NTTデータの平均年収は833万円!残業代&昇給制度もご紹介

NTTデータ ロゴ 会社 企業

NTTデータの平均年収を全体的・職種別に分けて解説しています。

競合他社と比較してどうなのか、残業代やボーナス、昇給などについても詳しくご紹介していきます。

NTTデータの平均年収は833万円

2020年6月に提出された有価証券報告書によると、NTTデータの平均年収は833万円です。

doda「平均年収ランキング最新版(業種別)」を見てみると、IT/通信業界の平均年収は446万円となっており、その中でもっとも平均年収が高いのはITコンサルティングで、平均年収は461万円であるというデータが出ています。

NTTデータの平均年収は業界の平均年収よりも高いことがわかりますね。役職を上げることができずとも、きちんと結果を残せていれば毎年少しずつ昇給していける環境にあるため、非常に安定していると言えます。

ちなみに、NTTデータの平均勤続年数と平均年齢は以下の通りです。

平均勤続年数 15年
平均年齢 38.9歳

NTTデータの平均勤続年数は、国税庁が発表している「民間給与実態統計調査(平成30年度)」の12.2年よりも長くなっていますね。

大手企業のNTTデータへ転職するには

NTTデータへ転職へ転職したいのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。

なぜなら、NTTデータのような大手企業の場合は、大手の転職エージェントに求人依頼をして採用をおこなっているケースが多い傾向にあるからなんです。

また、これまでに転職者を支援してきたノウハウで、応募書類の作成・添削から面接対策までおこなってくれます。自分で直接応募するよりも内定獲得に向けた対策を万全にすることができます。

業界大手の転職エージェント

転職エージェントの他に、スカウト型の転職支援サービスに登録するのもおすすめです。

なぜなら、NTTデータだけでなく、同業他社の人事やヘッドハンターからオファーが届く可能性があるからなんです。

転職はしたいけど、希望する求人がない人は以下で紹介するビズリーチに登録して、オファーが届くのを待つというのも1つの方法です。

スカウト型の転職支援サービス

  • ビズリーチ
    人事やヘッドハンターから直接オファーが届く!

NTTデータの平均年収の推移

NTTデータの平均年収が増加傾向にあるのか、それとも低下傾向にあるのか知っておきたいですよね。

そこで、NTTデータの過去5年間の有価証券報告書を参考に、平均年収の推移を以下の表にまとめてみました。

平成26年度 792万円
平成27年度 807万円
平成28年度 812万円
平成29年度 820万円
平成30年度 828万円

上記の平均年収の推移を見てみると、増加傾向にあるのがわかりますね。NTTデータの営業利益は2014年時点で840億円となっており、2018年では1,235億円、そして2019年では1,477億円となっています。

2018年と比較して242億円の利益を出しています。毎年営業利益が少しずつ増加しているので、今後もさらに増加していくでしょう。

NTTデータの職種別平均年収

NTTデータの職種別の平均年収が気になりますよね。そこで「カイシャの評判」を参考にして、以下の表にまとめてみました。

あくまでも2020年5月時点での職種別平均年収の情報なので、今後少し変わる可能性があります。

営業系 643万円
企画・事務・管理系 597万円
ITエンジニア 645万円
電気・電子・機械系エンジニア 450万円

引用元:カイシャの評判

上記の職種別平均年収は、現在勤めている会社員や元社員の回答から算出されている情報となっています。この中でもっとも平均年収が高いのは営業職で、その逆にもっとも低いのはIT系エンジニアですね。

もちろん、回答人数や回答している人のポジションによっても大きく変わってくるはずなので、あくまでも参考程度にしてくださいね。

NTTデータと競合との年収比較

2020年6月に提出された有価証券報告書によると、NTTデータの平均年収は833万円です。

NTTデータはIT業界の中でも大手企業なので、やはり平均年収も高いと言えます。そこで実際に他の競合他社の平均年収と比較してみました。

野村総合研究所 1,235万円
大塚商会 851万円
NTTデータ 833万円
NEC 814万円

上記の平均年収は、それぞれ有価証券報告書を参考に記載・比較をしています。

この中でNTTデータは上から3番目となっています。もっとも平均年収が高いのは野村総合研究所で、もっとも低いのはNECですね。

NTTデータはもともと給与水準が高く、年2回あるボーナスの支給額も多いという声が見られます。また、給与にランクがあり、結果を出すことできちんと評価してもらえるので、個人により年収額には差が生じます。

ただ、各企業の経営利益や業務形態、事業内容や役職などにより変わってきますので、上記の平均年収はあくまでも目安の1つとして参考にしてみてくださいね。

NTTデータの残業代・ボーナス・昇給制度

NTTデータの残業代やボーナス、昇給制度についても気になりますよね。そこで以下の2つに分けてお話していきたいと思います。

では、次でそれぞれ詳しく解説していきますね。

NTTデータの残業代

NTTデータはみなし残業というものがなく、残業した際にはきちんと残業代が支給されるようになっています。また、休日出勤についても支給され、代休を取ることも可能です。

残業時間については、基本的に年間の上限などを設けて自動的に管理され、厳しく取り締まられています。業務量が多く残業が必要な場合には、人員追加や交代などの対応をとっていますね。

NTTデータのボーナス・昇給制度

NTTデータのボーナスは6月・12月の年2回に支給されます。会社の経営状況や個人の業績によって評価され、+4・+3・+2・+1で決まるそうです。

もちろん、個人の業績だけではなく、ポジションによっても大きく変わってきます。

一方、昇給は随時おこなっており、年間評価に基づいて金額が決定され支給される形となっています。個人の業績評価がメインになっており、給与ランクが用意されているそうです。

具体的には、社員、主任、課長代理、課長のグレードがあり、A・B・C1・C2・D評価によって決まる仕組みになっています。

NTTデータの年収に対する口コミ

NTTデータの年収に対して、現社員や元社員がどう感じているのか気になるところですよね。

そこで、実際にNTTデータで働いている人、働いていた人の口コミをご紹介したいと思います。

良い口コミ

NTTデータで働いている人や働いていた人たちから寄せられた、良い口コミは以下の通りとなっています。

IT系エンジニア・男性

基本的には同業他社より年収は高めの傾向で、それなりに満足できている。

また、各種福利厚生も手厚く、うまく利用することにより手取り以上の生活ができているように感じる。

同年代では差がつきづらいが、残業時間などは厳しく取り締まられており、非管理職の場合は全額支払われる。

IT系エンジニア・女性

年収・ボーナスに関しては、他社に比較して良いほうだと感じる。

しかし、裁量勤務でない場合は残業時間に比例するので必ずしも高いとは限らない。残業代、深夜勤務手当がとても高い。

悪い口コミ

NTTデータで働いている人や働いていた人たちから寄せられた、悪い口コミは以下の通りとなっています。

企画・女性

完全に年功序列。出世も「1年先輩の××くんが次の番だから今年は待ってね」と当たり前に言われました。

逆に言うと時間が経てば課長代理まではなれます。また学歴も多少影響します。

営業系・男性

一定の役職以上は給与以上の業務をこなさなければならず、給与は頭打ちになるといわれている。

人事評価の基準が一定ではなく、上司の裁量に任されるので、給与への不満を持っている社員は相当数いると思う。

NTTデータへの転職・就職を成功させるコツ

NTTデータへの転職を検討しているのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。なぜなら、NTTデータのような大手企業の場合は転職エージェントに求人掲載の依頼をしている可能性が高いからなんです。

転職エージェントにはキャリアアドバイザーが在籍しており、あなたが志望する企業に合った選考対策をおこなってくれます。応募書類の添削をはじめ、面接対策まで徹底的にしてもらえます。

ただ、キャリアアドバイザーの質やサポート力には違いがあるため、以下でご紹介するおすすめの転職エージェント2社〜3社に複数登録をして、自分と相性が良いエージェントを見つけてみましょう。

また、転職すべきか悩んでいる人や自分の市場価値を把握したいという人はビズリーチへの登録をおすすめします。自分の市場価値がわかりますし、NTTデータのような大手企業からスカウトされる可能性もありますよ。

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。
求人企業と強いコネクションがあり、求人票では分からない企業情報も教えてもらえる人材紹介会社です。

ポイント

  1. IT・Web・ゲーム業界の非公開求人は約10,000件!(2019年12月時点)
  2. 新規事業・経営企画・クリエイター等のハイクラス求人を多数保有

ギークリーに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント