NECへ転職(中途採用・求人)するには?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

IT系の企業だと海外企業も多く、国内メーカーも次々と新商品の開発などをしていかない厳しい時代ですね。今回は国産の電機メーカー大手の「NEC」に転職を検討している方向けに「NEC」への転職ノウハウについてレクチャーしていきます。

NECって何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

NECの事業内容は4つに分けることが出来ます。パブリック事業、エンタープライズ事業、テレコムキャリア事業、システムプラットフォーム事業です。

パブリック事業

パブリック事業では、公的サービスのサポートをしています。国や市町村で使われるシステムを提供しています。

エンタープライズ事業

エンタープライズ事業では製造業流通・サービス業、金融業にAIを駆使したシステムの提供を行っています。

テレコムキャリア事業

テレコムキャリア事業では、通信事業者向けのネットワーク構築のための機器を提供したり、それらを運用するためのシステムを提供しています。

システムプラットフォーム事業

システムプラットフォーム事業では、ネットワーク機器やそれにまつわる端末やコンピューターやソフトまで統合型のサービスを提供しています。

NECの直近の業績や今後の事業課題

業績は横ばいを続けています。利益の柱になっているのは、パブリック事業。つまり国や地方公共団体、市町村で使われるシステムの提供が利益のおよそ4割程度を占めています。

課題としては、他の事業の利益が下がっていることでしょう。その中でも、システムプラットフォーム事業は年々売上高を落としています。

しかし、営業利益は改善の傾向にあり、2008年のリーマンショックの影響を受けた後の改革施策が効果として表れているとしています。

NECの仕事内容・職種

営業職、研究職、技術職に分かれます。

営業職

営業職は、顧客への自社開発システムの販売が仕事内容です。

研究職

研究職は主にハードウェアの研究・開発が仕事内容です。

技術職

技術職はシステムエンジニアとしてシステムを構築するのが仕事です。

NECに転職するには?

NECに転職する手段の1つとして転職エージェントを利用する方法があります。

転職エージェントを利用するメリットは2つです。

①転職の成功率をあげることができる

NECに転職できる可能性を高めることができます。

なぜならば、転職エージェントは企業の分析や書類の添削、面接対策など、NECに転職するためのサポートを行うからです。

企業分析や面接対策などは普段の仕事と両立して行うのは相当骨が折れます。

②一般には公開されていない求人をチェックできる

転職エージェントは非公開求人と呼ばれる一般には公開されていない求人(転職エージェントの8〜9割が非公開求人)を保有しています。

NECの求人を網羅的にチェックしたいのなら、転職エージェントの利用は必須と言えるでしょう。

末永

NECの求人を網羅したいなら、リクルートエージェントdodaの利用をオススメします。

なぜならリクルートdoda国内で最多数の求人を持っているからです。

どのエージェントと比較しても求人の網羅性が高く、行きたい企業の求人を持っている可能性が高いです。

リクルートの求人数は160,862件dodaの求人数は155,941件です。(2016年時点)

他の大手エージェントは、非公開求人を合わせても10万件を超えていません。

したがって、NECへの転職を考えている方は、国内最多数の求人を保有するリクルートエージェントdodaの利用をオススメします。

20代の若手層がNECに転職するには?

末永

20代の転職に強い転職エージェント!

若手層の転職にもっともオススメできるのがマイナビエージェントです。

就職活動で利用していた方も多いと思いますが、登録者約80万人のマイナビを運営しています。(転職業界の最大手のリクルートが運営するリクナビの登録者が約76万です。)

日本で1番新卒の方の登録者が多いので、若手層を採用したい多くの企業とコネクションを持っています。

なので、若手層を求める企業の求人を多数保有することができるので若手層の転職に強みがあります。

管理職やハイレイヤー層の方がNECに転職するには?

末永

また、管理職や年収600万以上のハイレイヤー層の転職をお考えの方は、ビズリーチJACリクルートメント

の利用をオススメします。

ビズリーチは、基本的にハイレイヤー層の求人に絞って事業を展開している転職サイトです。

有料ですが、企業から直接スカウトをもらうことができるので、自分が本当に納得して転職を進めることが可能になるでしょう。

JACリクルートメントは、ビズリーチと同じくハイレイヤー層をターゲットに事業を展開してる転職エージェントです。

ハイレイヤーや管理職向けの求人は少ないため、ビズリーチとJACリクルートメントの両方に登録して行くことをオススメします。

エンジニアの方がNECに転職をするには?

末永

エンジニアの方で転職を考えていらっしゃる方は、エンジニアの転職に特化している転職エージェントのマイナビITレバテックキャリアの利用をおすすめします。

大手のエージェントでありうる問題として、エンジニア経験がない方が、エンジニアの方の転職支援をしてしまい、その人の魅力を上手く引き出すことができないパターンです。そんなことが本当にあるのか?と思われる方がおられるかもしれませんが、大手では実際によくあることです。

マイナビITは、先ほど述べたマイナビエージェントと同じ企業がエンジニアに特化させたエージェント集団になります。若手・第二新卒のエンジニアにお勧めのエージェントです。

レバテックは、レバレジーズの子会社で、転職支援だけでなく、フリーランスのエンジニア支援も行っています。ほぼ全てのエージェントが、何らかの業務経験をしており、専門知識においては業界トップレベルといえます。

NECの仕事のやりがい

やはり、国や超大企業を相手に仕事できるのがやりがいと言えるでしょう。NECにはパブリック事業に強みがあり、国の運営に必要なシステム提供によって成り立っています。

他にも通信事業会社が必要とする機器の販売もしていることから、社会インフラを支えています。例えば、空港のイミグレーションに使われる認証システムがNECが手掛けています。

全世界で採用されている機器やシステム構築に関われるのは大きなやりがいと言えるのではないでしょうか。

NECの評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)

評判は良好と言えるでしょう。社風はのんびりした人が多いというクチコミが散見されました。良くも悪くも市場意識が低いのが起因しているのでしょう。収益源が国や地方公共団体ということもあり、安定しています。

しかもソフトバンク、au、docomoの通信キャリアに機器を卸しているので、価格競争をする相手がいないのです。なのでワークライフバランスもよく、働きやすい環境が整備されています。

NECの面接・SPIなど選考難易度

退職理由や、NECに入ったら何がしたいかといった一般的な質問がされるようです。

中途採用の窓口も広く、営業職、研究職、技術職、様々なフィールドで活躍できる環境が用意されています。海外にも事業所があるので、海外で働きたいという人の要望にも応えられます。なので、選考難易度は高くないと言えるでしょう。

NECの年収相場(給与)は?

30歳で750万円前後の水準です。役職は年齢とともに就くようで、新卒組が30歳になるころには主任になっています。その場合、役職手当が出ます。その代わりにみなし残業となります。

NECに転職するには?

末永

NECへの転職は転職エージェントの利用をオススメします。

転職エージェントを利用することで、銀行からの転職を成功させる可能性を高めることができます。

転職エージェントは、書類の添削や、面接対策、求職者にあった企業の提案を行います。

転職を成功させるためには、優秀なキャリアアドバイザーに会えるかどうかが転職を成功させる鍵となります。

しかし、正直な話、キャリアアドバイザーの経験やスキルはばらつきがあります

優秀なアドバイザーに担当してもらうためにも、転職エージェントには複数登録することをオススメしています。

転職エージェントに登録した後に、直接キャリアアドバイザーと面談をして、自分と相性が良いキャリアアドバイザーかどうかを見極めましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18