2019.08.14

KDDIに転職したい人必見!押さえておくべき9ポイント

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

昨今では、KDDIのテレビCMは有名な俳優を継続的に起用することで、企業のブランド価値も高まってきたのではないでしょうか。

KDDIは、サービス利用者の期待を超えある有益で多様な商品・サービス提供を通じて、利用者が生活の中で不便に感じることを解決し、便利で楽しい気持ちになれるように。

そうした体験を提供するために、通信とライフデザインの融合を進めています。

今回は、日本の3大大手通信キャリアの一角である、KDDIに転職を希望する方向けに、「転職難易度」や「実際に働いている方・働いていた方の評判・口コミ」「面接・選考情報」など。

気になるKDDIへの転職ノウハウをご紹介していきます。

KDDIへ転職するのは難しい?

KDDIへの転職難易度は、やや難しいと言えます。

なぜなら、中途採用では即戦力が求められるからです。

KDDIは、新たな領域の事業展開にも高いモチベーションを持って、共に取り組んでいける転職希望者を募集しているそうです。

だからこそ対策として、歓迎する要件や求められる人物像に寄せるのが重要です。

他にも実績を数字で示すことも大切なポイントになってきます。

また、面接で触れて欲しい部分について、応募書類に記載するのも効果的だと思います。

KDDIは転職先として人気企業であるため、転職難易度もやや高くなっていると言えるでしょう。

KDDIってどんな会社?

KDDIは、「DDI」「KDD」「IDO」の3社が合併して成り立っています。

①DDI
→第二電電株式会社の略称。KDDI株式会社の合併当初の旧商号です。
②KDD
→国際電信電話株式会社の廃止により、上述の国際電信電話が日本高速通信を急襲合併したことによって発足された企業です。
③IDO
→日本移動通信株式会社の通称、および同社が販売した携帯電話端末のブランド名です。

2001年10月にはau、2005年10月にはツーカーグループ、そして2006年1月にはパワードコムが合流。

それぞれ得意の分野を持つ通信会社が合併して、現在のKDDIとなりました。

「お客様満足度NO.1」に挑戦し、「量的拡大」と「質的向上」の両立により、持続的な成長を目指しています。

移動通信と固定通信双方の「通信」を通して、人々の豊かな生活へと繋がる総合通信事業を展開しています。

グローバルでは、法人のお客さまへデータセンター「TELEHOUSE」を核としたICTソリューションをワンストップで提供。

他にも、コンシューマビジネスや、世界600以上の通信事業者との音声ビジネスを展開しています。

KDDIの今後の成長戦略

今後の成長戦略として、「マルチユース (Multi-Use) 」「マルチネットワーク (Multi-Network) 」「マルチデバイス(Multi-Device)」の3つの頭文字をとった「3M戦略」を進めています。

  • マルチユース (Multi-Use):色々なコンテンツやサービスを
  • マルチネットワーク (Multi-Network):いつでもどこでも最適なネットワークで
  • マルチデバイス(Multi-Device):好きな端末・機器で利用できる

「auかんたん決済」「au WALLET」などの決済サービスをベースとして「auスマートパス」などのオンラインサービスに加え「じぶん銀行」「au損保」「ライフネット生命」などの基盤を生かした金融系サービス。

さらにリアル店舗との連携、コマース分野へと取り組みを拡大することで「付加価値経済圏」の拡大を目指しています。

KDDIの幅広いグループ会社

KDDIのグループ会社は、大きく分けて36社となっています。

具体的には、下記のような会社があります。

  • 移動体通信事業
  • 固定通信事業
  • インターネット関連事業
  • コンテンツ・メディア事業
  • 金融事業

移動体通信事業では、UQコミュニケーションズ株式会社を展開しており、固定通信事業では、中部テレコミュニケーション株式会社。

インターネット関連事業は、ビッグローブ株式会社を展開し、コンテンツ・メディア事業では、株式会社Gunosyを展開しています。

金融事業では、ライフネット生命保険株式会社や株式会社ウェブマネーなどを展開しています。

KDDIに転職するには

結論から言うと、KDDIへの転職は非常に難易度が高いわけではありません。

少し説明を加えますね。

KDDIの職種は大きく分けて3つです。

  • auの店舗スタッフ
  • 代理店・携帯の法人販売営業
  • 本部スタッフ(エンジニアを含む)

まず、auの店舗スタッフですが、こちらは中途採用はほぼ無いと思ってください。

なぜかというと、店舗スタッフは新卒社員、アルバイト、派遣社員で構成されているからです。

一部例外はあるかもしれませんが、基本的には中途採用は無いと思ってもらって結構です。

次に、代理店・携帯の法人販売営業ですが、こちらは中途採用枠があります

こちらの職種は、一定の経歴と法人営業経験があれば、書類では落とされないでしょう。

最後に、本部スタッフですが、こちらの中途採用枠もあります

しかしながら、即戦力スペシャリストやハイクラス層の中途採用になるので、難易度は少し高いですね。

では実際に、どうすれば転職できるのかを紹介しますね。

代理店・携帯の法人販売営業を目指すのなら"求人数"を多く持つ転職エージェントがおすすめ!

末永

KDDIへ転職するためには圧倒的求人数を誇る リクルートエージェントマイナビエージェントdodaへの相談をおすすめします。

なぜかと言うと、KDDIの求人を最も多く持っているのがリクルートエージェントマイナビエージェントdodaだからです。

ぶっちゃけ専門性が高い職種の場合には特化型エージェントを利用すべきですが、法人営業職の場合には上記3社が強いです。

さらに、KDDIのような大企業になると、非公開求人というものが存在します。つまり、KDDIの企業ページでは公開していない求人が沢山あるのです。

そのような非公開求人も含めて、最も多くの求人を持っているのがリクルートエージェントマイナビエージェントdodaなのです。

ちなみに、真の網羅という意味では、3社全てに登録するのもアリです。

なぜかと言うと、担当エージェントによってはKDDIの求人を紹介してくれない可能性があります。そういったリスクを想定すると、あらかじめ3社全てに登録し、抜け漏れをなくすのが肝です。

さらに、もしあなたが女性だった場合には@type女性の転職エージェント にも相談すると良いでしょう。

@type女性の転職エージェントは、女性に特化した転職エージェントです。なので、構造上女性の求人が集まりやすい傾向があり、求人の中にKDDIの求人がある可能性が高いです。


【20歳〜34歳でKDDIへの転職を目指すなら】(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. doda

【女性でKDDIへの転職を目指すなら】(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)
  1. Type女の転職エージェント
 

本社勤務(エンジニア)を目指すのなら"ハイクラス求人"を多く持つ転職エージェントがおすすめ!

末永

先ほど、KDDIへの転職はそこまで難易度が高くないと紹介しましたが、本社勤務の場合には別です。

本社勤務ともなると、データアナリストやエンジニアなどの専門職採用が主となります。

当然、給料も高くハイクラス人材ということになります。

もしKDDIの本社勤務を目指す場合には、ハイクラスの求人が多いビズリーチJACへの相談をすると良いでしょう。

もしあなたがエンジニアの場合にはレバテックキャリアマイナビITのようなIT人材の紹介に強い転職エージェントへ相談してみてください。

【KDDI(au)本社への転職を目指すなら】(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

  1. ビズリーチ
  2. JACリクルートメント
 

【エンジニアとしてKDDI(au)本社への転職を目指すなら】(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

  1. レバテックキャリア
  2. マイナビIT

KDDIの仕事内容・職種

KDDIでは、幅広い事業を展開しています。

「技術職」「営業職」「管理部門職」まで、様々な職種があります。

その詳細について、ご紹介していきたいと思います。

技術職

「システムエンジニア」は、法人のお客様に対して、最適なソリューションを提案・販売する営業部隊を、システムエンジニアとして技術的な側面から支援する役割を担っています。

お客様のニーズ・シーズに基づく提案資料の作成や、プレゼンテーション、発注後の設計・機構なども行います。

「技術開発」は、商品・サービスを提供するにあたって、その基盤となるネットワークインフラやシステムの開発業務を担います。

パートナー企業とともに設計・開発・検証を行い、お客様にとって高品質で安心・安全なネットワークインフラの提供を行います。

営業職

営業職は「コンシューマ営業」「ソリューション営業」があります。

「コンシューマ営業」は、KDDIが提供するauスマートフォン・タブレット端末、個人向け固定サービス(auひかり等)、他にも新規サービス(au WALLET等)を拡販していきます。

「ソリューション営業」は、法人のお客様に対して、固定ネットワークやスマートフォン、クラウド等を用いたソリューション提案を行います。

社内のシステムエンジニアやパートナー企業とともに、お客様のビジネス環境を構築していきます。

管理部門職

管理部門職は、総務や経理、人事といった業務を通じて、コンタクトセンターや営業部門、すべての部門が本来の仕事に集中できるようにサポートしていきます。

いずれの業務においても専門知識を深めていくことになるのはもちろんのこと、どの仕事についても基本となることは、部門の役目でもある"現場がいかに働きやすく効率的に仕事をできるか"を考えてサポートしていきます。

KDDIの年収相場

KDDIの平均年収は954万円と、水準よりかなり高め です。

また、福利厚生面も非常に整備されており、満足している方が多い企業です。

基本給はランクによって決まりますが、 このほか残業代が全額支給であったり、住宅手当などの手当ても支給されます。

賞与は会社業績と個人業績の合算で支給されます。

ちなみに、ドコモの平均年収は839万円

ソフトバンクの平均年収は808万円となっています。

KDDIの評判・口コミ

実際にKDDIで働いている方、働いていた方からの評判・口コミが気になるところだと思います。

良い評判・口コミ、悪い評判・口コミ、その両面についてご紹介していきますね。

良い評判・口コミ

まず、良い評判・口コミからのご紹介です。

給与体制や残業管理がしっかりされている点、また研修が充実している点などが良いという声が寄せられています。

女性が活躍できる場が設けられていることも、良い評判としていくつか寄せられているようです。

IT系エンジニア・40代

給与体制は比較的に良い方だと思います。評価は配属された部署や上司によりまちまちだと感じることもありました。

組合制度が強いので、上司も適当な評価ができない環境になっていると思います。

営業系・30代

労働基準法を遵守することを、全社的にアナウンスしています。ですから。健康被害を及ぼすような業務命令はないはずです。

ただし、残業はあります。残業神聖なるものも、きちんとしているので、サービス残業は無論ありません。

営業系・40代

様々な研修カリキュラムが用意されており、業務にあった研修を受講できる。

研修によって、就業時間内に集中して受講できる講座と、時間外で受講できる講座がある。

会社として必要な研修は、ウェブ講座で残社員が必須講座として受講することにより、社員の知識、意識レベルの統一化が計られている。

IT系エンジニア・30代

女性マネジャーが多い。本部長の補佐役とかは課長補佐クラス以上が行える。

いろいろな場面で女性が活躍できる場が多い。

悪い評判・口コミ

続いて、悪い評判・口コミのご紹介です。

業務内容が同等の割に仕事に偏りがある点、上司が福利厚生を把握していない点などが、不満の声として寄せられています。

管理職の場合はなかなか休みが取れないことが挙げられ、新卒者の場合は希望の配属先にしてもらえないという意見もありました。

営業系・30代

総合職と地域営業職の業務内容は同等の割に、給料格差が大きい。

どちらかというと、地域営業職の方がやらされている仕事が多い。

IT系エンジニア・40代

管理職になると、月70時間みっちり働かされる。土日出勤もある。2週間連続勤務もある。

管理職はなかなか休みが取れないし、有給取得もできない。

IT系エンジニア・20代

レクリエーションの福利厚生について、地理による不公平がある可能性がある。

休暇取得率が管理されていないこと、上長が福利厚生制度を把握できていないことも、良くないと思った。

IT系エンジニア・40代

新卒者の入社後、3年以内に転職する率が高い。

新卒者の初任給が安い。新卒者の配属先の希望を聞いても、全体の30%くらいの人しか希望が叶わない。

KDDI出身者の転職先・キャリアパス

本部スタッフか、店舗スタッフか等の職種によっても大きく異なってきます。

例えば、本部スタッフでマーケティングをしていた場合なら、他の有形商材のマーケティングへいけます。

店舗スタッフで20代なら、法人営業に未経験余地がありつつもチャレンジは可能だと言えるでしょう。

すでに、携帯の法人営業をやっていた方でしたら、他の業界商材の法人営業にキャリアチェンジしていくことが可能です。

KDDIの面接・選考情報

KDDIがどのような中途採用を行なっているのか、気になるところだと思います。

選考フローや面接での質問例などについて、ご紹介していきますね。

選考フロー

  • STEP1.応募
  • STEP2.書類選考
  • STEP3.適性検査・面接
  • STEP4.内定
  • STEP5.入社

募集職種一覧ページより、応募することが可能です。

その際、履歴書・職務経歴書を添付します。

書類選考が通った方に面接の案内が届き、適性検査と面接を行います。

面接回数は、その応募した職種により、2〜3回を予定しているそうです。

ここで気になるのが、面接時に何を質問されるのか、ですよね。

実際にどんなことを質問されるのか、ご紹介します。

面接の質問例

  • 入社してやりたいことは?
  • 入社後、同じ状況になったらどうするのか?
  • 入社することで何にチャレンジしたいのか
  • NTTとソフトバンクではない理由

面接では一般的な内容が多いものの、入社してやりたいことは何か、という部分が重視される傾向にあるようです。

現職に対して不満があって転職される場合、入社後に同じ状況になったらどうするのか、という質問がされるケースも。

入社後長くKDDIで結果を出し続けたい、という強い想いなどを伝えると効果的だと思います。

内定までは、面接スケジュールにより変動しますが、応募してから1ヶ月〜1ヶ月半程度となります。

ちなみに、店舗スタッフの募集についてですが、こちらは基本的に派遣社員・アルバイトの募集となっています。

新卒社員のトレーニングとして、店長業務だけを最初から1年任せられる可能性はありますが、中途正社員では採用していないようです。

KDDIに転職するコツ

KDDIに転職するコツは、転職エージェントの利用です。

転職エージェントは、転職者の長所や魅力を引き出し、応募書類の添削から面接日程の設定まで、しっかりとサポートしてくれます。

例えば、KDDIがどんなことを重視しているのか把握した上での、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など。

自分一人では難しいことでも、転職エージェントなら安心して一緒に転職活動が行えます。

転職エージェントの中でもオススメなのは、「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」「doda」の3社です。


なぜなら、KDDIへの転職を成功させるためには、どれだけ多くの求人と出会い、自分に合った求人を見つけられるかどうかが勝負だからです。

女性の場合は、「@type女性の転職エージェント」への登録もしておきましょう。 女性向けの求人が集まりやすい傾向にあり、求人の中にKDDIの求人がある可能性が高いからです。

さらに、KDDIの本社勤務を希望する場合には、「ビズリーチ」や「JAC」へ相談するのが良いでしょう。

その転職エージェントにより、コンサルタントの質や扱っている求人に違いがありますので、大手エージェントや特化型エージェント2〜3社に登録することをおすすめします。

どれだけ多くの求人と出会えるのかが、転職成功の大きなポイントになってきます。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

KDDIに興味がある人におすすめの企業

KDDIに興味がある人にオススメの企業をご紹介します。

それは「ドコモ」と「ソフトバンク」です。

「ドコモ」「ソフトバンク」も大手通信キャリアです。

その詳細についてご紹介している記事がございますので、ご興味のある方はぜひご覧になってみてくださいね。

NTTドコモへ転職する方法は?内定獲得率を上げる秘訣をプロが伝授
ソフトバンクへ転職するコツ!Softbankの評判や年収もご紹介!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。