ENTJに向いてる仕事は?指揮官型の性格に適した職業を徹底解説

ENTJに向いてる仕事は?指揮官型の性格に適した職業を徹底解説

    MBTI診断(16personalities)のENTJ(指揮官型)タイプに向いてる仕事をキャリアのプロが徹底解説します。

    性格の特徴からわかる強み・弱みをもとに適職の紹介はもちろんのこと、向いていない仕事についても紹介します。自分の職業選びを考える際に参考にしてみてください。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

ENTJに向いてる仕事

MBTI性格診断テスト(16personalities)

MBTI性格診断(16personalities)の分析家に分類されるENTJ(指揮官型)は、リーダーシップや戦略的思考、問題解決力を有したタイプの人たちです。これらの特徴を活かせる仕事を選べば適職に出会いやすいです。

これから紹介するENTJ(指揮官型)に向いてる職業に就けば、自分の持つ長所を存分に活かせるので、仕事に対する満足度が得やすいだけでなくキャリアを成功させやすいです。

ENTJに向いてる仕事の共通点

  • リーダーシップ
  • 戦略的思考
  • 問題解決力
  • 目標を達成するための能力

ENTJ(指揮官型)の性格を活かせる仕事に就けば、ポテンシャルを最大限発揮し、成果を出せるようになります。働きがいも感じやすいので、ENTJ(指揮官型)の人で自分に向いてる仕事がわからない人は下記を参考にしてみてください。

経営企画・事業企画

ENTJ(指揮官型)の強みであるリーダーシップと目標を達成するための能力は経営企画・事業企画の職業が向いてます。強いリーダーシップとビジョンで会社や事業を導いて、大きく成長させられます。

また、戦略的思考によって組織を効率よく成長させるための施策を考えるのも得意です。

プロジェクトマネージャー

リーダーシップのあるENTJ(指揮官型)はプロジェクトマネージャーの仕事にも向いてます。

プロジェクトマネージャーはプロジェクトの計画・実行・管理をおこなうのが役割です。ENTJ(指揮官型)の強みが当てはまるため、やりがいをもって仕事ができます。

マーケティング

ENTJ(指揮官型)はマーケティングの仕事にも向いてます。マーケティングは市場を分析し、モノを売り続けるための戦略・立案を考えていきます。

ENTJ(指揮官型)の特徴である戦略的思考や問題解決能力がマーケティングの仕事に役立ちます。

コンサルタント

コンサルタントは問題解決能力と戦略的思考、分析的な思考を使いながら、企業が直面する問題に対する解決策を提供します。

そのため、ENTJ(指揮官型)の強みを活かしながら、働けるので向いてる仕事の1つだと言えます。

人事

人事は自社の経営戦略を理解し、人材における経営課題を解決していくのが仕事です。ENTJ(指揮官型)は問題解決力と目標達成力に優れており、向いてる仕事だと言えます。

また、人事は社内だけでなく求職者や外部とやりとりをする頻度が多く、単調な仕事ではない点も適性があります。

営業職

ENTJ(指揮官型)は営業職が向いてる仕事です。営業職は自社の商材を売るのが仕事ですが、必ずそれぞれの売上目標が課されています。

売上目標を達成するため、どうやって売れば良いのかを戦略を考え、実行していく点にENTJ(指揮官型)は適性があると言えます。

転職エージェント末永 末永

ENTJ(指揮官型)の自分に向いてる仕事がわからない、対処法や適職診断を知りたい人は下記の記事もチェックしてみてください。

ENTJに向いてない仕事

ENTJ(指揮官型)のリーダーシップや戦略的思考といった強みを活かせる向いてる仕事があれば、向いていない仕事もあります。

ENTJに向いてない仕事は下記の特徴に該当します。

ENTJに向いてない仕事の特徴

  • 単調でルーティンワークになりやすい
  • 人と関わる機会が少ない
  • 裁量権が少なく自分で決断できない
  • 共感することを求められる

ENTJ(指揮官型)の弱みに合致する仕事は、やりがいを感じにくく働くモチベーションが高まりにくいです。下記で紹介する仕事に就いてしまうと、自分の特性を活かせないのでENTJはストレスを感じてしまいます。

さらに成果も出ないため、自分に対する自信も失ってしまいやすいです。仕事に対する満足度が低下してしまわないためにも就職先・転職先選びをする前には、自分に向いてる仕事かを確認するようにしてください。

経理・総務

ENTJ(指揮官型)は経理や総務の仕事には向いていません。これらの仕事はルーティンワークや単調な仕事の繰り返しだからです。

戦略的な思考を活かす場面が少ない仕事はやりがいが生じず、ENTJは退屈に感じてしまう人が多いです。

事務職・アシスタント職

事務職・アシスタント職は他の職種をフォローしていくのが主な仕事です。リーダーシップを発揮するのが得意なENTJ(指揮官型)は、自分で考えられず指示に従うだけの仕事だとフラストレーションを感じやすいです。

また、事務職やアシスタント職は単調な仕事の繰り返しになりやすい点も向いていないと言えます。

コールセンター

コールセンターは自社のサービスや商品を利用した人からの電話に対応するのが仕事です。電話を通じてコミュニケーションを取るため、論理的な思考の特徴を持つENTJ(指揮官型)には向いていません。

顔の見えない利用者の感情に共感しながら、仕事をおこなっていくのでストレスを感じやすいです。

クリエイティブ職種

論理的思考や戦略的思考を得意とするENTJ(指揮官型)は、直感的な創造力が必要なクリエイティブ職には適性がありません。

デザイナーやクリエイターは時間をかけてアイデアを出し、求められているモノを生み出していきます。しかし、ENTJ(指揮官型)は戦略的かつ効率的に目標を達成したいので、クリエイティブ職種は向いていないのです。

プログラマー

プログラマーやエンジニアは人と関わることが比較的少ない仕事なので、ENTJ(指揮官型)には向いていない職種だと言えます。

リーダーシップを発揮して物事を推進していきたいENTJ(指揮官型)の適性には合っていません。

転職エージェント末永 末永

ENTJの性格・特徴を活かせる仕事、逆に向いていない仕事は他にもあります。さらに詳しく知りたいのなら人材紹介会社が運営するマジキャリに相談してみてください。


適性診断の結果と自己分析を踏まえ、適性にマッチする最適な仕事をアドバイスしてもらえます。

ENTJに向いてる仕事を見つけたいのなら

  • マジキャリ
    徹底した自己分析で適性のある仕事がわかる!

ENTJの性格・特徴

ENTJ(指揮官型)タイプは、リーダーシップ・戦略的な思考・外向的な特徴を持っています。

実際にENTJ(指揮官型)にはどのような性格・特徴があるのかを下記で紹介していきます。就職・転職において、自分自身の強みと弱みを把握することは適切なキャリアを形成していく上では必要不可欠です。

自分に合わないキャリアを選択してしまわないように、これから紹介するENTJ(指揮官型)の性格・特徴をぜひ把握してください。

自分に自信がある

ENTJ(指揮官型)は自分に自信がある人が多いです。自分に自信があるため、決断に迷いがないのも特徴だと言えます。

困難が生じたとしても、これまでの経験と照らし合わせながら論理的に物事を決断していく姿には迷いがありません。自信に満ちた決断力は他のメンバーを導くのにも役立ちます。

リーダーシップがある

ENTJ(指揮官型)は強いリーダーシップがあります。仕事は1人でするものではなく、複数の人たちが集まって進めていくものです。個性がバラバラな人たちをまとめるためには、強いリーダーシップが必要なのです。

リーダーシップを持って、チームやプロジェクトを率いて目標を達成するための方法を考えるのはENTJ(指揮官型)が得意とすることです。

戦略的な思考力

ENTJ(指揮官型)は戦略的な思考力があるので、複雑な問題を解決できます。

目先の問題だけではなく、長期的な視点で戦略的にアプローチするのが得意です。

コミュニケーション力ある

ENTJ(指揮官型)ははっきりとしたコミュニケーションスタイルの人が多いです。

はっきりとしたコミュニケーションは誤解が生じにくいメリットがあります。また、回りくどく伝えないため、自分の意思も伝わりやすいです。しかし、物事をオブラートに包まないため、言葉がキツくなってしまうこともあります。

ENTJ-TとENTJ-Aの違い

ENTJ(指揮官型)にはENTJ-TとENTJ-Aで2つのサブタイプがあります。

TとAで性格や特徴が異なるのではなく、ENTJ(指揮官型)の特徴がありながら自分自身の感情やストレス耐性に違いがあります。

ENTJ-T

ENTJ-Tは激動型で、感情の波が激しいです。基本的に自信のあるENTJですが、激動型だと失敗することに対して不安に感じやすい傾向にあります。

また、ストレスの影響を受けやすいのも激動型の特徴です。過度なストレスによって精神的に不安定になりやすいので、ストレス管理が大切です。

ENTJ-A

ENTJ-Aは自己主張型で、自分の能力や決断に強い自信を持っています。

自己主張型はストレス耐性が高く、プレッシャーがかかる状況でも冷静に判断でき、論理的に問題の解決策を考えられる人が多いです。

ENTJ-Aは自信に満ちているので、リーダーシップをとってチームを引っ張っていく傾向にあります。

ENTJが仕事をする上での注意点

ENTJ(指揮官型)の性格・特徴は仕事に良い影響を与えることもありますが、悪い面で影響を及ぼすことがあります。

とくにはっきりしたコミュニケーションを取るENTJ(指揮官型)は対人関係で問題を生じやすい傾向にあります。人間関係はどの仕事でもついて回るので、自分が円滑に働くためにも下記の注意点に気を付ける必要があります。

ENTJ(指揮官型)が仕事をする上で注意すべき点について、下記で詳しく紹介していきます。

柔軟で受容的な態度を持つ

ENTJ(指揮官型)ははっきりとしたコミュニケーションによって、他者と衝突しやすいです。物事をはっきりと物事をオブラートに包まないので、人によっては批判されていると感じてしまうのです。

不要な衝突を避けるためには、相手の意見を尊重しながら柔軟で受容的な態度を持つことを意識してみると良いです。例えば、否定から入らず、まずは意見に共感してみてください。その上で気になる点を確認していくと建設的な話がしやすいです。

また、プロジェクトを計画的に進めたがるENTJ(指揮官型)ですが、それではチームメンバーを振り回してしまいます。物事が上手く進まないときは、状況に応じて計画を見直すことも大切です。

他者の感情を理解する

ENTJ(指揮官型)は論理的・合理的な考えを好んでいるので、他者の感情を置き去りにしてしまうことがあります。

人は感情を持つ生き物です。ときには同僚や部下の気持ちにも向き合い、対応していくようにしてください。ENTJが率先して他者の感情に向き合えば、職場内での意見交換が頻繁におこなわれ、風通しの良い人間関係を築くことができます。

他者の意見にも耳を貸す

ENTJ(指揮官型)は決断力が高いのですが、すべてを自分の判断で決めてしまうとチームメンバーから反発されることがあります。とくに重要な意思決定をおこなう際には、チームメンバーも巻き込むようにしてください。

この際に気を付けるべきなのは単に巻き込むのではなく、チームメンバーの意見やアイデアにも耳を傾けることです。巻き込んでも自分の意見しか反映されなければ、メンバーの不満は蓄積されていき、信頼を失ってしまいます。

忍耐力を持つ

ENTJ(指揮官型)は効率を重視するので、仕事が思うように進まないと苛立ちを感じてしまいやすいです。

短期的に成果を出せたとしても長期的な視点で見ると、時間をかけて仕事を進めていったほうが良いケースがあります。効率を重視するあまり足元が疎かにならないように、忍耐強く対応することも大切です。

ENTJに向いてる仕事がわからないのなら

ENTJ(指揮官型)に向いてる仕事がわからない場合、自己分析を徹底しておこない自己理解を深めるようにしてください。自分の強みや弱みを把握していないと、適職はなかなか見つかりません。

しかし、自己分析と言われてもどのようにやれば良いのかわからない人も多いと思います。その際にはマジキャリのキャリアコーチングを利用するのがおすすめです。

マジキャリは人材紹介会社が運営しており、転職市場やキャリアに役立つ自己分析のやり方に熟知しています。

また、人材紹介会社なのでENTJ(指揮官型)に向いてる仕事、活躍できる仕事に関するデータも豊富にあります。ENTJ(指揮官型)の適性にマッチする仕事についてアドバイスしてもらえるので、ぜひ利用してみてください。

マジキャリ

転職を前提としないキャリアコーチングサービス
徹底した自己分析からキャリアプラン設計まで、圧倒的な価値を提供します!

ポイント

  1. 徹底した自己分析やキャリアの棚卸し
  2. 中長期的なキャリアプランの作成
  3. 自社の基準を満たしたキャリアのプロのみ対応

マジキャリに相談する

キャリアコーチングサービスやキャリア相談について、さらに詳しく知りたい人は下記の記事も参考にしてみてください。

line

line

  • マジキャリ