PMだけじゃない!?多様化するSEのキャリアパスについて

SEとしてキャリアパスを考える方もいらっしゃると思います。自分やりたい事や理想像がわからず、どういうことを学んでいけばよいのか明確になっていない方も多いのではないでしょうか。

今回は、SEのキャリアに関して見ていきたいと思います。

従来のキャリアパスについて

従来のキャリアパスとしては

プログラマー(PG)→システムエンジニア(SE)→プロジェクトリーダー(PL)→プロジェクトマネージャー(PM)

という流れがほとんどでした。

まずプログラマーとして業務に必要なプログラミング能力、ITスキルを身に付けることから始まります。

まず、平均して3年ぐらいはプログラマーとしての経験を積みます。次にエンジニアとして、システムの設計を行います。場合によっては、プログラマーに指示を行います。

プロジェクトリーダーは進捗管理が重要となります。他、外注先業者の管理も行うことがあります。プロジェクトマネージャーはプロジェクトのメンバー、外注先の業者を選定します。

プロジェクトの進捗次第では、メンバーの増減を行うなど、プロジェクト全体の管理がメインです。

しかし、ITの高度成長に伴い、企業からの需要は変化しています。新しい技術や製品が登場し、専門性の高いスキルを持った、いわばスペシャリストな人材が開発現場でも必要になってきました。

キャリアパスの多様化

では、どのようなキャリアパスがあるのか、ご紹介します。

プロジェクトマネージャーを目指す

従来のキャリアパスとしても確立されているプロジェクトマネジャーです。管理職であるため、マネジメントスキルやコミュニケーションスキルが必要となります。トータルして高い能力を持った人物、リーダシップ、交渉能力が求められます。

スペシャリストを目指す

特定のIT分野で高いスキルを持ち合わせた人物です。ネットワークやデータベースなどその道においては、システム設計や開発、トラブル処理など、専門家としての対応が求められます。

コンサルタントを目指す

経営戦略や経営課題の解決の提案を行います。顧客の要望をヒアリングし、理想とする業務モデルを構築するのがミッションのため、SEとして現場で培ったマネジメント経験や、システム開発の経験が役に立ちます。また、顧客の業務やシステムを理解する必要があるため、IT以外の知識も必要になってます。

特にシステムエンジニアとしての経験が豊富な方は、社内で管理職を目指すか、技術を極めて専門職を目指すかとキャリアパスの選択に悩まれる方も多いのではないしょうか。

管理職、専門職それぞれのメリットを考えてみた場合、管理職は、プロジェクトを遂行する責任を負うため、大きなプレッシャーが掛かります。

その分、達成感もすごく感じることができると言えます。また、給与に関しても、現場担当者より比較的高い傾向にあります。

専門職(スペシャリスト)に問われるのはその分野の知識、スキルの高さです。特定のことをとことん極める、いわば職人気質な方は向いていると思います。開発の上流工程に携われるのがメリットです。

どの道に進んでいくのかを判断する際、重要なのは自分の理想像と適性です。今後、自分がどうなっていたいかという理想像、自分に適しているキャリアは何かを考えることが大切です。

SEのキャリアアップに役立つ資格とは

キャリアアップの際、資格を持っていると役に立ちます。管理職を目指していくのであれば、プロジェクトマネージャーやシステムアーキテクト、専門職を目指していくのであれば、ネットワークスペシャリストやデータベーススペシャリストなど。

最近では、オラクルやLinuxといったベンダー系の資格も重要視されるようなってきているので、ORACLE MASTER GoldLpic Level3といったベンダー系の高レベルな資格を取得することもおすすめです。

30代のエンジニアが転職で失敗しないために

年齢が上がるにつれて、顧客との調整や、社内での会議などコミュニケーション力や折衝力が求められていきます。

SEであれば、知識の無い人にシステムの詳細や有効性を説明する必要も出てくるため、話し方や言葉の選び方をきちんと身に着けておくことが必要です。

「自分はプログラムだけ書ければよい」という考えだけでは、SEとしてキャリアを構築していくことは難しいでしょう。

また、自分のいる立場を明確に、自分が進むべきゴールを考えることがキャリアを構築する上では大事です。SEであれば長時間の稼動などで、四六時中仕事のことばかりになっていることも多い。

仕事のことを忘れる時間を作り、客観的に自分の進む道がずれていないかをチェックすることも必要と言えます。

まとめ

システムエンジニアには様々なキャリアパスが用意されています。自分の目指すキャリアを考え、自分の目指すゴールに向けて必要なスキルを高めていきましょう。

転職エージェントを使ってみましょう

IT系の職種・業界を得意とする転職エージェントを利用してみましょう!

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 業界に精通した専任のアドバイザーが転職サポート

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

ポイント
  1. IT・Web業界トップクラスの求人数とサポート実績!
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス両方のキャリア相談が可能。フリーランスも検討したい人にオススメ

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の求人が豊富な転職サイト
年収・求人の質ともに高い優良求人を多数掲載

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!