営業職からマーケティング業界やマーケティング職へ転職をするには?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

今回は、営業職からマーケティング職への転職について解説します!

 

弊社はこれまでに数千人以上の方の転職をサポートし、数多くの方が志望企業への転職を成功されてきました。

その中には、営業職からマーケティング職への転職に成功した方も多いです!

 

それでは、弊社の実績をもとに、営業職からマーケティング職の転職について解説していきます。

営業職からマーケティング職に転職するためには

現在、営業職をやっている方で、マーケティング職に転職したいと考える方は多いかと思います。
実際、弊社にご登録頂く方の中にも、「営業からマーケティング職に転職したい」という方が多いんですよね。

営業職の多くの方は、「マーケティング職に転職するのって難しそう。。」と考えている傾向があります。

このような不安を持っている方は、実際にマーケティング職の求人を調べてみてください。

未経験から転職できる求人も多いですし、未経験可の求人の応募要件には、「営業経験○年以上」と書かれていることが多いです。

 

つまり、未経験からマーケティング職に転職する際は、営業経験が大きな武器になるんですよね。

冒頭でも説明しましたが、弊社が転職サポートした方で、営業職からマーケティング職への転職を成功された方は多いですし、転職活動のポイントさえ抑えておけば転職できる可能性が十分にあります!

営業からマーケティング職への転職なら、実績豊富な弊社にお任せください!

 

それでは、『営業職からマーケティング職に転職する為に必要な要素』について説明します。

営業からマーケティング職に転職をする際に必要なこと

営業職もマーケティング職も同様ですが、キャリアアップの転職にするときに必要な事は、実績ではなく今までの仕事でどのように考え取り組んできたかがポイントです。

率直に言うと人事担当者は、他業種での実績を面接で伝えられても、業界水準より低いか高いかなんて分かり得ません。
例えば、鉄鋼業界では一つの部署で上げるべき実績はいくらなのか?という問いに対して、答えを出せるのは、鉄鋼業界の一部経営陣のみです。

つまり、」実績よりも、目標(ゴール)に対して、どのようにプロセスを経てて、イニシアチブをとって、チームを牽引していたか?もしくは自分なりのプロセスでどのように取り組んできたか」を具体的に伝えていく必要があります。

そしてポイントは相手に伝わる内容まで噛み砕く、でも端的に伝える事がポイントです。
横文字や業界用語(※営業の言葉を含む)を極力使わず、言葉を置き換える事が大事です。

でも、実はこれは営業職なら普段やっている事です。クライアントへの説明です。相手の気持ちや背景を汲み取り伝える事がキャリアアップの転職には一番求められます。

反対にマーケティング職の方は難しい言葉を使いがちで、成果を強調しすぎてしまう傾向があります。
これでは採用側は自己PRが理解できず困惑するだけです。

営業職からマーケティングや商品企画に転職をする際に必要なスキルや能力とは?

コミュニケーション能力

企業の人事が見るのはまずはコミュニケーション能力。当たり前かもしれませんが、コミュニケーションは、他の企業との関わり合いが強くなる企画・マーケティング系の職場では、より成果を最大化するために、取引先や社内の関連部署を巻き込めるだけ(協力をお願いできるだけ)の高いコミュニケーション能力を求めています。

では面接でどういった点を見ながらコミュニケーション能力を図っているのでしょうか?
相手の承認欲求を満たしつつ(相手の主張を認めつつ)、自らの主張を伝える事ができるかできるかどうかです。

すなわち、「御社の〇〇の部分に非常に共感を持っています。加えて私なら、こういった部門で貢献できると思います。」、「(※主張が違えども)〇〇という考え方もあるのですね。とても参考になります。加えてこういった見方もできると思いますがいかがでしょうか?」みたいに前半で相手の主張を認め、後半で自身の主張をするという形を意識すると良いです。

ロジカルシンキング

その次にロジカルシンキング。いわゆる自分の伝えたいことを論理的に伝える力です。

志望理由や自己PRの際に、最終的な目的を考えたうえで、一つ一つの質問で「何」を伝えるかストーリーを考える力です。
これは流行のカーリングのゲームとよく似ています。一つ一つのゲーム(質疑応答)に目的を持たせ、勝つゲーム(伝えたいこと)と引き分けを狙うゲーム(苦手な質問があるとき)の構成していく事に良く似ています。

より具体的にお伝えすると、どこ企業の中途採用面接でも、自己PRや今までの仕事内容は必ず聞かれる事であり、ここの勝ちパターンを磨いておくと良いです。

ロジカルシンキングの方法は、なぜ(Why)、何のために(So What)を繰り返す事で磨かれます。

また客観的に振り返る、クリティカルシンキングもまた大事。
ノートの見開きを片方にロジカルシンキング(自分の主張をまとめるページ)、片方をクリティカルシンキング(これで合っているのかを見つめるページ)にすると、論理的に思考がまとめることができます。

未経験からマーケティング職への転職は、こちらの記事(未経験からWebマーケティングに転職する方法)で解説しています。

営業職からマーケティング職に転職にする際に注意すべきこと

マーケティング職への転職で気を付ける事は営業職以上に出張が多い事です。

私もマーケティング部に所属していた折は月の半分以上を出張に行っていました。
リサーチセミナーの参加、関連企業や他部署との調整のための出張です。
とにかく人間関係ができるまでの2~3年は、とにかく仕事に集中しなければなりません。
従って、事情があり出張のできない方、出張が苦手な方にはあまりお勧めできません。

しかし異業種の方との交流も多く、社内の重要な会議の参加ができるようになるなど、自身のキャリアアップに直結する機会が格段に増えます。
またニーズに合わせ商品を魅力的に作るマーケティングプロセス、新たな商品を作り需要を生み出すイノベーションのプロセス、これらプロセスを磨くことができることは今後の他部署の管理職になったとしても重宝するスキルの一つです。

一例として、人事部を担当した経験もある方は、社内マーケティング、市場調査はマーケティング部に所属していたときに培ったスキルを今も活用しているという人も多くいます。

まとめ

いかがだったでしょうか?営業職からマーケティング職への転職は難しい事では決してないです。
目の前の仕事一つ一つに「目的」を持ち、相手から期待する反応を引き出すための「コミュニケーションスキル」、相手に分かりやすく、論理的に伝えるための「ロジカルシンキング」を磨き続けることがまず大事。

あとは社会/会社により貢献したいと思う強い志(大義)をもてば十分です。
今の仕事もきっとやりがいのある事も多いと思います。

キャリアアップで悩んでいる方、また違う仕事にも挑戦したい方が、この記事を見て転職を考える一つきっかけになって頂ければこれ以上の幸せはありません。
社会でより活躍ができるように、自分らしく働けるようになることを切に願っています。

 

また、弊社では営業職からマーケティング職に転職したい方の転職サポートを行っています!

転職者の自己分析を納得できるまでお手伝いし、弊社独自の想定質問集を使って面接対策を行います。

弊社の内定獲得率は大手エージェントの3倍、入社後半年の離職率は1.5%を実現しており、転職者に寄り添ったサポートを徹底しております。

 

マーケティング職への転職を考えている方は、気軽にご相談ください。