官僚からの転職で、仕事のやり甲斐を得るには?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回は、官僚・国家公務員から民間企業へ転職について書いていきます。

官僚から転職をすると待っているもの

官僚から民間企業へ転職をすると、文化の違いを強く感じる方が多いです。天下りの場合は、以前に官僚から転職をした方がいるため、そこまで違和感がないのかもしれませんが、転職先にまったく官僚経験者がいないような環境だと、今までの環境との違いを強く感じます。

とくに「お金を稼ぐ」ことを常に求められるという環境に戸惑いを感じる方が多く、「公益」を追求する際も自社の「利益」が大前提となる点でストレスになるようです。「転職して初めて、官僚の世界は独特だったと気づいた」という方も珍しくありません。

民間へ転職するメリット

官僚から民間企業へ転職をすると、これまでの文化の違いが壁となります。今まで経験してきた文化と異なり、カルチャーショックを受ける方もいるでしょう。具体的に言うと、民間企業は「お金を稼ぐ」ということに重きをおいています。官僚のときにはなかった感覚でしょう。会社全体会議などでは、売上や利益、コスト削減の話が中心にされます。

官僚と民間企業では、文化が大きく違い、民間企業の文化が肌に合わず、苦労する方もいらっしゃいます。しかし、文化が肌に合わないリスクがあっても、官僚から民間企業に転職する人もゼロではありません。なぜなら、民間企業への転職には以下のようなメリットがあるからです。

1民間企業は昇進・出世までの時間が短い

民間企業は、昇進・出世までの時間が短いということがあげられます。会社の規模社風にもよりますが、20代・30代でのマネージャーということもあり得る世界です。

2自分の仕事の成果が数字で見える

民間企業だと、自分び仕事の成果が数字として明確に見えるため、モチベーションアップややりがいに繋がります。それによって、自分の成長を実感できたり、上司や先輩に褒められたりします。成果が給与やボーバスなどの報酬に反映されます。

3多様な人材と切磋琢磨できる

民間企業の方が、多様なバックボーンを持った様々な年齢層の人と関われる機会が多く、自分の成長を促すライバルを見つけやすくなります。

官僚の転職先は?

ところで、官僚の転職先としては、どのようなところがあるのでしょうか。

以下のような職種に転職される方が多いようです。

・コンサルタント
・事業会社(企画)
・事業会社(政策交渉)
・専門職(弁護士や教授など)
・その他(起業・留学)

上記の職種はビジネス経験がなくとも、思考力や官僚時代に培った経験・知識をベースに勝負ができる余地が大きい職種です。戦略的に転職できるかどうかの鍵は「地頭のよさ」が鍵を握ります。事業会社の業界としては、外資金融や商社、不動産やITなどがあげられます。

具体的に言うと、国土交通省に入省された方は3年勤務の後に退職して専門商社に転職されています。官僚では常にプレッシャーと戦っていたようです。

また、意外と多いのが官僚から外資コンサルや外資金融への志望者です。その多くは財務省、国土交通省、経済産業省の方々ですが、なかには外務省から外資コンサルに転職した方も複数人いるようです。意向次第でどこへでも転職の可能性はあり得ます。

(引用元:官僚から商社へ就職
(引用元:官僚からコンサル転職・金融転職した人のその後とは?

まとめ

難関である官僚という道を捨て、民間企業に入社するには何かしらの想いがあるのだろうと想像できます。官僚と民間企業は文化が異なるため、最初は戸惑うことも多いかとは思いますが、そもそも優秀な頭脳を持っているので転職しても活躍できる可能性は秘めています。

どうせ転職するのならば官僚の文化に慣れ親しんでしまう前に転職するのが望ましいでしょう。転職先としてあげられる外資や商社、コンサル、弁護士、教授といった職業は下積み時代を30歳ごろから始めなければいけないというハンディがあります。

決断するのならば、3年以内に決めてしまった方がいいかもしれません。なかには官僚として15年勤務して総合商社へ転職したいという方もいらっしゃるそうです。しかし、年齢でいうと38歳でどんなに素晴らしいキャリアをもっていても厳しいのが現実です。35歳以上になるとマネジメント能力が問われるからです。それならば、これからも官僚の道を進むことをおすすめします。

転職をするのならば、若いうちに3年以内を目安に考えるのが好ましいでしょう。官僚から民間企業への転職も厳しさはありますが、同時にやりがいもあると思います。民間企業への魅力を感じたならば、一度転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

おまけ転職で利用したい転職エージェントは?

転職を検討されているなら、転職エージェントのサポートを受けた方が良いでしょう。

理由として企業情報は、もちろんのこと転職情報含め面接では人事の特徴を前もって知ることが出来るなど転職活動を一人で進めるより遥かにメリットが多くあります。

ただ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、そういった優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきです

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?