2019.07.19

javascriptエンジニアの仕事って何するの?転職のポイントは?

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

この記事では、javascriptを活かした転職について解説します。

この記事を読むと、javascriptエンジニアの仕事内容や、転職の際に気を付けるポイントが分かります。

javascriptって何?

javascriptは、1995年にネットスケープ社によって開発されたプログラミング言語で、現在はWebページに動きを付けることに主に利用されています。

また、サーバーサイドで動くjavascript「Node.js」も活用されるようになってきているため、サーバーサイドの開発にもjavascriptは利用されています。

データの集合体を扱ってコードを記述する「オブジェクト指向言語」であるため、プログラミングの工数が少ないことが特徴。また、近年では、スマホアプリやVRアプリの開発にも利用されています。

なお、最初の音が同じ「java」とは全く別の言語ですので、ご注意ください。

javascriptの将来性

javascriptは、Webサイトに動きを付ける役割をもつことはお分かりいただけたと思います。

では、javascriptは将来的にも需要が高い言語であり続けるのでしょうか?

実は、javascriptは底堅い需要があるため、将来的にも安定した求人があるとされています。

なぜなら、javascriptを使った動きのあるWebサイトは、あらゆる業界の企業マーケティングにおいて必要不可欠だからです。動きのあるWebサイトは、ユーザーの関心を惹きやすく、インターネットを使ったマーケティングにおいて最も重要です。

このように、javascriptは今後も底堅い需要があるでしょう。

javascriptエンジニアの年収って?

javascriptは、今後も底堅い需要があることはお分かりいただけたと思います。

では、現在のjavascriptエンジニアの年収は、実際いくらなのでしょうか?

実は、javascriptのエンジニアの年収は約555万円で、エンジニアの中でも比較的高めとなっています。

なぜ他のエンジニアよりも年収が高めかというと、javascriptエンジニアの求人が多いからです。javascriptエンジニアの需要が高い理由については、以下の3つが考えられます。

  • Webアプリの開発に必須だから
  • OS問わず開発できるから
  • 仕事のバリエーションが豊富

ひとつずつ詳しく見てみましょう。

Webアプリの開発に必須だから

先述した通り、javascriptは動きのあるページを作成するのに利用される言語です。

顧客の目を惹くためには、ページに動きをもたせることが必須となっており、これは他の言語で実装するのは難しいです。

ですから、WEBアプリの開発には、javascriptエンジニアの人材が必須となっています。

OS問わず開発できる

フレームワークを使うことによって、javascriptだけでさまざまな環境で動作するアプリを作成できることが、javascriptエンジニアの需要が高い理由のひとつです。

ライブラリ「Electron」を利用することでWindows・Mac・Linux上で動作するデスクトップアプリケーションを作成したり、フレームワーク「React Native」を利用することで、iOS・Android端末のアプリケーションを作成したりできます。

このように、アプリの利用される環境が幅広いため、さまざまな分野において需要があります。

仕事のバリエーションが豊富

javascriptエンジニアの需要が高いとされる3つ目の理由は、javascriptが最も利用される分野である「Webアプリの開発」のニーズが高いことです。

javascriptは、どんなWebアプリにも活用でき、また活用することが必須な言語であるため、多くの案件があります。

javascript でできること

javascriptの需要が高いことはお分かりいただけたと思います。

では、javascriptは実際にどういったことができるのでしょうか?以下の3つにまとめました。

  • Webサイトに動きを加える
  • イベント処理
  • 非同期通信

マウスが特定の部分に触れたり、クリックされたりなど「イベント」が起こったときに、プログラムを走らせることができます(イベント処理)。また、サーバーの応答を待たずに次々と処理する「非同期処理」機能があります。

javascript エンジニアへの転職で、おすすめの職種

javascriptエンジニアとして転職するのであれば、フロントエンジニアとWebプログラマー職がおススメです。

フロントエンジニアは、javascriptとHTML、CSSのスキルさえあれば転職が可能なため、経験年数が少ない初心者エンジニアが応募しやすいでしょう。

また、フロントエンジニアで経験を積んだら、バックエンドの開発も担うWEBプログラマーが最適です。幅広い領域を担当するためスキルがアップしますし、実力さえあれば年収1,000万円を超えることもできるでしょう。

フロントエンジニアやwebプログラマーに転職をお考えの方へ

末永

フロントエンジニアやwebプログラマーに転職をお考えの方は、レバテックキャリアマイナビITなどのエンジニアの転職に特化した転職エージェントの利用をオススメします。


他のエージェントでもエンジニアやデザイナーといった求人の取り扱いはもちろんありますが、こうした特化型のエージェントを使うことで、実際にエンジニア経験のあるコンサルタントからの転職アドバイスを受けられる、最新のIT業界の転職事情などの濃い情報が得られるという点で、大手エージェントと合わせて検討しておきたいところです。


「転職するか分からないけれど相談だけ」という場合でも気軽に相談に乗ってくれますので、これからのキャリアに悩んでいる方は一度相談をしてみることをオススメします。


※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。


  • レバテックキャリア
  • マイナビIT
  • javascript エンジニアへの転職のポイント

    javascriptでは、Webサイトへ動きを持たせ、イベント処理や非同期処理ができることはご理解いただけたと思います。

    では、javascriptエンジニアへ転職するには、どういった点に気を付ければよいのでしょうか?

    javascriptエンジニアへ転職するには、以下の3点に注意しましょう。

    • 自分のスキルの程度を知る
    • 応募する企業を良く調べる
    • 転職エージェントを利用する

    ひとつずつ見ていきましょう。

    自分のスキルの程度を知る

    javascriptエンジニアに応募するとき、自分のスキルの程度を知ることが大切です。なぜなら、自分のスキルに合った求人でないと実力が足りないとみなされて、採用されないからです。

    スキルの判定は、以下を参考にしてください。

    • 初心者・・・ある程度動くものを作れる
    • 中級者・・・外部仕様を渡されたら、完成できる
    • 上級者・・・自分の思い通りにjavascriptでプログラムを書ける

    参考:http://language-and-engineering.hatenablog.jp/entry/20100111/p1

    応募する企業の内容を良く調べる

    未経験者歓迎や急募などの文字が並ぶ求人には注意を払い、企業内容をよく調査する必要があります。

    なぜなら、教育システムがしっかりしている企業である可能性が高い反面、人材が定着せずに安い賃金で酷使するブラック企業である可能性もあるからです。

    プログラマーの求人では、開発経験のある人材が求められるケースが多いため、「未経験者歓迎」を前面に押し出している企業には注意が必要です。

    未経験からの場合はプログラミングスクールに通っておく

    プログラミングの基礎知識や、プログラミング言語を扱った経験があるだけで、全くの未経験から転職する場合に比べて選択肢の幅はぐっと広がります。

    また、実際にプログラミングに挑戦してみることで、仕事のイメージがつきやすくなりますし、本当に自分がプログラマ・エンジニアに向いているのか?ということを具体的に考える機会になります。

    とはいえ、初心者が独学でプログラミングを学ぼうとした場合、挫折率が90%とかなり高いのが実情です。

    プログラミングスクールを利用することで、初心者でも挫折することなく、プログラミングを学ぶことができます。

    末永

    プログラミングスクールのTechCampは講座の修了率が98%を超えています。


    また、講座終了後、転職先企業の紹介を受けることが可能です。


    転職エージェントを利用したり、転職サイトから自分でエントリーをしなくても、TechCampのアドバイザーにあなたのスキル習熟度や志向性にあった、転職先を提案してもらうことができます。


    講座受講後の転職の成功率は97%を超えています。


    転職の企業の案件の中には、大手企業や急成長しているベンチャー企業もあり、独力で転職活動をした場合には、非常に内定可能性の低い企業にもチャレンジできる可能性が広がります。


  • TechCamp
  • まとめ

    ここまで、javascriptエンジニアへの転職について解説しましたが、いかがでしょうか。

    まとめますと、以下のとおりです。

    • javascriptは、Webに動きをつけることに利用されるプログラミング言語
    • 年収は555万円程度で、将来も需要が安定している
    • 求人に応募する際には、自分のスキルをチェックし、企業情報を良く調べ、転職エージェントを利用することがおススメ
    • 職種は、初心者ではフロントエンジニア、経験がある場合はWebプログラマーがおすすめ

    javascriptエンジニアへ転職を検討する際に、ぜひ参考にしてください。

    【javascriptエンジニアに未経験からの挑戦を考えている方へ】

    スクール受講後の就職率は98%を誇り、エンジニア未経験からの就職・転職にオススメのプログラミングスクール。
    独学で挫折してしまう人が多い中、受講者の96%がカリキュラムを完了し、卒業できている。

    ポイント

    1. 独学で挫折する方が多い中、TechCampの修了率は96%
    2. カリキュラムの修了後の就職率は98%という安心感

    こんな人がおすすめ!

    • プログラミングを1から教えて欲しい方
    • 未経験からエンジニアとして就職したい方
    • プログラミング学習から就職活動まで一貫してサポートして欲しい方

    TechCampに
    相談する

    エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

    エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
    IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

    ※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

    ポイント

    1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
    2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
    3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

    レバテックキャリアに
    相談する

    大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
    エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

    ポイント

    1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
    2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
    3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

    マイナビITに
    相談する

    大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

    大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
    幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

    業界No.1!転職者の8割が利用している
    国内最大の定番エージェント

    ポイント

    1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
    2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
    3. たくさんの求人の中から比較検討できる

    リクルートエージェントに
    相談する

    20代の登録者数No.1!
    20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

    ポイント

    1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
    2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
    3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

    マイナビエージェントに
    相談する

    CMでおなじみ!転職者満足度No1!
    豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

    ポイント

    1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
    2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
    3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

    dodaに
    相談する

    年収500万円以上の転職を目指す方向け

    ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

    年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

    登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

    ポイント

    1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
    2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
    3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

    ビズリーチ(転職サイト)に
    相談する

    国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
    外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

    ポイント

    1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
    2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
    3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

    JACリクルートメントに
    相談する

    この記事とあわせて読まれている記事 Related

    おすすめ人気記事 Popular

    運営会社

    Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。