解決能力とコミュニケーション能力に長けた人材です。更には、これまでカスタマーエンジニアとして培ってきたソフトおよびハード分野の知識は、それを必要とする医療機器など専門性の高いインフラエンジニアへの転職も視野に入れて良いでしょう。

技術的な知識はもちろん、お客様とのやりとりも出来るという、ITエンジニアの中でも特別な存在だと言えます。

特に顧客対応能力の高いカスタマーエンジニアは、お客様はもちろん、企業内での円滑なコミュニケーションも取れますので、トラブル時にも大いに活躍する事が期待できます。

オススメの転職エージェント

カスタマーエンジニアからの転職には、転職エージェントの活用がオススメです。
業界に精通したコンサルタントもいますので、ぜひ頼ってみてはどうでしょうか!

マイナビIT

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. 業界大手のマイナビが運営しているので、IT・Web業界の大手・中小・ベンチャー企業の求人が豊富
  2. IT業界・Web業界に精通したキャリアアドバイザーが担当

<デメリット>

  1. 大手でキャリアアドバイザーの人数が多いために、一定、質にバラつきは出る可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. エンジニア・クリエイターとして転職を希望している方
  2. 将来的にどの技術や言語が伸びるか、自分のキャリアについてアドバイザーに相談したいという

レバテックキャリア

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. レバテックキャリアだけの非公開求人や独自情報によって、転職者に合った企業をマッチング
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!

<デメリット>

  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

<こんな方にオススメ>

  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

リクルートエージェント

<メリット>

  1. 国内最多の求人数を保有
  2. 転職者の8割以上が登録
  3. 幅広い業界・職種の求人を網羅的に閲覧・紹介してもらえます

<デメリット>

  1. 求人数が多い一方で、転職者の登録数も多いため、1人1人に手厚いサービスが期待できない可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. 「大量の求人を一旦閲覧したい、紹介してもらいたい」という方
  2. 業界最大手の転職エージェントの標準的・平均値的なサービスレベルを最初に知っておきたい方