SEから転職に最適な職種とは

The following two tabs change content below.
末永 雄大

末永 雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

客先常駐SEの将来性について

同じSE(システムエンジニア)でも、客先常駐SEの将来性は明るいとは言えません。

常駐先によって環境は千差万別のため、場合によっては居心地が良かったり、技術力を付けられたりする場合もあります。しかし、派遣型のビジネスモデルに限界があることから、将来的には頭打ちになるのです。

仮に同じSEとしての能力がある社員SEと、客先常駐のSEの給与を考えたとき、常駐先の会社が同じ100万円を支給していたとしても、客先常駐SEは派遣元の会社が中間マージンをそこから引きます。

2次、3次の派遣の場合、その中間マージンはさらに膨らみます。中間マージンとして20%ずつ差し引かれたとして、3次受けの派遣であった場合は手元に来たときには40万円(100→80→60→40)になってしまいます。

しかし、常駐先としては100万円を支払っているわけですから、相応のスキルや働きぶりを求められます。

また、常駐先でのプロジェクトが終わったり、案件数が少なくなると、まず最初に客先常駐SEの契約更新が止まります。悪く言えば使い捨て要員となるため、正社員との待遇や教育に差がでてくるのは当然なのです。

このように会社の都合によって常駐先が変わることになるため、様々な現場を渡り歩くケースが多くなります。相談に来られる方の話をまとめると次のような苦悩を抱えていることがわかります。

  • 給料が上がらない。
  • 残業代が付かない。(裁量労働制であるが客先ということもあり早く帰り辛い)
  • 派遣元では正社員であるが、普段の客先では派遣扱いされる。
  • 客先で用意されている環境が悪い。(PCの性能、部屋の環境)
  • 名刺交換ができない。(場合によっては客先としての名刺を作ることもある)
  • 簡単な仕事しか回ってこないため、スキルアップができない。
  • 経験を積んだり、年齢が上がっても管理系や上位の仕事はほとんどない。
  • トラブル案件に投入される。
  • 定年まで働けるか不安。(年齢と共に契約金額が上がると、指名されない)

このような不安を抱きつつ客先常駐SEを続けていくことで、実は転職先の幅がどんどん狭まってしまうのです。

年齢が上がってもマネジメントの経験もなく、高度な技術も習得できていない人材では、単価が安くて将来性がある若いSEや、高い専門性を自負する他の転職者と比べると見劣りしてしまうのです。上記のような悩みを抱えながら日々を過ごしているとしたら、それは将来性を消費していると言ってもいいでしょう。

SEとしてのキャリアを活かした転職を

簡単な仕事しかしてこなかったからといって、安易に未経験の他職種(営業職、事務職等)を転職先に選択するのは早計です。

客先常駐をしている際についた技術や経験は無駄にはなりません。いろいろな現場を渡り歩いたのであれば、各現場や業界特有の知識もキャリアとなります。

客先常駐をしていて不安だったことや、やりたかったことを整理することで、次の転職先のイメージがより具体的になってきます。具体的なイメージを持って転職に挑むことが成功の第一歩なのです。

一般的に客先常駐SEの人が抱える不安を解消し、希望を叶えられるおすすめの転職先についてご紹介するので、自身の場合と比較しながら検討してみてください。

客先常駐SEからの転職おすすめ3選

自社開発/Webエンジニア

客先常駐SEからの転職先で一番人気が高いのが、自社で展開するサービスを自社開発している会社のエンジニアです。例えば、クックパッドやメルカリを運営する会社です。新しい技術に挑戦したり、携わりたいという技術志向の人や、BtoCの身近なサービス提供に興味がある人に向いています。

自社開発/Webエンジニアの一般的なメリットは次のようになっています。

  • 開発に関与したシステムが実際に事業展開されるのでやりがいを感じやすい。
  • スピード感があり、最新の技術を取り入れたり活用するケースが多く、挑戦しやすい。
  • 短期間でのイテレーションが組まれるため、ゴールがわかりやすく明確である。
  • クリエイティブな職場環境、風土がある。

社内SE

社内SEはいわゆる、社内のなんでも屋さんです。主な仕事は次のように多岐に渡り、人のサポートをしたり世話好きな性格の人に向いています。年収アップを積極的に狙う場合は、金融関連企業の社内SEがねらい目です。

「社内PCの手配」「セキュリティ対策と運用」「システムの調達・設計とその管理」

「システム周りのQ&A対応やトラブル対応」

「社内システムの運用・管理(ワークフロー、社内ポータル、コーポレートサイト等)」

社内SEの一般的なメリットは次のようになっています。

  • 残業時間が少ない。(休日出勤等も含め、自身でコントロールしやすい)
  • 客先が存在しないのでプレッシャーやストレスは少ない。
  • 自社限定ではあるが上流の要件定義・情報戦略・システム化企画に携われる。
  • システム全体としてインフラ・ネットワークをはじめ、様々な業務経験が出来る。
  • 利益率の高い企業に属することで年収アップが可能。
  • 福利厚生が手厚い

ITコンサル

システムの開発や構築といった技術系よりも、人とのコミュニケーションが得意な人に向いています。ITコンサルティング専門の会社や大手SIerに所属したり、フリーランスとしてITコンサルタントになります。仕事内容は次のように課題の整理や説明を行うことが多く、さまざまな現場や業界を渡り歩いてきた経歴が役に立つ職種です。年収アップを狙う場合はアクセンチュアなど、外資系のITコンサルティング会社がおすすめです。

「顧客のITに関する課題や困っていることを整理」

「他社でのIT課題への取り組みを説明」

「導入システムに関するアドバイスや選定のサポート」

ITコンサルの一般的なメリットは次のようになっています。

  • 顧客との距離が近く、やりがいを感じられる。
  • SEとしての経験を生かしやすく、キャリアアップがしやすい。
  • 年収が上がる。
  • 特定の業界・業種に詳しくなれる。

転職エージェントを使うメリット

転職先のターゲットが見えてきたら、具体的にどの職種でどの会社に転職をするのかを決めていく必要があります。転職は在職中に行うことが多く、多忙な中で効率のよい活動をするためにも、エージェントを活用して納得のいく転職を実現させていただきたいです。自身で転職先を見つけてくることもできますが、転職エージェントを利用いただくことで次のようなメリットがあります。

非公開の求人を紹介可能

求人の広告を出す費用や応募者の選定などにかかる費用や労力は企業側から見ても大きく、転職エージェントだけに求人依頼をだしている企業が増えています。求人紙やネット上では見つからない会社のご紹介が可能です。

会社のマッチングをしてくれる

職歴や希望条件などをヒアリングしたエージェントが、豊富な経験と情報をもとにして最適な転職先をピックアップしてご紹介することが可能です。その際、中長期的なキャリア設計もアドバイス・リーディングしながら転職先を一緒になって考えます。

転職先の業界や企業の雰囲気が事前にわかる

希望の業界や企業が具体的になれば、その業界に特化したエージェントから業界事情や実際の職務内容、社風や職場の雰囲気をご紹介することができます。過度の不安を払拭したり、事前の心構えや面接対策などにも有効です。

面倒な手続きや交渉を代行してくれる

職務経歴書の添削や面接応募や日程調整の手続きを代行します。配属先や給与の交渉などを行うこともあります。転職活動は孤独な戦いになりがちですが、便利なサポート役として転職エージェントをご利用いただけます。特に転職先との交渉は、選定される側の立場としてはやりにくいものなので、第3者的な立場のエージェントを通した交渉や相談は有効な手段となります。

模擬面接ができる

エージェントは転職先の会社のことを当然よく知っています。選考面接においてどのような質問をしてくるのか、評価基準がどういうものなのかも知っています。それをもとに、回答内容や話し方に対してアドバイスをしたり、模擬面接を実施することができます。面接時の印象は思った以上に重要です。自身の経歴や技能を正当に伝えるためにも、落ち着いて面接を受けられるように対策をしておくことが重要です。

転職エージェントのご紹介

転職したいけれど業種・職種が決まっていない、という方もいるでしょう。
転職エージェントを利用すれば、自分に適した業界・職種を提案してもらえますよ。

ただ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、そういった優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきです

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント
  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?