フリーターは何歳までが就職のデッドライン?就職のプロが徹底解説!

フリーターは何歳までに就職するのが良いのかの理由プロが徹底的に解説します。

また、正社員になるのにおすすめの職種、就職方法もあわせて紹介します!

フリーターは何歳までに就職するのが良いか

フリーターであるみなさんは就職経験がなかったり、社会的スキルが乏しかったりと就職において不利な点がいくつかあると思います。

そこで実際にフリーターは何歳までに就職するのが良いのか、どんな選択肢があるのか紹介していきます。

フリーターは29歳までに就職するのが良い!

結論から言うと、フリーターが正社員への就職を目指す場合、29歳までにするのが良いです。

なぜなら、求人企業としては30歳を過ぎたフリーターを雇うよりは、同じフリーターでも将来性に期待できる20代や、同じ30代なら経験者を採用したほうが良いと考える傾向にあるからです。

上記の採用状況を踏まえ、今より安定した生活を送りたい、将来的には結婚・子育てをしたいと考えているのなら、29歳までに正社員になったほうが良いでしょう。

20代のうちはまだ選択肢が多い

20代は求人をしっかりと見極めれば優良企業へ就職することも可能です。一方、30代の未経験フリーターを採用している企業は、常に人手不足や激務な場合が多く、20代よりも選べる求人は少なくなります。

ただ、20代だからといって常に求人が潤沢にあるわけではないです。選択肢は25歳、27歳、30歳と年齢を重ねるにつれ、だんだんと減っていきます。就職しないと!と焦っている場合は、すぐに動いたほうが良い企業へ就職できる可能性が高まります。

年齢別に詳しく書いた記事を載せておきますので、是非参考にしてください。

フリーターのメリット・デメリット

フリーターのまま就職せずにいることにはどのようなメリット・デメリットがあるか説明します。

まずはフリーターでいるメリットについてあげていきます。

  • 仕事が精神的にラク
  • 気軽に仕事を変えられる
  • 時間の使い方をコントロールできる
  • 働けば働くほど収入が増える

フリーターはバイトのシフトをコントロールでき、ノルマ達成などの目標もないため気楽に働くことができます。

しかし、それと同時にデメリットもあります。

  • 社会的信用がない
  • 経済的に自立できない
  • 福利厚生の対象外であることが多い
  • フリーター歴が長いほど就職が難しい

このように生きていくうえでフリーターであることが障害になることは多々あります。

これだけでなく、生涯年収や老後の待遇にもフリーターと正社員では大きな違いが出てきます。

以下の記事に詳しく書いていますので、合わせて参考にしてください。

関連記事フリーターって実際どうなの?メリット・デメリットを徹底解説!

【タイプ別】オススメの就職方法

先ほどのメリット・デメリットからもわかるように、フリーターには就職することをオススメします。

フリーターから就職を目指すなら、何かしらの就職支援サービスを利用するのがおすすめです。

以下から、フリーターは何歳までならどんな就職支援サービスを利用するのがいいのか年齢別に説明していきます。

20代:就職エージェント

20代前半ならスキルよりも将来性・体力面が評価される傾向が強く、ポテンシャル採用される可能性が高い年齢です。

就職エージェントは、専任のキャリアアドバザーとの面談を通して、相談者にマッチする求人を紹介してもらえるサービスです。

就職エージェントでは希望に合わせ、あらゆることをサポートしてもらえるので就職経験や実績・スキルのない20代のフリーターの人におすすめです。

就職エージェントで実際に受けられるサポートを以下にまとめています。

  • ブラック企業を徹底排除した求人の紹介
  • 履歴書・職務経歴書の作成アドバイス
  • 応募企業に合わせた面接対策
  • ビジネスマナー講座などを受けられる
  • 面接などのスケジュール調整
  • 入社後のアフターフォロー

就職エージェントによって細かいところは変わりますが、基本的には上記のサポートを受けることができます。

以下でとくにフリーターにおすすめの3社をご紹介します。

利用するコツとしては、すべて登録して比較しながら、最終的には相性の合う就職エージェントを選ぶと就職を成功させやすくなります。

20代フリーターにオススメの就職エージェント

  • UZUZ
    20代専門で内定率86%!フリーター・第二新卒・既卒に特化した就職支援サービス
  • ハタラクティブ
    正社員成功率80%以上!未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有
  • ジェイック
    入社後定着率90%越え! 未経験から正社員へ・書類選考ナシで企業と面接・就職

30代前半:ハローワーク

30代以上のフリーターなら、ハローワークを利用するのがおすすめです。

正社員経験のない30代以上のフリーターだと、正直就職エージェントでは対応してもらえない可能性があります。

就職エージェントは、基本的に20代向けの求人が多いため、30代になってくると、マッチする求人が激減してしまうためです。

ハローワークなら、40代で職歴がない人でも受かるような求人を多数保有しているので、30代ならチャンスはあります。

しかし、ハローワークは求人を無料で掲載できるため、ブラック企業の求人を紹介される可能性があります。

ハローワークの使い方や注意点について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

関連記事ニートはハローワークで転職できる?利用したほうが良い人の特徴と注意点
関連記事ブラック企業の見分け方!16つの業界を転職のプロが暴露

働きながら就職したい人:就職サイト

年齢とは別になりますが、アルバイトなどを続けながら就職を進めていきたい人、自分のペースで進めたい人には就職サイトの活用がおすすめです。

ほかの就職支援サービスと比べ、サポートはないものの、自分の好きな時間に求人を探すことができ、求人の数も多いです。

とくにマイナビ転職エン転職、は20代を対象とした求人を多く取り扱っています。

未経験の職種にチャレンジしたいという人や、就職が初めてという人にもおすすめです。

自分で求人を比較検討したいと考えているフリーターの人は、ほかの就職支援サービスと併用して就職サイトを利用するのも良いでしょう。

就職サイトについて以下の記事で詳しく書いていますので、合わせて参考にしてください。

フリーターにオススメの就職サイト

  • マイナビ転職
    マイナビ転職独自の求人が84 %!居住地域や就きたい職種別に詳しく求人紹介!
  • エン転職
    顧客満足度No.1!それぞれの条件に合った正社員求人多数掲載!

フリーターが就職できる職種3選

就職方法の後は、就職できる職種についても紹介したいと思います。

フリーターにおすすめの高卒・専門卒・大卒のどれであっても、学歴関係なく就職できる職種は、以下の3つになります。

  • 営業職
  • 事務職
  • インフラエンジニア

以下でそれぞれについて紹介していきます。

営業職

営業は、専門スキルよりもコミュニケーション能力や人柄が重視される傾向が多いため、未経験でも挑戦しやすいです。

とくにポテンシャル採用されやすい20代前半の人や過去に営業職に就いたことのある人にオススメです。

営業の中でもとくに、無形商材の法人営業がおすすめです。

営業職について詳しく知りたい人は、以下の記事も参考にしてみてください。

営業職に向いている人

  • タフでストレス耐性がある
  • コミュニケーション能力がある
  • 提案力がある
関連記事【保存版】営業の仕事内容と業界別の年収を徹底解説!

事務職

事務職は、未経験でも働けて、求人が多く出ている仕事です。

事務職はシフトの融通が利きやすく、将来結婚や出産を考えている人に働きやすい環境が整っていることが多いので、とくに女性におすすめの職種です。

ただ、正社員として事務職を採用する会社が少ないというのが現状で、派遣社員から正社員登用をしてもらう流れが正社員への近道になります。

事務職で有利になる資格やスキルには、MOS(Microsoft Office Specialist)や秘書技能検定、日商簿記検定などがあります。

海外企業とやり取りする会社の場合は、語学力もあると有利になります。

事務職に向いている人

  • 物事に対して臨機応変に対応できる
  • PCスキルがある程度身に付いている
  • 縁の下の力持ち的なサポートが得意

インフラエンジニア

インフラエンジニアは、年齢がある程度若く、必要な資格があれば未経験でも働くことは可能です。

インフラエンジニアの仕事は、今後需要のある仕事だと言われています。

ですからこれから勉強していける時間、モチベーションがある人、または既に資格を持っている人におすすめです。

インフラエンジニアになるには、何よりも資格が重要になってきます。先ほど紹介した資格を取得するためには、プログラミングの知識やスキルが必要です。

インフラエンジニアに向いている人

  • 派手なことよりも地味なことが好き
  • 勉強をし続ける忍耐力がある
  • 縁の下の力持ち的なサポートが得意

ここではフリーターが就職できるおすすめの職種を紹介しましたが、以下の記事では逆に就職の難しい職種や、キャリアアップ方法まで詳しく書いてあります。

是非合わせて参考にしてください。

関連記事フリーターが就職しやすいおすすめの職種3選!未経験でも正社員になれる!

迷ったら就職エージェントがオススメ!

「正社員でしっかり働きたい!」と考えている方は、"小さな勇気"を持って一歩を踏み出してみましょう。

就職に関してのノウハウがないフリーターの人には就職エージェントの活用をオススメします。

フリーターの場合資格を取るよりも、就職してビジネススキルを付けたほうがいいです。

正社員になる不安を解消しつつ、安定して働ける優良企業への就職を目指しましょう。

フリーターの就職支援に強いエージェントを3社紹介しますので、気軽に相談してみることをおすすめします。

 

18〜20代前半未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け就活支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代前半未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

ウズキャリに
相談する

第二新卒・既卒・フリーター・高卒に特化した就職支援サービスとしては老舗。
研修やアフターフォローを通じて同じ境遇で頑張る仲間に出会える

ポイント

  1. ノウハウが詰まったオリジナルのスキルアップ研修が無料で受講可能!
  2. 転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらえる

ジェイックに
相談する

フリーターから正社員を目指すのに役立つ関連記事

フリーターから正社員を目指す人に、ぜひ読んでほしい関連記事をまとめてみました。

気になるものがあれば、ぜひチェックしてみてください。

関連記事フリーターの職務経歴書はどう書く?プロがコツを伝授【見本あり】
関連記事フリーター必見!プロが語る履歴書の書き方を大公開!
関連記事フリーターの就活のはじめ方は?面接対策や内定獲得の近道を解説!
関連記事フリーターにおすすめの仕事をタイプ別に紹介!未経験OKの職種アリ
関連記事フリーターから正社員を目指すために必要な知識・コツを徹底解説!
関連記事必見!フリーターにイチオシの就職支援サービスを徹底解説!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント