電通デジタルに転職する方法!中途採用の難易度・年収が分かる!

    電通デジタルへ転職するコツをプロが徹底解説します。また、中途採用の難易度や求人情報なども紹介します。

    他にも気になる年収相場や面接でよく聞かれる質問などについて分かりやすく説明しています。

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

電通デジタルの中途採用の難易度

電通デジタルの中途採用の難易度は、即戦力として活躍できる実務経験やスキルが求められるため高いです。

例えば、デジタルアカウントプランナーの場合は大手総合広告代理店もしくはWeb専業代理店での実務経験が3年ほど必要です。

ちなみに、同じデジタルマーケティング業界のサイバーエージェントのアカウントプランナーは業界不問で法人営業経験とWebマーケティングの基礎知識・経験を必須要件としています。サイバーエージェントの必須要件と比較しても、電通デジタルのほうが高く設定されていることが分かります。

また、電通デジタルは電通グループなので、転職先として人気があります。優秀な人材が応募するため、人事の目に留まるようにアピールする必要があります。自分の強みを最大限アピールするためには、それ相応の準備をしなければなりません。

その際に役に立つのが転職エージェントです。転職エージェントはどのようにアピールをすれば良いのか、そのノウハウを熟知しています。積極的に転職エージェントを活用するのがおすすめです。

電通デジタルが求める経験が足りない場合は少し遠回りになりますが、まずその経験が積める企業へ転職し、そこで必要なスキルを身につけてから再度挑戦するのがおすすめです。

どの企業なら電通デジタルに必要なスキルが身につくのかなどのキャリア相談にも乗ってくれるため、気軽に転職エージェントを利用してみてください。

おすすめの大手転職エージェント

また、転職するべきか迷っている人は、電通デジタルのような大手企業から直接スカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがおすすめです。

電通デジタルに転職しやすい人の特徴

電通デジタルに転職しやすい人の特徴を、以下にまとめてみました。

  • ナショナルクライアント相手への対応経験
  • 大手の広告代理店でデジタル領域に特化経験
  • 運用型広告の営業経験
  • マーケティング経験の有無

電通デジタルはアカウントプランナーやクリエイティブ職などに分かれていますが、共通して上記の経験が求められます。

デジタル系・Web系の営業、またはマーケティング経験が2年〜3年あり、さらにネット広告業界やコンサルティングファーム出身者であれば、選考通過率が上がりやすくなりますね。

電通デジタルの求人情報

電通デジタルが募集している職種を以下に挙げてみました。コーポレートサイトにある採用情報を参考にご紹介していきます。

あくまでも2020年12月時点での募集職種になるため、時期によって大きく変わる可能性があります。

デジタル広告職の求人情報

2020年12月時点でデジタル広告職は、3つの職種の中途採用をおこなっています。今回はその中からデジタルアカウントプランナーの求人情報についてご紹介しますね。

募集職種

  • デジタルアカウントプランナー

応募資格

  • 大手総合広告代理店、もしくはWeb専業代理店にて、営業、プランニング、実施、分析、改善までのPDCA業務推進経験と実績
  • クライアントの事業課題に応じたマーケティング戦略立案、リスティング広告、ディスプレイ広告/DSP、ソーシャル広告などの広告運用コンサルティング
  • 顧客のマーケティング課題に対応した、ロジカルな提案書作成スキル

勤務地

  • 東京本社
    東京都港区東新橋1-8-1

  • 浜離宮オフィス
    東京都中央区銀座8-21-1 住友不動産汐留浜離宮ビル

  • 関西支社
    大阪府大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト19F

給与

  • 月給
    約30万円〜約83.3万円
    (※月給の記載がないため、年収を12ヶ月で割って算出しています。)

  • 年収
    360万円〜1,000万円

勤務時間

  • 9:30〜17:30

デジタルトランスフォーメーション職の求人情報

2020年12月時点でデジタルトランスフォーメーション職は、3つの職種の中途採用をおこなっています。今回はその中から事業戦略コンサルタントの求人情報についてご紹介しますね。

募集職種

  • 事業戦略コンサルタント

応募資格

  • 事業戦略コンサルタントとしての実務経験に裏打ちされた戦略構想力
  • CEO・CMOのカウンターパートとなれる経営・マーケティングの広範な知見
  • 特定業界・業種に関する専門的知識
  • 戦略策定に必要とされるさまざまな思考フレームワークの柔軟な活用力
  • クライアントの事業成長、困難を伴う変革の実現にコミットする情熱

勤務地

  • 東京本社
    東京都港区東新橋1-8-1

  • 浜離宮オフィス
    東京都中央区銀座8-21-1 住友不動産汐留浜離宮ビル

給与

  • 月給
    約30万円〜約83.3万円
    (※月給の記載がないため、年収を12ヶ月で割って算出しています。)

  • 年収
    360万円〜1,000万円

勤務時間

  • 9:30〜17:30

電通デジタルの年収情報

電通デジタルは電通のグループ会社のため、平均年収が記載されている有価証券報告書は公表されていません。

そこで今回は現役社員・元社員が口コミを投稿できるOpenWorkで算出された平均年収を参考に紹介します。2020年12月時点で電通デジタルの平均年収は654万円となっています。

dodaの「平均年収ランキング最新版(業種別)」を見てみると、電通デジタルが属するマーケティング・リサーチ全体の平均年収は471万円です。業界全体の年収を比較すると183万円もの差があり、電通デジタルの年収は高いことが分かります。

電通デジタルの年収について、以下でさらに4つの項目に分けて詳しく説明していきます。

年齢別平均年収

電通デジタルの年齢別平均年収は、OpenWorkが独自のアルゴリズムによって統計的に算出した年収データを参考に紹介します。

25歳 422万円
30歳 610万円
35歳 724万円
40歳 756万円

上記のデータは回答者の平均値なので、実績や会社への貢献度によって実際の年収は変わってきます。

職種別平均年収

職種別の平均年収については、電通デジタルで募集のある求人情報を元に紹介します。

求人情報にはどの職種も360万円〜1000万円と記載されています。

年収に開きがあるのは採用時のグレードによって、フレックス制度が異なり、さらに支給される年収にも違いがあるからです。

スーパーフレックス
(G2レベル以上)
450~1000万円
コアタイム付フレックス
一部ポテンシャル
(G1レベル)
360~550万円程度

給与体系・評価制度

電通デジタルの年収は「基本給+残業代+年2回の賞与」で構成されています。

支給される年収は先ほども紹介しましたが、グレードと呼ばれる評価システムによって決まります。

グレードはG1〜G6の6つに分かれているのが特徴です。採用時に即戦力として活躍できる人材であると判断された人はG2からスタートするシステムになっています。

G1は360万円〜550万円、G2は450万円〜1000万円で年収の幅が変わります。ちなみにG4以降は管理職クラスです。

中途採用は前職の年収を考慮した上で、割増した金額が提示されるため、転職によって年収が上がる場合が多いです。

このように電通デジタルは実力主義の給与体系・評価制度を導入しているので、成果や実績をしっかりと出せる人であれば高年収を目指しやすい環境だといえます。

残業代・ボーナス・昇給制度

電通デジタルはフレックス制によって、支給される固定残業代に違いがあります。

スーパーフレックス 6〜14万円
コアタイム付フレックス
一部ポテンシャル
6~9万円

各フレックスともに月30時間相当分の残業手当が月給に含まれます。ただ、30時間を超えた場合の残業代は追加で支給されます。

なお、管理職の場合は残業代の支給はありません。

賞与は3月と9月の年2回支給されます。支給額は半期に1度の個人成績の評価と、会社の業績によって決まります。年収に対する賞与の割合はおおよそ10%前後となっているようです。

ちなみに一般社員と役職付き社員の賞与は以下のようになっています。

マネージャークラス 150〜200万円
マネージャー以下 30〜90万円

このボーナス額は個人の成績や会社の業績によって変動があるため、参考程度にみるようにすると良いでしょう。

電通デジタルに転職できる可能性を上げる方法

電通デジタルへ転職できる可能性を上げるためにやるべきこととして、以下の3つが挙げられます。

  • 自己分析をする
  • 企業研究をする
  • 逆質問を考えておく

自己分析では、なぜ電通デジタルに入社したいのか?なぜその職種を選ぶのか?をしっかりと振り返り、整理しましょう。

また、電通デジタルの事業内容や方針を理解していないと、面接で答えらずにお見送りになってしまうケースがあるので、企業研究もしておきましょう。

基本的に、面接の最後は逆質問を聞かれるので、質問を用意しておきましょう。

自己分析・企業研究・逆質問について詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事自己分析を転職に活かすコツ&やり方をプロが伝授!【想定質問集付】
関連記事【保存版】企業研究のやり方を転職のプロが分かりやすく解説!
関連記事転職面接の逆質問例&NG例を解説!見られるポイントもご紹介します

電通デジタルの面接でよく聞かれる質問

電通デジタルの面接では、以下のような質問をされる可能性があります。

  • 社会人として大事にしているもの3つ挙げてください
  • これまでのどのような環境を歩んできたのか?
  • クライアント対応において何を重視しているのか
  • 新しいことを吸収することが可能か
  • 大変だった経験は?

電通デジタルの内定までの流れとしては、書類選考・筆記試験・面接3回程度が平均的となっています。

筆記試験では、1次面接の際に実施されることが多いですね。具体的にはSPIとマーケティングの視点を確認する自由形式の簡単な論述試験です。SPIは言語(読解)と非言語(計算)の試験を45分程度でおこないます。

一方、面接ではあなたの転職軸と電通デジタルの事業領域が一致しているかどうかが重視されます。

ですので、しっかりと企業研究をおこない、自分の言葉で電通デジタルあるいは、その職種を志望する理由をより明確にわかりやすく説明できるように準備しておくのが望ましいですね。

以下は、志望動機や自己PRを考える方法をまとめてありますので、考えたけれどうまくまとまらないという人は参考にしてみてください。

関連記事【回答例付】プロが教える転職面接で面接官に響く志望動機の考えかた!
関連記事【例文付】履歴書の自己PRの書き方とポイントを転職のプロが伝授!

電通デジタルの企業情報

以下は、電通デジタルの企業情報です。

設立 2016年7月1日
資本金 4億4,000万円
代表者 川上 宗一
従業員数 約1,490名
(2020年10月時点)

もっと詳しい企業情報について、以下で紹介していきます。

事業内容

電通デジタルは、2016年7月に設立された電通グループ各社の出資によって設立されたマーケティング戦略設計会社です。

電通グループの中核事業を担う会社としてデジタルマーケティング領域を専業としていて、具体的には、コンサルティング、開発・実装、運用・実行の提供をおこなっています。

生活者や顧客の「リアクションマネジメント」を基軸にして、様々なサービスを展開しています。

現在では、統合マーケティングを求める顧客を中心とした、日本を代表するナショナルクライアントや世界をリードするグローバルカンパニーといった大規模案件を多数抱える会社です。

職種

電通デジタルの職種は、大きく以下の3つに分けられます。

  • デジタル広告
    顧客への対応がメイン、営業職(アカウントプランナー)

  • ディレクター
    デジタル領域のコンテンツ制作や企画などの業務を担当

  • コンサルタント
    データやコンテンツなどにおけるシステムの設計など、様々な領域の分野に渡る

各種社員のインタビューが電通デジタルのコーポレートサイトに掲載されているので、どのような仕事をするのか詳しく知りたい人はご覧になってみてくださいね。

直近の業績と今後の事業課題

電通デジタルの業績ですが、2020年12月期第3四半期決算短信によると、グループを通じて収益は6,763億62百万円、売上総利益は6,019億27百万円と前年よりも減収となっています。

ただ、2020年は新型コロナウイルス感染症の拡大により、世界的に景気が急速に悪化し、2020年3月以降、電通グループの国内外事業に影響を及ぼし始めたことも減収の1つの原因だと考えられますね。

しかしながら、コロナ禍の中ではあるものの、マーケティングやプロモーションは前年同期比21.5%増という結果になっています。

電通デジタルのカルチャー・働きがい・福利厚生

電通デジタルのカルチャー・働きがい・福利厚生などについて、以下の順で解説していきます。

企業文化・組織体制

電通デジタルは以下の3つの事業領域を重点的に強化しています。

  • データとテクノロジーを駆使した次世代マーケティングの推進
    顧客接点を持つ上で顧客のone to oneに向き合う

  • ITプラットフォームの導入と適切なデータ環境の構築
    上記の顧客接点を推進していくために手法を広げる

  • 企業の事業や組織そのものを変革するDXコンサルティング
    既存の方法やそのものを変えていき、新しいことに対する前向きな姿勢とスピード感が求められる

電通デジタルには、様々な才能や専門性・個性を持った各領域のプロフェショナルが揃っています。また、成長を前提とした働き方改革などの取り組みに力を入れているのが特徴ですね。

新しい技術とアイディアで新たなサービスづくりにチャレンジしたいと考えている人に対し、活躍できるポジションと環境が用意されています。

働きがい

電通デジタルは、外資系企業がクライアントである傾向が多く、自動車メーカーから食品メーカー、サービス業まで幅広い企業との取引実績があります。

電通をはじめ、株主各社の下請け的業務をおこなう企業ではなく、新領域拡大を狙った戦略企業なので、自社でのクライアント深耕の開拓を進めています。

ですので、大手企業のマーケティング戦略に携わることができ、大規模かつ中長期の案件で力を発揮することができる点が大きなやりがいだと言えますね。

その分野にもよりますが、実力があれば一社員として認められるような風潮があるため、成果も上げやすく若手でも実績や事例を発信する場もあり、それがやりがいに感じるという人もいるようですね。

また、マーケティング戦略を設計して実際の広告制作やWeb制作をおこなう際に、他の電通グループ各社に案件を振り分けて業務を進めていきます。そのため、マーケティング戦略企画という際上流工程に注力して、力を発揮することができるでしょう。

ワークライフバランス

電通デジタルは広告代理店ではありますが、働き方改革に注力しているため、午後22時以降は業務ができないようにし、休日も基本はお休みにしています。働くためには手続きが必要なケースもあり、働きにくい環境にしていますね。

気になる残業時間も全社平均が40時間となっていて、多忙な部署でも年間の平均残業時間は50時間程度です。もちろん、プロジェクトによって繁忙期はあるものの、毎日終電で帰宅する、土日出社が当たり前という環境ではなく、オンオフをしっかりとつけて働ける環境になっています。

ですので、ワークライフバランスはとても取りやすいと言えますね。ときにはクライアントワークになる場合もありますが、事前にカレンダーのスケジュールを抑えておけば、問題なくお休みできる雰囲気があります。

また、有給休暇とは別にインプットホリデーという、毎月1日お休みがもらえるようです。

ただ、ポジションや部門によって異なる可能性も大いにあります。気になる人は電通デジタルのコーポレートサイトなどの求人を定期的にチェックしてみてくださいね。

福利厚生

電通デジタルで導入されている福利厚生は以下の通りとなっています。

  • 確定拠出年金制度
  • マッサージルーム
  • サークル制度
  • ベビーシッター利用支援
  • ベネフィットワン
  • けんこうサポートデスク
  • リフレッシュ休暇
  • 特別休暇
  • 結婚休暇
  • 産前産後休暇
  • 育児休業
  • 子の看護休暇
  • 配偶者の出産休暇
  • 介護休業・介護休暇
  • スポーツジム・保養所

電通デジタルでは、社員ひとりひとりが働きやすいように、上記に挙げた福利厚生以外にもまだ多くの福利厚生が導入されています。

さらに詳しく知りたい人は、電通デジタルの福利厚生一覧を確認してみてください。

電通デジタルへ転職したいなら

電通デジタルの内定確率を上げるためには、書類選考や面接の準備を入念にする必要があります。

電通デジタルには多くの応募が来るのでライバルが多数います。その中で採用担当の印象に残り、一緒に働きたいと思ってもらうコツは、転職エージェントを活用することです。

転職エージェントは、採用担当者と直接コミュニケーションを取っているため「どんな人材が求めているのか」という採用ホームページでは分からない生の情報を把握しています。

転職エージェントのサポートを元に「面接ではこのエピソードを話しましょう」「自己PRはこうしたほうが面接官に刺さりやすいです」と選考対策をおこなうことで、内定がもらえる確率を上げられる可能性があります。

以下に筆者オススメの転職エージェントをご紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENTに
相談する

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。
求人企業と強いコネクションがあり、求人票では分からない企業情報も教えてもらえる人材紹介会社です。

ポイント

  1. IT・Web・ゲーム業界の非公開求人は約10,000件!(2019年12月時点)
  2. 新規事業・経営企画・クリエイター等のハイクラス求人を多数保有

ギークリーに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント