20代で転職を検討されている方へ


.NETってつまり何のこと?.NETエンジニアの需要と将来性

.NETとは

.NETの元となったのは、「インターネットを経由してパソコンやサーバーシステムなどの情報機器を連携させる」という、マイクロソフト社によるビジョン「Microsoft.NET」です。

このビジョンの実現を支える技術としてマイクロソフト社はSOAPを重要視し、.NETの原型と言われるVisual studio.NETにおいてSOAP形式のAPIを通信技術として採用していました。

しかし、SOAP形式のAPIが普及せず、Microsoft.NETの実現には至りませんでした。その結果、このビジョンを実装するために開発された.NETが統合開発環境として残ったのです。

.NET frameworkとその他フレームワークについて

.NET Framework

.NET Frameworkとは、WebサービスやWebアプリケーション向けの開発環境及び実行環境です。
CRL(共通言語ランタイム)と.NET Frameworkクラスライブラリから構成されており、基本的にはWindows系のOSのみで動作します。

ASP.NET

ASP.NETは、Webアプリケーションや動的なWebサイトの開発、運用のためのフレームワークです。
Webフォームの作成などのクライアントサイドだけでなく、通信対応などサーバーサイドの開発もサポートされています。

ADO.NET

ADO.NETはデータベース関連の機能を提供するものであり、データベースの接続や操作などの基本機能を提供する.NET データプロバイダ、取得したデータをメモリ上に保存するDataSetコレクション、という2つのセクションから構築されています。

.NETの特徴・メリットとは

大きな特徴は複数の言語での開発が可能である点

C#、VisualBasic、Pythonなど複数の言語が使用できることが.NETの一つの大きな特徴です。

.NETでは、異なる言語で書かれたプログラムも共通中間言語にコンパイルされてから実行される仕組みになっています。
この共通中間言語の実装が、前述したCRLと呼ばれるものです。

.NETを使うメリット

特定の言語への依存性が低いという特徴から、使える言語の少ないエンジニアでも生産性の向上が見込める点が大きなメリットと言えるでしょう。
.NETに対応できる言語を1つ習得していれば、経験の浅いエンジニアでも高水準のアプリケーションの開発が可能になるのです。

Javaと何が違うの?

動作環境の違い

Javaは動作環境が限定されておらず、自由にOSの選択が可能であり、開発環境やフレームワークなど様々な技術も充実しています。

対する.NETの動作環境は主にWIndowsOSであり、WIndowsのアプリケーション向けの統合開発環境として各技術も含めて一つのパッケージとして提供されています。

開発コミュニティの違い

Javaはオープンソースであることから、OpenJDK、java.netなどコミュニティが多く存在し、ライセンスを持つOracle以外の組織でも開発者の活動が活発です。
一方、.NETにはエンジニア向けのサポートサービス「Microsoft Developer Network(MSDN)」が展開されており、マイクロソフト社が主体となったコミュニティとなっています。

.NETエンジニアの需要・将来性は?

現在の.NETエンジニアの需要はある?

Windowsのアプリケーションが広く使われている現状で、Windows向けのフレームワークである.NETやその周辺言語を使えるエンジニアの需要は高く、年収600万円を超える求人案件も見られます。

また、.NETを扱えるエンジニアの数はその需要に対してまだ少なく、その分だけ.NETエンジニアの市場価値も高まっています。

.NETエンジニアの将来性は?

今後においても、.NET環境で開発されたアプリケーションが存続する限り、そのアップデートのために.NETを扱えるエンジニアの需要がなくなることはないと考えられます。

しばしば比較対象とされるJavaとも得意領域が異なるため、一方のみが衰退していくことも考えにくいでしょう。
マイクロソフト社の戦略にもよりますが、.NETの有用性が高まっていけば、.NETエンジニアの価値も同様に高くなっていきます。

まとめ

.NETは、WIndows系に限られるとはいえ、その特性を活かしたアプリケーションの開発においては非常に有用な開発技術です。

.NETを扱えるエンジニアがまだ少ない現状では、.NETのスキルを身につけることで転職市場での人材価値も向上します。
また、.NET自体の有用性についても、今後のマイクロソフト社の方針や新しい開発技術などを追ってチェックしておくのもよいでしょう。