機械設計からの転職のオススメ理由

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

日常的に使う時計やスマートフォンといった精密機械から、原子力発電所で使う大型タービンや宇宙関連に関わるものまで、機械設計の仕事は多岐に渡ります。クライアントの希望を具体的な形にする上での重要な工程に関わる機械設計者ですが、そのスキルは専門知識に限らず、一般的なビジネススキルも高いレベルで要求されます。

今回は、そのような機械設計者からの転職がオススメな理由をわかり易くご説明します。

機械設計の経験は他で活かせる?

機械の仕組み作りの経験は勿論、チームのマネジメントを含め得た経験は、他でも十分活かすことが可能です。

機械設計に携わる人には以下のような強みがありますので、順番に見ていきましょう。

情報に対する感度が高い

技術分野の進歩は非常に早く、今年のトレンドが来年には時代遅れとなることも多く見受けられます。
機械設計者は、新しい情報を素早く見つけ出し、自分の仕事に取り入れることを常に要求されます。
情報に対する感度が高く、それを自分の仕事に取り入れることを習慣化する能力は転職する際の強みになります。

パソコン操作に抵抗がない

最近はどこの企業も資料はパソコンで作成します。
設計する際の専門ソフトであるCADやCAEを使いこなす機械設計者であれば、パソコンの基本操作も問題なく、企業が要求する最低限のスキルは満たしていると言えます。

コミュニケーション力が高い

機械設計は原則チームで行なうことが大半。
チーム内でリーダーシップを発揮することはもとより、複数部署の担当者と協業してクライアントの求める製品を作り上げていくには、高いコミュニケーションスキルが要求されます。

また、営業担当者と一緒にクライアントの要求を引き出し、時にはクレームに対応するケースもあるため、設計者にとってコミュニケーション能力はとても重要な能力です。

このように、機械設計者には機械設計の専門知識に加え、仕事を進めていく上での基本的スキルが備わっている必要があります。このようなスキルは他の業界へ転職する際に、求人を出す企業から、以下のような評価につながり、有効な強みになります。

  • 既存の考え方に流されず、常に新しい発想で業務を進めることができる。
  • IT機器にも抵抗感がない。また、管理監督者としてではなく、担当者としても企画を任せることができる。
  • コミュニュニケーション能力やリーダーシップが既に備わっている。

このような能力は、人材を求める企業が共通して持っている希望です。
機械設計者は、このような強みを自覚して、アピールできれば、転職活動を有利に進めることができます。

機械設計からの転職理由は?

今度は、機械設計者が転職を決意する理由について、いくつか見ていきましょう。

職場の方針

機械設計は技術革新に強い興味関心を持っている人が多い職種です。

しかしながら、保守的な企業では、取引規模を維持することを優先して、思い切った技術革新に舵を切りたがらないのも事実。
機械設計者が新しい技術に高い関心を持って提案したとしても、納得のいく説明もなく受け入れられないことが続けば、モチベーションも下がってしまいます。

労働環境

機械設計は小型のものから大型のものまでありますが、開発フェーズは企画から詳細設計まで。

開発プロジェクトは短いもので数ヶ月、長ければ5年、6年かかるものもあります。

その中で、無茶な納期がクライアントから示される場合もあるため、機械設計者の残業が月50時間を超えることや休日出勤が常態化している企業があります。
そのような場合、家族とのコミュニケーションが遮断したり、体調を崩すことに繋がりかねません。

このような背景から、自分達の経験を活かして、開発意欲を満たせる環境や、より良好な労働環境を求めて転職を決意する人材が多いのも事実です。

機械設計からの他の業界へ転職をする強み

機械設計の経験は、専門分野の高度なスキルの習得に繋がり、一般的なビジネススキルも身に付くことから、必ず活かせることはご説明しました。

では、具体的にどのような業界でそのスキルが活かせるのかを事例とともに見ていきましょう。

人工衛星のパーツの機械設計からカメラ機器メーカーに転職

業界は異なっても、複雑で高精度な機械の設計という点で仕事内容は大きく変わっていませんが、某トップブランド企業で働くことで、待遇面や労働環境の改善に繋がった事例です。
ここでは、求職者の持つ高度な技術スキルが評価されました。

自動車メーカーでのインパネ設計からブレーキランプスイッチの設計に業界内転職

転職前は発注先メーカーの決めた仕様に従うことが多く、自分の開発意欲を満たせる環境になかったのですが、構造は単純とはいえ耐久性など求められる、水準が高くやりがいを感じることができる企業に転職できた事例です。
ここでは、求職者の基礎的な設計スキルに加えて、メーカーの担当技術者と渡り合えるコミュニケーション力が評価されました。

このように、自分達のスキルを武器にして、転職理由の解決に繋がった事例は多く、実際に機械設計者が他の業界が評価する強みを持っていることが分かります。

末永

機械設計経験者は、市場において希少価値が高く企業側からのニーズも高いのが現状です。
しかし、業界や企業ごとに必要とされるスキルセットがかなり異なるので、現職でどのような製品の機械設計をやっていたかによって、次にどのような企業に転職できるかがある程度決まってきてしまい、意外に転職活動に苦戦してしまうということがよくあります。

転職エージェントを利用すると、あなたのスキルや経験の汎用性を企業側に直接アピールしてくれるので、結果として転職先の幅を広げられる可能性があります。

また、企業側が求める知識・スキルもハイレベルになりがちで、優秀な人だけを選考にかけられるよう、求人を一般公開せず、非公開求人として転職エージェントに依頼するケースも多いです。

ですから、機械設計の転職活動では転職エージェントを活用することが非常に有効です。

【機械設計から他メーカーの機械設計に転職したい方向け オススメ3社】
(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

機械設計経験者の方が、別のメーカーの機械設計職を目指す場合には、
マイナビメーカーエンジニアビズリーチJACへの相談をおすすめします。

マイナビメーカーエンジニア

メーカー・ものづくり業界の技術職に特化した転職エージェント

新卒サイトなどを通して、全国の大手上場企業からベンチャー企業・隠れた優良企業まで、幅広い企業とのコネクションを持っています。

リクルートやdodaが保有していない、大手企業の2次受け3次受けの中小有料企業の求人といったレアな求人に出会える可能性も高いので、ものづくりの業界で転職を検討している方は必ず登録しておくべきエージェントです。

→マイナビメーカーエンジニアへの相談はコチラ

ビズリーチ

機械設計の経験が3年以上など、一定のキャリアのある方は、年収500〜600万円以上のハイクラス求人多数の転職サイトであるビズリーチもオススメです。

年収レンジが高い質の求人が揃う他、企業の採用担当者やヘッドハンターから直接スカウトをもらうことができます。

→ビズリーチへの登録はコチラ

JACリクルートメント

機械設計の経験が3年以上など、一定のキャリアのある方は、年収500〜600万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェントであるJACリクルートメントの利用も合わせてオススメします。
製造メーカーへの転職成功実績も多数。

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくと求人の見逃しがなくなります!

→JACリクルートメントへの相談はコチラ

【機械設計からキャリアチェンジを目指す方向け オススメ2社
(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

機械設計から別職種へキャリアチェンジを目指す場合には、
リクルートエージェントdodaへの相談をおすすめします。

リクルートエージェント

紹介実績、求人数共に業界No1。
生産管理の求人だけでなく、全業界・全職種の求人を網羅しているので、キャリアチェンジも視野に入れて検討されたい方にオススメのエージェントです。

特に大手メーカーの場合、特定の大手エージェントのみに求人を依頼しているケースも多いです

業界No1であるリクルートエージェントのみに求人を依頼しているケースも多いので、特に大手メーカーへの転職を検討されている方は、必ず登録しておいた方が良いでしょう。

→リクルートエージェントへの相談はコチラ

doda

リクルートエージェントと並ぶ、業界最大手のエージェント。

上記で述べた通り、大手メーカーは特定の大手エージェントのみに求人を依頼しているケースがあります。

リクルートと並ぶ大手エージェントのdodaには、リクルートで扱っていない大手企業の求人がある可能性が高く、マイナビやリクルートと平行して登録しておく価値があります

→dodaへの相談はコチラ

担当エージェントによっては希望する会社の求人を紹介してくれない可能性や担当エージェントと馬が合わないことがあります。
そういったリスクを想定すると、上記2社〜3社にまず登録してみて、担当者や紹介された求人を元に、どのエージェントを継続して利用するか比較検討してみるのがオススメです。

機械設計からの転職の年齢

機械設計者が転職を考える際に、年齢は考慮する必要があるのか?

機械設計者は、経験の蓄積が必要な職種であることから、平均年齢は高くなりがち。

ここでは、経験のある業界と未経験の業界ではどの程度年齢が影響するのかを見ていきましょう。

経験がある業界

例えば、需要の高い自動車業界を例に挙げれば、40代で転職の成功事例があるものの、柔軟な発想力や柔軟性を考慮して、やはり30代までの若手を企業が求めるケースが目立ちます。

30歳以上であれば、関わった設計と求人を出す企業の親和性が高ければ、入社の可能性は高くなります。

経験がない業界

基本的にポテンシャル採用になるため、自動車業界に限らず30代以下と40代以上のどちらを選択するかとなった場合は、若手を採用する傾向があるようです。

ここまでで「40代以上はやはり転職は難しいのか?」と判断しがちですが、必ずしもそうではありません。

長期に渡る重いプロジェクトを常に抱える業界は、機械設計者の経験に加えて、リーダーとしてチーム内やクライアントと諸問題を調整できる人材を探しています
そのような人材は必然的に40代以上に偏る傾向にあります。
しっかり自分のスキルを企業にアピールできれば問題はありません。

まとめ

機械設計者の採用ニーズは高い水準を維持しています。

背景として、グローバルマーケットにおける自動車業界の活況があります。自動車メーカーが各業界から機械設計者を集めたため、家電や建設機械、ロボット等の業界の機械設計者に対する需要が高まり、採用基準も緩和される動きにあります。

現在働く企業の方針や労働環境に不満があるなら、将来設計を考える上で転職を検討してみるのもひとつの解決策かもしれませんね。

ものづくり業界での転職をするなら必ず登録すべき!

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメです。

特徴
【メリット】
  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有
【デメリット】
  1. 関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

こんな人がおすすめ!
  1. メーカーエンジニアの経験を生かして、ものづくりの業界での転職を検討している方

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08