損保の営業から転職するには?

The following two tabs change content below.
末永 雄大

末永 雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回は営業の中でも、損保の営業職から転職する際のポイントをまとめてみました。

【無料】損保の営業からの転職なら、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

損保の営業に多い転職理由

長時間労働

損保の営業の方で転職を考える理由には、代理店の対応、支援、開拓に追われ、長時間労働になりやすいことはないでしょうか?

お客様や代理店都合に合わせる活動が多く、保険対象の事故や災害の発生で深夜、休日の対応が必要になることもありワークライフバランスがとりにくいという不満もよく耳にします。

とくに裁量労働制の場合は、長時間労働への不満率が高いですね。

やりがいを感じにくい

代理店経由の間接営業のため、営業としてのやりがいを感じにくいという声もよく見られます。

代理店対応や膨大な事務作業に追われて過ごす中で、繰り返し作業、インプットがない、スキルアップしてないという停滞感、不安感を解消するために転職の決断をする人もいるようです。

【無料】損保の営業からの転職なら、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

損保の営業経験者が転職の際に評価されるポイントって何?

損保の営業経験者が転職の際にアピールできる点を確認して、ポジティブに転職活動を進めていきましょう!

目標達成力

ノルマを達成するために一生懸命だった人は、たくさんの工夫や改善を繰り返したはずです。

代理店の新規開拓や支援などでは、どんなことをしましたか?上手くいったとき、その理由は何だったか思い出してみてください。

即効成果を狙うより、いつかはいける!の粘り強さのほうが大切なことを感じた人もいると思います。

そういう感覚は、営業経験がないと意外に理解できないところです。

これを知っている営業と知らない営業では、計画も支援の方法も伝える内容も違ってきます。

打たれ強さ・ストレス耐性

いろんなお客様や代理店がいるなかで打たれ強さやストレス耐性も鍛えられているはずです。

もし、同じこと×膨大な量の仕事の繰り返しと感じていたなら、その不安感にはきっとプラスも含まれています。

たとえば、頻繁な外回りが続いても、正確にこまめに情報記録やデータ管理、資料作成をしていたのではないでしょうか?

その時代理店のモチベーション喚起、課題解決には、代理店の状況理解が必要だったはずです。

どれだけのことを聞き出して、営業活動に活かしたかが営業成績にも反映されていたのではないでしょうか。

【無料】損保の営業からの転職なら、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

損保の営業経験者によくある転職先(業界・職種)

損保の営業経験者によくある転職先としては、損保業界の中でも代理店への転職が多くみられます。

損保会社での社員としての経験を基盤にして、独立して代理店を開業する人も少なくないようです。

同業外資系を転職先として選択する人もいます。いずれの場合も会社員時代に培ったコネクションや人脈も功を奏しているようです。

損保の仕事では、専門のさまざまな資格を取得するので、その点も役に立つでしょう!

損保業界の動向や変化に下降の懸念を持っている人たちの中には、保険という括りを少し変えた証券会社、銀行などの金融業界への転職を選択する人もいます。

とくに法人営業などは、損保時代の代理店開拓や対応の経験を応用できる部分があるため、比較的ニーズも高いようです。

【無料】損保の営業からの転職なら、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

損保の営業経験者にオススメの転職先(業界・職種)

損保の営業は、一般的に言われる営業よりも、コンサルタント的な要素を多く含みます。

代理店開拓やその支援を頑張ってきた人なら、業界を変えても活かせる能力を培っているでしょう。

とくに、損保という括りにこだわらないという人なら、活躍できるフィールドは広範囲に見つかります。

法人営業×無形商材を扱う仕事で視野を広げてみてはいかがでしょうか。

たとえば、経営コンサルタント人材コンサルタントなどもおすすめです。

自分がクライアントに直接関わっていけるのでやりがいも大きくなるはずです。広告やIT業界の営業ニーズも高まっていて、ITエンジニアとお客様をつなぐ役割を担います。

いずれも、損保とは異なる専門知識が必要になりますが、損保での学習習慣自体を活かせば身に付けられるでしょう。

クライアントへの貢献度も感じ取っていけるため、自己成長の手応えもあります。

さらに、これらの業界は未経験でも受け入れられやすいのがメリット。損保の営業での経験は、転職の際の大きなアドバンテージになると思います。

【無料】損保の営業からの転職なら、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

「それでも決意できない」「自分にあった業界がわからない」という時は

ここまで、損保の営業職について、仕事のマイナス面とよくある転職先、オススメの転職先を説明してきました。

それでも、「今後どうしたらよいのか決められない」「転職先を上手く見つけられるか不安」という時は、転職エージェントのサポートを受けることをオススメします。

転職エージェントを利用すれば、公開されていない求人が見つかることも多いですし、転職活動についてあらゆる面からサポートが受けられます。

特に弊社では選考対策だけでなく、キャリア相談や適性を見極めた上でのマッチングにも力を入れておりますので、「転職はしたいけれど、どの会社が自分に向いているかわからない…」という方のお役に立てるかと思います!

損保の営業職から転職をお考えの方はぜひ弊社の転職エージェントサービスのご利用もご検討ください。

無料転職相談のお申込みはこちら