仕事が向いてないサインを職種別に解説!辞めるのは甘えじゃない!

仕事 向いてない サイン

    この記事では「仕事が向いてない」「仕事が合わない」と感じるのサインを職種別に紹介しています。「仕事が向いてない」と感じるサインが出た時の対処法やおすすめの相談先、そのまま続けるとどのようなリスクがあるかを解説しています。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

仕事が向いてないと感じるタイミング

まず初めに、「仕事が向いてない」と感じるタイミングやシチュエーションを紹介します。

今のあなたの状況に当てはまっていないか確認してみてください。

休み明けの仕事がしんどいと感じる

「月曜日になってほしくない」 「休み明けの仕事がしんどい」
など、仕事のことを考えると憂鬱に感じる状態は、仕事が向いてないと感じ始めるきっかけになり得ます。

休日も終わりかけた頃、翌日の仕事のことを考えてネガティブな気分になる現象を「サザエさん症候群」と呼ぶことがあります。

2018年に「江崎グリコ」が、20~50代の成人計1200人を対象に行った「憂鬱な曜日に関する実態調査」の結果によると、働く男性の77%、女性86%、専業主婦の62%が「月曜日が最も憂鬱である」と回答しており、珍しいことではありません。

仕事が向いているか向いてないかは、仕事の適性ややりがいを感じることができるか、会社の方針に共感できるかなど様々な要因があります。

「仕事が向いてないかもしれない…」と悩む人は、能力不足ややる気不足が原因なのではなく、何かしらミスマッチが発生しているだけです。

ただ、「仕事が向いてない」という状態をそのまま放置すると心身に負担がかかってしまい、メンタルヘルス不調に陥る可能性が高いので、仕事が向いてないと感じる要因分析とあなたに向いている仕事・環境は何かを自己分析で見つける必要があります。

転職エージェント末永 末永

マジキャリは、自己分析であなたの適性を言語化した後に向いてる仕事を一緒に探してくれるので「今の仕事が向いてない」と悩む人におすすめです。

仕事が向いてないと感じる20代・30代向け

  • マジキャリ
    自己分析からあなたの強みを見つけて、向いてる仕事を発見!

仕事を「やらされている」感覚がある

仕事に対して、やりがいや目標を持って能動的に仕事をするのではなく、指示されたことをやるだけの受け身の状態が続くと「今の仕事は向いてないかも…」と悩むきっかけになるでしょう。

仕事指示持されたことだけをこなす、「作業」になるとやりがいや面白さを一気に失くしてしまいます。

入社した時に今の会社に就くと決めたのはあなた自身のはずです。

しかし、明確な目標ややりがいがないといつの間にか「やらされている」感覚が身についてしまいます。

改めて、「なぜこの会社に入ったのか」「この仕事を通じてどうなりたいか」を考えてみると良いでしょう。

仕事が向いてないと感じるサイン5選

1日8時間以上も仕事をするのに、「仕事が向いてない」と感じると、毎日の通勤もしんどくなってしますよね。

転職エージェント末永 末永

「今の仕事が向いてないと感じるのは甘えかな…?」と感じる人も多いですが甘えではありません。
「仕事が向いてない」と感じる人は、自分の強みを活かせてないケースが多いです。

転職エージェント末永 末永

ここでは、今まで数千人ものキャリア・転職相談に乗ってきた私、末永が今まで受けた相談を元に「仕事が向いてないと感じるサイン」を5つ紹介します。

仕事が向いてないと感じるサインに当てはまるものがないか、あなたの状況と照らし合わせながら読み進めてください。

ミスを繰り返してしまう

仕事でミスを繰り返してしまうのは、仕事が向いてないと感じるサインの一つです。

しかし、ミスばかりしてしまうからと言って仕事の向き・不向きを判断するのは早いです。

なぜなら、入社や異動直後でまだ実務経験が浅いと、どうしてもミスはをしてしまう可能性は高いからです。

業務内容によっては仕事に慣れるまで数ヶ月〜1年間はかかる場合もあります。

もし、今の仕事を担当してから1年以上経っているのミスをしてしまう場合は仕事が向いてないと感じ、悩んでしまうのは当然です。

転職エージェント末永 末永

このように長期間ミスが続く場合は、あなた自身の強みや適性を正確にできていない可能性が高いです。一度きちんと自己分析をして、自分自身を振り返ることをおすすめします。

自己分析をすることで、あなたの「強み・苦手・やりがい・苦痛」がわかるので、あなたが向いてる仕事・向いてない仕事がわかりますよ。

正確な自己分析をするためには、自己分析のプロであるキャリアコーチと一緒に自己分析をおこなうべきです。

キャリアコーチはこれまで何百人ものキャリア相談に乗っている上に、キャリアの知見が豊富です。

そのため、対話の中から自然とあなたのキャリアについての潜在的な思考を引き出してくれ、それを実際の仕事や職種に落とし込むお手伝いをしてくれます。

転職エージェント末永 末永

キャリアコーチングサービスの中でもマジキャリが1番おすすめです。

なぜなら、マジキャリを運営するアクシス株式会社は転職エージェントも合わせて運営しているため、業界、企業、職種の最新情報を持っているからです。

キャリアの知見やノウハウが社内に豊富にあるため、自己分析から見えた強みややりがいを活かせる仕事は何か、向いてる仕事は何かを考えてくれます。

今ならコーチング1回が無料でお試しできるので「仕事が向いてないのでは…」と悩む人は、ぜひ一度マジキャリに相談してみてください。

向いてる仕事がわからない20代・30代におすすめ

  • マジキャリ
    自己分析からあなたの強みを見つけて、向いてる仕事を発見!

仕事のモチベーションがない

仕事のモチベーションがない、と悩む人はその仕事が向いてないサインの可能性が高いです。

というのも、もし仕事のモチベーションがあれば主体的に仕事に取り組みます。

仕事のモチベーションが高いと主体的に仕事に取り組むことができるので、成果が出やすく、周りから評価されるので「仕事が向いてない」と感じることは滅多にありません。

また、仮に成果が出なくても「どうすれば成果が出るのか」「どうすれば数字が上がるのか」を主体的に考え、仕事に向き合っているので、モチベーションがないと悩む必要がありません。

仕事のモチベーションが全くない時の対処法について年代別に解説しているので、こちらの記事も併せて読んでみてください。

成果が出ない

仕事で成果を残せないと、仕事が向いてないサインと感じてしまいます。

なぜなら、成果が出ないことで目標数字に達成できず、上司から怒られたり、周りの同僚と比較して「仕事が向いてない」と悩んでしまうからです。

ただ、成果が出ないからといって、一概に仕事が向いてないという訳ではありません。

例えば、もしあなたが難易度の高い業務を担当しているのであれば、成果が出にくいのは当然です。

また、営業職のように定量的に成果を測りやすい職種と、事務職のように定量的に成果を測りにくい職種や業務内容があるように、仕事内容によって「成果」は異なります。

このように、成果が出にくい・わかりにくい状況にいる可能性もあるので、成果が出なくて「仕事が向いてない」と悩む前に一度、成果が出ない要因が自分でコントロールできる範囲内のものなのか、範囲外のものなのか確認しましょう。

メンタルヘルス不調になっている

仕事で過剰なストレスを感じ、心身に不調が表れているのであれば仕事が向いてないサインである可能性が高いです。

というのも、厚生労働省の「労働調査」によると、メンタルヘルス不調のきっかけは自分に合わない仕事をすることによる労働時間の増加、人間関係が原因で、自分の限界値を超えてしまうことが発症のきっかけということがわかっています。

メンタル不調の原因

1位:仕事の量・質(59.4%)
2位:仕事の失敗(34.0%)
3位:ハラスメント含む対人関係(31.3%)

転職エージェント末永 末永

転職支援をしたお客様の中で、過去にメンタルヘルス不調を経験した人によると、今まで通りに働けなかったり、復職するのに時間がかかってしまうとのことです。

転職エージェント末永 末永

もちろん、人によって様々ですが、一度体調を崩してしまうと戻るのはなかなか大変という話を聞きました。

つまり、仕事自体がストレスに感じ、メンタルヘルス不調に陥っているのであれば今の仕事が向いてない可能性がかなり高いです。

職場の人間関係が合わない

職場の人間関係が良くない場合、仕事が向いてないサインの可能性があります。

というのも、コミュニケーションがうまく取れていないと仕事もうまくいかないからです。

例えば、同僚や上司とうまくコミュニケーションが取れないことが原因で、社内で相談できる人もおらず孤立していたとします。

転職エージェント末永 末永

大前提、仕事において社内のコミュニケーションは必要不可欠である中で人を頼ったり、コミュニケーションがうまく取れていないと仕事を円滑に、速く進めることはできないですよね。

そのため、職場の人間関係で悩む人は、結果的に仕事を思うように進めることができず、「今の仕事が向いてないのではないか」と悩んでしまいます。

もし、社内の人間関係で悩むことがあれば人事部に相談することで社内異動で改善されることもありますが、環境を変えただけで一時的に人間関係が改善されているだけの可能性があります。

他人の価値観や言動を変えるのは難しいので、自分の考え方や言動を変えた方が中長期的に改善されることがあります。

転職エージェント末永 末永

現在社内でコミュニケーションが取りずらい状況の中で、自分の言動を変えるというのはかなり勇気のいることかと思いますが、一度踏み出してみることをおすすめします。

こちらの記事では、人間関係を理由に転職する前にやるべきことや注意点を解説しているので、職場の人間関係に悩んでいて転職を考えている人は必ず読んでから転職活動を始めましょう。

仕事が向いてないと感じるサイン【職種別】

これまで、「仕事が向いてない」と感じるサインを解説しましたが、ここからは職種別の「仕事が向いてない」と感じるサインを紹介します。

職種が違えば、仕事が向いてないと感じるサインも異なります。

自分の強みや職種ごとに求められるスキルを認識することは、仕事が向いてるかどうかを判断するのに重要な項目です。

ここでは、職種別で「仕事が向いてない」と感じるサインとその対処法をご紹介します。

営業が向いてないと感じるサインと対処法

向いてないと感じるサイン

求められる能力:コミュニケーション力

向いてないサイン:人と話す時に緊張してしまう

対処法:カンペを用意する、十二分な準備をおこなう

営業はコミュニケーション能力を求められ、周りの人を巻き込んで仕事を進めることが求められます。

ただ、人見知りで、人前で話すと緊張してしまいうまくプレゼンができない…という悩みが挙げられます。

こういった悩みはすぐに解消できるものではなく、ですか経験を沢山積むことで苦手意識が薄れていきます。

おすすめの対処法としては、リモートワークの場合はカンペを用意したり、基本的なことですが十二分な事前準備を行うことで自信に繋がり、あまり緊張することなく人前で話すことができますよ。

転職エージェント末永 末永

営業職は新卒社員の業務適性関係なく、一律で配属されることが多いため、営業職が向いてないと感じる20代は多いです。

同じような悩みを持つ人は、一度マジキャリの自己分析であなたの強みはどんな職種で発揮されやすいのかを調べてみませんか?

マジキャリは徹底的な自己分析を強みとしており、あなたの強み・弱み・やりがい・苦痛からどのような業務だとあなたの強みが発揮されるかアドバイスをもらうことができます。

転職エージェント末永 末永

今なら無料面談実施中なので、お気軽にお問い合わせください。

営業職が向いてないと感じる20代

  • マジキャリ
    自己分析からあなたの強みを見つけて、向いてる仕事を発見!

マーケティングが向いてないと感じるサインと対処法

向いてないと感じるサイン

求められる能力:論理的思考力

向いてないサイン:ロジカルシンキングが苦手

対処法:フレームワークを活用してみる

マーケティングは論理的思考力や情報収集力が求められます。

一方で、仕事が向いてないと感じる人は、「ロジカルシンキングが難しい」と思考力の壁に当たり、悩んでいます。

そこで、ロジカルシンキングに苦手意識があり、「自分はマーケティングの仕事が向いてないのでは」と悩む人はロジカルシンキングのフレームワークを活用してみてください。

思考力の訓練を繰り返すことで、段々慣れていきますよ。

【フレームワーク】
ロジックツリー

【効果】
情報整理ができ、最善の選択肢を探すことができる。

【意味】
選択肢を論理分解していくと、ツリー状になっていくことから、その名がつけられた。「Whyツリー」「Howツリー」ともよばれ、それぞれ「なぜ?」「どうやって?」を展開していくことで見つけたい答えにたどりつくことができます。

【使い方】
目標やテーマを決め「どうやって?」と展開していきます。

引用:TOPSiC

事務が向いてないと感じるサインと対処法

向いてないと感じるサイン

求められる能力:正確さ、細やかさ

向いてないサイン:ケアレスミスが多い

対処法:ミスしたら毎回メモして振り返る

事務職は特に女性に人気な職種ですが、いざやってみると細かい作業が多かったり、正確さを求められたり、とさまざまなスキルが求められます。

事務職をやってみて、「ケアレスミスが多く、仕事が向いてないと悩み落ち込んでしまう」という人は一度ミスしたことを必ずメモする習慣を作ってみてください。

というのも、「視覚と聴覚による文章の提示と記憶への影響」の実験によると、聴覚よりも視覚の方が記憶に残りやすいということがわかっています。

つまり、ミスをして上司から注意を受けるのと、ミスをした後にメモを残すのとでは、後者の方が圧倒的に記憶に残りやすいので、ミスをより防ぎやすいんです。

経理・労務が向いてないと感じるサインと対処法

向いてないと感じるサイン

求められる能力:数値や個人情報を正確に扱う力

向いてないサイン:細かい作業が苦手

対処法:仕事を自動化する

経理や労務は個人情報や数字を扱うので、高い正確性が求められます。

そういった仕事に就いたものの、細かい業務に苦手意識を感じる人は仕事をどうやったら自動化できるか考えてみましょう。

パソコンの機能や外部ツールを駆使することで、細かい仕事を自動化できる上、自動化することで人的ミスが起こることもありません。

仕事を自動化することで、あなた自身が業務効率化できるだけでなく、チーム全体の業務効率も上がり、生産性も高まるので一石二鳥です。

製造業が向いてないと感じるサインと対処法

向いてないと感じるサイン

求められる能力:スピードと正確性の両立

向いてないサイン:細かい作業が苦手、丁寧に作業をするとスピードについていけない

対処法:働き方を変える

製造業をはじめとした工場勤務の技術職は、工場のラインを止めるわけにもいかないのでいかに早く、的確に業務を遂行できるかがかなり重要視されます。

また、それだけでなく朝早かったり夜遅かったりと、勤務時間がバラバラなので体力面でも難しさを感じる人も多いでしょう。

製造業は工場のラインを軸に業務が進むので、従業員であるあなたがコントロールできる箇所が少ないことも特徴としてあります。

転職エージェント末永 末永

だからこそ、あなたの理想の働き方をしつつ、向いてる仕事に就くには思い切って転職することをおすすめします。

転職は、年齢を重ねれば重ねるほど実務経験やスキルを求められるので未経験転職でジョブチェンジをするならなるべく早い方が良いと言われています。

転職エージェント末永 末永

製造業から未経験転職をすることで、労働環境や業務内容を変えるだけでなく給与や市場価値も上げることができますよ。

転職エージェント末永 末永

転職を考えている人は、転職サポートに強みを持っているキャリア相談サービスのマジキャリがおすすめです。

マジキャリのコーチがマンチーマンで自己分析をおこない、あなたの向いている仕事を見つけ、転職サポートをおこないます。

未経験転職をしたい製造業の人におすすめ

  • マジキャリ
    自己分析からあなたの強みを見つけて、向いてる仕事を発見!

仕事が向いてないサインを感じた時の対処法

先ほど職種ごとの仕事が向いてないサインとその対処法をお伝えしました。

ここでは、仕事が向いてないと感じたらとるべき具体的な行動をお教えします。

今の仕事が向いてないサインが出ている人は、以下の方法を試してみてください。

キャリアコーチングに相談する

今の仕事が向いてないサインが出ているのであれば、まずはキャリアコーチングサービスへキャリア相談をしに行きましょう。

キャリアコーチングは、自己分析を通じてあなたの強みや得意を見つけてくれたり、キャリアや仕事全般の悩み相談に乗ってくれるサービスです。

キャリアコーチングのプログラムの1つである自己分析では、過去を徹底的に深掘りをすることであなたの得意・苦手・やりがい・苦痛の傾向値を図ることができます。

そうすることで、今の仕事における得意・苦手・やりがい・苦痛と照らし合わせ、今の仕事のどういうところに向いてないと感じているのか、仕事が向いてないサインに対してどのようなアクションを取るべきかを一緒に考えてくれます。

一人一人に専属の担当コーチがついてくれるので、じっくり時間をかけてヒアリングしてくれますよ。

以下のような悩みを抱える人におすすめです。

キャリアコーチングで解決できる悩み

  • 自分の向いてる仕事がわからない
  • 自分の強みがわからない
  • 仕事が向いてないサインを自覚しており、落ち込んでいる

転職エージェント末永 末永

キャリアコーチングに相談するなら、マジキャリがおすすめです。

転職エージェント末永 末永

なぜなら、マジキャリでは他社と比較して自己分析に力を入れているため、その人の適性や向いている仕事がより正確にわかるからです。

  マジキャリ 他社
回数 6回 3回
1回あたりの時間 90分 60分

上記のように他社の2倍以上の時間をかけて、キャリアの知見が豊富で、これまで多くの人のキャリア相談に乗ってきた、専属のキャリアコーチが徹底的な自己分析のお手伝いをしてくれます。

そのため、自分の適性をより詳細に分析することができ、より自分に向いている仕事を見つけることができます。

転職エージェント末永 末永

さらに、マジキャリを運営する弊社アクシスは転職エージェントも合わせて運営しており、社内にキャリアの知見が豊富にあります。そのため、自分がどの業界・業種に向いているのかまで落とし込んで考えることができます。

今ならマジキャリでは初回面談無料キャンペーンをおこなっています。

「仕事が向いてないと感じる」「向いてる仕事を知りたい」という人はお気軽にお問い合わせください。

お客様満足度業界No.1の92%

  • マジキャリ
    自己分析を通して向いてる仕事の発見と転職をサポート!

こちらの記事では、他の転職支援サービスと比較した上でキャリアコーチングを利用するメリット・デメリット、注意点を解説しています。キャリアコーチングについて気になった人は合わせて読んでみてください。

自己分析をする

向いてる仕事がわからない、仕事が向いてないサインに当てはまっている、と考える人は自己分析をしましょう。

というのも、自分に向いてる仕事がわからない、と悩む人は共通して自己分析ができていないことが多いです。

自己分析は自分自身の理解が深まるだけでなく、なりたい将来像に向けてどのようなアクションを取るべきかも見えてきます。

仕事 向いてない サイン

仕事が向いてないと感じ、今まで悩んできた人は将来のキャリアプランや積むべき経験などしっかり考えてこれなかった人も多いのではないでしょうか。

仕事で悩んでいる今こそ、キャリアプランを設計した上で、「向いてる仕事がわからない」という悩み解決に向けて動くと良いでしょう。

自己分析をすることで以下のメリットがあります。

自己分析をおこなうメリット

  • 自己理解が深まり、見えてくる得意・不得意から適職がわかる
  • 客観的に自分の行動を振り返り、自分の特性がわかる
  • 何がしたいかがわかるので、目指すべき方向性が明確になる

以下の記事では、自己分析の具体的な進め方、自己分析をする際におすすめのツールや本を紹介しています。

今すぐ自己分析をおこない自分の強みを知りたい人は読んでみてください。

上司に相談する

今の仕事が向いてないと悩み、しんどさを感じているのなら上司に相談してみましょう。

場合によっては、担当業務を変えてもらったり、人事異動ができる場合もあります。

あなたの日々の仕事っぷりを1番近くで見ているのは上司です。

何が得意で何が不得意そうか、そんな仕事が合いそうかは、あなたの上司もよくわかっているはずです。

転職すると年収が下がるリスクや人間関係をリセットしないといけないため、現職で打開策があるのであれば、一度上司に相談してみるのも良いかもしれません。

転職をする

自己分析をした上で、本当に今の仕事が向いてないとわかった場合は、あなたの強みを活かせる仕事に転職しましょう。

現状からの逃げではなく、目標や目的を持っている場合は転職するのもありです。

向いている仕事が見つかってない状態で、今の仕事から逃げるように転職すると転職先でミスマッチが起こり、また「仕事が向いてない…」と悩んでしまう可能性がある。

転職する際に以下のポイントを考えた上で転職するかどうか検討するのもアリです。

転職する前に考えるポイント

  • 転職することで自分の強みを活かせるチャンスがあるか
  • 転職することでやりがいや目標を持って働くことができそうか

将来のキャリアを考えずに転職すると、一定のスキルが定着せず、将来的に転生活動が難しくなるケースもあります。

上記の2つに関しては、自分で決めず、転職を前提としないキャリアコーチングに一度相談しに行くことをおすすめします。

そもそも今の仕事が向いているのか、自分に向いてる仕事は何か、などキャリアコーチングに相談できますよ。

仕事やキャリアの悩みがあるけど、誰に相談すれば良いのかわからない…という人は以下の記事に相談先の特徴を書いてあるので、参考にしてみてください。

仕事が向いてないサインを感じた時、見切りをつけるタイミングとは?

ここでは、今の仕事が向いてないと感じた時に、会社や仕事に転職するべきか残るべきかの判断ポイントを解説します。

人物 相談者

今の仕事が向いてない…

人物 相談者

新しい環境に挑戦したいけど、このままだと中途半端かな…?

というように、今の会社や仕事が向いてないことは気づいてるけど、どこまで頑張れば良いかわからないという人は多いです。

今の仕事が向いてないと感じた時は以下のポイントから考えてみましょう。

今の仕事をやりきったか

仕事が向いてないサインを感じた時は、まずは今の仕事をやりきったかを自問自答してみましょう。

転職エージェント末永 末永

「今の仕事をやりきったけど、どうしても仕事内容が合わないと感じる」場合は、自分の強みが活かせる仕事に転職して大丈夫ですが、やりきった経験がない人はすぐに転職するべきではないです。

なぜなら、転職において企業の採用担当者は「定着性と活躍性」を求めて採用活動をおこないます。

つまり、転職者は面接において「転職先に定着して活躍できること」とアピールする必要がある中「仕事をやりきった経験」というのは採用担当者に高く評価されます。

また、今あなたが感じている「仕事が向いてないサイン」というのは、単運に向き不向きではなく、業務経験が浅いことで仕事をうまく進められなかったり、ミスの連発が原因で感じているものかもしれません。

そんな中、今の仕事が向いてないからといってすぐに投げ出さず、成果が出るまでやりきってみることで、最後までやり抜く力や自覚していなかった自分の強みを見つけることができるかもしれません。

なので、今の仕事が向いてないからといってすぐに辞めるのではなく、「任された業務を真っ当したか?」「納得できるまでやりきったか」を考えてみましょう。

入社後、短期離職を繰り返してないか

今の会社に入社してから一定期間(目安は3年、最低1年)経過してない人は、今の仕事が向いてないサインを感じるからといって転職するのは辞めましょう。

なぜなら、転職市場において一定の業務レベルまで到達するには1年〜3年かかるという認識があります。

なので、勤続年数1年以下の状態で短期離職を複数回繰り返してしまうと、いざ転職しようとしても採用担当者からは「すぐ諦める人」というレッテルが貼られてしまい、選考が通過せず、転職活動が難航してしまいます。

短期離職の回数が多いことで、採用担当者から以下のような印象を持たれてしまいます。

短期離職を繰り返す人に対する印象

  • 自分の軸がブレている
  • 自分勝手・自己中心的な性格
  • すぐに諦める
  • せっかく内定を出してもすぐに辞められそう

立て続けにブラック企業に入社してしまったなど本人側に問題がない場合もありますが、「人間関係の問題ぐらいなら我慢して働くべき」「転職しまくりの人は性格に問題がある」と考える人事担当者がいるのも事実です。

大企業になると転職回数が書類選考の足切り基準になっている会社もあるので、短期離職回数が多い中で今の仕事が向いてないサインを感じる場合、現職で何かできることはないかを考えてみましょう。

以下の記事では、転職回数が多いことでおこるデメリットやリスクを解説しています。

仕事が向いてないサインを感じているけど、これ以上転職回数を増やしたくない人はあわせて読んでみてください。

仕事が向いてないサインが出ているのに続けるリスク

先ほど紹介した仕事が向いてないサインが出ているのに、仕事を続けると以下のリスクがあります。

場合によっては仕事を休まないといけなかったり、働くこと自体が難しくなってしまったり、市場価値が上がらず転職活動が難しくなる可能性があります。

事前に以下のポイントを確認して、サインが出ているのに仕事を続けるリスクを理解しましょう。

市場価値が上がらない

転職エージェント末永 末永

正直にいうと、転職は出来レースなんです。

というのも、年齢相応のスキルや経験がないと、転職時に年収が下がるのは当たり前です。

さらに、未経験というのは交渉力が弱く、未経験職への転職となると内定はおろか選考を進めるのがやっとな状態なんです。

だからこそ、早期に目標を決めて、そこから逆算して経験やスキルを積むことでキャリアをコントロールすることができます。

つまり、今の仕事が向いてないサインが出ているのに仕事をダラダラ続けても、後から「あれがやりたい」「これに挑戦してみたい」と思っても、スキルがついておらず市場価値が低いため、実現するのが難しいのです。

そのため、正直自分の強みを活かせないような、向いてない仕事をダラダラ続けるのはデメリットしかありません。

メンタルヘルス不調に陥る可能性がある

仕事が苦痛の状態でずっと働くと、精神的なストレスが原因で体調に不調をきたしてしまう場合があります。

厚生労働省によると、過去1年間にメンタルヘルス不調により連続1ヶ月以上休職または退職したビジネスパーソンは年々増加しています。

仕事 向いてない サイン

一概に向いてない仕事を続ける=メンタルヘルス不調に陥るというわけではありませんが、可能性として大いにあります。

一度心身を崩してしまうと、やりがいを持って働ける状態に戻ることは簡単ではありません。

心身は資本なので、メンタルヘルス不調にならないためにも、向いてる仕事に就いて生き生きと働ける状態が理想ですね。

仕事が向いてないサインが出ているあなたへ

転職エージェント末永 末永

今の仕事が向いてないサインが出ているのに、今の仕事を続けるメリットってありますか?

向いてない仕事から向いてる仕事に異動や転職するのは甘えや逃げではありません。

向いてないサインが出ているのに無視して仕事をし続けると体調を壊したり、仕事が苦痛に感じてしまいます。

転職エージェント末永 末永

1日8時間の仕事をあと数十年続けると想定して、向いてない仕事をずっとやり続けられる自信はありますか?

転職エージェント末永 末永

正直に申し上げて、自分が向いていないサインがある仕事を続けることにメリットはありません。何かしらの対策をして自分の適性を活かせる仕事につくべきです。

「現状を打破したいけど自分の適性がわからない‥」という人はまず自己分析をおこないましょう。

自分の過去の経験を洗い出し、自分がどのようなときにモチベーションが上がったのか、どんな働き方をした時にやりがいを感じたのか、さらには自分の強み・弱みを分析することで、仕事における自分の適性が見えてきます。

転職エージェント末永 末永

とは言っても、1人で自己分析をおこなうのは難しいですよね。そこで、キャリアコーチングサービスの利用をおすすめします。

前述しましたが、キャリアコーチングはキャリアや仕事の悩みに対して、キャリアコーチが1 対1で相談に乗ってくれるサービスです。

キャリアコーチングのプログラムの1つである自己分析では、過去を徹底的に深掘りをすることであなたの得意・苦手・やりがい・苦痛を知ることができます。

さらに、それを今の仕事における得意・苦手・やりがい・苦痛と照らし合わせることで、今の仕事が向いているのか向いてないのかを判断することができます。

そのため、なぜ仕事が向いてないサインが出ているのか、どうやって改善すれば良いのかがわかりますよ。

転職エージェント末永 末永

中でもマジキャリというキャリアコーチングサービスがおすすめです。

転職エージェント末永 末永

マジキャリは自己分析を通じてあなたの強みを見つけ、その強みが活かせる仕事を一緒に考えてくれます。

他のキャリアコーチングサービスも自己分析をすることはできますが、向いてる仕事が何なのかを追求する精度は圧倒的にマジキャリが高いです。

というのも、キャリアコーチングサービスの会社の中で、マジキャリを運営するアクシス株式会社唯一転職エージェント機能を持ち合わせています。

また、代表の末永自身が新卒でリクルート株式会社に入社し転職支援を行っていたことから、マジキャリ転職×キャリアの知見が豊富にあります。

マジキャリ

マジキャリ今なら無料面談を実施しているので、少しでも気になった人はお問い合わせください。

しかし、現在、終身雇用制度の崩壊によりキャリアの悩みが多様化していることから自己分析ニーズが高まっている影響で、特に自己分析を得意とするコーチの枠がすぐに埋まってしまっている現状があります。

そこで、今回は特別にこの記事を最後まで読んでくれた人限定で、先着30名様に自己分析が得意なコーチをご案内します。

「仕事が向いてないかもしれない、これって甘え?」「向いてる仕事を知りたい」と仕事について悩みを抱えている方はお早めにお申し込みください!

マジキャリ

転職を前提としないキャリアコーチングサービス
徹底した自己分析からキャリアプラン設計まで、圧倒的な価値を提供します!

ポイント

  1. 徹底した自己分析やキャリアの棚卸し
  2. 中長期的なキャリアプランの作成
  3. 自社の基準を満たしたキャリアのプロのみ対応

マジキャリに相談する

仕事が向いてないと悩む人によくある質問

人物 相談者

仕事が向いてないサインに当てはまり、毎日しんどいので辞めたいです。これは甘えですか?

転職エージェント末永 末永

甘えではないです。

誰にでも得意・不得意があるので、仕事によって向き・不向きを感じることがあります。
仕事が向いてないと感じるのであれば、キャリア相談のプロを頼ったり、自己分析をしてみましょう。

こちらの記事で「仕事が向いてない」と感じた時の対処法やおすすめの相談先を紹介しているので、「仕事が向いてないけどこれは甘えなの?」と悩む人は読んでみてください。

人物 相談者

今の仕事が向いてないと感じます。どうすれば良いですか?

転職エージェント末永 末永

今の仕事が向いてないと感じるということは、あなたの強みが活かせる仕事に就いていない可能性が高いです。
まずは、自分の強みを自覚し、それを活かせる仕事を選択しましょう。
自分の強みがわからないという人は、自己分析をしたり、キャリアコーチングに相談するのをおすすめします。

以下の記事では、実際にキャリアコーチングを選ぶ際の注意点や、おすすめのキャリアコーチングサービスを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

line

line

  • マジキャリ