PMだけじゃない!?多様化するSEのキャリアパスについて

  • !

PMだけじゃない!?多様化するSEのキャリアパスについて

    SEとしてキャリアパスを考える人もいると思います。

    自分やりたい事や理想像がわからず、どういうことを学んでいけばよいのか明確になっていない人も多いのではないでしょうか。 今回は、SEのキャリアに関して見ていきたいと思います。

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

SEがキャリアプランを考える重要性

まずSEがキャリアプランを考えるのがなぜ大切なのかというと、近年はIT技術の進歩によりSEの職務範囲が広がり、それに合わせてキャリアパスも多様化しているためです。

キャリアパスが多様化しているということは、ご自分が目指す道を迷わないよう、しっかりキャリアプランを考えていく必要があります。

SEの従来のキャリアパスとしては プログラマー(PG)→システムエンジニア(SE)→プロジェクトリーダー(PL)→プロジェクトマネージャー(PM) という流れがほとんどでした。

しかし、ITの高度成長に伴い企業からの需要は変化しています。新しい技術や製品が登場し、専門性の高いスキルを持った、いわばスペシャリストな人材が開発現場でも必要になってきました。

業界は変えずに活躍していきたいなら、従来ではプロジェクトマネージャー(PM)がSEのキャリアパスとしては王道でしたが、スペシャリストとしてのキャリアパスも開けてきています。

反対に異なる業界に転職しいなら、目指す業界に関しての勉強は進めていくべきです。業界が変われば求められるスキルなども変わってくるので、何が必要なのかはあらかじめ調査しておくようにしましょう。

30代になる前にキャリアプランは考えておく

一般的に、20代で開発などの経験を積んだエンジニアがSEになるというキャリアパスが一般的です。

ただ、ご説明した通り近年ではSEからのキャリアプランが多岐にわたり、40代や50代になったときの将来、どういったキャリアを歩んでいくのかは個々人により様々でしょう。

30代のSEになってからキャリアについて考えてもよいですが、20代のうちからキャリアを考えておくことで、将来の方向性やSEになるにしてもどういった業界のSEにキャリアアップするのかなど、将来のために早い段階から準備できます。

転職エージェント末永 末永

ただ、具体的にどうやってキャリアプランを考えればいいか、悩む人も中にはいると思います


そんな人におすすめなのが、転職エージェントです。特にIT専門のサポートをおこなっている転職エージェントなら、IT業界経験者から直接アドバイスをもらうことができるので、キャリアプランを立てやすくなるでしょう。

オススメのIT業界特化型エージェント

SEのキャリアパスの具体例

SEのキャリアパスは、具体的には以下のようなものがあります。

それぞれの職種について紹介していきます。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは各プロジェクトの管理者・責任者です。プロジェクトメンバーの管理やスケジュールの管理などをおこないます。

プロジェクトの進行役以外にも、出来上がったものをチェックするような品質管理もおこなう場合もあるため、組織戦略やシステム全般に関する知識も必要になります。

他にも管理職であるため、マネジメントスキルやコミュニケーションスキルなど、トータルして高い能力を持った人物、リーダシップ、交渉能力が求められます。

プロジェクトマネージャーのような管理職は、プロジェクトを遂行する責任を負うため、大きなプレッシャーが掛かります。その分、達成感も大きく感じることができます。また、給与に関しても、現場担当者より比較的高い傾向にあります。

ITスペシャリスト

ITスペシャリストはシステム管理・アプリケーション・ネットワークなど、特定のIT分野で高いスキルを持ち合わせた人物で、ITスキル標準が定めているレベルが3以上のITエンジニアです。

SEの担当している業務はITスペシャリストの知識やスキルが身につきやすく、SEからのキャリアアップが比較的しやすいです。

ITスペシャリストを目指すなら、ネットワークやデータベースなどその道においては、システム設計や開発、トラブル処理など、専門家としての対応が求められます。

ITスペシャリストに問われるのはその分野の知識、スキルの高さです。特定のことをとことん極める、いわば職人気質な人は向いていると思います。

ITコンサルタント

ITコンサルタントはクライアントの経営戦略や経営課に対して、ITを用いた解決の提案をおこないます。

ITコンサルタントはITに関して深い知識が求められます。また、顧客の業務やシステムを理解する必要があるため、論理的思考力や提案力といったIT以外の知識も必要になってます。

営業職やプロジェクトチームの橋渡し的役割もしています。ITコンサルタントはSEだけでなく、プロジェクトマネージャーからキャリアアップ先としても人気があります。

ITコンサルタントに関しては、以下の記事で詳しく解説していますの合わせてご確認ください。

データサイエンティスト

データサイエンティストは、IoTデバイスやデータベースなどに蓄積された大量のビッグデータから、有益な知見や法則などを見つけ、顧客の意思決定をサポートするのが役割です。

主にSNSやオンライン通販など、近年利用者が増えているIoTデバイスやデータベースなどに蓄積されたデータを扱います。

なので、データサイエンティストはデータ分析やアルゴリズムの知識、ビジネスの企画や提案といったコンサルティングスキルが求められます。

データサイエンティストに関しては、以下の記事で詳しく解説していますの合わせてご確認ください。

SEのキャリアパスの中でも需要が高まりそうな職種

ここまではSEのキャリアパスについて紹介していきましたが、以下からはそのキャリアパスの中でもこれから需要が高くなりそうな職種を紹介していきます。

IoTエンジニア

IoTは近年注目されていて、経済産業省の新産業構造ビジョンとしてもIoTを第4次産業革命の1つとして位置付けています。

また、IoTを存分に使うにはこれまでの4G回線では弱く、新しく開発された5GになりIoTの性能を遺憾無く発揮できると期待されています。

こういった背景から、IoT自体の需要が今後伸びると言われています。IoTの需要が伸びれば、必然的にIoTエンジニアの需要も延びてきます。

AIエンジニア

近年、AIは掃除機や自動車など一般家庭で使用するものにも搭載されはじめていて、その需要は増加し続け、将来性は非常に高いです。

AIは学習装置を開発するためにAIエンジニアの存在は不可欠になるので、自然とAIエンジニアの需要も現在よりさらに上がってくるでしょう。

大企業が多額の費用を投資するまで機械学習や人工知能のようなAIは注目されているので、将来性は非常にある分野です。

インフラエンジニア

現在社会ではどのような企業であっても、ネットワークを使うことが当たり前になってきています。そのため、インフラエンジニアも需要が伸びてきています。

ネットワークだけでなく、どんな物でも整備・保守する人が必要ですよね。ネットワークではその整備・保守をおこなうのがインフラエンジニアなのです。

現在ではITインフラという名前に変わり、ソフトウェアやデータ・ネットワークが円滑に作用するための設備を整える役割をになっています。

セキュリティエンジニア

近年では、日本の企業や個人に向けてのハッキングやサイバー攻撃は年々増加しています。そのサイバー攻撃から守るために、セキュリティエンジニアの需要は年々増加してきています。

JNSAの国内情報セキュリティ市場2020年度調査報告においても、セキュリティツールの売り上げは、2020年に1兆円を超えていました。

セキュリティツールの売り上げが伸びてくれば、企業ごとにセキュリティに予算を出せるようにもなるので、セキュリティエンジニアを採用する企業も増えてくるでしょう。

SEのキャリアプランの考え方

キャリアプランを考えるときは、まず自己分析をおこないましょう。

自己分析では、将来どのような仕事をしていたいのか、どのような立場でどのような自分になっていたいのかなど、将来のビジョンについて考えてください。

将来のビジョンについてしっかり考えておくことで、これからSEとしてキャリアアップしていくときに、将来のためにどのようなスキルや経験が必要なのかを逆算して考えることができます。

逆に自己分析をおこなわないで将来キャリアアップしたとしても、キャリアアップした職種がご自分のやりたかった仕事ではなかったり、仕事にやりがいを感じられないといったミスマッチに繋がる可能性があります。

詳しい自己分析のやり方は以下の記事をご確認ください。

SEのキャリアパスを実現するために

ではSEのキャリアパスを実現するためには、どういったスキルや経験を積んでいけば良いのでしょう。まず、必要になるスキルや経験については目指すキャリアパスにより違います。

例えばプロジェクトマネージャーを目指すのであれば、エンジニアとしてのスキルや経験とは別に、プロジェクト自体の管理能力やリーダーシップ能力などが重要になります。

こういったスキルや経験を身につけるためには、単にエンジニアとしての仕事をこなしているだけでは難しいです。方法としては、まず1つの企業で数年勤務し、そこでエンジニアとしての実績を積みましょう。

さらに同僚などとのコミュニケーションも積極的にとり、それらが評価されればプロジェクトマネージャーとしての道が開かれるかもしれません。

プロジェクトマネージャー以外にも、どのようなスキルや経験が求めれるのか。これまで紹介してきたキャリアパスを参考に、簡潔に解説していきます。

IoTエンジニア 組み込みソフトウェア・ハードウェアの知識
AIエンジニア 機械学習・データ分析スキル
インフラエンジニア サーバー・ネットワークの知識
セキュリティエンジニア インフラやネットワークなどIT全般の知識やスキル

SEのキャリアアップに役立つ資格

SEのキャリアアップに役立つ可能性がある資格はいくつかあります。それというのも、キャリアアップしたい職種により、役立つ可能性がある資格も違うためです。

以下から職種ごとにいくつか例を出して紹介していきます。

データサイエンティスト ・統計検定®
・情報処理技術者試験
・アクチュアリー資格試験
IoTエンジニア ・IoTシステム技術検定試験(基礎・中級・上級)
AIエンジニア ・E資格
インフラエンジニア ・AWS 認定クラウドプラクティショナー
・Associate Cloud Engineer
・Microsoft Certified Azure Fundamentals
セキュリティエンジニア ・情報処理安全確保支援士
・CompTIA Security+
・情報セキュリティマネジメント試験

SEから転職を検討しているなら

SEからの転職してキャリアアップを検討しているなら、転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントは、転職1人に対して専属のキャリアアドバイザーがマンツーマンで転職支援をおこなってくれます。

その転職支援はまず転職者の状況などをヒアリングするところから始まるのですが、その際に転職者のこれまでの経験を踏まえ、どのようなキャリアパスを描いていけるのかを相談することもできます。

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアの求人も豊富に保有している
国内最大級の定番エージェント

リクルートエージェント(IT)

ポイント

  1. エンジニア求人は業界最大の10万件以上!
  2. プログラマーや品質管理、社内SE、テクニカルサポートなど人気の職種を網羅
  3. 専門のアドバイザーチームがあり、IT・Web業界ならではのサポートが充実

リクルートエージェント(IT)
に相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

マイナビIT AGENT

ポイント

  1. エンジニアがスキルアップできる求人多数
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENT
に相談する

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※エンジニア未経験者向けの求人は保有しておりません。

レバテックキャリア

ポイント

  1. 保有求人7000件以上の約8割が年収600万円以上のハイクラスIT求人
  2. 大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  3. WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリア
に相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

ポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェント
に相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)
に相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメント
に相談する

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

人気の転職エージェント