IT営業から転職するには?

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回はIT業界の営業されている方からのご相談を受けている際にいつもしているアドバイスをまとめてみました。

はじめに、IT営業職から転職を考えている方へ

この記事を読んでいる方は、おそらく現時点で転職について悩んでいる方なのではないでしょうか。

その中でも、漠然と「転職したいかも・・」と考えている人から、「こういう仕事がやりたい」と考え出している人まで、様々だと思います。

ですが、「自分が希望する働き方ができるのって、どこなんだろう?」といったことを自分自身で正確に目利きするのは難しいものですよね。

または、そもそも自分は、営業に向いてるのか、他にもっと向いている仕事があるのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。

そういった場合には、一度転職エージェントに相談してみるのも1つの手です。

転職に対して不安のある方はもちろん、ある程度見通しが立っている方も、その見通しが適切かどうか、というのをエージェントに判断してもらうと良いでしょう。

転職エージェントを活用するメリット

転職エージェントは、日々多くの転職者や求人企業と接点を持っている「転職のプロ」です。

転職エージェントを活用する事で、営業スタイルやマネジメントスタイルの違いや詳細だけではなく、業界特性や社風・会社の内情なども教えてもらえます

「こんなはずじゃなかったのに・・・」というミスマッチのリスクを軽減させることができますし、上手く活用すれば、転職活動の成功率を劇的に上げることも可能です

また、書類選考だけではなく、面接対策や面接日程の調整、年収交渉など、転職活動における様々なサポートを無料で受けられるという点でも、登録しておいて損はないでしょう。

とはいえ、キャリアアドバイザーによって経験やスキルに差があるのも事実です。担当のアドバイザー次第で転職の方向性や質が変わることはしょっちゅうなのです。そのため、合わないエージェントが担当になった場合、自分の思うように転職活動が進まない場合があります。

そのため、定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

以下から、各転職エージェントの詳細に飛ぶことができますので、ぜひご利用ください。

IT業界に特化したエージェント

マイナビIT

レバテックキャリア

全業界の求人を網羅する大手エージェント

リクルートエージェント

doda

IT営業に多い転職理由

IT営業職に就いていた人が転職を考える理由としては、他の業界の営業職と同じように、ノルマがきつかったり、長時間労働が続いてしまったりというのはよくあるようです。

IT業界の営業は、法人相手のことが多く、扱う要件も比較的規模が大きめです。

製品はエンジニアやプログラマーが創り出すものであり、その質が自社のリソースや規模に左右されることも否めません。

自分の営業力は仲介、もしくはサポート的役割が大きいです。どんなに頑張っても、肝心の製品の質が劣れば、他社との競争力が弱く、なかなか成約に結びつかないという悩みを抱えることも。

また、IT業界の仕事は幅広く存在します。業界に長くいて深く関わるほど、ピンポイントな職種の人たちとの接点も増えていくでしょう。

もともとIT畑に興味があって、ある程度の知識やスキルがあるという人ほど、その中で、自分が魅力に感じるある特定のIT領域に出会うこともあるようです。

前向きな転職理由のひとつともいえます。IT業界の進化も相まって、そういう「部分」に気付けることは、いい仕事をしていく第一歩かもしれません。

IT営業経験者が転職の際に評価されるポイントって何?

IT営業職は、お客様とIT技術者をつなぐ役割を担っています。

他の営業職と異なる部分が多く、契約を取ること自体がメインではないといっても過言ではない重要な仕事です。

営業の持つITの専門知識が、プロフェッショナルな技術者と素人のお客様との橋渡しをしますよね。

素人には理解しがたい専門知識を、わかりやすく説明することは意識しないと実践できないスキルです。

クライアントの目線に立つためのリサーチやヒアリングも重ねると思います。専門的な分野をお客様に理解しやすいカタチでプレゼンする能力はきっと培っているはずです。

逆に、お客様の問題、要望や理想をとことん聞き出し、「これが合うだろう」「あの技術で可能になる」という解決策に結びつけるという専門知識がなければ不可能な提案力もあります。

さらに、IT営業がすごいのは「これはあの人が得意だ」「この担当者に聞いてみよう」と自社のネットワークを無限に組み合わせて、お客様により良いソリューションを提供するためのチーム構築力も培っているはずです。

IT営業経験者によくある転職先(業界・職種)

IT営業経験者によくある転職先としては、同じIT業界で他社の営業への転向。扱う商材が変わるだけでも大きく働き方が変わってきますからね。

たとえば、ソリューション提供する営業から、ハードウェアの販売に転向する人もいます。

営業からシステム開発企業への転職もあるようです。また、IT業界内で異なる職種に挑戦していく人もいます。

広報やマーケティング、ITスキルがもともとある人は、社内SEとかシステムインテグレータ―、ネットワークインテグレータ―などへの転職も多いようです。

幅広い職種、個々の業務内容が大きく異なる、成長分野という特徴もあるためか、IT業界内での転職を考える人が比較的多いようです。

IT営業経験者にオススメの転職先(業界・職種)

IT業界の営業は専門知識が必要な特殊業務のひとつ。近年は、IT業界の中でもさまざまな職種が生まれています。

IT営業経験のある人は、IT知識の必要なコンサルティング業務を狙っていくのも一策だと思います。

さらに高度な知識を身に付けていけますし、先進性や今後のキャリアを考える上でも有効でしょう。

一方で、ITの専門知識しかないからIT業界から脱出できずに悩んでいるなら、少し転職のフィールドを広げてみてもいいかもしれません。IT営業で培ったものは専門知識だけではないはずです。

とくに、異なる業界の法人営業のある企業はおすすめです。

さらに、ソリューションを提供のために、クライアントの経営課題に向き合うことがあった人は、経営コンサルタント、人事コンサルタントなどの道も開かれているでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここまで、IT営業の方への転職アドバイスをまとめてみました。実際にIT業界からの転職で悩まれている方からの相談をたくさん頂く機会が多く、面談させて頂いております。

「一人で転職活動を進めてみたけど、いまいち上手くいかない」
「仕事が忙しくて、転職活動になかなか時間を割けないのでサポートが欲しい」
「どんな企業が合ってるのか分からない」

そういった方は、転職エージェントを利用するべきです。

こうした問題に対する解決策を、転職のプロの目線から出してくれるため、この上ないあなたの強い味方になってくれるでしょう。

転職エージェントを利用すると、下記のようなメリットがあります。

  • 経歴だけでなく、人物面も含めて採用担当者に直接プッシュしてくれるので選考通過率が上がる
  • 企業や所属チームの雰囲気や求める人材についての生の情報を教えてくれるので、入社後のミスマッチのリスクが少ない
  • スキルシートの添削や、企業との面接の日程調整、面接通過率UPのための面接練習、年収交渉などあらゆるサービスを無料で受けられる


ただエージェントにも個性があり、業界によって得意不得意があります。ですので、今回はフリーランスの方にオススメのエージェントも合わせて紹介したいと思います。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04