自分に向いてる仕事がわからない原因は?対処法や適職の診断ツールも紹介!

自分に向いてる仕事がわからない原因は?対処法や適職の診断ツールも紹介!

    自分に向いてる仕事がわからない人向けに、原因やよくある人の特徴、対処法を徹底解説します。

    仕事にやりがいを感じない場合に使える診断ツールや、このままだと生じるデメリットまで説明します。さらに誰に相談すれば良いのかまで紹介するので適職迷子は必見です。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

自分に向いてる仕事がわからない原因

自分に向いてる仕事なのかを確認するために、まずは向いてる仕事がわからない原因を明確にすることが大切です。

原因を明確にすることで、自分に向いてる仕事を見つけやすくなります。向いてる仕事は業務内容に興味を持ちやすく、モチベーションアップにもつながりやすいメリットがあります。

とはいえ、必ずしも自分に向いてる仕事が分かるとは限りません。中には自分に向いてる仕事がわからないままでもしっかり成果を出して活躍している人もいます。

転職エージェント末永 末永

まずは自分が何で向いてる仕事がわからないのか、その理由を明確にすることから始めると良いです。

やりたいことや好きなことがない

向いてる仕事がわからない人で多いのが「やりたいことや好きなことがない」ケースです。自己理解が足りてないと、自分が何をやりたいのか、好きなことが何なのか分かりません。

結果として「自分はどんな仕事に適性があるのかわからない」状態が続いてしまうのです。このような人は20代前半に多い傾向です。20代前半は学校を卒業してすぐのため、仕事をした経験が少なく、就職先も興味関心で何となく良いと思った仕事を選んでしまいがちです。

転職エージェント末永 末永

何となくで就職先を選んで入社し、とりあえず3年働けば「やりたいこと」「向いてる仕事」が分かるから、それから転職先を選べば良いと思っている人は多いです。


しかし、3年経つ前に「今の仕事が向いてるとは思えない」といった理由から業務に対してやる気が出ないということもあります。

転職エージェント末永 末永

また、仕事の経験を積んできた20代後半〜30代前半も似たような悩みを感じやすいです。改めて自分の将来のキャリア、やりたい仕事について考えたときに「そもそもどんな仕事がしたいのか」「本当にやりたい仕事はなんだろうか?」と壁にぶつかってしまう人も多いです。

とくに20代〜30代の若手が感じやすい悩みで、仕事に対する面白さが感じられず、結果として「今の仕事が向いていない、向いている仕事がわからない」と人生の迷子になってしまったような感覚に陥ってしまうのです。

「仕事で何がしたいかわからない」と悩む人はこちらの記事を参考にしてみてください。やりたい仕事を見つけるための具体的なプロセスを転職のプロが解説しています。

思うように成果を出せていない

仕事をする以上、求められている成果を出さないといけませんが、思うように成果を出せずに「今の仕事が向いていない」と悩んでしまう人も多いです

とくに学生時代にテストの点数が良かった人が陥りやすい理由です。やったことに対して成果が必ずしも伴うわけではありません。

一方で仕事で成果が出せる状態だと、「向いてる仕事の条件」の中の「他者からの評価が高く、優れた成果を残せるような仕事」に当てはまります。

向いてる仕事の条件

  • 本人の興味関心に関係なく、性格や能力的に適性がある
  • 自分の得意なことや強みを発揮して取り組める仕事
  • 他者からの評価が高く、優れた成果を残せるような仕事

そのため、どんどん成果が出ていて仕事が楽しい状態だと、周りから評価され、適職実感を感じることができます。

転職エージェント末永 末永

成果を出せていないのであれば、「自己理解」が不足している状態、もしくはその仕事に就く際に「業界理解」をしないまま入ってしまった状態です。

後者の場合、入社前と入社後で大きなギャップが生まれることから、成果が出せない原因として「業界理解ができていなかった」という自覚があるはずです。そのため自覚がない場合、前者の「自己理解を深めていたつもりでも深まっていなかった」状況だと言えます。

転職エージェント末永 末永

1人で自己理解を深めるのは難しいものです。「次こそ向いてる仕事を見つけて成果を出したい!」「現職のままで何とか成果を出せないか」と考えている場合は、プロとマンツーマンで徹底的な自己分析がおこなえるマジキャリがおすすめです。


初回は無料で相談に乗ってくれるので、まずは向いてる仕事がわからない理由を明確にしてみてください。

適職で成果を出していきいきと働きたい人へ

  • マジキャリ
    満足度92%!完璧な自己理解を徹底サポート!

仕事で成果が出ないとどんどんやる気がなくなってしまったり自信もなくなってしまいます。

「成果がでない→やる気がなくなる→今の仕事があっていないのでは?」という負の連鎖に陥ってしまっている人は、まず以下の記事を読んで、成果が出るまでやる気を維持する方法などを実践してみてください。

今の仕事にやりがいを感じない

生きていくためには仕事をしないといけませんが、今の仕事にやりがいを感じられないと「この仕事に向いていない」と悩んでしまうものです。

仕事に対するやりがいは人によって異なります。新しいモノを生み出すことをやりがいにしている人もいれば、逆に顧客を笑顔にすることをやりがいにしている人もいます。

転職エージェント末永 末永

どんなことで自分の感情が変化するのかなど、自己理解が不足している可能性が高いです。自己理解が不足してしまうと、適切な仕事が選べず、ミスマッチが生じてしまいやすいです。

ちなみに目の前の仕事にやりがいを感じられない理由として、とくに多いのは下記の5つが考えられます。

やりがいを感じられない理由

  • 仕事をやる意味・意義を見出せない
  • ミスや失敗を繰り返してしまう
  • 評価されない・評価に納得してない
  • 仕事に飽きた
  • 追う目標がない

上記のやりがいを感じられない理由に当てはまる理由がある人は、以下の記事で仕事のやりがいを感じられない時・つまらない時の解決法」を紹介しているので、ぜひ試してみてください。

自分の強みや得意なことがわからない

自分の強みや得意なことを理解していないと、向いてる仕事に就くことができないので、「向いてる仕事がわからない…」と悩んでしまいます。

強みや得意なことはある日いきなり分かるものではなく、自己分析をしないと見えてきません。

ただ、自己分析をする際に注意したいのが、1人で自己分析をしようとすると失敗する確率がかなり高いということです。

1人で自己分析をすると、強みや得意を見つける際に「自分はこういう人間だ」「自分はこれが苦手」と、先入観がどうしてもかかってしまい、正しい自己分析ができず、適切な強みや得意なことが見えてきません。

転職エージェント末永 末永

そこで、「自分の強みや得意なことを見つけたい!」と考える人はのマジキャリの自己分析をおすすめします。

マジキャリは、キャリアコーチとのマンツーマンの面談で自己分析をおこないます。そのため、独りよがりにならない客観的で正しい自己分析をおこなうことができます。

さらに、正しい自己分析から見つかった強みや得意なことを活かせる仕事は何かを提案してくれるので、自分に適性がある仕事は何かを知ることができます。

今ならマジキャリ無料面談キャンペーン実施中なので、「まずは自分の強みを知りたい」という人はぜひお問合せください。

向いてる仕事がわからない20代・30代向け

  • マジキャリ
    自己分析を通してやりたいことや向いてる仕事の発見をサポート

向いてる仕事がわからない人によくある特徴と対処法

現役転職エージェントとして、これまで数千人のキャリア・転職相談に乗ってきましたが、向いてる仕事がわからない人たちには共通する特徴がいくつかあります。

すべてに当てはまる場合はもちろんですが、1つでも当てはまっている場合は今後向いてる仕事がわからずに悩む可能性があります。

特徴よりも解決策を知りたい場合は「向いてる仕事がわからない場合の対処法」を読んでみてください。

他人軸で自分の意思決定をする人

自分が「どうしたいか?」よりも「周りからどう見られるか?」を優先して、意思決定をする人は「向いてる仕事が分からない」と悩んでしまいがちです。

他人軸による意思決定の傾向が強い人は、幼少期から親の期待に応えようと頑張ったり、自分のやりたいことではなく周りの人がやりたいことを優先した経験が多いと言われています。

学生の間は、テストや成績など定量的に判断しやすいものを頑張る機会が多かったかと思いますが、仕事選びに関しては定量的に良し悪しを判断できるものではありません。

転職エージェント末永 末永

他人軸で入社・転職先を決めてしまう人は、企業のネームバリューや年収といった「周りからどう見られるか」を意識している可能性があります。


企業の知名度や年収ではなく、興味の持てる事業をおこなっているかを軸にして考えてみると良いですね。

完璧主義で満たされない

何事も完璧にできないと納得できない完璧主義者は自分の成功体験を認められない傾向にあります。成功できたとしても「これではダメだ」と自分で否定してしまうので、向いてる仕事がわからなくなってしまいやすいです。

自分に厳しい完璧主義の人は「上には上がいる」といつまで経っても、自分自身を認められず、結果として自信を喪失してしまうのです。

転職エージェント末永 末永

仕事をする上で完璧なのは悪いことではありません。完璧に仕上げれば「この人に任せれば安心」と思ってもらえます。


信頼=成果とも言えるので、まずは自分を認めるところから始めてみると良いですね。

失敗を恐れて挑戦できない

初めてのことは誰でも失敗する可能性があります。しかし、中には失敗することを恐れるあまり、新しいことに挑戦できない人もいます。新しいことにチャレンジできないということは、自分の可能性に気づくきっかけを失っていることを意味します。

新しいことにチャレンジしなければ「向いてる仕事」なのかも分からないものです。なぜなら、向いてる仕事は自己分析をおこない、自分に向いてる仕事の傾向を把握し、その後実際に行動を起こしてみないと「向き不向き」が分からないからです。

転職エージェント末永 末永

仕事に限らず、何かを得るためにはそれなりの行動量が必要です。失敗を恐れ、いつまでも行動に移せないでいると、時間ばかりが経ってしまい自分に向いてる仕事に巡り合うことはできません。


どんなに小さなことでも良いのですが、失敗を恐れず前に踏み出すことからスタートしてみると良いです。

「とは言っても、仕事選び方やキャリアについてよく分からない」という人は以下の記事を読んでみてください。こちらの記事では、仕事の悩み相談ができるサービスを紹介していますよ。

イメージ先行で選択しがち

イメージ先行で物事を選択する人も、向いてる仕事が分からない人に見られる特徴の1つです。

自分に向いてるかどうか、強みを活かせそうかという観点を持たず、「なんかかっこいいから」「面白そうだから」という理由でキャリアの意思決定をすると、失敗するのでおすすめできません。

イメージ先行で失敗してしまう具体例としては下記の2つがよくあります。

よくある失敗①

年間300冊の本を読むほど本が好きな人が、本の執筆をしてみたら「全然楽しくない…」「書くのが辛い…」と感じてしまった。

よくある失敗②

人の相談に乗ってアドバイスをすることが好きでキャリアアドバイザーになったが、実際は人生に関わる話が多く、荷が重いと感じてしまった。

上記のように、たとえ好きなことだったとしても、実際にサプライヤー(供給者)としてその仕事を「好きになれるか」「やりがいを感じるか」は全く別の話なのです。

「なんか面白そう」と仕事に興味を持つことは良いことですが、その仕事自体に対して適職実感を感じられるかは別の話です。

転職エージェント末永 末永

向いてる仕事が分からない人は、自分の強みや特性と好きなことを仕事にする際の業務内容を深く理解することが、適職への第一歩と言えます。

自分の好きなことや興味があることが明確にあり、それが先行しすぎるあまり、自分の強みや適性を一切考えないまま転職しようとしている人が多くいます。

結果的に企業とのミスマッチを起こし、結果的に早期離職に繋がる可能性が高く、早期離職が続くと企業側に悪印象となるため、その後の転職がしづらくなります。

転職エージェント末永 末永

そこで向いてる仕事を見つけたい人は、まず自己分析をおこなってみてください。


自分の強みや適性をきちんと見極めた上で、好きなことを仕事にしても楽しく働けるのか、適性の面から考えて少し違う視点から仕事を選んだほうがいいのかを見極めることができます。

向いてる仕事がわからない場合の対処法

4つの向いてる仕事がわからない人によくある特徴を紹介しましたが、どのケースでもまずは自己分析を徹底しておこなうことが大切です。

なぜなら、向いてる仕事がわからない人の根本的な原因は自己理解が不足しているからです。まずは自分の強み・弱み、興味のあることなどを理解することから始めると良いです。

転職エージェント末永 末永

自己分析を始める際には、これまで生きてきた人生の中でどのような状況でやりがいを感じたのかを振り返ってみてください。


やりがいとは「他人にとっては重要ではないものの、自分にとっては仕事で強い動機づけを得られる重要なもの」です。

やりがいを感じた経験を1つではなく複数洗い出し、それらの経験の共通点を洗い出してみましょう。いくつもの経験を洗い出すことで、自分がやりがいを感じる環境のより詳細な条件が明らかになるため、より自分に向いている仕事を見つけやすくなります。

転職エージェント末永 末永

自分1人で考えていても、当たり前だと感じてしまい気づかないことも多いです。友達や家族などの第三者と話しながら振り返ることをおすすめします。


第三者に相談する際におすすめなのは、キャリアに関する悩みをプロのキャリアコーチに相談できるマジキャリです。

マジキャリの最大の魅力は、家族や友人に相談するよりも的確な自己分析をおこなえる点です。家族や友人に自分の本心を洗いざらい話すのは恥ずかしく、部分的に誤魔化してしまうこともあります。

また、相談を受ける側の家族や友人、知人はキャリアのプロではないため、的確なアドバイスができず、曖昧な結果になってしまいやすいです。

転職エージェント末永 末永

一方でマジキャリのコーチはこれまで数千人ものキャリアの相談に乗ってきたプロであるため、対話の中で自然と「向いている仕事を探す」という目的を見据えた自己分析をすることが可能です。


ただいまマジキャリ初回面談無料キャンペーンをおこなっております。初回の無料相談を受けた上でサービスの利用を開始するかを決めることができるので、ぜひ1度相談してみてください。

向いてる仕事がわからない人へ

  • マジキャリ
    お客様満足度92%のコーチが向いてる仕事を探すサポート!

以下の記事では、自己分析について詳しく解説しているので、まだ自己理解が深まっていない・向いてる仕事がわからない人は是非参考にしてください。

向いてる仕事がわからない場合の対処法で自己分析をおすすめする理由

向いてる仕事がわからない原因は自己理解不足が大きいです。なぜなら、自分に向いてる仕事がわかっている人は「自己理解」「業務理解」ができているからです。

中でも向いてる仕事を知るためには、自己理解は特に重要です。そもそも自分の適性や強みを理解していないと、たとえ業務理解が進んでいたとしても、その仕事が自分に合うか分からないからです。

ちなみに自己分析は書籍や診断ツールが用意されており、自分1人でもできますが、しっかり自己理解を深めたいのならプロと一緒におこなうのがおすすめです。

転職エージェント末永 末永

なぜなら、自分1人で自己分析をするとどうしても主観が入ってしまい、客観的に自分を見つめ直すことができないからです。


主観だけでは自分の本当の強みや潜在的な想いに気づきにくく、本当に自分自身のことを理解できたとは言えません。

転職エージェント末永 末永

プロと一緒に自己分析ができるサービスは複数ありますが、とくにおすすめなのがマジキャリです。


マジキャリは人材紹介会社が運営しており、実践的な自己分析に強みがあります。転職の場でも実際に使われているので、向いてる仕事がわからないと悩んでいる人にうってつけのサービスです。

仕事の適性

が分かるキャリア相談

過去48時間で58人が体験

転職エージェント末永 末永

ちなみに向いてる仕事は「強み」「価値」「環境」の3つで構成されています。


「強み」「価値」「環境」のうちどれか1つでも欠けてしまうと、そこに目が入ってしまい「今の仕事が向いてない」「向いてる仕事がわからない」と悩んでしまうのです。


現在の仕事では何が足りなくて、何を満たしているのかを確認する意味でも自己分析は重要です。

向いてる仕事を構成する3つの要素

3つの要素は自己分析をすることで見つけることができるので、「向いてる仕事がわからない」「どうすれば活躍できるんだろう」と悩む人は自己分析をすることから始めることが大切なのです。

これらを踏まえ、自己分析で分かる3つの要素について説明をしていきます。

自己分析で強み・弱みを知る

自己分析で強み・弱みを見つけることで、どのような仕事に適性があるか、今の仕事はあっているのか・あってないのかを理解することができます。

例えば、「いつもミスばかりして怒られる」「仕事で評価されず、自己肯定感が低い」と悩む人は、今の業務だと自分自身の強みを活かせていない可能性があります。

もしかすると、あなたの苦手なことをプロとして求められているかもしれません。自己分析で見つけた強み・弱みと今のあなたの業務を照らし合わせてみましょう。

また、転職を考えている人であれば、あなたの強みを活かせる仕事はどんな仕事があるかを調べることで向いてる仕事に転職することができますよ。

自己分析で価値観を知る

自己分析で価値観を知ることで、どんなことをやりがいに感じ、どんなことでモチベーションが上がるのかがわかります。

例えば強みを活かすことができれば活躍することはできますが、自分自身のやりがいに合った仕事でないと、仕事の意義がわからなくなります。

仕事のやりがいや意義が不明瞭だとモチベーションの維持が難しくなり、仕事のやる気も低下してしまう恐れがあります。

仕事のやりがいがないと、目の前の業務に集中できなかったり、やる気の低下が原因で「向いてる仕事がわからない」と悩んでしまいます。

そもそもやる気が出ないという人は、なぜやる気が出ないのか?という原因を明確にしてみてください。自分自身で把握しておくことで、やる気が出ない環境を作らないように工夫ができます。

転職エージェント末永 末永

やる気が出ない原因や対処法は以下の記事にまとめているので、自分に当てはまるものがないか確認してみましょう。

自己分析で自分に合う環境を知る

自己分析で自分自身に合う環境を見つけることで、どのような業界・会社規模・社風がマッチするかがわかります。

例えば、内向的で人との大人数でのコミュニケーションが苦手な人が、飲み会が多い体育会系の社風だと人間関係を苦痛に感じてしまうことがあります。

自己分析で自分自身に合う環境を知るには、居心地が良いと感じる友人の特徴や、あなたが活躍したことがあるコミュニティの特徴を書き出し、そこで出た共通項を抽象化すると良いです。

自分自身に向いてる環境が分かると、業界理解と照らし合わせて企業規模や業界も絞ることができるので向いてる仕事のヒントになります。

とはいっても、自分が働いている以外の業界や業種の理解を個人でするのはとても難しいですよね。おそらくインターネットに書かれている以上の情報は得ることができません。

転職エージェント末永 末永

せっかく自己理解は深まったのに業界理解が甘いままではミスマッチは防げません。絶対に失敗したくない人は1度プロの意見を仰ぎましょう。

マジキャリのコーチには転職エージェント出身者も在籍しており、コーチの業界・業種の知見は申し分ありません。

そのため、自己分析の結果と業界情報をもとに向いている仕事を提案してくれたり、業種についてアドバイスしてくれます。

初回無料面談は無料です。向いてる仕事への第一歩として、まずは初回カウンセリングの予約をしてお待ちください!

向いてる仕事がわからない20代・30代向け

  • マジキャリ
    顧客満足度92%!その人の向いてる仕事を見つけるまで徹底サポート!

向いてる仕事がわからないのならプロに相談するのがおすすめ

向いてる仕事がわからないのなら、キャリア・転職に相談するのがおすすめです。

なぜなら、転職にはタイムリミットが存在するからです。不慣れな中、自分に向いてる仕事を探していると、時間ばかりがかかってしまいます。運良く向いてる仕事が見つかれば良いのですが、見つからなかった場合は貴重な時間を無駄にしてしまいます。

転職エージェント末永 末永

転職市場の前提知識として、年齢がもっとも重要視されています。年齢が上がれば上がるほど転職難易度は高くなります。少しでも早く向いてる仕事を見つけるためには、プロに相談するのが効率が良いのです。


プロは限られた時間で自己分析を徹底しておこなってくれるので、短期間で自分に向いてる仕事を見つけられるようになります。

下記で年齢によってどれだけ転職難易度、求められるスキルが変わるのかを一覧にまとめてみました。

年齢 難易度 評価
〜23歳 新卒1年目ですぐ辞める・逃げると思われるため厳しい
24歳〜27歳 未経験でも第二新卒として採用されやすい
28歳〜29歳 職種経験が求められるが、なくても比較的採用されやすい
30歳〜33歳 業界・職種経験は合って当たり前、マネジメント経験があれば評価は高い
34歳〜36歳 業界・職種経験、マネジメント経験は合って当たり前
37歳〜 余程の専門性やマネジメントの高い実績がないと、転職活動自体が難しい

向いてる仕事がわからない場合に利用できるサービスとして、主に下記の2つが考えられます。それぞれのサービスについてさらに詳しく解説していきます。

キャリアコーチングサービス

向いてる仕事がわからないのであれば、キャリアコーチングサービスに相談するのがおすすめです。

キャリアコーチングサービスとは、専任のキャリアコーチがマンツーマンで自己分析や現在の悩みをヒアリングし、自己理解のサポートと悩み解決をしてくれるサービスです。

基本的にはマンツーマンでコーチングがおこなわれるため、相談者によりカリキュラムの内容は若干異なりますが、大まかに分類すると以下のようなサービスを提供しています。

主なサービス内容

  • 徹底的な自己分析による自分自身の理解
  • 今後どのような人生を歩んでいきたいかなどの将来の目標決め
  • 将来の目標に対してどのような行動を取るか具体的なアクション設計
  • (転職をする場合は)マッチする企業の選定や選考対策

転職エージェント末永 末永

つまり、「今の仕事の悩み相談」「自分の強みの発見」「あなたの特性や価値観をもとにキャリアプランの作成」「転職サポート」まで一貫してサポートしてくれるサービスです。

キャリアコーチングに相談することで、自分の向いてる仕事はもちろん、あなたの思考性をもとにどのような会社や業界で活躍できるかもアドバイスしてくれますよ。

転職エージェント末永 末永

数あるキャリアコーチングサービスの中でもマジキャリがおすすめです。


マジキャリではキャリアの知見が豊富なコーチが独自の自己分析シートを使用し、どこに適性があるのか、どんな仕事が向いているのかなどの「適職」を見つけることに特化した自己分析のサポートをしてもらえます。

マジキャリでは自己分析だけでなく、その人の年齢や経験を加味した上で、最適なキャリアプランや行動指針を立ててくれます。しっかり向いてる仕事に就けるようにサポートをおこなってくれるので、マジキャリ卒業生のお客様満足度は92%と非常に高評価を得ています。

マジキャリのお客様満足度は92%

初回相談は無料です。向いてる仕事がわからないとお悩みの人は是非1度相談してみてください。

向いてる仕事がわからない20代・30代向け

  • マジキャリ
    顧客満足度92%!その人の向いてる仕事を見つけるまで徹底サポート!

転職エージェント

向いてる仕事がわからないと悩む人は転職エージェントに相談してみるのもおすすめです。

転職エージェントは仕事や職種に関する知識が豊富にあるため、自分の向いてる仕事の求人を紹介してくれます。

また選考対策もおこなってくれるのでいち早く向いてる仕事に転職したい人にはおすすめです。

一方で転職を前提とするサービスのため、一からの自己分析を手伝ってはもらえない場合があります。

必ず自己分析をしてもらえるわけではないので、転職エージェントに相談する際は自己分析をして自己理解を深めるようにしてください。その後、自分の強みに当てはまる職業を紹介してもらうのがおすすめの活用方法です。

自己分析ができる

キャリアコーチングサービス

過去48時間で58人が体験

ちなみにハローワークも相談先の候補にはなりますが、専門家が相談に乗ってくれるわけではないのでおすすめはできません。的確なアドバイスを受けたいのなら専門家がいるサービスがおすすめです。

転職エージェントとは何か、おすすめの転職エージェントランキングや評判について、さらに詳しく知りたい人は下記の記事もチェックしてみてください。

向いてる仕事がわからず自力で探したいのなら診断ツールも役立つ

向いてる仕事がわからないけど、キャリアコーチングや転職エージェントを利用すべきか悩んでいる場合は、無料診断ツールを利用するのも1つの方法です。

世の中には向いてる仕事がわからない迷える人向けに、スマートファンやインターネット上で手軽に利用できるさまざまな診断ツールが用意されています。ただ、診断ツールは判定基準が明確でなかったり、データ上の傾向でしかないため、自分自身を正確に把握するのは難しいです。

転職エージェント末永 末永

無料で利用できるので、診断結果は鵜呑みにせず、参考程度にしたほうが安心です。


なぜなら、向いてる仕事というのは、個人の特性や経歴など傾向値で測れるものではないからです。

確かな向いてる仕事を見つけるには、自己分析から強みを見つけ、その強みを活かせる仕事は何かを紐づけるプロセスが必要です。

とはいえ、手軽に適性の傾向を把握する分には無料の診断ツールは役立ちます。ここでは役立つ無料診断ツールについて紹介していきます。

doda 転職タイプ診断

dodaの転職タイプ診断

dodaの転職タイプ診断では、3つのSTEPに沿って回答していくことで、自分の「転職タイプ」と「今の仕事の満足度指数」を知ることができます。

  1. 仕事において、あなたが重要だと思うことを選ぶ|20問の質問に「重要 or 気にしない」で答える
  2. 優先順位を決める|質問で選んだ内容の優先順位を決める
  3. 直近の仕事をふりかえる|40問の質問に「はい or どちらでもない or いいえ」で答える

最後に「性別」「学歴」「年代」「職業」を入力すると、診断結果を知ることができます。

dodaの転職タイプ診断では、本格的な診断をしたいというよりも、今の自分の仕事に関する状況を客観的に整理したい場合に活用するのが良いです。

ジョブリシャス診断

マイナビ転職のジョブリシャス診断

ジョブリシャス診断は「マイナビ転職」と「ディグラム・ラボ」が協力して提供している適職診断サービスで、20つの質問に答えることで、27つのジョブタイプ別に適職を診断してくれます。

診断結果では「基本的な仕事の性格」をはじめとして以下のようなことを知ることが可能です。

  • イキイキできる仕事環境
  • 仕事での強み・弱み
  • 相性の良い上司・同僚・部下
  • 辞めたくなるシチュエーション
  • ストレスを感じる一言
  • 本領発揮できる職種 etc..

詳細をみるためには、マイナビ転職にログインする必要がありますが、幅広い要素に関して診断できるので、興味があれば活用してみてください。

キャリアインデックス 適職診断

キャリアインデックス 適職診断

キャリアインデックス適職診断では、39問の設問に答えることで、向いている職種をはじめとして以下のような内容に関して診断してくれます。

  • 仕事においてどのようなタイプの傾向があるのか
  • ビジネスにおける強みと改善ポイントは何か
  • 仕事・職場に求めるものは何か

それぞれのタイプや特徴に対して、傾向や注意点なども解説してくれて、自己分析をおこなう際の参考になるので、1度試してみると良いです。

適職診断ナビ

適職診断ナビ

適職診断ナビでは、35問の設問に答えていくことで「人物像イメージ」「マッチする職種」「パーソナリティ」「キャリア志向性」「思考スタイル」を診断してくれます。

  • パーソナリティ(15問)|設問に対して「当てはまる」〜「当てはまらない」までの5つの中から選択
  • キャリア価値観(8問)|仕事に対する価値観でもっとも合致する方を選択
  • 思考スタイル(12問)|普段の仕事や勉強のやり方について合致する方を選択

それぞれの項目では、グラフとして可視化しながら、特性や傾向について解説してくれています。

無料診断ツールの中でも幅広い要素について診断してくれるため、自己分析をする際に活用してみるのもおすすめです。

ミイつけよう診断

女の転職typeのミイつけよう診断

ミイつけよう診断は、女の転職typeが提供する適職診断ツールで、全11問の設問に回答することで、「経験職種が活かせるスキル」について診断してくれます。

適職診断の中では、設問の数は少ないですが、自身の職種に対して強みとなるスキルについて診断してくれるので「自分が仕事の中でどのような強みがあるのか気になる」という人にはおすすめの診断ツールです。

他にも手軽に向いている仕事を見つけるための自己分析ツールや本に関して詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてみてください。

向いてる仕事がわからないままだと生じるデメリット

向いてる仕事がわからないままでも働き続けることは可能ですが、そのままにしていると生じるデメリットもあります。

気にならない場合は問題はありませんが、人によっては仕事を続けることが苦痛に感じられメンタルヘルスの不調につながる可能性があります。

また、向いてる仕事がわからないとキャリアの方向性が定まらず、市場価値が上がりにくいです。市場価値が上がらないと年収も上がらないため、常に低い賃金のまま働き続けることにもなりかねません。

向いてる仕事がわからないままだと生じるデメリットとして、主に下記の4つが考えられるので、それぞれ詳しく解説していきます。

仕事が苦痛でメンタルヘルス不調になる可能性がある

仕事は1日の大半を占めているので、やりがいや目的がないまま毎日を過ごすのは想像以上にしんどいものです。

やりたいと思える仕事がわからない状態で働き続けると、現状に対する不安や心配で精神的な負荷がかかりやすいです。この精神的なストレスが原因で、体調に不調をきたしてしまう場合があります。

厚生労働省によると、過去1年間でメンタルヘルス不調により連続1ヶ月以上休職または退職したビジネスパーソンは年々増加しています。

厚生労働省の過去1年間でメンタルヘルス不調により連続1ヶ月以上休職または退職した人の割合

1度心身を崩してしまうと、やりがいを持って働ける状態に戻ることは簡単ではありません。場合によっては元の状態に戻れない可能性もあります。

転職エージェント末永 末永

心身は資本なので、向いてる仕事に就いていて業務が楽しいと感じられる状態が理想ですね。


そのためには自己分析を徹底的におこなってもらえるマジキャリに相談するのがおすすめです。

ジョブホッパーになる可能性がある

向いてる仕事に就かないと、ジョブホッパーになる可能性があります。

ジョブホッパーとは転職を繰り返す人を表し、1つの仕事を長く続けられないといったマイナスイメージを抱かれることも少なくありません。

ジョブホッパーになると企業側から「自分に向いてる仕事がわかっていない」「転職をしっかり考えていない」「逃げ癖があるのではないか」と判断される可能性があります。

ジョブホッパーになると

  1. 向いてる仕事がわからないまま、給与や福利厚生で転職先を決める
  2. 向いてる仕事ではない場合、仕事が苦痛になり、転職後のギャップを感じる
  3. 仕事が向いてない…と落ち込む
  4. 向いてる仕事ではないので成果も出せず、評価もされない
  5. 周りの環境や人のせいにして、会社や仕事の嫌な所に目がいくようになる
  6. また転職したくなる
  7. ①に戻り、転職を繰り返す
  8. スキルは増えないまま社歴だけが増えていき、年を重ねるごとにあまり良くない条件の転職先にしか転職できなくなる

転職エージェント末永 末永

ジョブホッパーは自分の経歴を傷つけてしまいます。やっと向いてる仕事と巡り会えたとしても、経歴が傷ついていると内定を獲得するのは難しいです。


企業としてはすぐに離職をする可能性のあるリスクを採用したくないと思っているからです。


貴重なチャンスを無駄にしないためにも、転職に強いキャリア相談ができるマジキャリへ相談してみることをおすすめします。

転職に強いキャリア相談先

  • マジキャリ
    自己分析を通して、理想のキャリアへの具体的なアクション設計をサポート!

市場価値が上がらない

向いてる仕事がわからないと、市場価値は上がりにくいです。ぶっちゃけですが、>転職は出来レースなのです。

というのも、転職市場はその人のこれまでの経験がものをいうため、年齢相応のスキルや経験がないと評価されないからです。

そのまま向いていない仕事をし続けると、社内での評価が得られず、結果として社内で何にも挑戦できず、ただ業務をこなしている状態になります。

もし本当に自分がやりたいことができた時にも、年齢相応のスキルがなく市場価値が低いままだと、やりたいことは実現できずに終わってしまうのです。

転職エージェント末永 末永

やりたいことができたときに後悔しないためにも、自分に向いてる仕事を探してみることをおすすめします。


やりたいと思える仕事は生活にもハリを与え、社内でも評価してもらえる人材に自分を変えることができるようになりますよ。

適職で市場価値を上げたい人におすすめ

  • マジキャリ
    自己分析を通して、理想のキャリアへの具体的なアクション設計をサポート!

そもそも市場価値が何で、どうやったら上げられるのかについては以下の記事で解説しています。

早期離職してしまう可能性がある

向いていない仕事に無理に転職しようとすると、早期離職につながってしまいます。

というのも、自己分析ができていないまま転職するため、結果的に自分に合わない社風や働き方の会社だったり、転職によって解決しようとしてた悩みが解決できずに終わってしまうことが多いからです。

転職エージェント末永 末永

このような早期離職の繰り返しは、面接官に「嫌なことがあったらすぐに辞める人」という印象を与えます。

そのため、最終的には転職活動をしても内定が得られなくなってしまうので注意が必要です。

向いてない仕事を続ける、もしくは転職することは自分の可能性を狭めてしまいます。早めに行動することで、現状は打開できます。以下の記事で向いていないと感じた時にやるべきこととNG行動を紹介しているので、ぜひ実践してみてください。

向いてる仕事とやりたい仕事はどちらを優先すべきか

向いてる仕事とやりたい仕事はどちらを優先すべきかですが、その人の価値観によって異なります。

ただ、向いてる仕事は自分の適性に合っているため、下記のメリットが生じやすいです。

中長期的に市場価値や年収が上がる

向いてる仕事に就くことで生産性が上がり、中長期的に市場価値や年収が上がります。

なぜなら向いている仕事というのは自分の強みを活かすことができるからです。そして仕事において強みを活かせると成果を残すことができ、評価され、年収が上がっていくのです。

このように向いている仕事に就くことはメリットが多いのです。

向いてる仕事に就くメリット

  1. 自分の強みや得意なことを仕事で活かせる
  2. 得意なことなので、他の人と比べて成長スピードが速い
  3. 得意なことなので、他の人と比べて成果が出やすい
  4. 成果が出ると評価される
  5. 評価されると給与も上がる
  6. ノウハウやスキルもたまり、市場価値も上がっていく

仕事が楽しくなる

向いてる仕事に就くことで、興味がなかった分野でも仕事が楽しくなります。

株式会社ビズヒッツが働く男女500人を対象に仕事が楽しいと思う瞬間に関する意識調査を実施したところ、「仕事が楽しい」と回答したのは全体の6割で(上図)、「やりたい仕事ができている」と回答した人のうち「仕事が楽しい」と回答したのは全体の8割(下図)を占める結果になりました。

「仕事が楽しい」と回答した人の割合 「やりたい仕事ができている」と回答した人のうち「仕事が楽しい」と回答した人の割合

意識調査からも分かるように、自分に向いてる仕事・やりたい仕事に就けば、仕事自体が楽しいと感じられることがわかります。

<調査対象>

調査対象:全国の働く男女

調査人数:500人(女性292人/男性206人/未回答2人)

調査期間:2020年10月17日~10月19日

調査方法:インターネットによる任意回答

PR TIMES

向いてる仕事を見つけたいならマジキャリ

転職エージェント末永 末永

自分の向いてる仕事がわからない人は、共通して「自分の強み」「何にやりがいを感じているのか」「どんな環境下だと頑張れるか」をわかってないことが多いです。

転職エージェント末永 末永

逆にいうと自分の強みや活躍できる条件さえわかれば、誰でも向いてる仕事は見つかります。


つまり、自分の強みを見つけるためには自己分析を徹底しておこなうことが大切なのです

「自分の向いてる仕事がわからない」と悩む人は、自分の強みを自覚していない上、知らず知らずのうちに自分の苦手なことを仕事で扱っているなんてこともあります。

例えば、コミュニケーションが苦手で1人でコツコツ作業を進めることが得意な人が、コミュニケーションを通じて人を巻き込んで仕事を進める営業職に就いたら自分の強みを発揮できないですよね。

転職エージェント末永 末永

また、自分の向いてる仕事がわからない人の中で、「石の上にも3年という言葉があるように、まずは3年間は我慢したほうが良いのでは?」と悩む人も多いです。

確かに、終身雇用制度に守られていた時代は3年間は我慢することで、勤続年数も増え、結果的に昇給したり昇格するチャンスがあったのも事実です。

しかし、終身雇用制度の維持が難しいといわれている今、個人のスキルを伸ばさなくては昇給や昇格を見込めない時代になったので、少しでも早く自分に向いてる仕事を見つけ、自分の強みを発揮し、個人のスキルを伸ばすことが大切です。

転職エージェント末永 末永

自分の強みを見つけ、さらに伸ばすためには自分を知ることが重要です。


強みを知るためにはマジキャリで徹底的に自己分析をおこなうのが手っ取り早いです。

マジキャリを運営するアクシス株式会社は、キャリアコーチングサービスを提供している会社の中で唯一転職エージェント部門を持っているので、キャリア×転職のノウハウが豊富であることが強みです。

ただ、最近は「自分に向いてる仕事がわからない」という悩みを持つ人が多く、無料面談の問い合わせが殺到しています。

マジキャリのコーチは、元人事、元転職エージェント、キャリアコンサルタント(キャリアアドバイザー)といったキャリアのプロが揃っています。その中でも自己分析が得意なコーチの枠がすぐに埋まってしまいます。

しかし、この記事を最後まで読んでくれているということは、「向いてる仕事がわからない」という悩みに対して真剣に向き合っている人かと思うので、下のオレンジボックス「マジキャリに相談する」からお申し込みいただければ優先的に無料面談を実施することができます。

少しでも気になった人、自分に向いてる仕事がわからない人は「マジキャリに相談する」からぜひお問合せください。

マジキャリ

転職を前提としないキャリアコーチングサービス
徹底した自己分析からキャリアプラン設計まで、圧倒的な価値を提供します!

ポイント

  1. 徹底した自己分析やキャリアの棚卸し
  2. 中長期的なキャリアプランの作成
  3. 自社の基準を満たしたキャリアのプロのみ対応

マジキャリに相談する

向いてる仕事がわからない人に多い質問

向いてる仕事がわからない人に多い、よくある質問をまとめてみました。

自分に向いてる仕事がわからず、悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

向いてる仕事の見極め方は何ですか?

人物 相談者

向いていない仕事の見極め方はなんですか?

転職エージェント末永 末永

以下の条件に当てはまっていないと向いてない可能性があります。


この3つの条件に当てはまっていないか確認してみてください。

向いてる仕事の条件

  1. 本人の興味関心に関係なく性格や能力的に適性がある
  2. 自分の得意なことや強みを発揮して取り組める仕事
  3. 他者からの評価が高く、優れた成果を残せるような仕事

向いてる仕事がわからないと悩む人向けに、以下の記事では「仕事が向いてないサイン」を紹介しています。合わせてご確認ください。

▲よくある質問に戻る

年代別で向いてる仕事を教えて欲しい

人物 相談者

年代別で向いてる仕事を教えて欲しいです。

転職エージェント末永 末永

向いてる仕事がわからずに並んでいる人は、20代〜30代に多いです。


20代は社会人としてキャリアを歩み始めたばかりなので、なぜ今の仕事が向いてないと感じるのかを整理し、原因を考えてみてください。


30代はキャリアの分岐点にあたるので、選択次第では将来に大きな影響を及ぼしてしまいます。

転職エージェント末永 末永

どちらも自己分析をおこなうことで解決できる問題ですが、年齢によって重点的におこなう自己分析が異なります。


どのようにやったら良いのか分かりづらいので、まずは初回面談が無料のマジキャリに相談し、その後の対応を考えることをおすすめします。

▲よくある質問に戻る

向いてる仕事を手軽に知りたい

人物 相談者

自分に向いてる仕事を手軽に知りたいです。どうしたら良いですか?

転職エージェント末永 末永

向いてる仕事がわからず、手軽に知りたいのなら無料の診断ツールを利用するのが良いですね。ただ、無料で使える診断ツールは、あくまでもデータに基づいた傾向が分かる程度です。


診断結果は鵜呑みにせず、参考程度にしておくと良いです。

転職エージェント末永 末永

正確な向いてる仕事を知りたいのならプロと一緒に自己分析をおこなうのが1番良いです。


とくに人材紹介会社が運営するマジキャリは転職支援でも使っている自己分析を活用するので、正確に自分の強みを把握できるようになります。

無料診断ツール

  • ジョブリシャス診断
    「向いてる仕事」「ストレスを感じる一言」「本領発揮できる職種」など、自分のタイプを発見できます
  • 転職タイプ診断
    3ステップであなたの向いてる仕事がわかります
  • キャリアインデックス適職診断
    直感で回答することで、向いてる仕事、あなたの仕事観、自己PRに含められそうな長所・短所や日常生活での考え方を把握できます

line

line

  • マジキャリ