ハローワークに初めて行くニートに仕事はある?利用の流れを徹底解説

女性 PC パソコン

ハローワークに初めて行くというニートの人向けに、利用の流れや持ち物について解説します。

職歴がなくても相談できるのか?ブランクがあってもいいのか?就職支援には何があるのか?という点についても紹介しています。

ハローワークは国が運営する職業紹介所

ハローワーク(正式名称:公共職業安定所)は、国が運営する職業紹介所で全国に窓口があり、相談料は無料です。

求職活動の申し込みをすれば、職歴がなくて悩んでいるニートの人や、仕事を辞めてからブランクがあって不安という人でも仕事探しができます。

ハローワークは、就職に関する相談や希望に沿った求人紹介を受けられたり、個別面談やセミナーなど、様々なサービスをおこなっています。

また、インターネットサービスも提供しており、ハローワークが取り扱っている求人情報をネット上で探すことも可能です。

ハローワーク利用の流れ

ハローワークを利用する際は、以下の流れになります。

各手順について、詳しく解説していきます。

求職申し込みをする

ハローワークを利用するには、まず最寄りのハローワークで求職申し込みをします。

求職申込書に記入をし、受付の窓口に提出すれば登録完了となります。

ハローワークインターネットサービスでは、ハローワークに行かなくても求職申込書を事前に仮登録できるサービスもあります。

ただ仮登録をしても、1週間以内にハローワークに行って本登録しなくてはいけないので、直接求職申込書を書いたほうが良いです。

登録完了後にハローワークカードを渡されるので、ハローワークに行くときは忘れず持参しましょう

ハローワークカードの有効期限は、申し込んだ月から2ヶ月後の末日までとなります。

相談・求人紹介を受ける

求職申し込みをしたあとは、就職相談・求人紹介をしてもらいます。

事前予約は不要ですが、どういう求人を紹介してほしいのか、求職申込書を見直してから行くとスムーズに求人を紹介してもらえます。

ハローワークは、平日8:30〜17:15まで開いているので、時間内に行くようにしましょう。

求人応募をする

職員に相談し、良い求人が見つかったら実際に応募をする流れになります。

応募したい求人が決まると紹介状を渡されるので、面接の際に忘れず持参しましょう

紹介状を持っていくことで、ハローワークから企業に紹介されたという証明になります。

ハローワークで必要になる持ち物一覧

ハローワークで仕事を探すだけであれば、持ち物はとくにありません。

失業保険の申請をする場合は、以下の持ち物が必要となるので準備しておきましょう。

  • 雇用保険被保険者離職票(退職して1年以内の人のみ)
  • 個人番号書類(マイナンバーカードまたは個人番号の記載のある住民票)
  • 身元確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)
  • 証明写真
  • 印鑑
  • 本人名義の預金通帳またはキャッシュカード

上記にあるように、失業保険の申請には離職票が必要となります。

退職した会社からすぐに受け取れるわけではないので、会社に申請をする必要があります。

ただ、請求しても離職票が会社から届かない場合があり、ハローワークと相談することで職員が会社に離職票を発行するよう要請してくれます。

ハローワークで聞かれることは?

ハローワークで就職相談をする際は、求職申込書に沿って以下のようなことを聞かれます。

  • 今までの職務経歴(アルバイトなども含める)
  • 取得している免許や資格
  • 希望する業界や職種
  • 希望する勤務条件

面接ではないので、職歴に自信がなくて不安な人でも嘘をつかず、リラックスして質問に答えていきましょう。

希望する業界・職種、勤務条件は紹介してもらう求人に繋がるので、詳細を紙にメモしておくと職員に伝わりやすいです。

ニートが利用できる就職支援サービス

ニートが利用できる就職支援サービスは、就職エージェント・ハローワーク・求人サイトの3つです。

各種サービスを、サポートの質・求人の質・求人の量で評価したものを早見表にまとめました。

サポートの質 求人の質 求人の量
エージェント
ハローワーク
求人サイト

各就職支援サービスについては以下の順で解説します。

就職支援サービスについて気になる人は、以下の記事も参考にしてください。

関連記事必見!フリーターにイチオシの就職支援サービスを徹底解説!

ニートの就活にはエージェントの利用がおすすめ

20代ニートにおすすめの就職支援サービスは、就職エージェントです。

具体的にどのようなサポートをしてくれるのか、以下で簡単に紹介します。

  • 未経験歓迎の求人を多数取り扱っている
  • 基準を設け、ブラック企業を徹底排除!
  • 書類選考通過率が高い!
  • 応募企業に合わせた面接対策
  • ビジネスマナーなど各種講座やセミナーを開催
  • 入社後もサポートしてくれるので、定着して活躍できる

上記のように就職エージェントは、ハローワークだけではどうしても受けられないサポートを受けることができます。

そこでおすすめの就職エージェントを転職のプロである筆者が厳選して2社紹介します。就職を成功させたい人はどちらかではなく両方に登録し、それぞれを比較しながら自分と相性の合うエージェントと一緒に就職を進めていくと良いでしょう。そうしたほうが就職を成功させやすいです。

ニート・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

ウズキャリに
相談する

18〜20代前半未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け就活支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代前半未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

地元で仕事を探す際はハローワークの利用がおすすめ

ハローワークの求人は、地域の取り扱い求人には強いので、地元で働くことを考えている人には良いです。

30代以上で職歴に自信のない人に特におすすめです。

また20代などの若い層の場合、就職エージェントを使うことで求人紹介以外のサポートも期待できるので、ハローワーク以外もみておきましょう。

もう少しハローワークについて詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事ハローワークで良い転職はできる?流れや特徴なども紹介!

自分で仕事を選びたいなら求人サイト

リクナビネクストなどの求人サイトは、時間を気にせずに仕事を探すことができます。

ただ、求人サイトで良い求人を見つけても、その後の履歴書・職務経歴書の作成・面接対策などは自分1人で進めていかなくてはなりません。

また、1つのサイトでは求人数に限りがあるので、複数のサイトを同時に利用する必要があり、応募管理が面倒になりがちというマイナス点もあります。

求人サイトが気になる人は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事転職サイト比較|人気の15社を年代・性別・職種別に一覧で紹介!

ニートの就職に役立つ関連記事

就職を目指すニートに役立つ関連記事を載せていますので、こちらも合わせて参考にしてください。

関連記事ニートから正社員に就職する4つの方法!ベストな手段を紹介
関連記事ニートが面接で気をつけること|就職するためのコツを徹底解説!
関連記事ニートの就職におすすめの資格はない?ビジネススキルが重要です
関連記事ニートは何歳までなら就職できる?おすすめの就職方法・職種を大公開!
関連記事ニートが使うべきおすすめ就職支援サービス9選

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント