保険営業への転職は未経験でも可能?キャリアのプロが徹底解説!

生命保険 書類 ノート ペン 筆記用具

    保険営業職への転職を成功させるために知っておきたい、必要なスキルや転職のコツをキャリアのプロが詳しくご紹介します。未経験の人も必見です!

    この記事を読んで、書類選考や面接の通過率を上げましょう!

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

未経験から保険営業に転職するのは可能

保険営業職の仕事の場合、入社時に特定の資格が必須として求められることは少なく、未経験からでも転職が可能な場合が多いです。

個人向けの営業経験や販売員の経験があれば、なお転職はしやすくなるでしょう。

保険営業の仕事内容

保険営業の仕事には、主に個人営業と法人営業の2種類があります。

未経験の場合は、営業の難易度が易しい個人営業からスタートすることが多いです。

個人営業

個人に対して保険の営業活動をおこなうのが、個人営業です。

電話をかけてアポ取りをしたり、飛び込みで挨拶に行ったりして、対話をするきっかけを作るところから仕事がスタートします。

その後、商品の良さやそれぞれの顧客に合うプランなどを論理的に説明し、気に入ればその場で契約してもらえることもあります。

「モノを売りに来る人」というネガティブな印象から始まることも多いものの、その人の腕次第では将来の不安などを相談してもらえる関係を築くことができれば、成績を伸ばすことができます。

法人営業

企業に対して団体保険や年金などの保険商品を提案するのが、法人営業の仕事です。

基本的には個人営業の仕事内容と同じですが、商談をする相手が異なります。

まずは見込み顧客をリストアップして、営業をかける相手を絞り込み、個人営業と同様に電話でアポ取りをしたり飛び込みで訪問したりして営業のきっかけづくりをおこないます。

企業の情報を収集し、その保険商品を利用することでどのようなプラスのポイントがあるのかを説明、提案し、契約につなげます。

論理的な説明ができることや、悩みや課題を相談してもらえるような顧客との関係を築けることが求められます。

保険営業への転職で求められる経験・スキル・資格

保険営業職に転職するにあたって求められる経験やスキル、資格についてご紹介します。

こららは保険営業職になったあともより高いレベル求められるスキルです。

ニーズのヒアリングスキル

保険業界に限らず、営業職で活躍するのに欠かせないのが、顧客のニーズをヒアリングするスキルです。また保険の場合は企業だけでなく個人を相手に営業をおこなうこともあるため、顧客の気持ちを理解し寄り添う力も必要になります。

これまでに提案型の営業をおこなった実務経験があれば、活かすことができます。

目標達成能力

営業職に共通しているのが、個人や店舗での目標が月ごとに定められていることです。

1人の顧客に気に入ってもらうだけでなく、こうした数の目標にもきちんとコミットして成果をあげる力が求められます。過去に数値的な実績があると、面接での説得力が増します。

資格取得のために勉強する力

基本的には未経験からでも転職できる場合が多い保険営業職ですが、資格を取得すると販売できる保険の種類が増えるため、入社後には保険に関する資格を取ることを求められます。

これまでに業務とは別で資格取得の経験などがあると、面接ではプラスになるでしょう。

以下のものをはじめ、就職後に取るべき資格はたくさんあります。

  • 生命保険募集人(この資格は保険を売るためには必須)
  • 損害保険募集人
  • 変額保険販売資格
  • FP2級以上
  • 投資診断士

事前に取得していれば、保険営業へ転職したい熱意が伝えられるだけでなく、面接が有利に進みやすいので、余裕があれば取得しておくと良いでしょう。

余裕がない場合でも資格取得のための勉強をしているなど、実際に行動していることがあれば面接で熱意のアピールになります。

【無料】保険営業への転職なら、年間3000人の転職相談を受けているすべらないキャリアエージェントにぜひご相談ください!

保険営業に転職するメリット・やりがい

保険営業職に転職するメリットとやりがいをご紹介していきます。

保険営業は大変な仕事ですが、これらのメリットややりがいが感じられる仕事でもあります。

人生における重要な悩みを解決できる

とくに個人営業においては、保険への加入は顧客にとって人生の中でも重要なライフプランの一部になります。そうした相談に乗り、顧客の悩みを解決できることは、大きなやりがいになります。

悩みを入念にヒアリングして、相手の思いや人生に寄り添う適切な保険を提案できると、感謝してもらえることが多くあります。1度の成約が、糧になって続けられる人も多いです。

保険の専門知識が身につく

先述の通り保険営業職につくと、入社後に資格の取得を目指すことが多くなりますが、そうしたステップを経て専門性を高めることで、保険の市場での価値が高まることが期待できます。

保険の知識は決して専門的な業務にまつわるものばかりでなく、自分の生活にうまく活用できることもあるのが嬉しいポイントです。

インセンティブがある

企業によっては、成果に応じて高いインセンティブが支払われて年収が100万円を超えることも十分あり得ます。

顧客の悩みに応えるためにスキルアップを目指すことが、同時に給料アップにもつながるのはメリットと言えるでしょう。

保険営業へ転職する際の3つのポイント

保険営業職への転職を成功させる3つの方法をご紹介します。

営業スキルのアピールを具体的にする

基本的には、面接の段階では保険の専門知識を持つことよりも営業としての実務経験やスキルが歓迎されやすいものです。

数値的な実績があれば説得力が高まるため、過去の経験の中でどのような成果を出していたのか、そのためにどのような工夫をしたのかという順で具体的にアピールできると良いです。

転職理由・志望動機を明確にする

営業の仕事は様々な業界に存在するため、その中でもなぜ保険業界なのかを明確にしておくことが、転職成功への近道です。

志望する企業を選ぶ理由も自分の言葉でしっかり説明できるよう、商材の特徴も勉強しておく必要があります。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事未経験でも営業職に転職できる?プロがぴったりな業界を大公開!
関連記事【営業職】キャリアビジョンの立て方!面接で質問されたときの答え方!

転職エージェントを利用する

志望動機やこれまでの経歴をしっかりと整理した上で、もう1つおすすめなのが転職エージェントを利用する方法です。

キャリアに関する相談をしたり、面接の練習を申し込んだり、また自分に合った企業を教えてもらったりと、様々な方法で支援を受けることができます。

【無料】保険営業への転職なら、年間3000人の転職相談を受けているすべらないキャリアエージェントにぜひご相談ください!

保険営業の転職で知っておくべきこと

保険営業職への転職を考える前に、おさえておきたい2つのポイントをご紹介します。

給料が安定しない可能性がある

営業職に共通して多いのが、給料が安定しない可能性があることです。

インセンティブの割合が大きいことがあるため、しっかりと成果を出せればメリットが大きい反面、うまく成約につなげられない場合に基本給が低いという事態が考えられます。

とはいえ資格取得や現場経験の中で着実にステップアップしていくという意味では、向上心を保てる人は失敗しにくいです。

土日に営業するケースがある

保険営業のメインの仕事は個人営業です。個人営業の場合は、平日稼働の企業と違い平日よりも休日のほうが対応してもらえることが多いため、土日も含めたスケジュール管理が必要になります。

土日はできるだけ休みたい、という人は最初から法人営業を希望しておくことをおすすめします。

保険営業からのキャリアパス

念願かなって保険営業職につけた場合、その後どのようなキャリアパスを実現できるのかを紹介します。

保険営業からの選択できるのは主に以下の3つのキャリアパスです。

法人営業にチャレンジが可能

保険営業は個人営業がメインではありますが、個人営業での実務経験や目標達成の経験を足掛かりに、将来的に法人営業に挑戦することも可能になります。

法人を動かすという意味では個人営業よりもハードルが高くなりますが、その分やりがいも大きいため、転換を見据えて経験を積んでおくのもおすすめです。

ただしこれは20代後半くらいまでで、それ以降の年齢の人は次のキャリアパスが主な選択肢になります。

キャリアアドバイザーに転職

方向は異なりますが、保険営業から人材業界で求職者の転職の支援をするキャリアアドバイザーに転職する人も多いと言われています。

個人の悩みや課題に寄り添った営業の経験が活かせるため、保険という対象にこだわらない場合は、キャリアパスの1つとして検討してもよいかもしれません。

マネジメントクラスに昇格も可能

大手の保険会社でプレイヤーとして成果を上げると、マネジメントラインに上がることも可能です。商材への理解や顧客からの信頼、目標達成力などを評価される場合が多くなっています。

保険営業の平均年収は385万円

求人ボックスによると2020年11月28日時点の保険営業の平均年収は385万円となっています。

年収の幅は300〜899万円と幅広く、稼げる人と稼げない人で大きな差が出ていることがわかります。

給与に開きがある理由は、インセンティブの割合が大きいからです。保険営業の基本給は決して高くない場合が多いのですが、成果をあげればその分報われる仕組みになっています。

年収について詳しく知りたい人は以下の記事をご確認ください!

関連記事保険の営業って年収いくら?男女・年齢別で平均年収を大調査!

保険営業に転職するには転職エージェントがオススメ

保険営業に転職するためには、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

なぜなら、一般公募をかけている企業の中には、転職者がキャリアを築けないブラック企業が存在するにも関わらず、転職者はどの企業がブラックなのか分からないことが多いからです。

すべらないキャリアエージェントは、中小エージェントならではの強みを生かして、転職者に紹介する企業の選別をおこない、ブラック企業の求人を弾いているので、実質的に優良求人しか保有していないのが特徴です。

他にも

  • 転職サイトに載っていない優良求人を保有
  • 志望する企業向けにカスタマイズされた面接練習の実施
  • 転職支援のプロによる転職者の長期的なキャリア設計のコンサルティング

のような他の転職エージェントに負けない強みがあります。

本気で転職を成功させたいと考えている人は、ぜひ1度すべらないキャリアエージェントに相談ください

営業職でキャリアアップしたい20代のための転職エージェント

弊社は、会社に依存せず、自分の実力や専門スキルでキャリアを築いていける人材のキャリア支援を提唱しています。

ポイント

  1. 会社に依存せず市場価値を高めたい営業マンに向けた転職支援!
  2. 営業職のキャリアアップを考えた無形商材法人営業の求人を多数保有
  3. あなたの自己実現ビジョンを軸としたキャリア形成をサポート

【無料】転職サポート申し込み

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

  • すべらないエージェントとは
  • すべらないエージェントの強みとは
  • 弊社のイチオシ自律型人材とは
  • すべらない転職Q&A