電通デジタルへ転職するポイントって?気になる評判と年収も紹介!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

昨今のインターネットの普及により、従来の広告手法以外ではネット広告代理店の重要性が非常に増しております。

なかでも電通デジタルは、電通の子会社であり拡大に向けて、採用なども積極的にチカラを入れており、ベンチャー企業の裁量権の大きさと、大企業の社会に対する影響力の大きさという魅力を両方備えた企業と言えます。

今回はそんな電通デジタルにどうすれば転職できるのか、その方法をお伝えします。

電通デジタルの募集職種

現在、電通デジタルでは、コンサルティング人材スペシャリスト人材分析人材の3つの職種を募集しています。

まず、顧客の事業戦略を担うコンサルティング人材ですが、中途採用枠で転職するためには、事業戦略コンサルティングの経験、そしてなんらかの分野での深い知見が必要になります。

次に、個別の戦略を担当するスペシャリスト人材職種ですが、具体的な職種として、ITコンサルタントやUI/UXデザイナー、エンジニアなどがあります。

最後に、分析人材職種ですが、こちらはデータサイエンティストとデジタルマーケティングアナリストになります。データ分析経験が必須で統計学や機械学習に触れたことのある人であれば、転職しやすいと言えます。

電通デジタルに転職するためには

結論から言うと、電通デジタルへの転職はそこまで難易度が高いわけではないんですよね。というのも、現在採用に力を入れていることもあって、中途採用枠が多いんです。

デジタル系・Web系の営業またはマーケティングの経験が2〜3年あると、選考通過率が上がるでしょう。

さらに、広告業界またはコンサルティングファーム出身者であれば、採用される可能性はかなり高くなると言えます。もちろん、そうでない方にも転職できる可能性はあります。

先ほど募集が多くそこまで難しくないと言った電通デジタルへの転職ですが、それでも電通グループ、採用基準は高いでしょう。

少しでも選考通過率を上げるため、一度転職エージェントに相談することをおすすめします。

末永

まず転職を考える際、全ての方が鉄板で登録すべき転職エージェントが、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaといった業界最大手のエージェントです。

転職エージェントを利用することで、履歴書や職務経歴書の添削から面接対策、さらには企業への推薦といったサポートを受けることができます。

さらに、転職エージェントは業界や企業の内部情報に精通しているので、事前に事業内容や企業文化でのミスマッチを防いだり、本当にあなたに合った求人を提案してくれるでしょう。

「自分の進むべき業界・職種が定まっていない」という方は、まず大手エージェントに登録してみて、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談してみると良いと思います。

【必ず1社は登録しておくべき!総合型大手エージェント】(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. doda

そもそも、電通デジタルってどういう会社?

電通デジタルとは、2016年7月に設立された電通グループ各社の出資によって設立されたマーケティング戦略設計会社です。

情報化により販売チャネルや流通形態の変革が急速に進む中、より一層早いスピードで新たな販売促進方法や流通の仕組みづくりが課題となっている。

これまで電通グループは、電通の広告事業を軸に顧客のマーケティングや販売促進の課題 解決のためのサービスを各社分担が行ってきたが、より顧客に密着し速やかな課題解決を行っていくために、電通グループの『新しいマーケティング事業の中核会社』として設立されました。

かねてより電通本社内にあったデジタルマーケティングセンターと「電通国際情報サービス」の子会社「(株)ISIDアビーム」が第三者割当増資を行い、電通/電通国際情報サービス/電通テック/サイバーコミュニケーションズの4社が増資を引き受けた「電通イーマーケティングワン」、ネクステッジ電通の3組織も合流し会社組織が構成されました。

電通デジタルの事業内容・サービスは?

事業としては、クライアントのマーケティング課題に対応したコンサルテーション業務および実施業務を行っています。

プランニング業務にとどまらず、プロモーションの実施、インターネットの活用、システム構築、データ分析、クリエイティブ、広告など様々な実務と連携するため、各専門家が連携して課題を解決するチームワークスタイルで提供することを特徴としています。

サービスとしては、生活者や顧客の「リアクションマネジメント」を機軸に様々なサービスを展開しています。

電通デジタルの仕事のやりがい

クライアントの傾向としては外資系企業が多く、自動車メーカーから食品メーカー、サービス業まで幅広い企業との取引実績があります。
(電通関連の案件は7割程度。電通はじめ株主各社の下請け的業務を行う企業ではなく、新領域拡大を狙った戦略企業であるため自社でのクライアント深耕の開拓を進めています)

大手企業のマーケティング戦略に携わることができ、大規模かつ中長期の案件で力を発揮することができる点が大きなやりがいです。

マーケティング戦略を設計し、実際の広告制作、WEB制作を行う際、他の電通グループ各社に案件を振り分けていく、という流れで業務を行っているため、マーケティング戦略企画という最上流の工程に注力して力を発揮することができます。

電通デジタルの評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)

社内は非常に風通しがよくフラットな環境です。

電通デジタルは電通とは「水平会社」という立ち位置で設立されています。電通から何かの指示が降りてくるというような上下関係は一切ありません。一緒に動くこともありますが、立場は完全に平等です。社風も電通デジタル社の社員はほぼ中途社員なので電通とは異なります。

研修制度としては、専門領域を広げながらも深く学べる環境が整っております。

  • 電通、ISID開催の研修(半期30テーマ)
  • 外部企業で開催される研修
  • 英会話学校通学支援
  • 海外カンファレンス
  • 社内勉強会(データ分析、各種調査、マーケティングシステムなど各専門領域のスペシャリストが社内で登壇し勉強会開催)
  • 管理職向け研修

従業員の働き方支援にも力を入れており、カフェテリアプラン、確定拠出年金制度、定期健康診断、人間ドック、女性健診、各種スポーツクラブ法人利用可、保養所施設完備、提携宿泊施設、社員食堂有、食事会会費負担制度などがあります。

広告業界と聞くと忙しい・深夜まで働くという印象を持つ方もおられるかもしれません。

しかし同社では、全社平均は40時間で最も忙しい部署の年間の平均残業時間でも50時間ほどです。プロジェクト状況に応じて繁忙期はありますが、「毎日終電」「土日出社当たり前」などの環境ではなくオンオフをしっかりと着けて働くことができる環境と言えます。

電通デジタルの面接・SPIなど選考難易度

書類選考、筆記試験、面接3回程度となることが平均的です。

筆記試験は一次面接のときに同時に実施されることが多い様です。内容としては、SPIと簡単な論述試験です。SPIは言語(読解)、非言語(計算)の合計45分程度。この他に、マーケティングの視点を確認する自由形式の簡単な論述試験があります。

面接では、転職の軸と同社の事業領域が一致しているかが重視されます。

しっかりと企業HPを確認し、自分の言葉で同社あるいはその職種を志望する理由を具体的にわかりやすく説明できる様に準備していただくと良いと思われます。

電通デジタルの年収相場(給与)は?


設立間もないこともあり、平均年収というのは発表されていませんが、コンサルタントで500~600万程度、シニアコンサルタントで700万程度以上と総じて高めの年収となる傾向があります。

もちろん経験や前職給与に応じて給与定時は異なりますが、ご経験によっては1000万以上の年収提示となる場合もございます。

入社後、会社業績に応じて状況によっては業績賞与も支給されます。

上でお伝えした通り、休日出勤などはあまりありませんが、もしプロジェクト繁忙期でやむなく出勤した場合には休日出勤手当も支給されます。

電通デジタルへの転職をお考えの方へ

電通デジタルへの転職を成功させるためには自己分析が欠かせません
一人で自己分析をするのは、非常に困難かと思いますので、転職エージェントの利用をおすすめします。

ただ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、そういった優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきです

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント
  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

転職エージェントの利用の流れ

①転職サービスへの登録

申し込みフォームに、転職希望時期や希望勤務地、職種や年収などを入力し、申し込み・登録を完了させます。

②求人状況の確認・サービスのご連絡

申し込み内容を見て、転職エージェントは保有している求人のなかから紹介可能な求人を調べます。
申し込みから一週間以内で、転職エージェントからサービス内容や面談日程について電話やメールで連絡が届きます。
※なお、求人の状況によっては、面談や相談サービスを受けることが難しい場合もあります。

③キャリアアドバイザーとの面談・相談

面談では、業界、職種に精通した専任のキャリアアドバイザーやコンサルタントが、これまでの経験や希望条件を確認し、あなたに合った求人の紹介やキャリアプランの提案を行います。
※日程調整やキャリアアドバイザーと直接会えない場合は、電話面談も可能です。

④求人紹介・書類添削・面接対策

求人紹介

面談によって方向性が明確になったら、転職エージェントが保有している求人企業の紹介が始まります。 お申込みいただいた方の力を最大限に発揮できる企業を中心にご紹介がされています。 求人の9割は一般の転職情報サイトや求人誌には掲載されない非公開求人なのでいままで見つけることのできなかった求人に出会える可能性があります。

書類添削

採用担当者が思わず読みたくなるような職務経歴書の書き方のアドバイスをしてくれます。

面接対策

模擬面接」を実施し、希望企業に「採用したい!」と思わせるような各企業に合わせた面接テクニックをレクチャーしています。

⑤応募・書類選考・面接

応募したい企業が決まったら、意思をしっかりと確かめた上で、キャリアアドバイザーが企業に推薦状と共に推薦します。
また、面接日程の調整だけでなく、内定時期をできるだけ揃えるといった調整もキャリアアドバイザーが行ってくれます。

⑥内定・退職交渉・入社

内定が決まったあとの、入社日の調整や円満退社のための手続きのアドバイスなども、キャリアアドバイザーがサポートします。
入社や退職にあたり、困ったことがあれば遠慮なくキャリアアドバイザーに相談しましょう。

※大手転職エージェントを利用して転職をお考えでしたら、下記の記事で「大手転職エージェントの特徴や評判」を解説しております。