警備員から転職は可能?おすすめの仕事&評価されるポイントも解説!

  • !

警備員から転職 おすすめ

    警備員から転職したい人に向けて、おすすめの業種や方法をはじめ、面接時に評価されるポイントや注意点などについて解説します。

    また、実際に転職した人の体験談やQ&Aも合わせてご紹介します!

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

警備員から転職することは可能

転職エージェント末永 末永

結論から申しますと、警備員から転職することは可能です。


ただし、転職難易度としては結構高めとなるので、仕事選びは慎重におこなうのが良いでしょう。

なぜなら、警備員は特別なスキルを身につけることが難しい職種だからなんです。また、他の仕事で警備員としての経験を活かしにくいです。そのため、一般的なオフィスワークの仕事に転職するということは厳しいと言えますね。

ですが、未経験でも挑戦できる職種でしたら転職できる可能性は大いにあります。

警備員から転職する際におすすめの業種

警備員から転職する際にどんな業種がおすすめなのか、事前にある程度知っておきたい部分ですよね。

同業の仕事を選ばなければ未経験からチャレンジできる業種がおすすめです。具体的には以下に挙げたようなものですね。

  • 営業
  • 販売・接客
  • 飲食
  • コールセンター
  • 介護
  • 清掃
  • ドライバー

警備員の経験やスキルは他の仕事では活かしにくいので、本当にゼロベースで未経験から受け入れてもらえるところを選ばないと、警備員から転職するのは厳しいでしょう。

転職エージェント末永 末永

未経験でも転職できる可能性があり、将来的な選択肢を広がられる職種でおすすめなのは営業職ですね。その中でも可能性がより高いのは個人営業や有形商材を扱う営業です。


例えば、個人営業なら不動産や日用品など一般消費者に対しておこなう営業が挙げられます。


一方、有形商材の営業であれば、自動車や家電製品など形のあるものを売る営業が挙げられますね。

ただし、一般的に未経験でも挑戦しやすい営業職でも中難易度以上の求人は難しいと言えます。具体的には、法人営業や無形商材を扱う営業、大きな企業などですね。

自分に合った仕事を見つけるためには

自分に合った仕事を自力で見つけるのは大変ものです。そんなときにおすすめなのは転職エージェントです。

転職エージェントではその人の希望をしっかりとヒアリングした上で、最適な求人の紹介をしてくれます。求人紹介だけでなく、履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策などもおこなってくれるので、警備員から転職する際にも心強い存在です。

警備員から転職した人など、さまざまなサポート実績がある転職エージェントがとくにおすすめです。

おすすめの大手転職エージェント

警備員から転職する方法

警備員から転職する方法ですが、年齢や経験によって大きく異なってきます。分かりやすいように、以下の表にまとめてみました。

20代〜30代 リクルートエージェント
doda
マイナビエージェント
40代〜50代 リクナビNEXT
ハローワーク
役職経験あり ビズリーチ
リクルートダイレクトスカウト
iX転職

30代までの人には転職エージェントの利用がおすすめですね。転職エージェントは数多くありますが、ここで大事なのは得意領域が異なるため、自分の希望にあった求人を保有しているエージェントを選ぶことです。

その中でも具体的には求人数が多く支援実績が豊富なリクルートエージェントdodaマイナビエージェントの利用をおすすめします。

一方、40代〜50代の人には転職サイトまたはハローワークがおすすめです。転職サイトといっても色々ありますが、40代〜50代の人におすすめなのは求人数が多いリクナビNEXTです。

役職がある人や専門性の高いスキル・知識を持っている人、現在の年収が500万円以上であれば、ハイクラスやエグゼクティブ・ミドルを専門にして特化しているビズリーチなどがおすすめですよ。

また、ハローワークを利用して転職するのもアリですね。様々な職種の求人があるので、地元で求人を見つけたい人に最適です。さらに、ハローワークに掲載されている求人は転職回数や職歴が短い人でも採用している企業が多くあるため、経歴に自信のない人でも採用される傾向が高いですよ。

さらに詳しくハローワークでの転職について知りたい人は、ぜひこちらの記事にも目を通してみてください!

警備員から転職する際に評価されるポイント

警備員から転職するときに評価されるポイントがあれば、その点についても知っておきたいところですよね。

警備員から転職するときに評価してもらえるポイントは、有事の際に臨機応変に対応した経験や他の人と比較してより慎重かつ素早く仕事をしていた経験などですね。

上記に合わせて、任されたことだけではなく自ら率先しておこなっていたことなどもあれば、お話をしてアピールするのが良いでしょう。

転職エージェント末永 末永

また、26歳くらいの人でしたら、学生時代に経験した部活やスポーツ、アルバイトなどの話もしっかり取り込んでお伝えするのもアリですよ。

警備員から転職する際の注意点

警備員から転職する際に気をつけておきたいことは、おこなってきた経験をなかなか活かせる他の仕事がないという点ですね。

だからこそ、細かいことでも良いので、これまでの経験を洗い出してしっかりと伝えられるように準備するようにしましょう。

また、警備員から転職するときの退職理由として最も多いのは以下に挙げたものとなっています。

  • 夜勤などのシフトがつらい
  • 定型業務が多く暇でつまらない

退職理由・転職理由を面接で伝える際には、上記に挙げたネガティブなものにならないように注意する必要がありますね。

また、オフィスワークやビジネスメールも未経験で仕事のイメージを沸かせるのも大変だと思います。しかし中途で「研修をしてほしい」と言うのはなかなか受け入れてもらえないのが現状なんですね。

そのため、教えてもらうという姿勢ではなく、自ら学んでいく姿勢を見せるようにすると良いですよ。

転職エージェント末永 末永

とはいえ、自分1人でこれまでおこなってきた経験を棚卸ししたり、自己分析自己PRを考えたりするのは難しいと思うんですよね。


そんな人にこそ提案したいのが転職エージェントなんです。キャリアアドバイザーがあなたの経験・スキルを棚卸しした上で、自己分析自己PRの考え方などをサポートしてくれるため、大きな安心感がありますよ。

おすすめの大手転職エージェント

警備員から転職した人の体験談

警備員から転職する前に、実際に転職した人がどんな選択をしたのか知っておきたいですよね。

そこで今回は警備員から転職した人の体験談をYahoo!知恵袋から3つピックアップしてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

約7年前に転職しましたね。普通にエン・ジャパン、マイナビ転職などで普通に探しました。


まぁ、警備会社に勤めてたくらいですから、自分の程度は熟知しているので、 無駄に大手は狙ってませんでした。転職先は30人くらいの企業でしたが、給与も待遇もかなり上がりました。

Yahoo!知恵袋

転職といっても、同じ業種というのが大多数ですが、、、

似ていて別業種というと、警察官になった人がいます。全く別業種というと、警備員時代電気工事士二種を取って、工事屋になり一種も取ってバリバリの電気工事屋になった人がいます。


また、元生コン車の運転手、警備員になったけど「思った以上にきつい」と言って、また元の生コン車に戻った人もいます。

Yahoo!知恵袋

警備員やりながら勉強して宅建の資格とって不動産会社に転職した人がいました。給料かなり上がったって言ってたから成功と言えるでしょうか。

Yahoo!知恵袋

警備員から転職するには

警備員から転職する際に、難易度がどのくらいであるのか、または他職種に転職できるのかどうかなど悩みを抱えている人も多いですよね。中には警備員から転職するのは不利になるのではないか、なんて不安を感じている人もいるでしょう。

だからこそ提案したいのは、内定までしっかり支援してくれる転職エージェントなんです。あなたのこれまでの経験やスキル、希望をしっかりとヒアリングして、一緒にキャリア設計を考えてもらえます。

キャリアアドバイザーはあなたが警備員で経験してきたことを活かせる転職先を提案し、その企業に合わせた履歴書・職務経歴書の書き方アドバイスや面接対策をおこなってくれますよ。

とはいえ、キャリアアドバイザーの質やサポート力には違いがあるため、まずは2社〜3社に複数登録をして自分と相性の良いところにサポートをお願いすることをおすすめします。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

ポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェント
に相談する

警備員からの転職でよくあるQ&A

警備員から転職するときによくある質問を2つ以下に挙げてみました。その質問にしっかりとお答えしていきますので、ぜひ転職前の参考にして頂けますと幸いです!

人物 相談者

警備会社から別の警備会社に転職はできるのでしょうか?

転職エージェント末永 末永

結論から申しますと転職できます。研修期間が短時間で済むことや即戦力として活躍できることから、歓迎してもらえることが多いんですね。


ただし、企業によっては「競業避止義務」が設けられている場合もあるため、その際には現在の警備会社から別の警備会社へ転職できないので注意が必要です。

人物 相談者

警備員に将来性ってありますか?

転職エージェント末永 末永

警備員は常に人手不足であるため、求人がなくなってしまうということはありません。ホームセキュリティーなど個人住宅でも警備会社を入れることも増えてきていますね。


しかし、近年になってからはIT技術の発展により遠隔監視・警報機などが普及し始めているため、警備員の人数が頭打ちになるケースも考えられます。

転職に役立つ関連記事

警備員以外の他の職種へ転職する際に役立つ関連記事をまとめてみました。

他の職種の仕事内容や働く上で感じやすい悩み・不満を把握できるので、気になる記事があればぜひチェックしてみてください。

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

人気の転職エージェント