市役所からの転職は難しい?おすすめの業種や成功のポイントを解説!

  • !

市役所からの転職は難しい?おすすめの業種や成功のポイントを解説!

    市役所からの転職を考えている人の中には、「そもそも転職できるのかな?」「転職できるとしてもどんな職種に向いているのか?」と思っている人も多いですよね。

    結論から言うと、市役所からの転職を考える際にしっかりとした対策をしながら行動すれば、転職できる可能性は高いです。

    本記事では、市役所からおすすめの転職先や面接対策のポイント、実際の体験談などを紹介します。

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

市役所からの転職は可能

市役所職員からの転職は可能です。市役所で得た経験やスキルを活かして、活躍している人や転職に成功している人も多くいます。

ですが1つ注意点があります。それは、年齢によって転職できる難易度が異なることです。

たとえば、将来的に活躍が見込める20代には、今後の成長に期待する「ポテンシャル採用」があるのに対し、40代になると即戦力として働ける人材を中心に採用する傾向があります。

しかし、20代ではないからといって諦める必要はありません。年長者にはこれまでの社会経験で培った豊富な人生経験があるため、職種によってはそのような経験が役立ち、強みになることがあるでしょう。

また、転職先で必要な資格やスキルを持っているかどうかも大切です。

市役所から転職を考える理由5つ

多くの人が市役所からの転職を考える理由には以下のようなものがあります。

ストレスが溜まる

市役所は、昔ながらの古い体制が残っているところが多いです。頻繁な飲み会や必要以上に多い会議、パワハラやセクハラ被害が報告されているケースも多くあります。

また、仕事柄、職場を離れることはほとんどありません。そのため、気の合わない人とも長い時間を過ごさなくてはなりません。

そのうえ上下関係が厳しいことが多く、会議では立場の高い人の意見は絶対という理不尽な考えにストレスが溜まり、市役所を辞める人がいます。

給料が低い

市役所職員含む公務員の給料は、地域手当が大きく影響するため、自治体による差が大きいです。

しかし、その給料は号俸制度によって決められています。号俸とは賃金表や俸給表において、勤務年数などによって賃金を序列化したものをいいます。

これにより、いくら頑張っても生涯で稼げる金額は決まっているのです。残業が多いのに稼げないといった、給料面での不満が多く聞かれます。

自分の時間がない

市役所職員は比較的、自分の時間を確保するのが難しい職種です。

仕事の後に地区委員などから呼ばれたり、休日には市や地区のイベントに参加しなければなりません。家族と過ごしていても電話で呼び出されることもよくあります。

また、台風や雨などの災害時には、出勤して情報集約や配備をしなければなりません。

こんな毎日ですから、当然自分の時間は少なくなってしまいます。

責任が重い

市役所の仕事内容は人の人生に関わることばかりで、責任が重く感じられることもあるようです。

窓口には介護問題や教育問題、お金関係の相談などの、一人ひとりの人生に関わる相談が多く寄せられます。

市役所職員になる人は責任感が強く、真面目な人が多いです。そのため、それぞれの相談に真正面から実直に向き合う一方で、重圧に負けてしまい仕事を辞めるという選択をする人もいます。

精神的につらい

市役所で働いていると、精神的にもつらいことがあります。人の人生に関わる業務や、いろんな人の相手をしなければいけません。

たとえば、公務員は市民の税金で生活していますが、それを気に入らない人からクレームをつけられるといったことがあるようです。相手の感情的な意見に対して冷静に対応しなくてはなりません。

このように、精神的につらい経験をすることもあるため市役所を退職する方もいます。

市役所の業務で得られる3つのスキル

市役所で働いて得られた3つのスキルは、転職活動で活かすことができます。

高いコミュニケーション能力

市役所で働いていると、いろんな人と接する機会が多くあります。

市民にはわかりにくい手続きが多くあり、このような手続きをおこなう際は、自分の言葉でわかりやすく説明しなければなりません。

相手の要望に応え、説明、クレーム対応などをしてきた市役所職員は、相手の言っていることを理解して、説明するスキルを持っています。

また、多くの人と接するため、高いコミュニケーション能力があります。

事務処理能力

書類や資料作成などを毎日行なっている市役所職員は、高い事務処理能力を持っています。

データ確認でエクセルを使用した細かい作業は、ほかの職種でも活かしやすいです。

事務処理のスピードの速さと、高い事務処理能力は、パソコンを扱う仕事で役に立つでしょう。

強い責任感

責任感はスキルではありませんが、市役所職員として働くことで得られる大きな特性のひとつです。

ほとんどの仕事内容が地域住民や市民に関わる業務なので、強い責任感がない人には務まりません。

責任感は、どのような仕事でも絶対に必要になります。強い責任感を持って仕事に挑めば、信頼もされやすくなります。

転職エージェント末永 末永

市役所から転職したい人の中には自分のスキルを転職面接でどうアピールすればいいのかわからない人もいるかと思います。


転職エージェントでは志望企業の採用ニーズに合わせて面接対策を実施してくれるので、面接に自信がない人は一度利用を検討してみてください。

オススメの特化型エージェント

市役所からおすすめの転職先3選

市役所からおすすめの転職先を、理由を踏まえて3つ紹介します。

事務職

正確さとスピードが求められる事務職は、市役所時代に得た事務処理能力を活かせます。

また、事務職は定時であがれることが多く、休日もしっかりあります。そのため、ワークライフバランスが整い、プライベート時間を確保しやすくなります。

簿記の資格を取得していればさらに転職しやすくなり、歓迎されるでしょう。

以下の記事で事務職への転職についてさらに詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

ITエンジニア

IT技術の著しい発展において、ほとんどの企業ではITエンジニアが不足しています。そのため、未経験からでもUZUZカレッジのようなスクールに通って知識をつければ、転職できる多能性が高まる職種です。

技術職であることから、キャリアアップと年収アップも期待できます。

また、クライアントが求めているものを聞き出す必要があるので、市役所時代のコミュニケーション能力を活かしやすいでしょう。

ITエンジニアへの転職を考えている人は以下の記事も参考にしてみてください。

税理士

市役所職員は税金に対する深い知識があるため、おすすめです。

市役所の仕事は、税理士に必要な知識と重なっている部分が多くあり、税理士試験において免除制度を利用できる場合があります。

この制度を利用するための条件を満たしていなくても、市役所で得た知識を活かして税理士補助として転職し、働きながら税理士試験合格を目指す方法もあります。

市役所から転職を成功させる3つのポイント

転職先が決まれば、選考が開始されます。一般的な企業は書類選考と面接が実施され、選考の中で特に重要視されているポイントは以下の3つです。

上記の3つのポイントを、採用担当者に伝えられれば、採用される可能性も高まります。

転職・退職理由のポイント

試験管が退職理由を聞く理由は「同じ理由で仕事を辞めてしまわないか」「責任を持って取り組めるか」を確認するためです。

採用するのに時間や労力、費用をかけたのにすぐに辞められてしまっては、会社にとって大きな損失になってしまいます。

退職理由は答えにくいと思いますが「辞めたのを人のせいにしていないか?」「働いていた会社の悪口を言っていないか?」などを確認しているため、マイナスなことを言うのは控えるようにしましょう。

そのため、退職理由をポジティブな理由に変換して、転職理由に結びつけてください。

たとえば、激務が原因で退職した場合「キャリアアップするために勉強の時間が必要なので、適度な労働時間の企業で働きたい」というように言い換えるようにしましょう。

転職・退職理由についてもっと詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてみてください。

志望動機のポイント

志望動機のポイントは「入社したらどのような自分になりたいか」を考えることです。

面接官が志望動機を聞く理由は、転職後の覚悟や考え方を判断するためです。そして企業側が1番知りたいことは「自社で成長して活躍できる要素があるかどうか」ということです。

将来を見据えて、一生懸命働く姿勢を面接官に見せましょう。

「なぜ、他社ではなくここを選んだのか?」という質問にも、しっかり答えられるようにするのが大切です。

志望動機については、以下の記事でより詳しくお伝えしています。ぜひご覧くださいね。

自己PRのポイント

企業が自己PRを通して知りたいことは「自社が必要としている特徴を持っているかどうか」ということです。

いくらすごい資格やスキルを持っていても、企業の求めている人物像と一致しなければ、採用担当者に響きません。

企業は入社後に活躍できそうな人を探しているということを意識しておきましょう。

自分の持っている特徴がその企業に合っていることや、今後活躍して成果をだせるということをアピールするのがポイントです。

注意点として、自己PRは300文字程度、面接だと30秒〜1分のケースが多いです。そのため、伝えるべきポイントをまとめて、簡潔にわかりやすく伝えるようにしましょう。

以下の記事で自己PRについてさらに詳しく解説しています。ぜひお読みください。

市役所から転職した人の体験談

実際に、市役所から転職した人の体験談をまとめております。転職する際は、実際に転職した人の体験談も参考になりますよ。

【20代・男性】地方公務員から社労士(人事コンサルタント)


転職を考え始めたときに自分の中にあった思いは、将来につながる仕事をしたい、ということ。

そこで出てきたのが、人事・労務の仕事。キッカケは、市役所の建設課での経験ですね。仕事を通じて少しずつ興味を持ち、この分野で頑張っていきたいな、と。

個人的には『エン転職』を良く利用していました。総合的に“会社のことが分かりやすい”と感じたことを覚えています。

将来は「あいつに任せておけば、大丈夫」と周囲から思ってもらえるような、信頼される人事コンサルタントになりたいですね。


参考:わたしの転職体験記

この人は転職エージェントを活用して、転職に成功したようですね。

市役所からの転職なら転職エージェント

市役所からの転職を考えている場合、転職先をしっかり調べてから、それに合った対策をとることが大切です。

その作業をおろそかにしてしまうと、実際に働いたときのギャップに苦しみ、また同じような理由で転職を繰り返してしまうかもしれません。

転職エージェントなら転職市場を熟知しているので、転職先の企業の風土や制度を踏まえた求人を紹介してくれます。

ですので、一人で転職活動するよりもミスマッチが起こる可能性を引き下げることができます。

ただ、転職エージェントによっても相性があるため、複数の転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

ご自身に合った転職エージェントを利用してみて、プロの力を借りながら転職活動を進めてみてくださいね。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

ポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェント
に相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

UZUZ

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒアリングさせて頂きます

UZUZ
に相談する

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ハタラクティブ

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人3000件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブ
に相談する

転職に役立つ関連記事

市役所以外の他の業界・職種へ転職する際に役立つ関連記事をまとめてみました。

他の職種の仕事内容や働く上で感じやすい悩み・不満を把握できるので、気になる記事があればぜひチェックしてみてください。

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

人気の転職エージェント