【必読】旅行代理店から異業界に転職!キャリアチェンジするには?

The following two tabs change content below.
アクシス(株)代表  末永雄大

アクシス(株)代表  末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

このブログを通じて私の元へ旅行業界から転職を希望される方の特徴として、

「結婚を機に年収を上げたい」

「不定休から土日が休日の仕事に転職したい」

「より高度な課題解決型営業ができる業界などへキャリアアップを図りたい」

という方からの相談が非常に多いです。

旅行代理店業に従事されている方は、非常にコミュニケーション力が高い方が大勢いらっしゃるので、私自身もこれまで多くの方の転職活動を支援してきました。

具体的には、旅行業界の方がコミュニケーションスキルを活かせる、

・人材業界

・コンサルティング業界

・IT業界

上記業界の法人営業職は多数紹介しております。

今回は旅行業界からの転職についてまとめてみたので、転職をご検討されている方はぜひ読んでみてください!!

旅行業界から異業種へ転職を希望する方の転職理由

なぜ旅行業界から異なる業界へ転職を希望する方が多いのでしょうか?

理由は色々とありますが、私がこれまでお会いした旅行業界の方々がよく理由としてあげている事は以下のような事があります。

  • 給与レンジが低い・上がっていく見込みがない
  • 添乗員業務などで出張が多く肉体労働的な業務も多く体力が持たない
  • 休みが不規則
  • 上司を見ていても将来のロールモデルに思えない
  • 営業スタイルが個人向けカウンターセールスに限られる、法人向けであっても提案の深さがあまりない

旅行業界の給与は低いのか?

結論、他の業界と比較して低めではあると思います。

JTBコーポレートセールス(JTB法人東京)は、むしろ他の業界の企業と比較しても割と高めな給与設定ではありますが、それ以外は他の業界企業と比較して決して高くはない給与レンジと感じます。

その理由として、旅行業界は粗利率が低いという事、チケットやホテルの民泊の在庫リスクが高いという点、繁忙期と閑散期の売上変動が激しい、消費者にとっては人気業界である、という点があげられると思います。

旅行業界は薄利多売と言われており、サプライヤー(ホテルや交通機関、アクティビティ)から成約ベースで10%程度をいただくモデルになっています。

転職するなら高いコミュニケーション力が必須!

私は旅行代理店業から異業種へ転職される場合は、高いコミュニケーション力を生かした職種に転職されることを強くお勧めいたします。英語など、外国語が得意な方はさらに転職が可能な業界、企業が増えます。

例えば人材業界、コンサルティング業界、インターネット業界の企画営業職などの法人営業職などなどです。

年収は20代で、営業職未経験であれば、400万〜600万円スタートが相場となります。
転職先できっちり経験を積めば、更なるキャリアアップをされる方も大勢いらっしゃいます。

一方で旅行業界でも、コミュニケーション能力が乏しい方が転職活動をされると、非常に転職活動が厳しいという現実がありますので、コミュニケーション力がご自身で乏しいと認識されている方の転職はお勧めできないかもしれません。

現在の職場でコミュニケーション力を磨かれてから、転職活動を始めることをご提案させて頂きます。

弊社では旅行代理店業から未経験の職種、業界への転職の成功実績が多数あります。

旅行代理店からの転職をお考えの方へ

旅行代理店からの異業種への転職を考えているなら、転職エージェントにまず相談してみるのがオススメです。

現職を続けながらの転職活動の場合は、現職が忙しすぎて、転職活動が思うように進まないと悩まれる方が非常に多いです。

転職エージェントでは、煩雑になりがちな面接日程等の調整の代行はもちろん、応募書類の添削や、面接突破率を上げるための面接練習、給与交渉に至るまで、転職にまつわる様々なサポートを「無料」で行ってくれるので、現職で忙しい方こそ、サポートを利用して欲しいと思います。

また、30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみましょう。
転職ありきでなく、「まずは相談したい・・・」という利用の仕方も大丈夫なので、安心してください。

自分の進みたい業界が明確に決まっている場合や、コンサルタントの質やサポートといった部分を重視される方は特化型のエージェントの利用もオススメです。

とはいえ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、担当になったコンサルタントとなんとなく馬が合わない、あまり志望度の高くない企業をプッシュしてくるといったリスクも想定されます。

自分と相性が合って、信頼できる優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきです

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の求人が豊富な転職サイト
企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトがもらえる!

ポイント
  1. 掲載企業数5000社以上!年収・求人の質ともに高い優良求人が多数
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25