20代で転職を検討されている方へ


クラウドエンジニアって何?

インフラエンジニアは、システム開発プロジェクトにおけるハードウェアの設計、構築(サーバーなどへ必要なソフトウェアのインストールや設定)、その構築したインフラの運用・保守が主な仕事になります。システムが停止してしまうと企業にとっては大きな損失となるので、インフラエンジニアの仕事は非常に重要です。そして、近年はクラウド上に基幹システムなどを構築する企業が多いことから、「クラウドエンジニア」の需要が特に高くなっています。今回はクラウドエンジニアについて説明してみました。

 

クラウドエンジニアとは

クラウドエンジニアは、クラウド上でシステムを設計・構築し運用していくことが仕事です。クラウドが世の中に普及する以前は、サーバーなどシステム開発で必要なハードウェアはすべて自社で管理する「オンプレミス」という運用方法が一般的でした。しかし、クラウド登場後は様々なメリットがあることから、クラウドを利用してのシステム開発が主流となっています。現在世界で一番のシェアを獲得しているクラウドサービスは「AWS(Amazon Web Services)」で、2018年第1四半期の時点で世界のクラウドインフラ市場の約三分の一を占め、2位以下を大きく引き離しています。そのため、クラウドエンジニアには特にこのAWSの知見が求められます。

 

クラウドエンジニアの需要・将来性は?

現在クラウドエンジニアの需要は高く、今後も増加していくことが予想されています。クラウド化は様々なメリットがあることから、オンプレミスからクラウドに移行する企業が多くなる傾向が見受けられます。クラウド化には「離れた場所にいる人とでも作業を共有化できる」、「社内社外問わずアクセスできる」、「オンプレミスのサーバーと異なり一時的にスペックを挙げることが可能なので拡張性が高い」などいろいろメリットがあります。

 そして、特に「コスト削減できる」ことが一番の長所になります。オンプレミスではサーバーなどハードウェアの管理は自社で行わなければなりませんし、保守チームを組む必要もでてきます。しかし、クラウドはハードウェアの管理などはすべて外部に任せることができます。雑多で専門的なサーバーの設定なども外部に委託することでシステム開発での環境構築の期間を短縮することができ、これがコスト削減につながっています。スタートアップやベンチャー企業には特にうれしいメリットで、初期費用を非常に安く抑えることができるので、スモールスタートで始めたいビジネスに特に有効です。

 

クラウドエンジニアの年収は?

クラウドエンジニアの年収は他のエンジニアと比べると高めになっています。AWSエンジニアの平均年収は約600万円ほどで、インフラエンジニアは500万円台後半となっています。indeedで調べてみると、300万円~700万円の求人が掲載されており、プログラマーやシステムエンジニアと比べるとやや高めの求人が多い印象です。

 

クラウドエンジニアになるには

クラウドエンジニアには、ミドルウェアやツールの知見・経験が求められることはもちろん、案件によってはシステムエンジニアとしての経験が求められることもあります。システム開発を通して、プログラマーやシステムエンジニアとコミュニケーションをとりながら開発環境を運用していくことが求められるので、コミュニケーション能力やマネジメントスキルも必要です。そして、「オンプレミスで動いていた既存システムをクラウド環境に移行する」という案件も多く、このような場合にはオンプレミスの知識まで求められます。

 クラウドエンジニアを目指すために資格試験を受けたいのであれば、「AWS資格」がおすすめです。試験は難易度と役割で分かれています。難易度では「AWSアソシエイト」と「AWSプロフェッショナル」、役割では「アーキテクト」、「開発」、「運用」に分かれているため、自分のレベルや仕事に適した学習を行うことができます。