消防士からの転職は難しい?おすすめの業種や成功させるポイントを解説

  • !

消防士からの転職は難しい?おすすめの業種や成功させるポイントを解説

    消防士から転職を考えている人の中には「消防士からどんな職種に転職できるの?」や「実際に消防士から転職した人の体験談を聞きたい」と思っている人も多いですよね。

    本記事では、上記の疑問はもちろん、転職する際のポイントなども解説します。ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

消防士からの転職は可能

消防士からの転職は難しくありません。職種によっては消防士で得た経験やスキルを活かして活躍している人や、転職に成功した人も多くいます。

ポイントや注意点を踏まえながら転職活動をおこなえば、転職に成功する可能性は高くなり、満足した結果になるでしょう。

注意点としては、年齢によって転職できる難易度が異なることが挙げられます。

20代では、今後の活躍に期待して採用する「ポテンシャル採用」がありますが、40歳以上になると求人数は減る傾向にあります。転職する際に、年齢の壁となるのは40代からとされています。

しかし、年長者には、若者にはないさまざまな人生経験があるため、職種によってはそれを活かしながら活躍できるでしょう。転職したいと思う理由や目的をはっきりさせて、焦らずに行動するのが大切です。

消防士から転職を考える理由3つ

消防士からの転職を考えている人に多い理由には以下のようなものがあります。

体力的に難しい

消防士が日々おこなっている過酷な訓練に厳しさを感じて、辞めたいと考える人が多くいます。

特に真夏は摂取する水分量が追いつかないくらいの汗をかき、フラフラになりながら訓練や消火活動をおこないます。

また、火災発生時には、早朝や真夜中でも現場にいち早く駆け付けなければなりません。

毎日おこなわれる終わりの見えない過酷な訓練や業務に、途中でついていけなくなる人もいます。

精神的につらい

消防士の仕事は誰よりも強い責任感がなければ務まりません。しかし、強い責任感だけでは消防士を続けるのは難しいです。

いざ現場に出動するとなると、自分の命が危険な場面に直面することがあります。そのときに「人の命を救わなければならない」というプレッシャーが、重くのしかかります。

重すぎる責任感やプレッシャーが積み重なっていけば、弱った精神状態で仕事を続けていくのは難しく感じるでしょう。こうした理由で消防士を辞める人は少なくありません。

人間関係が厳しい

消防組織は厳しすぎる上下関係で成り立っていることが多いです。

人命救助中に指揮命令系統を守らなければならないため、日頃から厳しい上下関係を維持しているケースが多いのです。

また、年功序列ずっと続いている業界でもあることが厳しい上下関係の要因となっています。

しかし、中にはその関係が必要以上にエスカレートしてパワハラやいじめのある職場もあります。

当然、多くの人にはこれが耐え難く、転職を考えるきっかけとなっています。

ゆっくりと休めない

消防士の勤務形態では、しっかりとした休みを確保するのが難しいです。

消防士の主な勤務形態は24時間勤務で、その翌日は非番が一般的です。しかし非番でも火災発生時や非常招集などで呼び出されることもあります。

そのため、しっかりと休めず生活リズムが不規則になってしまい、体調を崩しやすくなります。そんな生活が続いていくと体力、精神ともに身を削られてしまいます。

消防士からのおすすめの転職先4選

では、消防士からおすすめの転職先を、理由を踏まえて4つ紹介します。

ドライバー

ドライバーは荷物を運送したりトラックを運転するだけではなく、荷物の積み下ろしなど、体力が必要な場面が多くあります。

また、消防士時代に取得した資格を活かすことができます。たとえば、危険物取扱者の資格は、危険物を直接トラックで運ぶ際に必要です。

ドライバーとしての専門性を高めていくと、給与面でも待遇されるでしょう。

ドライバーは、消防士時代に培った体力と資格を活かすことができます。

介護職

高齢化が進んでいる現在、人手不足である介護業界は求人数が多く未経験からの採用も積極的に行っています。

令和4年2月の一般職業紹介状況によると、介護サービスの有効求人倍率は3.55で、他の業界と比べても大変高くなっていることがわかります。

実際の介護現場では、移乗介助などの身体的介護をする場面が多くあるので、体力に自信のある人は多様に活躍できるでしょう。

また、介護現場では強い責任感が求められます。消防士で培った体力と強い責任感が評価されやすく、人の役に立てるというやりがいも強く感じられるでしょう。

営業職

営業職は、外回りなどで強い体力を活かせます。資格が不要な営業職は求人数が多く、選べる幅も広がります。そして、礼儀正しい振る舞いは、取引相手などの多くの人に好印象を与えるでしょう。

営業職は未経験採用が多いのも特徴です。専門スキルを求められることが少なく、入社後にサービスの理解を深めればすぐにでも活躍できるためです。

また、給料面でも消防士より魅力的だと感じる人も多いでしょう。消防士の給料は階級や年齢などによって決められているため、もっと稼ぎたいと思っても大きな昇給は見込めません。

しかし営業職は、頑張りや成績次第で毎月の給料が変わるため、成果が目に見えやすく強い達成感を感じられるでしょう。

営業職への転職を考えている人は以下の記事も参考にしてください。

スポーツインストラクター

日常的にハードなトレーニングをこなしてきた自衛隊は、強靭な肉体を活かしながらスポーツインストラクターとして働けます。

鍛え上げられた肉体は、体を鍛えたい人にとってよい目標となるでしょう。トレーニングの正しいやり方や知識は、スポーツインストラクターとしての強みになります。

また、相手にわかりやすく教える必要があるためコミュニケーション能力が求められます。

転職エージェント末永 末永

上記は消防士から転職しやすい職種ではありますが、得意なことは人ぞれぞれあります。


これらの職種以外の選択肢や、自分に最適な転職先を探したい人はぜひ転職エージェントのご利用を検討してみてください。


転職エージェントは転職市場を熟知しているので、転職者一人ひとりの条件に合った転職先を提案してくれます。

消防士にオススメの転職エージェント

消防士からの転職を成功させる3つのポイント

転職先が決まったら、選考が開始されます。選考の中で特に重要視されているのは以下の3つです。

上記3つのポイントを意識して面接に挑めば、採用される可能性も高まります。

転職・退職理由のポイント

面接官が転職と退職理由を聞く理由は主に「同じ理由で仕事を辞めてしまわないか?」ということを確認するためです。

また、多くの企業は長く活躍するのを願っており「責任を持って仕事に取り組む姿勢がみられるかどうか」も確認しています。

退職理由は答えにくいかと思いますが、ポジティブな理由に言い換えるようにしましょう。

たとえば仕事の忙しさで退職した場合は「勉強するために適度な労働時間の企業で働きたかったから」と答えましょう。

このように退職理由をポジティブな理由に言い換えると、印象がよくなります。

転職理由の伝え方のポイントをもっと詳しく知りたい人は以下の記事もご覧になってくださいね。

志望動機のポイント

志望動機は「なぜ他社ではなく、ここに入社したいと思ったのか?」という質問にしっかりと答えられるようにしてください。

面接官が志望動機を聞く理由は「入社後に成長して、活躍できる要素があるかどうか」ということを確認するためです。応募先の企業をよく調べて、なぜ入社したいのかという質問に答えられるようにしておきましょう。

以下の記事では志望動機のポイントをさらに詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

自己PRのポイント

企業が自己PRを通して知りたいことは「自社が必要としている特徴を持っているかどうか」ということです。

どれだけすごい資格やスキルを持っていても、企業が求める人物像でなければ、相手には響きません。

企業は「入社後に活躍できそうな人」を探しているのです。

そして、消防士時代の強みや経験を活かした自己PRを心がけることが大切です。自身の持っている特徴がその企業に合っていることや、入社後に活躍して成果をだせるということをアピールしましょう。

自己PRのポイントは以下の記事でも紹介しているので、ぜひご覧ください。

消防士から転職した人の体験談

ここでは、実際に消防士から転職した人の体験談をまとめています。転職する際は、実際に転職した人の体験談も参考になりますよ。

【20代・男性】消防士からエンジニア


得意なことを活かしてゼロから挑戦したいと思い、エンジニアとしての転職を目指し出しました。

私が今の職場に就職したきっかけは勉強会でした。

勇気を出して行ってみると、知識や人とのつながりなど多くのことを得ることができることを実感しました。

私はまだまだ知識も経験も未熟ですが、これからも自分の価値を高める努力をし続けていきたいと思います。


参考:はてなブログ

消防士からの転職なら転職エージェント

消防士からの転職を考えている人には転職エージェントの利用をおすすめします。

転職を考える消防士の人は職場環境を原因としていることが多いため、次の転職先の風土を重視したいと考えると思います。ですが、それを転職サイトなどを通じて自分で見極めるのは難しいんです。

その点、転職エージェントは転職市場の知識が豊富で企業風土を熟知していますし、ブラック企業を排除して求人を紹介してくれます。

そのため、一人で活動するより最適な転職ができます。求人の幅が広がるので、ぜひ複数登録してご相談ください。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

ポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェント
に相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

UZUZ

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒアリングさせて頂きます

UZUZ
に相談する

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ハタラクティブ

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人3000件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブ
に相談する

転職に役立つ関連記事

消防士以外の他の職種へ転職する際に役立つ関連記事をまとめてみました。

他の職種の仕事内容や働く上で感じやすい悩み・不満を把握できるので、気になる記事があればぜひチェックしてみてください。

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

人気の転職エージェント