ESFPに向いてる仕事は?エンターテイナー型の性格に適した職業を徹底解説

ESFPに向いてる仕事は?エンターテイナー型の性格に適した職業を徹底解説

    MBTI診断(16personalities)のESFP(エンターテイナー型)タイプに向いてる仕事をキャリアのプロが徹底解説します。

    性格の特徴からわかる強み・弱みをもとに適職の紹介はもちろんのこと、向いていない仕事についても紹介します。自分の職業選びを考える際に参考にしてみてください。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

ESFPに向いてる仕事

MBTI性格診断テスト(16personalities)

MBTI性格診断(16personalities)の探検家に分類されるESFP(エンターテイナー型)は、社交的でエネルギッシュ、楽しいことが好きな人たちです。これらの特徴を活かせる仕事を選べば適職に出会いやすいです。

これから紹介するESFP(エンターテイナー型)に向いてる職業に就けば、自分の持つ長所を存分に活かせるので、仕事に対する満足度が得やすいだけでなくキャリアを成功させやすいです。

ESFPに向いてる仕事の共通点

  • 人と関わりながら働く環境
  • 考えるよりも動いて問題を解決する
  • 活発に動ける環境
  • 新しくモノを生み出せる

ESFP(エンターテイナー型)の性格を活かせる仕事に就けば、ポテンシャルを最大限発揮し、成果を出せるようになります。働きがいも感じやすいので、ESFP(エンターテイナー型)の人で自分に向いてる仕事がわからない人は下記を参考にしてみてください。

エンターテイナー

ESFPはエンターテイナー型と呼ばれているように、他者を喜ばせることにやりがいを感じる傾向にあります。

顧客を喜ばせる俳優やミュージシャン、芸人に適性があります。また、人前に立つのは苦ではないため、広報にも向いています。

営業職

ESFP(エンターテイナー型)は社交的でコミュニケーション力が高いです。会話を盛り上げるだけでなく、話すことに説得力があり、柔軟な対応もできるので営業職に向いています。

顧客のニーズを理解し、瞬時に対応できる販売職にも適性があると言えます。

医療従事者

ESFP(エンターテイナー型)は人の気持ちに共感したり、思いやれるので、看護師や薬剤師などの医療従事者にも向いています。

医療従事者は病気や障害を持つ患者、その家族に寄り添いケアをおこなっていくものです。患者や家族の笑顔を引き出すため、日々のコミュニケーションに気を遣えるのもESFPならではの特徴です。

ツアーガイド

ESFP(エンターテイナー型)はツアーガイドや旅行代理店営業も向いています。旅行は普段できない体験をするためにいくものです。

顧客の要望に合わせ、一生の思い出に残るような最大限楽しめるツアーを提案したり、現地の紹介ができます。ESFPの仕事はエンターテイメント性が高く、他では体験できないと喜ぶ顧客が多いです。

イベントプランナー

ESFP(エンターテイナー型)は創造力が豊かな人が多いです。創造力を活かし、人々に楽しんでもらえるような企画を立案し、実行することに喜びを感じられます。

ワクワクするような企画を考えるイベントプランナーはESFP(エンターテイナー型)にとって適職だと言えます。

転職エージェント末永 末永

ESFP(エンターテイナー型)の自分に向いてる仕事がわからない、対処法や適職診断を知りたい人は下記の記事もチェックしてみてください。

ESFPに向いてない仕事

ESFP(エンターテイナー型)は社交的な人が多く、この強みを活かせる向いてる仕事があれば、向いていない仕事もあります。

ESFPに向いてない仕事は下記の特徴に該当します。

ESFPに向いてない仕事の特徴

  • 1人で長時間仕事をする環境
  • 単調なルーティンワーク
  • 厳格な規則やルールを厳守する必要がある
  • 抽象的な仕事

ESFP(エンターテイナー型)の弱みに合致する仕事は、やりがいを感じにくく働くモチベーションが高まりにくいです。下記で紹介する仕事に就いてしまうと、自分の特性を活かせないのでESFPはストレスを感じてしまいます。

さらに成果も出ないため、自分に対する自信も失ってしまいやすいです。仕事に対する満足度が低下してしまわないためにも就職先・転職先選びをする前には、自分に向いてる仕事かを確認するようにしてください。

単調なルーティンワーク

ESFP(エンターテイナー型)は、単調な繰り返し作業だけをおこなう事務職やデータ入力の仕事には向いていません。新しく、楽しいことが好きなESFPにとって、決められた手順通りに従うだけの仕事には魅力を感じないからです。

日々の変化が少なく、自分で試行錯誤する要素が少ない仕事だとESFPはモチベーションを維持するのが難しいです。

1人で長時間おこなう作業

人と交流することに楽しさを見出すESFP(エンターテイナー型)にとって、1人で長時間おこなう仕事は不向きです。

他者と話しながら仕事をすることにやりがいを感じている人が多いので、黙々と1人で働かないといけないと閉塞感を感じてしまいます。

厳格なルールや制約が多い仕事

厳格なルールや制約が多い仕事もESFP(エンターテイナー型)には向いていません。

ESFPは柔軟な働き方を好んでいるため、守らないといけないルールが多いと自由さがないと感じてしまい、仕事に対する不満を溜めてしまいます。

細かい記録を管理する仕事

ESFP(エンターテイナー型)は細かい記録やデータを管理する仕事には適性がありません。物事を全体像で把握する人が多いので、細かい作業は抜け漏れが生じてしまいやすいです。

例えば、数字が1つでも違えば大きな影響が出る経理や会計士は向いてない仕事だと言えます。

転職エージェント末永 末永

ESFPの性格・特徴を活かせる仕事、逆に向いていない仕事は他にもあります。さらに詳しく知りたいのなら人材紹介会社が運営するマジキャリに相談してみてください。


適性診断の結果と自己分析を踏まえ、適性にマッチする最適な仕事をアドバイスしてもらえます。

ESFPに向いてる仕事を見つけたいのなら

  • マジキャリ
    徹底した自己分析で適性のある仕事がわかる!

ESFPの性格・特徴

ESFP(エンターテイナー型)は社交性と活発、柔軟さの特徴を持っています。創造力も高く、クリエイティブな人が多いです。

実際にESFP(エンターテイナー型)にはどのような性格・特徴があるのかを下記で紹介していきます。就職・転職において、自分自身の強みと弱みを把握することは適切なキャリアを形成していく上では必要不可欠です。

自分に合わないキャリアを選択してしまわないように、これから紹介するESFP(エンターテイナー型)の性格・特徴をぜひ把握してください。

コミュニケーション力が高く社交的

ESFP(エンターテイナー型)はコミュニケーション力が高く、社交的です。他者との交流を純粋に楽しめる人が多いです。

人と関わることを好むため、積極的に交流の場に参加しては新しい出会いを心待ちにしています。

理論よりも実践を重視

ESFP(エンターテイナー型)は理論よりも事実に基づいて行動することを好みます。

実践できるかを重視して意思決定をするため、「こんなはずではなかった」と感じることは少ないです。

柔軟で新しいことに適応しやすい

ESFP(エンターテイナー型)は柔軟で、新しいことに適応しやすいです。新しいことでワクワクするのなら、その変化に自ら飛び込んで素早く適応できます。

単調な作業が苦手なESFPですが、新しいことに適応するのは得意としています。

感情豊かで気持ちを率直に表す

ESFP(エンターテイナー型)は感情が豊かで、自分の気持ちを率直に表現するのが得意です。

自分自身の感情を隠さず、周囲の人たちと付き合っていくため、良い人間関係を築きやすいです。

楽しいことが好き

ESFP(エンターテイナー型)は楽しいことが好きです。自分の人生を楽しめるのなら新しいことにも次々チャレンジしていきます。

また、今という瞬間を大切にして生きている人が多いのも特徴です。今しか経験できない、この瞬間を最大限楽しむことを重視しているので前向きでポジティブな人が多いです。

単独行動が嫌い

ESFP(エンターテイナー型)は他者とコミュニケーションを取るのが好きなので、単独行動が嫌いな傾向にあります。

常に人と関わっていたいため、仕事だけでなくプライベートも1人でいることを嫌がります。

ESFP-TとESFP-Aの違い

ESFP(エンターテイナー型)にはESFP-TとESFP-Aで2つのサブタイプがあります。

TとAで性格や特徴が異なるのではなく、ESFP(エンターテイナー型)の特徴がありながら行動やストレス耐性に違いがあります。

ESFP-T

ESFP-Tは激動型は完璧主義者ですが、やや自分の能力に対して不安に感じることがあります。不安に感じたらネガティブに捉えるのではなく、実現に向けて努力できる人が多いです。

一方でストレスやプレッシャーの影響を受けやすいのがESFP-Tの特徴です。行動は慎重で、リスクを考慮しながら動く傾向にあります。

ESFP-A

ESFP-Aは自分に自信を持っているので、どんな状況でも冷静に対処できる人が多いです。

しかもストレス耐性が高く、困難な状況でもポジティブ思考で問題解決できます。

決断したら行動が迅速なのもESFP-Aの特徴です。長時間悩まないので、次々と新しいことに挑戦していけます。

ESFPが仕事をする上での注意点

ESFP(エンターテイナー型)の性格・特徴は仕事に良い影響を与えることもありますが、悪い面で影響を及ぼすことがあります。

とくにESFP(エンターテイナー型)は厳格な規則やルールを遵守するのが苦手なので、自由人だと思われてしまいやすいです。期限にもルーズな傾向にあるため、重要な仕事を任せてもらえないこともあります。自分のやりたいことを任せてもらえるように、下記の注意点に気を付ける必要があります。

ESFP(エンターテイナー型)が仕事をする上で注意すべき点について、下記で詳しく紹介していきます。

集中力の維持

ESFP(エンターテイナー型)は集中力の維持に課題があります。常に新しい刺激を求めるESFPは、繰り返し作業や長期間にわたるプロジェクト管理が苦手です。

仕事が常に変わることはないので、自分に合った集中力を維持できる方法を見つけるようにすると良いです。おすすめの方法としては業務内容を小さく分割し、それぞれを達成していくようにすると成功体験を積みやすいです。

感情的になりすぎない

ESFP(エンターテイナー型)は感情的になりすぎてしまうところがあります。例えば、フィードバックでの指摘が否定的だった場合、自分を批判されたと受け止めてしまいやすいです。

フィードバックは批判する場面ではなく、さらに良くするための指摘です。その指摘を成長の機会だと受け止め、改善できるようにすれば成果を出しやすくなります。

事前の計画が大切

ESFP(エンターテイナー型)は即興で行動する傾向にあるため、計画性に欠けるところがあります。予定にないことを急に思いついてやってしまい、失敗してしまうのはよくあることです。

重要なプロジェクトの場合は即興ではなく、事前にしっかり計画を立てるようにすることが大切です。計画を立てればスケジュール管理もしやすく、納期に間に合わない事態も防げます。

長期的な視点で考える

ESFP(エンターテイナー型)は「今、この瞬間を楽しむ」ことを重視しているので、長期的な視点でキャリアを考えていないことがよくあります。

キャリアはこれまでの経験の積み重ねです。曖昧なキャリアプランでは方向性がブレてしまい、将来的に選べる仕事が狭まってしまいます。

自分のやりたい仕事をするためにも、中長期的な視点で自分のキャリアを考えるようにしてみてください。

ESFPに向いてる仕事がわからないのなら

ESFP(エンターテイナー型)に向いてる仕事がわからない場合、自己分析を徹底しておこない自己理解を深めるようにしてください。自分の強みや弱みを把握していないと、適職はなかなか見つかりません。

しかし、自己分析と言われてもどのようにやれば良いのかわからない人も多いと思います。その際にはマジキャリのキャリアコーチングを利用するのがおすすめです。

マジキャリは人材紹介会社が運営しており、転職市場やキャリアに役立つ自己分析のやり方に熟知しています。

また、人材紹介会社なのでESFP(エンターテイナー型)に向いてる仕事、活躍できる仕事に関するデータも豊富にあります。ESFP(エンターテイナー型)の適性にマッチする仕事についてアドバイスしてもらえるので、ぜひ利用してみてください。

マジキャリ

転職を前提としないキャリアコーチングサービス
徹底した自己分析からキャリアプラン設計まで、圧倒的な価値を提供します!

ポイント

  1. 徹底した自己分析やキャリアの棚卸し
  2. 中長期的なキャリアプランの作成
  3. 自社の基準を満たしたキャリアのプロのみ対応

マジキャリに相談する

キャリアコーチングサービスやキャリア相談について、さらに詳しく知りたい人は下記の記事も参考にしてみてください。

line

line

  • マジキャリ