クラウドエンジニアって何?

インフラエンジニアは、システム開発プロジェクトにおけるハードウェアの設計、構築(サーバーなどへ必要なソフトウェアのインストールや設定)、その構築したインフラの運用・保守が主な仕事になります。システムが停止してしまうと企業にとっては大きな損失となるので、インフラエンジニアの仕事は非常に重要です。

そして、近年はクラウド上に基幹システムなどを構築する企業が多いことから、「クラウドエンジニア」の需要が特に高くなっています。今回はクラウドエンジニアについて説明してみました。

クラウドエンジニアとは

クラウドエンジニアは、クラウド上でシステムを設計・構築し運用していくことが仕事です。クラウドが世の中に普及する以前は、サーバーなどシステム開発で必要なハードウェアはすべて自社で管理する「オンプレミス」という運用方法が一般的でした。しかし、クラウド登場後は様々なメリットがあることから、クラウドを利用してのシステム開発が主流となっています。現在世界で一番のシェアを獲得しているクラウドサービスは「AWS(Amazon Web Services)」で、2018年第1四半期の時点で世界のクラウドインフラ市場の約三分の一を占め、2位以下を大きく引き離しています。そのため、クラウドエンジニアには特にこのAWSの知見が求められます。

クラウドエンジニアの需要・将来性は?

現在クラウドエンジニアの需要は高く、今後も増加していくことが予想されています。クラウド化は様々なメリットがあることから、オンプレミスからクラウドに移行する企業が多くなる傾向が見受けられます。クラウド化には「離れた場所にいる人とでも作業を共有化できる」、「社内社外問わずアクセスできる」、「オンプレミスのサーバーと異なり一時的にスペックを挙げることが可能なので拡張性が高い」などいろいろメリットがあります。

 そして、特に「コスト削減できる」ことが一番の長所になります。オンプレミスではサーバーなどハードウェアの管理は自社で行わなければなりませんし、保守チームを組む必要もでてきます。しかし、クラウドはハードウェアの管理などはすべて外部に任せることができます。雑多で専門的なサーバーの設定なども外部に委託することでシステム開発での環境構築の期間を短縮することができ、これがコスト削減につながっています。スタートアップやベンチャー企業には特にうれしいメリットで、初期費用を非常に安く抑えることができるので、スモールスタートで始めたいビジネスに特に有効です。

クラウドエンジニアの年収は?

クラウドエンジニアの年収は他のエンジニアと比べると高めになっています。AWSエンジニアの平均年収は約600万円ほどで、インフラエンジニアは500万円台後半となっています。indeedで調べてみると、300万円~700万円の求人が掲載されており、プログラマーやシステムエンジニアと比べるとやや高めの求人が多い印象です。

クラウドエンジニアになるには

クラウドエンジニアには、ミドルウェアやツールの知見・経験が求められることはもちろん、案件によってはシステムエンジニアとしての経験が求められることもあります。システム開発を通して、プログラマーやシステムエンジニアとコミュニケーションをとりながら開発環境を運用していくことが求められるので、コミュニケーション能力やマネジメントスキルも必要です。そして、「オンプレミスで動いていた既存システムをクラウド環境に移行する」という案件も多く、このような場合にはオンプレミスの知識まで求められます。

クラウドエンジニアを目指すために資格試験を受けたいのであれば、「AWS資格」がおすすめです。試験は難易度と役割で分かれています。難易度では「AWSアソシエイト」と「AWSプロフェッショナル」、役割では「アーキテクト」、「開発」、「運用」に分かれているため、自分のレベルや仕事に適した学習を行うことができます。

クラウドエンジニアへの転職ならエージェントを活用しよう

クラウドエンジニアへの転職を検討している方は、転職エージェントを活用しましょう!

転職エージェントに相談すれば、自分に合った求人を紹介してくれるのはもちろん、企業とのやり取りを代行してくれたり、書類作成もサポートしてくれるのでオススメです。

特に、マイナビITレバテックキャリアはエンジニアの転職支援に特化しているので、まずは登録しておきましょう。

上記の2社を含め、オススメの転職エージェントを下記にまとめましたので、気軽に相談してみることをオススメします。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 業界に精通した専任のアドバイザーが転職サポート

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

ポイント
  1. IT・Web業界トップクラスの求人数とサポート実績!
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス両方のキャリア相談が可能。フリーランスも検討したい人にオススメ

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の求人が豊富な転職サイト
年収・求人の質ともに高い優良求人を多数掲載

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?