20代で転職を検討されている方へ


テストエンジニアの年収ってどのくらい?

テストエンジニアとは

テストエンジニアは、システムの品質の担保の役割を担っていて、その仕事内容は、プロジェクトによって異なります。

テストを行い見つけた不具合を開発者に報告するまでが仕事の場合もあれば、その不具合の原因を突き止めるまで、またはその不具合の修正までが仕事になることもあります。

開発したシステムに不具合が見つかれば、企業の信用を損ねたり場合によっては訴訟にまで発展する場合もあるので、テストエンジニアの仕事は非常に重要です。

テストエンジニアの年収

テストエンジニアは低めです。年収は200万円~600万円ほどで、システムエンジニアと比べるとやや低い印象です。その理由としては、テストエンジニアは特にスキルや経験が無くてもなることが可能な場合が多く、新入社員がアサインされることが多いということが挙げられます。

テストエンジニアの将来性・キャリアパスについて

テストエンジニアには様々なキャリアパスが用意されています。テストフェーズの管理者、品質管理のコンサルタント、システムエンジニア、業務コンサルタントなどです。

テストエンジニアとしてスキルアップしていけば、その知見を活かしてシステム開発工程のテストフェーズ管理者や品質管理コンサルタントになることが可能です。

また、テストを通して保守しやすいシステム作りを学びシステムエンジニアになることも可能ですし、業務システムであればテストをしながら業務知識を付けることも可能なため、業務コンサルになるという道もあります。

未経験からテストエンジニアになるには

テストエンジニアになるための必須スキルというものは特にありません。

未経験者や初心者でも仕事を獲得しやすい役割になります。

もちろんシステムが想定通り動作しなければ開発した意味が無くなりますし、企業の基幹システムのテストエンジニアには業務知識が求められる場合もあるので、非常に重要かつ知識も求められる仕事でもあります。

しかし一方で初心者でも対応できる部分も多いということです。

テストエンジニアには、テスト結果をwordやExcelなどでまとめられること、チームで動くためのコミュニケーション能力、基本的なプログラミング知識、システムの仕様を理解する力などが必要になるので、あらかじめそれらのスキルや知識は身に着けるようにしておくと良いでしょう。

「JSTQB認定テスト技術者資格」や「IT検証技術者認定試験」などシステムテストのための資格試験を通して勉強しておくこともおすすめです。

転職エージェントの利用がオススメ

本気でテストエンジニアを目指すなら、ぜひ転職エージェントの利用をオススメします。
自分では収集できない情報を共有してもらえますし、面接対策もバッチリですよ。

マイナビIT

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. 業界大手のマイナビが運営しているので、IT・Web業界の大手・中小・ベンチャー企業の求人が豊富
  2. IT業界・Web業界に精通したキャリアアドバイザーが担当

<デメリット>

  1. 大手でキャリアアドバイザーの人数が多いために、一定、質にバラつきは出る可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. エンジニア・クリエイターとして転職を希望している方
  2. 将来的にどの技術や言語が伸びるか、自分のキャリアについてアドバイザーに相談したいという

レバテックキャリア

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. レバテックキャリアだけの非公開求人や独自情報によって、転職者に合った企業をマッチング
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!

<デメリット>

  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

<こんな方にオススメ>

  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

リクルートエージェント

<メリット>

  1. 国内最多の求人数を保有
  2. 転職者の8割以上が登録
  3. 幅広い業界・職種の求人を網羅的に閲覧・紹介してもらえます

<デメリット>

  1. 求人数が多い一方で、転職者の登録数も多いため、1人1人に手厚いサービスが期待できない可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. 「大量の求人を一旦閲覧したい、紹介してもらいたい」という方
  2. 業界最大手の転職エージェントの標準的・平均値的なサービスレベルを最初に知っておきたい方