2019.11.13

CAから転職!異業種へ転職したい客室乗務員におすすめの職種を紹介

この記事では、CA(客室乗務員)から転職するのにオススメの業界・職種をはじめ、評価されるスキルや経験を解説しています。

また、転職理由や選考対策、転職を成功させるコツについてもお届けします。

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

CAから転職するのにおすすめの業界・職種

CAから転職するのにおすすめな職種は「営業職」「接客」「秘書」の3つです。なぜなら、CAで培ったコミュニケーション力やホスピタリティなどが活かせるからなんです。

ここで実際にCAからの転職に成功した方の実例をご紹介したいと思います。

CAからの転職成功例

実際にCAから営業職へ転職した方がいます。イチから学ぼうという意思や意欲の強さが高く評価され、内定をもらうことができました。


同時に、対人の印象が非常に良かったこと、ビジネスマインドをうまく伝えることができたという点が大きなポイントになりました。

少しでも転職成功の確率を上げたい、そう考えている人は転職エージェントに相談してみましょう。あなたにはどんな転職エージェントが向いているのか、下記の診断から見つけることができます!

あなたにピッタリの転職エージェントを15秒で診断します

性別を教えてください♪

年齢を教えてください♪

希望年収を教えてください♪

希望職種を教えてください♪

CAから転職するときに評価されるスキル・経験

CAから転職するときに評価されるスキル・経験は以下の通りです。

  1. コミュニケーション力
  2. ホスピタリティ
  3. 視野の広さ
  4. ガッツ・体力のタフさ

上記のスキル・経験はポテンシャルとして、様々な仕事でも高く評価してもらえます。ですから、CAを辞めてからも多方面で活躍することが十分可能です。

CAから転職する人に多い転職理由

CAから転職する人に多い転職理由は、以下のものが多いですね。

上記の3つについて、次で詳しく解説していきたいと思います。

より長く働ける仕事に転職したい

客室乗務員の仕事は、体力的にも非常にハードです。その為、将来のことを考えて転職する方が数多く見られます。

体力を要するからこそ年齢とともに働くことが難しい、できればより長く働きたいと考えているようですね。

転職理由の伝え方

事実を包み隠すことはせず、働く環境について素直に伝えるのが良いです。例えば「連泊や昼夜逆転の生活で体調を崩してしまったので、働き方を変えたいと思い〜」などと伝えるのがベストですね。

結婚・出産後も働き続けたい

たとえ育児休暇制度が充実していたとしても、家を空けることが多いのが客室乗務員です。結婚後や出産後も働き続けるというのは大変なことなので、転職を視野に入れる方も多い傾向にあります。

転職理由の伝え方

嘘はつかず、「結婚や出産後も長期的に働き続けたいと思い〜」と伝えるのがベストです。ただ、入社後すぐに産休・育休制度を利用できないため、その点は注意しましょう

年収や待遇を改善したい

客室乗務員の給料は年々減り続けています。そのため、年収や待遇の良い企業に転職したいという方が増えています。

近年ではローコストの航空会社が増えてきているため、経費削減の流れが加速しているのも事実です。

賃金構造基本統計調査 職種別(1,000人以上規模の企業)によると、平成28年の平均年収は669万円程度。平成29年の時点で平均年収が566万円と下がっています。

ただ、平成30年の時点では平均年収が637万円とやや上がりましたが、平成28年と比較すれば下がっているのが分かります。

転職理由の伝え方

この場合は、「将来の上がり幅とか頭打ちを感じていて、今はいいけど将来的には…」と率直に伝えるのが良いでしょう。


または、「今すぐには難しくても、努力次第で年収をあげたい」と伝えるのもありですよ。

CAから転職するときに気をつけること

CAから転職する際に気をつけたいことは、どの業界・職種へ進むかによって変わってきます。

例えば、目標を追いかける仕事に転職するなら、売上とのジレンマに耐えられるかどうか、きちんと考える必要があります。

なぜなら、ホスピタリティを前面に打ち出すことをミッションにしているからです。だからこそ、覚悟が必要ですし、懸念を払拭できることを証明しなければなりません。

また、事務職に転職をするなら、WordやExcelを自己学習しておくのが望ましいです。これは、実際にCAの方が使用できないケースが多く見られるからなんです。

タッチタイピングやExcel関数が使えるとベストですね。

CAから転職するときの選考対策

CAから転職するときの選考対策として挙げられるのは、「志望動機」と「自己PR」です。この2つをしっかりと対策しておくことで、書類選考率や内定率をアップさせることが可能です。

その基本的な考え方や伝え方について、次で詳しく解説していきますね。

志望動機

志望動機の書き方ですが、志望する会社において、あなたがどんなふうに貢献できるのか入れると良いです。

また、数字を持つような職種であれば、売上を上げていくとか、上げていけるような人間になりたいということを伝えると効果的だと言えますね。

以下の記事で基本的な志望動機の書き方などを詳しく解説しています。他にも面接官がどこをチェックしているのかについても紹介しているので、合わせて読んでみてください!

【プロ直伝】転職面接で面接官に響く志望動機の考え方!【回答例付】

自己PR

自己PRでは、「未経験だけど頑張っていきたい!」と伝えるのはもちろんのこと、ちゃんと人の役に立つだけではなく、その結果、売上に繋げることを伝えましょう。

以下の記事では、自己PRで話すべき内容やコツ、話し方や自己PRの例文などについてまとめています。こちらもぜひ目を通してみてください!

【転職面接】すぐに使える自己PRの考え方・答え方を伝授【回答例】

CAから転職した後のキャリア形成

CAから転職した後は、営業職や接客、秘書、事務職へキャリアチェンジする方が多く見られますね。今挙げた方向へ進む方もいれば、専門性の高い職種であるマーケティングや広報へチェンジする方もいますね。

未経験分野であっても、ポテンシャル採用してくれる企業もありますので、選択肢の幅はそこまで狭くないでしょう。

CAからの転職を成功させるためのコツ

CAから転職しようかな…と悩んでいる方ほど、転職エージェントの利用をおすすめします。CAはハードな仕事なので、1人で転職活動するというのはなかなか大変なものです。

転職エージェントでは、あなたの希望に沿った業界・職種を見つけて紹介してくれます。履歴書や職務経歴書の添削はもちろんのこと、面接対策も無料でしてもらえますよ。

忙しいあなたに代わって、企業との面接の日程調整も行ってくれるので、安心して転職活動ができます。

ただ、担当になるキャリアアドバイザーの質やサポート力には差異がありますので、大手転職エージェント2〜3社、特化型転職エージェント1社程度への複数登録をオススメします。そこで転職のプロである筆者がオススメの転職エージェントをいくつかご紹介します。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。