自分に向いてる仕事がわからない人におすすめ!簡単にできる無料適職診断を紹介!

自分に向いてる仕事が分からない 診断

    簡単な質問に答えるだけで、自分に向いてる仕事が見つかる無料適職診断を紹介しています。

    自分の強みや弱みを把握して、自分に向いてる仕事を見つけましょう。

    適職診断以外にも自分に向いてる仕事を見つける方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

自分に向いてる仕事がわからないと悩んでいませんか?

この記事では「簡単にできる無料適職診断」について紹介します。

他にも「自分に向いてる仕事がわからない原因」や「診断以外で向いてる仕事を見つける方法」についても解説します。

ぜひこの記事を参考に、自分に向いてる仕事を見つけてみてください。

そもそも自分に向いてる仕事とは?

転職エージェント末永 末永

向いてる仕事に就くと、他の人よりも成果が出やすかったり、評価を得やすくなります。

向いてる仕事とは、自分の強みや能力に適性があり、成果を出しやすい仕事のことです

向いてる仕事に就くと、仕事の成果を出しやすいだけではなく、やりがいを持って働けたり、モチベーションを高く維持したまま働けたりします。

具体的に向いてる仕事の条件については、以下があります。

  • 本人の興味関心に関係なく性格や能力的に適性がある
  • 自分の得意なことや強みを発揮して取り組める仕事
  • 他者からの評価が高く、優れた成果を残せるような仕事

上記の条件に当てはまる仕事があなたの向いてる仕事になります。

「向いている仕事を見つける方法」や「向いている仕事を見つけるメリット」については以下の記事で詳しく説明しているので、気になる方は読んでみてください。

自分に向いてる仕事がわからない原因3選

自分に向いてる仕事がわからない原因については、以下があります。

それぞれの原因について解説していきます。

⑴やりたいことや好きなことがない

転職エージェント末永 末永

自分に向いてる仕事がわからない原因として、そもそも自分のやりたいことや好きなことがわからないというケースがあります。

特に新卒でとりあえず入社した人は、20代・30代のキャリアを見直すタイミングで「本当にやりたい仕事ってなんだろう…」と迷ってしまう傾向が高いです。

実際に、その時の就活でも自分の適性ではなく、自分が働きたい、みんなが憧れるような職種を選んでいるという方も少なくありません

また、やりたくもない仕事に就いてしまうと、面白さを感じたり成果を出すことができず、「今の仕事が向いてないのではないか」「向いてる仕事がわからない」とさらに悩みが出てきてしまう可能性もあります。

⑵自分の強み・得意を把握していない

転職エージェント末永 末永

自己分析をすることによって、自分の強み・弱み・性格を理解ができるので、向いてる仕事が見つかりやすくなります。

自己理解が進んでいないと向いてる仕事を見つけることはできません。

強みや得意なことはある日いきなりわかるものではなくて、自己分析をしないと見えてきません

自己分析をすることによって、自分の強み・弱み・性格を理解ができるので、向いてる仕事が見つかりやすくなります。

転職エージェント末永 末永

しかし、自分一人で自己分析をしようとすると失敗する確率がかなり高くなるため注意が必要です。

自己分析における失敗とは、自分では当たり前にできているため強みだと気付けなかったり、自分よりできている人と比較して本当は適性があるのにないと判断してしまうなど、バイアスがかかりきちんと自分自身と向き合えないことを言います。

転職エージェント末永 末永

そのため、「自分の強みや得意をきちんと把握して、自分の強みを活かせる仕事に就きたい」と考えている人はマジキャリで自己分析をおこなうのがおすすめです。

マジキャリとは、キャリアコーチがマンツーマンで自己分析をサポートしてくれるキャリアコーチングサービスのことです。

マジキャリでは、あなたの幼少期からの経験を深掘りしていき、心理学やコーチングにおける理論を元に、今のあなたの価値観や性格がどのように形成されてきたのかを見つけていきます。

さらに、自己分析から見つかった強みや得意なことを活かせる仕事は何かを提案してくれるので、向いてる仕事は何かを知ることができます。

今ならマジキャリは無料面談キャンペーン実施中なので、どんな風に自己分析を進めていくのかぜひ実際に体験してみてください。

やりたいことや好きなことがない人向け

  • マジキャリ
    自己分析を通してやりたいことや好きな仕事の発見をサポート

⑶今の仕事で成果を出せていない

今の仕事で成果を出せている実感がないと「今の仕事は自分に向いていないんだ‥」と感じやすいです。

それなりに自己分析をして、自分の適性を分析して今の会社に入っているため、その仕事が向いていないことがわかると、自分の適性はどこにあるのか、やりたいことはなんなのかますますわからなくなりますよね。

一方で、仕事で少しでも成果を出すことができると、周りから評価され、自分の適性をより解像度高く理解することができます。

このように、自分の向いてる仕事をより詳細に理解するためには、まず成果を出すことが必要です。そのため、自分の適性が分からず悩んでいる人は、まずは自分の強みが活かせる仕事を選ぶことが重要といえます

向いてる仕事がわからない原因とその解決策については以下の記事で解説しているので、ぜひ読んでみてください。

向いてる仕事を見つける診断ツール【無料】

向いてる仕事を見つける無料診断ツールについては、以下があります。

サイト名 診断時間 会員登録あり/なし
いい仕事ミイつけよう診断 2分 なし
求人ボックスの適職診断 3分 なし
リクナビネクストの適職診断 5分 なし
キャリアインデックス適職診断 5分 なし
適職診断NAVI 5分 なし
ジョブリシャス診断 3分 あり
dodaの転職タイプ診断 7分 あり

それぞれの無料診断ツールについて解説していきます。

いい仕事ミイつけよう診断

いい仕事ミイつけよう診断は、1,000名分のデータを元に検証しており、会員登録不要で無料診断ができる女性を対象にしたツールです

以前の職業の経験に基づく適職診断をおこない、今までの経験が上手く発揮できる職場を紹介してもらうことができます。

女性が働きやすそうな企業を紹介してくれるのが大きなメリットといえます。

しかし、前職の経歴をみての診断になるので、異業種での転職というよりは、キャリアを積むための適職診断として考えておきましょう。

求人ボックスの適職診断

求人ボックスの適職診断とは、心理学と統計学をベースに、一人ひとりの性格を分析して、適職診断をおこなうツールです。

協調性・誠実性・外向性・情動性・創造性の基本的な性格要素とともに、性格傾向を以下の12タイプに分類していきます。

  • 個性派タイプ
  • 世話焼きタイプ
  • 実績重視タイプ
  • ポジティブ思考タイプ
  • 教育者タイプ
  • チャレンジャータイプ
  • ボランティアタイプ
  • 慎重派タイプ
  • アーティストタイプ
  • 完璧主義タイプ
  • 学者肌タイプ
  • 幸福追求タイプ

上記の性格タイプを知ることによって、もっとも強みを発揮しやすい職業を把握できるので、転職・仕事探しのヒントにすることができます。

リクナビネクストの適職診断

リクナビネクストの適職診断は、合計22問のテストで仕事選びの価値観と自分では気づいていなかった性格を分析できる診断ツールです。

一人ひとりが持っている仕事に対する価値観が把握できるので、仕事を探すときのヒントになります。

大手転職サイトが運営しており、転職に役立つ情報も教えてもらえるので、転職を考えている人にもおすすめです。

また、安心して利用できるのはもちろんのこと、合計22問と質問数が少なくなく、正確な診断ができるというメリットも挙げられます。

キャリアインデックス適職診断

キャリアインデックス適職診断は、39の質問に直感で答えることで適職が把握できる診断ツールです

一人ひとりの仕事観や長所・短所、日常生活での考え方など自分の思考やキャリア感を幅広く把握することができます。

そのため、仕事や職場環境、働き方に何を求めて、どのようなこだわりを持っているのか、自分の隠れた真の欲求を把握することが可能です。

そして、その診断結果や転職サイトならではの知見を利用して、向いてる仕事の提案も受けることができます。

適職診断NAVI

適職診断NAVIは、35問の質問に答えるだけで適職が把握できる診断ツールです。

最新の心理学と30万人以上の診断データから一人ひとりの特徴や資質を診断することが可能です。

具体的には、回答結果から自分が以下のタイプのどれにあてはまるのかを診断します。

  • プライベートも仕事も充実タイプ
  • 内向的なスペシャリストタイプ
  • 野心的な起業家タイプ

転職エージェント末永 末永

診断結果は大きく分けて3つですが、外交性・内向性などそれぞれの割合が細かく出るため、自分自身の特性を細かく分析することができます!

また、スマホだけですぐに受検することができ、気軽に診断することができます。

自分の強みや弱みを再確認したい人や向いている職業を再発見したいという人におすすめの診断ツールといえます。

ジョブリシャス診断

ジョブリシャス診断とは、ディグラム・ラボとの期間限定コラボ企画で誕生した診断ツールです。

20の質問に答えるだけで、27のジョブタイプ別に適職を探すことができます。

例えば、以下のようなジョブタイプが挙げられます。

  • 基本的なシゴト性格
  • シゴトでの強み・弱み
  • ストレスを感じる一言
  • 本領発揮できる職種

また、約37万人から数万項目を超えるアンケート調査から得られたデータと20問の心理テストで性格を客観的に分析することができます

仕事をする上で欠かすことができない人間関係についても分析してくれるので、転職をする際の参考にしやすい特徴もあります。

dodaの転職タイプ診断

dodaの転職タイプ診断は、転職の大手企業であるDODAが開発した適職診断ツールです。

現在勤めている会社に対する考えを選んでいくことで、現在の会社に感じている度合いをテストすることが可能です。

また、自分が活躍できる職場環境も教えてくれるので、仕事を探しをする際にも役立つことができます。

会社に対して感じている事を洗い出すことができるので、転職するべきかどうか明確にすることができます。

このように、転職先を見つける適職ツールというよりは、今の会社の不満点を洗い出すのに向いています。

向いてる仕事を見つける診断ツール【有料】

向いてる仕事を見つける有料診断ツールについては、以下があります。

それぞれの有料診断ツールについて解説していきます。

適職診断テスト「CPS-J」

適職診断テスト「CPS-J」とは、人と仕事のベストマッチを目指すことをコンセプトにしている診断ツールです。

具体的には、興味検査と能力自己評価検査を実施して、150問に答えることで色々な活動について、好きか嫌いかを診断することができます

実際に、自分らしさを生かせる職場を求める人が増えているのも事実です。

そのため、自由と自己責任が問われるので、個人が自分自身のキャリアについて向き合う必要があります。

診断結果から適職の方向性やパーソナリティー・タイプなどが表示されるので、向いてる仕事を見つけることにもつながります。

適性検査「ポテクト」

適性検査「ポテクト」とは、自己分析&適職診断ツールとして、11年間で15,000件以上利用されている実績がある適職診断ツールです。

6枚の分析シートで50種類の性格分析や適職分析、強み・弱みへのアドバイスを受けることができます

また、客観評価と自己評価を比較分析できるので、確信できる資質・自己理解のズレも把握することが可能です。

実際に、大企業を中心に社員研修や組織分析ツールとして多数活用されているので、安心して利用することができます。

少しでも気になる方は、気軽に利用できる無料版もあるので、まずは試してみるのをおすすめします。

自己診断・適職診断プログラム「R-CAP」

自己診断・適職診断プログラム「R-CAP」とは、自分の興味・志向・価値観を科学的かつ客観的に分析できる適性診断ツールです。

「自己分析」と「仕事研究」のサポートを受けられるので、志望動機や自己PRの参考にすることができます。

また、ワークブックやジョブカタログを活用することで、自己分析と仕事研究を効果的におこなうことにもつながります

やりたい仕事がわからない人や客観的に自分のことが知りたいという方におすすめといえます。

転職活動や向いてる仕事を見つけたい時に使えるツールについては以下の記事で説明しているので、ぜひ読んでみてください。

適職診断の注意点とは?

適職診断の注意点については、以下があります。

それぞれの注意点について解説していきます。

診断結果を鵜呑みにしない

転職エージェント末永 末永

結果を鵜呑みにしてしまうと、逆に自分に合った仕事を見つけられない可能性もあります。

適職診断の結果をそのまま鵜呑みにしないように注意が必要です。

診断結果を鵜呑みにして、他の可能性を考えないというのは非常にもったいないです

診断ツールは自分に向いた仕事・職種の傾向を見つけるのに役立ちますが、結果を鵜呑みにしてしまうと、逆にそれに振り回されすぎて選択肢が狭まってしまう可能性があります。

診断結果が正解とは限らないので、自分が少しでも興味のある仕事、絶対にやりたくない仕事があるならば、その自分の考えを尊重することが重要です。

あくまでも適職診断は、自分自身の傾向を把握するためのツールの一つとして、考えておくようにしましょう

目的をもって診断を受ける

適職診断を受けるときは目的を明確にしてから受けると結果を活かしやすいです。

実際に、目的をもって診断を受けないと、結果次第によっては混乱してしまう可能性があります

例えば、自己分析のためや強みを把握するため、自分の性格の言語化をするなどの目的を考えることが大切です。

また、適職診断で表示される結果は、診断ごとによって異なるので、「何のためにこの診断を受けるのか」ということを意識しておくことをおすすめします。

診断結果が精神状況によって左右される

転職エージェント末永 末永

診断結果は、今の状況を診断した結果ということを忘れてはいけません。

診断結果は精神状態に左右されてしまうので注意が必要です。

例えば、元々人前でのプレゼンテーションが得意だったが、診断を受ける数日前にたまたまうまくいかず先輩に怒られてしまったとしたら、人前で発表するなどの項目に対して得意ではないと回答してしまう可能性があります。

診断結果をそのまま受け入れてしまうと視野が狭くなってしまうので、あくまでこれまでの人生についてではなく、今の状況を診断した結果ということを忘れてはいけません。

診断以外で向いてる仕事を見つける方法3選

診断以外で向いてる仕事を見つける方法については、以下があります。

それぞれの方法について解説していきます。

⑴自己分析をする

診断以外で向いてる仕事を見つける方法として、自分の経験やスキル、強みや弱みを明確にする必要があり、そのために自己分析が有効です。

人よりもうまくできた経験や褒められた経験、やりがいを感じた経験などをこれまでの過去の経験を振り返って考えてみるのがおすすめです。

過去の経験をたくさん洗い出して、その経験の共通点からあなたの強みややりがいを感じる瞬間などが見つかります。

また、自分の得意なことや強みを活かせていると、仕事の成果が出やすく、結果として自分本来の力を発揮できる働き方や職場環境が見つかります。

転職エージェント末永 末永

「自己分析は自分でできるからいいや」という人も多くいますが、自分で本当に自己分析ができていたら、今現職でモチベーション高く、やりがいを持って働けていることでしょう。

「自分はできているからいいや」とは思わず、もう一度自分の自己分析を客観的な視点から見つめ直してみてください。

⑵キャリアのプロに相談する

転職エージェント末永 末永

キャリアコーチングとは、専任のコーチが自己分析やキャリア設計などのサポートを1対1で行なってくれるサービスです。

一人で自己分析をするとどうしても自分の主観が入ってしまい、客観的な正しい自己分析ができません。 一方でキャリアコーチングなどのキャリアのプロは、第三者の視点から自己分析をリードしてくれるため、自分の気づいていなかった新しい自分を発見することができます。

またキャリアのプロであるため、キャリアや業界の知識も多く、あなたの適性を見極めた上で向いてる仕事のアドバイスもしてくれます

転職エージェント末永 末永

正しい自己分析や、自分に向いてる仕事を見つけたいという人キャリアコーチングサービスに相談しましょう。

キャリアコーチングとは、自分専属のコーチにキャリアの悩みをなんでも相談できるサービスです。 自己分析やキャリアプランの設計などをおこなうことが多いですが、一人一人に合ったそれぞれのカリキュラムでセッションを進めていきます。

そのため、自分に向いてる仕事がわからない人に対しては、まずは過去の経験の洗い出し・整理からおこないます。

また、アドバイスの際は、今後のプランや道筋を立てて今後その人が自分自身でキャリアを進んでいけるようにするのが特徴です。

これにより、今後キャリアに悩むことなく自身を持って進んでいけるようになります。

転職エージェント末永 末永

キャリアコーチングサービスの中でもおすすめなのがマジキャリです。

マジキャリは他社のキャリアコーチングサービスと比較してもかなり自己分析に注力していて、マジキャリ独自のワークシートを活用して進めていくため、強み・弱み・性格・価値観の言語化がしやすいです。

さらにマジキャリでは、自己分析の内容を活かして実現可能なキャリアプランを考えたり、おすすめの業種や転職先の選び方など転職活動のためのアドバイスもおこなっています。

そのため、自分に向いてる仕事がわからないという状態で相談に来た人でも、マジキャリを通して適職が見つかり、転職先で強みを活かして働いているという人もいます。

向いてる仕事を見つけたい人向け

  • マジキャリ
    徹底的な自己分析をおこなうことで、自分の強みが把握でき、向いてる仕事を見つけることができます。

⑶本を参考にする

診断以外で向いてる仕事を見つける方法として、本を参考に自己分析をするのもおすすめです。

具体的に、診断がついていておすすめの本については、以下があります。

それぞれの本について解説していきます。

ストレングスファインダー2.0

ストレングスファインダー

ストレングスファインダー2.0とは、自己分析によって自分の強みを活用する方法が書かれており、累計120万部を突破したベストセラーです。

人々が持つ「34の資質」を明らかにし、最新の知見と各資質の活かし方を解説しています。

才能を「強み」に変え、成功を手にする方策が具体的に示されており、資質を測定する進化版ウェブテスト、ストレングス・ファインダー2.0も実際に受けることができます。

自身の欠点さえ、強みにすることができるので「自分の強みを知りたい」という人におすすめといえるでしょう

「向いてる仕事」を見つけよう「人の役に立つ12の資質」から自分の強みがわかる

「向いてる仕事」を見つけよう「人の役に立つ12の資質」から自分の強みがわかる

「向いてる仕事」を見つけよう「人の役に立つ12の資質」から自分の強みがわかるとは、自分の強みを知ることに関して解説しており、シリーズ100万部突破している本です

自分が成功しやすく、充実感を高めやすい領域を知ることができるので、自分の適性を明確にできます。

本を購入することによって、自分だけの適正が科学的に見つかるオンラインテストのアクセスコードが付いています。

「今の仕事を続けていいか悩み」「『やりたいこと』が見つからない」「今の仕事に疲れた」という人にもおすすめの本です。

以下の記事では、自己分析を1人でおこなっている方におすすめの本8選を紹介しています。気になった方はぜひ参考にしてみてください。

向いてる仕事がわからないままだとどうなってしまうのか?

向いてる仕事がわからないままだとどうなってしまうのかについては、以下があります。

それぞれの項目について紹介していきます。

市場価値・給料が上がらない

向いてる仕事がわからないままだと、仕事への意欲が低下してしまい、市場価値や給料が上がらないリスクがあります。

仕事がつまらないと感じながら働いてしまうと、仕事のクオリティが低下してしまい、職場での評価が下がってしまう可能性も高くなります

また、仕事に対して興味や関心がなくなってしまい、新しいことにチャレンジする気持ちもなくなってしまい、スキルアップを図るのも難しくなります。

さらに、ミスが増えたりすることで、精神的に辛くなってしまう可能性も考えられます。

行きたい会社が見つからない

転職エージェント末永 末永

行きたい会社が見つからないと、働くモチベーション低下にもつながり、心身の健康への悪影響を与えてしまうリスクがあります。

向いてる仕事がわからないままだと、行きたい会社が見つからずに、就職や転職などで業務内容と本来持っている能力とのミスマッチが起きてしまうリスクがあります

自分に合わない仕事を続けてしまうと、働くモチベーション低下にもつながり、心身の健康への悪影響を与えてしまうデメリットがあります。

実際に、毎日嫌な気分のまま仕事を続けることで、精神的に追い詰められていく人も少なくありません。

また、精神的に余裕がない状態だと、周りに気を遣う余裕がなくなり口調もキツくなりがちで、人間関係でもトラブルになりやすくなります。

早期離職してしまう

向いてる仕事がわからないまま転職をしてしまうと、早期離職をしてしまう可能性が高くなります。

早期離職は、今後のキャリア設計への影響や、経済的安定を失ってしまうリスクがあります。

また、早期離職をしてしまうことで、ジョブホッパーになる可能性も高くなります。

ジョブホッパーとは短期間で転職を繰り返す人を指します。このような人たちはその経歴から面接官に「嫌なことがあったらすぐに辞めてしまう人」というイメージを持たれてしまいます。

そのため、なかなか選考が通りにくく、自分の希望する条件の会社に入社することが難しくなる可能性もあります。

向いてる仕事を本気で見つけたいなら「マジキャリ」がおすすめ

「自分に向いてる仕事を見つけたい」

「自分の強みを活かせる仕事に就いて活躍したい」という悩みを抱えていませんか?

転職エージェント末永 末永

これまで数千人のキャリア相談を実施しましたが、自身で自己分析してみたけど適職が見つからないという人や、自分に向いてる仕事はあるのかと悩んでいる人は多くいました。

「向いてる仕事が見つからない」と悩む人に共通しているのが、正しく自己分析ができていないということです。

自己分析は、その人のこれまでの経験や経歴を整理するだけではありません。

その経験をした時に自分はどう思ったか、何がモチベーションだったのか、その経験から何を学んだのかなど、その経験の背後にある思考まで整理して初めて自己分析といえます。

正しい自己分析をして自分の適性や志向性を理解し、その特性を踏まえた上で自分の理想の将来像を叶えるためにどうしたら良いのか考える必要があります。

転職エージェント末永 末永

さらに適職を見つけるには、自分の適性に合う働き方を見つけるために、業界研究や仕事理解を進めなければなりません

とはいっても、自分が働いたことがない業界や業種の働き方を知るのは、いくらインターネットが発達しているとはいっても難しいですよね。

インターネットの情報が正しいかどうか確かめる方法はありません。

そこで、自己分析に強く、転職市場の知見も豊富なマジキャリというキャリアコーチングサービスがおすすめです。

マジキャリを運営するアクシス株式会社は、キャリアコーチングサービスを提供している会社の中で唯一転職エージェントを合わせて運営しています。そのため、 キャリアと転職のノウハウが豊富で、キャリアコーチングサービスの中で特に転職に強みがあります。

転職エージェント末永 末永

だからこそ、自己分析で向いてる仕事を選んで、やりがいや成長実感を感じながら働きたいと思っている方にはマジキャリがうってつけのサービスです。

今なら無料面談実施中なのでお問い合わせください。

マジキャリ

転職を前提としないキャリアコーチングサービス
徹底した自己分析からキャリアプラン設計まで、圧倒的な価値を提供します!

ポイント

  1. 徹底した自己分析やキャリアの棚卸し
  2. 中長期的なキャリアプランの作成
  3. 自社の基準を満たしたキャリアのプロのみ対応

マジキャリに相談する

line

line

  • マジキャリ