地方に強い転職サイト・エージェント!47都道府県別におすすめを解説

地方に強い転職サイト・エージェント!47都道府県別におすすめを解説

    地方に強い転職サイト・エージェントを探している人向けに47都道府県別に厳選しておすすめを紹介します。

    IターンやUターンで地元企業の求人を効率よく探すポイントもわかりやすく解説します。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

地方の転職では転職サイトの利用がおすすめ

地方での転職は、企業の経営者・役職者の親族や個人的な伝手(つて)による「縁故採用」や、ハローワークを通した採用が主流となります。ただ、個人的なつながりが期待できない人や転職活動をスムーズに進めたい人は転職サイトを利用するのがおすすめです。

転職サイトはインターネットを利用した転職支援サービスの総称で、大きく「転職エージェント」と「求人サイト」の2つに分けられます。

  • 転職エージェント:転職・就職に関わるあらゆるサポートが受けられるサービス
  • 求人サイト:求人検索~応募まで自分で進めるサービス

それぞれサービス内容に特色があり、向き不向きがありますが、転職のプロによる万全のサポートを受けながらスムーズに転職活動を進めたいなら、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは求人紹介から履歴書・職務経歴書の添削、面接対策など、転職・就職に関わるあらゆることをサポートしてくれます。

転職エージェント末永 末永

コロナ禍以降、地方へのIターン・Uターンを考える人は増加傾向にありますが、馴染みのない土地での転職活動は一般的な転職活動と比較しても苦戦することが多いです。


転職活動のサポートはもちろんのこと、地方へ移住する際に気を付けるべきこともアドバイスをしてもらえるので、地方への転職では転職エージェントを利用するのがいいですね

ここからは、地方の転職を成功させるために利用したい転職エージェントを紹介します。

地方の求人が多いおすすめ転職エージェント

特徴 求人数
リクルートエージェントリクルート
エージェント

公式サイト

▶︎初めての転職に◎
・求人数最多
・大手総合型
・全業界に精通
・未経験OK
684,060件
dodadoda

公式サイト

▶︎第二新卒歓迎
・大手総合型
・全業界に強い
・求人が豊富
256,680件
マイナビエージェントマイナビ
エージェント

公式サイト

▶︎手厚いサポート
・大手総合型
・全業界に強い
・未経験OK
求人多数
2023年11月時点の求人数

転職エージェントならどこでも良いというわけではありません。地方での転職を成功させたいのなら、自分と相性の良い転職エージェントを選べるかが大切です

おすすめは、上場企業から中小企業の求人を保有する大手転職エージェントです。転職エージェントはその地域の特色を把握しており、希望にマッチする会社を紹介してもらえますよ。

転職エージェント末永 末永

地方での転職を考えているのならリクルートエージェントdodaマイナビエージェントの3社は必ず登録しておきたいサービスです。


それぞれ大手人材会社が運営しており、エリアを限定しない地方の求人を豊富に保有しています。さらに地方に住みながら都市部の会社で働けるリモートワークの求人も多く、希望にピッタリ合う求人が見つかりますよ。

ここでは、それぞれの特色を紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは国内最大規模のエージェント型転職サイトで、転職支援No.1の実績があるだけでなく、求職者の約8割が利用する定番サービスです。

最大の特徴は業界最多の求人数です。2023年11月時点では公開求人と非公開求人合わせて70万件を超えています。

転職エージェント末永 末永

たくさんの求人の中から転職先を選びたい人は、リクルートエージェントがおすすめです。


転職支援実績、求人数共に業界No.1なので、安心して利用できますね。地方求人を検索できるのはもちろん、未経験者向け・ハイクラス向けなどさまざまなニーズにマッチする求人を見つけやすいのも大きな強みです。

運営会社
公式サイト
株式会社リクルート
https://www.r-agent.com/
業界・職種 業界:全業界
職種:営業・販売/経営企画/マーケティング/経理・総務・人事/IT/エンジニアなど
求人数 公開求人数:407,520件
非公開求人数:276,540件
リモートワーク:16,599件
オンライン面談 電話・オンライン面談が可能
対応エリア
拠点
全国・海外
拠点:東京/神奈川/北海道/宮城/名古屋/京都/大阪/兵庫/福岡
求人数は2023年11月時点

こんな人におすすめ

●安定した業界最大手のサービスを使いたい
●たくさんの求人の中から選びたい
●地方へ転職したい人
●初めて転職活動をする人

登録はこちら
(公式サイト)

doda

doda

dodaは顧客満足度No.1の大手転職サイトで、全業界・職種の求人を豊富に保有しています。

最大の特徴は求人サイト型とエージェント型が1度の登録で利用できることです。そのため、気に入った求人を見つけたあとに、その求人を踏まえてキャリアアドバイザーにキャリア設計の相談をすることも可能になっています。

転職エージェント末永 末永

求人数が多く、充実した転職支援サービスが受けられるのはもちろん、転職エージェントと求人サイトのサービスを両方利用できるのがdodaのメリットです。


転職の進捗状況に応じて、普段はスカウトサービスで情報収集をしておき、積極的に転職活動を進めたい時はエージェントを利用するなど、転職の進捗状況に応じて使い分けるのもいいですね。

運営会社
公式サイト
パーソルキャリア株式会社
https://doda.jp/
業界・職種 業界:全業界
職種:営業/SE・エンジニア/建築・土木・不動産/機械・電機/企画/管理など
求人数 公開求人数:217,160件
公開求人数+非公開求人数:256,680件
リモートワーク:90,972件
オンライン面談 オンラインまたは電話で実施(エージェントサービスのみ)
対応エリア
拠点
全国・海外
拠点:東京/横浜/札幌/仙台/静岡/名古屋/大阪/京都/神戸/岡山/広島/福岡
求人数は2023年11月時点

こんな人におすすめ

●地方の求人をたくさん見たい
●自分に合う就職先がわからない
●大手企業の求人を探している人
●顧客満足度No.1のサービスを利用したい

登録はこちら
(公式サイト)

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントはリクルート・dodaに次ぐ大手総合型エージェント型転職サイトです。とくに20代〜30代の若手社会人の転職サポートを得意としているため、若手層におすすめです。

マイナビエージェントは新卒領域でNo.1のため、若手を採用したい企業のコネクションが豊富です。未経験歓迎の求人を多く保有しているのも特徴と言えます。

転職エージェント末永 末永

マイナビエージェントは若手社員向けの転職サポートに強みを持ちます。


保有求人数は他の大手転職エージェントに比べて少ない印象があるかもしれませんが、マイナビエージェントと他の転職エージェントを併用していくことで、より効率的に希望の求人を探せますよ。

運営会社
公式サイト
株式会社マイナビ
https://mynavi-agent.jp/
業界・職種 業界:全業界
職種:IT・通信/機械/電気・電子/素材/金融/営業職/クリエイティブなど
転職成功事例 ・QRコード決済の訪問営業→総合広告代理店の法人営業
・アプリのサーバー開発→戦略コンサルのITコンサルタント
・専門商社の営業職→機械業界の人事職
オンライン面談 Web面談・電話でも可能
対応エリア
拠点
全国・海外
拠点:東京/神奈川/北海道/宮城/愛知/京都/大阪/兵庫/福岡

こんな人におすすめ

●20代〜30代で転職を考えている人
●手厚いサポートを受けたい
●キャリアアップしたい若手層

登録はこちら
(公式サイト)

地方のエリア別おすすめ転職エージェント

基本的には、どのエリアで転職活動する場合も、リクルートエージェントdodaマイナビエージェントの3つを登録しておくのがおすすめです。

さらに、転職活動を効率的に進めるなら、転職特化型の転職エージェントの併用も検討しましょう。

地域特化型の地域密着型転職エージェントは、その地域特有の特定業種のみを扱っている傾向にあります。より地域特有の事情が得られたり、地元企業と提携していることから大手転職エージェントにはない非公開求人を扱っている可能性がありますよ。

関東エリア

関東エリアは地域によって求人状況は異なります。求人状況を説明するために厚生労働省が発表する一般職業紹介状況の有効求人倍率を元に説明していきます。

2023年の有効求人倍率をみると、東京都は年間を通しての有効求人倍率が全国平均よりも高く、常に求人が多いエリアです。求人数が多いだけに、転職サイトで希望に合致する求人を検索しても、多くの求人がヒットしてしまうので、応募先を絞り切れずに転職活動に苦戦する求職者も多くみられます。

一方で神奈川県や千葉県は有効求人倍率が1を下回る(人を探している企業数よりも求職者の数が多い)月もあり、なかなか希望の求人が見つからないこともあります。

2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
全国平均 1.35 1.34 1.32 1.32 1.31 1.30 1.29 1.29 1.29
茨城県 1.50 1.52 1.46 1.41 1.39 1.35 1.37 1.36 1.42
栃木県 1.19 1.19 1.20 1.21 1.21 1.19 1.18 1.16 1.16
群馬県 1.47 1.45 1.40 1.40 1.43 1.39 1.42 1.41 1.42
埼玉県 1.07 1.06 1.04 1.05 1.08 1.08 1.07 1.08 1.08
千葉県 1.02 1.06 1.06 1.06 1.03 1.01 0.99 1.00 1.00
東京都 1.72 1.76 1.77 1.79 1.76 1.78 1.79 1.84 1.83
神奈川県 0.92 0.91 0.90 0.90 0.92 0.91 0.92 0.92 0.92

そのため、初めての転職活動でどう進めたらいいのか分からない、時間や手間をかけずに効率よく転職活動を進めたい人は、転職活動に関する充実したサポートが受けられる転職エージェントを利用しましょう。

関東エリアで転職活動を進めるなら、以下の転職エージェントの利用がおすすめです。

おすすめの大手総合型転職エージェント

正社員経験が少ない人におすすめエージェント

  • UZUZ
    平均12時間以上の手厚いサポート!高卒・既卒・フリーターからの正社員転職に強み
  • ハタラクティブ
    大手企業が運営している老舗の転職エージェント!未経験から挑戦できる求人多数
  • マイナビジョブ20's
    未経験OKの求人が7割以上!新卒支援実績No.1のマイナビによる20代向けエージェント

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

  • JACリクルートメント
    国内3位の規模を誇る転職エージェント。年収600万〜1,500万円以上の案件を多数保有
  • ビズリーチ
    年収600万円以上の求人が多数!企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く

北関東に強い地域密着型転職エージェントは「もっと見る」内で紹介しています。

 もっと見る
  • キャリアプラス(茨城県)
  • リージョナルキャリア茨城(茨城県)
  • リージョナルキャリア栃木(栃木県)
  • スターキャリア(栃木県)
  • リージョナルキャリア群馬(栃木県)

北海道・東北エリア

北海道・東北エリアの有効求人倍率を見ると、北海道・青森県・岩手県は全国平均よりも低い傾向にあり、少ない求人を多くの求職者で奪い合う状況が続いています。

対して、仙台市のある宮城県をはじめ、その他の県では売り手市場が続いており、多くの求人から転職先を選びやすい状況です。

2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
全国平均 1.35 1.34 1.32 1.32 1.31 1.30 1.29 1.29 1.29
北海道 1.19 1.15 1.10 1.07 1.04 1.04 1.02 1.03 1.00
青森県 1.22 1.18 1.19 1.21 1.21 1.18 1.16 1.16 1.16
岩手県 1.32 1.30 1.25 1.23 1.25 1.22 1.22 1.23 1.22
宮城県 1.42 1.45 1.41 1.41 1.38 1.36 1.35 1.33 1.36
秋田県 1.49 1.42 1.33 1.37 1.34 1.35 1.32 1.34 1.30
山形県 1.61 1.52 1.46 1.49 1.45 1.40 1.39 1.36 1.40

転職エージェント末永 末永

地方の求人は、大手転職エージェントが多く保有しています。中でも、リクルートエージェントdodaマイナビエージェントに相談するのがおすすめです。


上記の転職エージェントは業界の中でも保有求人数が豊富なので、希望する求人を紹介してもらえる可能性が高くなります。転職者の支援実績も豊富なので、質の良いサポートが望めますよ。

また、地域密着型のエージェントに登録しておくと、大手には掲載されていない非公開求人に出会える可能性もあります。

地域密着型転職エージェントは地元企業と強いパイプを持っていて、その地方独特の転職ノウハウを熟知していることも多いです。より良い求人を見つけるためにも、大手転職エージェントのリクルートエージェントdodaと合わせて、地域密着型の転職エージェントに登録すると良いですね。

北海道・東北エリアにおける地域密着型の転職エージェントは「もっと見る」内で紹介します。

 もっと見る
  1. リージョナルキャリア北海道(北海道)
  2. ジョブキタ紹介(北海道)
  3. HUREX(東北エリア全般)
  4. 東洋ワーク(旧リブライト)(宮城県)
  5. キャリアマネジメント(秋田県)
  6. 山形転職(山形県)
  7. フクジンキャリアサポート(福島県)

北陸・中部エリア

北陸・中部エリアにおける2023年の有効求人倍率は以下の通りです。

全国平均と比較すると、どの県も売り手市場だと分かります。比較的求人は探しやすい状況にありますが、逆に希望する求人を選びきれないこともあります。

2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
全国平均 1.35 1.34 1.32 1.32 1.31 1.30 1.29 1.29 1.29
新潟県 1.61 1.57 1.56 1.58 1.55 1.56 1.55 1.57 1.55
富山県 1.59 1.55 1.50 1.49 1.50 1.45 1.43 1.40 1.43
石川県 1.69 1.63 1.62 1.65 1.62 1.66 1.60 1.57 1.56
福井県 1.90 1.81 1.78 1.84 1.84 1.80 1.76 1.76 1.77
山梨県 1.45 1.45 1.34 1.38 1.35 1.27 1.23 1.23 1.20
長野県 1.57 1.51 1.51 1.48 1.47 1.44 1.43 1.44 1.45
岐阜県 1.67 1.64 1.61 1.56 1.58 1.56 1.56 1.57 1.56
静岡県 1.29 1.27 1.23 1.24 1.26 1.26 1.22 1.20 1.19
愛知県 1.42 1.40 1.34 1.32 1.32 1.35 1.37 1.36 1.34

北陸・中部エリアは売り手市場なので、転職を成功させるためには条件に合う求人を見つけることが大切です。

そこで自分の希望条件にピッタリ合致する求人を、転職のプロの視点から選別・紹介してもらうためにも、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

特に初めての転職活動の場合や、Iターン・Uターン転職志望で頻繁に地元に帰れない人は、効率よく転職活動を進めるためにもリクルートエージェントdodaを利用しつつ、地域に密着した転職エージェントにも相談してみると良いです。

北陸・中部エリアに密着した転職エージェントは「もっと見る」内で紹介しています。

 もっと見る
  1. にいがた就職応援団CAREER(新潟県)
  2. リージョナルキャリア新潟(新潟県)
  3. 新潟 絆エージェント(新潟県)
  4. リージョナルキャリア富山(富山県)
  5. ほくりくFIT転職(富山県)
  6. 北陸人材ネット(北陸エリア全般)
  7. リージョナルキャリア石川(石川県)
  8. ほくりくFIT転職(北陸エリア全般)
  9. ココカラ転職(北陸エリア全般)
  10. 福井転職支援センター(福井県)
  11. カツヤク!(山梨県)
  12. やまなし転職(山梨県)
  13. トロッカ(山梨県)
  14. イーキュア(長野県)
  15. リージョナルキャリア長野(長野県)
  16. 八十二スタッフサービス(長野県)
  17. ウィンオール(長野県)
  18. ジンサポ!ぎふ(岐阜県)
  19. リージョナルキャリア岐阜(岐阜県)
  20. リキャリア(静岡県)
  21. SJCナビキャリア(静岡県)
  22. リージョナルキャリア静岡(静岡県)
  23. Achieve Career(旧JOB転職エージェント)(静岡県)
  24. みらいキャリア(愛知県)
  25. パーソネル(愛知県)
  26. Achieve Career(旧JOB転職エージェント)(愛知県)

関西エリア

関西エリアにおける2023年の有効求人倍率は以下の通りです。

三重県以外は全国平均を軒並み下回っており、転職時期や業界業種などの条件によっては希望に合致する求人を探すのに苦労する可能性もあります。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
全国平均 1.35 1.34 1.32 1.32 1.31 1.30 1.29 1.29 1.29
三重県 1.41 1.41 1.34 1.33 1.31 1.29 1.27 1.25 1.28
滋賀県 1.20 1.17 1.11 1.13 1.12 1.08 1.08 1.09 1.08
京都府 1.25 1.24 1.21 1.21 1.23 1.22 1.20 1.22 1.24
大阪府 1.29 1.30 1.31 1.33 1.32 1.31 1.30 1.31 1.29
兵庫県 1.06 1.02 1.01 1.03 1.01 1.00 0.99 0.99 1.01
奈良県 1.22 1.22 1.20 1.11 1.14 1.12 1.16 1.19 1.14
和歌山県 1.16 1.20 1.19 1.17 1.16 1.13 1.10 1.13 1.11

そのため、なかなか良い求人と巡り会えない場合は転職エージェントから非公開求人を紹介してもらうのが良いでしょう。リクルートエージェントdodaマイナビエージェントといった大手転職エージェントは非公開求人を多く保有しているので、希望にマッチする求人に出会える可能性が高まります。

転職エージェント末永 末永

とはいえ、転職エージェントは各社で取り扱う求人が異なります。


あらかじめ2〜3社ほどの転職エージェントに複数登録し、それぞれの求人やキャリアアドバイザーのサポートの質を比較できるようにしておくのが賢い使い方ですよ。

また、地域密着型の転職エージェントは、地元企業との強いパイプを活かして、大手転職エージェントにはない非公開求人を保有している可能性もあります。

その地域特有の転職事情やノウハウを持っているので、大手転職エージェントのリクルートエージェントdodaと合わせて、地域密着型の転職エージェントにいくつか登録するのがおすすめです。

 もっと見る
  1. パソピア(三重県)
  2. リージョナルキャリア三重(三重県)
  3. コトコト(京都府)

中国・四国エリア

中国・四国エリアにおける2023年の有効求人倍率は以下の通りで、徳島県と高知県を除くと売り手市場のエリアです。

全国的に見ても有効求人倍率は高いエリアなので、比較的求人は見つけやすい傾向にあります。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
全国平均 1.35 1.34 1.32 1.32 1.31 1.30 1.29 1.29 1.29
鳥取県 1.54 1.51 1.51 1.49 1.44 1.44 1.35 1.38 1.37
島根県 1.72 1.71 1.61 1.59 1.55 1.55 1.52 1.51 1.51
岡山県 1.58 1.57 1.57 1.51 1.55 1.57 1.54 1.53 1.58
広島県 1.64 1.56 1.55 1.55 1.53 1.56 1.53 1.52 1.53
山口県 1.59 1.52 1.48 1.46 1.48 1.47 1.50 1.49 1.51
徳島県 1.22 1.21 1.20 1.25 1.22 1.23 1.20 1.19 1.19
香川県 1.52 1.48 1.49 1.43 1.44 1.45 1.46 1.46 1.44
愛媛県 1.47 1.44 1.41 1.38 1.39 1.37 1.34 1.34 1.36
高知県 1.26 1.27 1.21 1.19 1.15 1.14 1.13 1.17 1.17

ただ、あくまでも平均値なので、希望条件によっては理想の求人に出会えない可能性もあります。より多くの求人の中から、自分にピッタリの求人を探したいなら、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェント末永 末永

中でも、大手転職エージェントであるリクルートエージェントdodaマイナビエージェントは、非公開求人を含む豊富な求人数と、確かな転職支援実績が魅力です。幅広い業界業種に対応できるので、多くの求職者におすすめできますよ。

また、大手転職エージェントとともに地域密着型の転職エージェントを併用するのがおすすめです。

地域密着型の転職エージェントは地元企業とのつながりも強く、地域特有の転職事情・ノウハウを豊富に保有しています。転職活動をスムーズに進めたいなら、以下のような地域密着型の転職エージェントも併せて活用しましょう。

 もっと見る
  1. キャプラ転職エージェント(岡山県)
  2. オカジョブキャリア(岡山県)
  3. クリエアナブキ(広島県)
  4. ヒロジョブキャリア(広島県)
  5. メイツ中国(広島県)
  6. キャリプラ(広島県)
  7. じょぶる山口(山口県)
  8. ナインサーチ(山口県)
  9. しごとポータル(徳島県)
  10. いつか徳島(徳島県)
  11. キャリプラ(香川県)
  12. クリエアナブキ(香川県)
  13. リージョナルキャリア香川(香川県)
  14. クリエアナブキ(高知県)
  15. BUNTAN(高知県)
  16. 高知求人ネット(高知県)

九州・沖縄エリア

九州・沖縄エリアにおける2023年の有効求人倍率は以下の通りです。ほぼ全国平均と同程度ですが、沖縄県は倍率が1に高いため、少ない求人を多くの求職者で奪い合う状況が続いています。

なかなか良い求人と巡り会えない人は転職エージェントから非公開求人を紹介してもらうのが良いでしょう。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
全国平均 1.35 1.34 1.32 1.32 1.31 1.30 1.29 1.29 1.29
福岡県 1.26 1.31 1.30 1.30 1.26 1.23 1.20 1.19 1.21
佐賀県 1.39 1.42 1.36 1.36 1.36 1.37 1.36 1.36 1.34
長崎県 1.25 1.23 1.23 1.23 1.24 1.22 1.19 1.24 1.24
熊本県 1.44 1.45 1.41 1.37 1.33 1.33 1.30 1.30 1.29
大分県 1.46 1.46 1.47 1.43 1.42 1.43 1.40 1.39 1.38
宮崎県 1.44 1.46 1.46 1.45 1.44 1.42 1.42 1.40 1.32
鹿児島県 1.36 1.30 1.26 1.21 1.21 1.22 1.20 1.19 1.20
沖縄県 1.02 1.00 1.02 1.06 1.08 1.08 1.09 1.06 1.07

非公開求人は、大手転職エージェントであるリクルートエージェントdodaマイナビエージェントが多く保有しています。

転職エージェント末永 末永

各社で取り扱う求人が異なるため、あらかじめ2〜3社ほどの転職エージェントに複数登録するのがおすすめです。それぞれの求人やキャリアアドバイザーのサポートの質を比較しながら、自分と相性の良い転職エージェントを見つけるのが賢い使い方ですね。

また、より多くの求人に出会うなら地域密着型の転職エージェントにも登録しておきましょう。

地域密着型の転職エージェントは地元企業とのつながりが深く、大手転職エージェントが保有していない非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。

九州・沖縄エリアのおすすめ地域密着型の転職エージェントは「もっと見る」内で紹介しています。

 もっと見る
  1. アソウ・ヒューマニーセンター(九州エリア全般)
  2. ACR(福岡県)
  3. さがUターンナビ(佐賀県)
  4. リージョナルキャリア熊本(熊本県)
  5. インタークロス(宮崎県)
  6. リージョナルキャリア沖縄(沖縄県)

地方でも利用できる転職サイト(求人サイト)

地方での転職活動をスムーズに進めるには、転職エージェント以外にも転職サイト(求人サイト)が役立ちます。

転職サイトは求人検索~応募まで自分で進めるサービスで、転職エージェントのようにキャリアアドバイザーによる支援は受けられません。一方で自分のペースで転職活動を進められるので、まずは情報収集だけしたい人や、転職活動に慣れている人は、転職サイト(求人サイト)が向いています。

ただし、転職サイト(求人サイト)と転職エージェントではそれぞれサービス特性が違うので、どちらか一方を利用するのではなく、それぞれ併用しながら転職活動を進めるのがおすすめです。

特徴 求人数
dodadoda

公式サイト

▶︎第二新卒歓迎
・大手総合型
・全業界に強い
・求人が豊富
256,680件
ビズリーチビズリーチ

公式サイト

▶︎ハイクラス向け
・求人が豊富
・高年収求人
127,000件
リクナビNEXTリクナビNEXT

公式サイト

▶︎総合型
・全業界に強い
・未経験歓迎
101,520件
リクルートダイレクトスカウトリクルート
ダイレクトスカウト

公式サイト

▶︎ハイクラス向け
・求人が豊富
・高年収求人
548,630件
2023年11月時点の求人数

ここでは、地方での転職に役立つ転職サイト(求人サイト)を4つ紹介します。

doda

doda

dodaは顧客満足度No.1の大手転職サイトで、全業界・職種の求人を豊富に保有しています

最大の特徴は求人サイト型とエージェント型が1度の登録で利用できることです。そのため、気に入った求人を見つけたあとに、その求人を踏まえてキャリアアドバイザーにキャリア設計の相談をすることも可能になっています。

転職エージェント末永 末永

dodaは、豊富な求人を保有しているので、自分に合った求人が見つかりやすいのが特徴です。まずは転職サイトを利用し、積極的に転職活動を進めたいなら転職エージェントも利用するなど、転職活動の進捗状況に応じて1つのサービスを使い分けられるのも良いですね。

運営会社
公式サイト
パーソルキャリア株式会社
https://doda.jp/
業界・職種 業界:全業界
職種:営業/SE・エンジニア/建築・土木・不動産/機械・電機/企画/管理など
求人数 公開求人数:217,160件
公開求人数+非公開求人数:256,680件
リモートワーク:90,972件
オンライン面談 オンラインまたは電話で実施(エージェントサービスのみ)
対応エリア
拠点
全国・海外
拠点:東京/横浜/札幌/仙台/静岡/名古屋/大阪/京都/神戸/岡山/広島/福岡
求人数は2023年11月時点

こんな人におすすめ

●地方の求人をたくさん見たい
●自分に合う就職先がわからない
●大手企業の求人を探している人
●顧客満足度No.1のサービスを利用したい

登録はこちら
(公式サイト)

ビズリーチ

ビズリーチの画像

ビズリーチは転職サイト・転職エージェント・スカウトサービスの要素を併せ持つ転職支援サービスです。

転職サイトでは最大級の求人を保有しており、利用すれば年収600万〜1500万円の日系企業や外資系企業と出会える可能性が高いです。

転職エージェント末永 末永

届いたスカウトに記載されている年収やポジションから今の自分の市場価値が把握できるため、転職を積極的に考えていない人にもおすすめです。

ただ、ビズリーチは上記3つの要素を併せ持った転職支援サービスのためサポートは基本的に対面ではなく、電話やメールなどのオンライン上でのサポートが主となっています。

運営会社
公式サイト
株式会社ビズリーチ
https://www.bizreach.jp/
求人数 公開求人+非公開求人数:127,000件
ヘッドハンター数 約5,200人(2022年4月時点)
求人数は2023年11月時点

こんな人におすすめ

●今よりも年収をアップさせたい
●たくさんの求人の中から選びたい
●自分の市場価値を知りたい

登録はこちら
(公式サイト)

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは国内最大級の求人サイト型転職サイトで、取り扱っている求人数も豊富です。リクナビNEXT独自の求人は全体の85%を占めています。

第二新卒や既卒など20代の若手社会人、キャリアアップしたい30代〜40代以上向けの求人も掲載しています。ほぼすべての職種や地方の求人も多数取り扱っているのが特徴だと言えますね。

転職エージェント末永 末永

また、独自の自己分析ツール「グッドポイント診断」があるため、自己分析のやり方がわからない人や、自分の強みを把握したい人におすすめです。

運営会社
公式サイト
株式会社リクルート
https://next.rikunabi.com/
求人数 公開求人数:101,520件
リモートワーク:5,067件
未経験歓迎:17,710件
更新日 毎週水曜日・金曜日更新
求人数は2023年11月時点

転職エージェント末永 末永

一方で、リクナビNEXTは「興味のない求人オファーが届くことがある」との口コミもあるので、より効率的に自分に合った求人を探すなら同じ運営会社のリクルートエージェントとの併用も検討してみてください。

こんな人におすすめ

●たくさんの求人を比較検討したい
●業界大手の会社が展開するサービスを利用したい

登録はこちら
(公式サイト)

リクナビNEXTが提供しているサービスをはじめ、評判や口コミ・体験談などを知りたい人はこちらも合わせてご覧ください!

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトはリクルートグループが運営するハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイトです。

転職後の平均年収は950万円なので、今よりも収入を増やしたい人やキャリアアップを目指したい人におすすめの転職サイトです。

転職エージェント末永 末永

リクルートダイレクトスカウトはハイクラス人材を専門としたヘッドハンターが多数在籍しており、今後のキャリアについても相談することが可能です。

運営会社
公式サイト
株式会社リクルート
https://directscout.recruit.co.jp/
求人数

公開求人数:548,630件


年収600万円以上:253,281件
リモート・在宅勤務可:45,347件
副業・複業可:8,839件
ヘッドハンター数 4,300名以上(2022年5月時点)
2023年11月時点の求人数

転職エージェント末永 末永

リクルートダイレクトスカウトは後発のサービスのため、案件やヘッドハンター数はビズリーチと比較するとやや少ないです。ビズリーチにしかないレアな案件も多いので、まずはビズリーチに登録することをおすすめします。

こんな人におすすめ

●ハイクラスやエグゼクティブ転職をしたい
●短期集中で期限を決めて転職をしたい
●管理職や専門職でハイキャリア層

登録はこちら
(公式サイト)

地方に強い転職サイト・エージェントの選び方

転職サイト・転職エージェントのどちらにもいえることですが、選ぶ際に大切なのは、自分と相性の良いサービスかどうかです。

登録前に相性の良さを判断するのは難しいので、転職サイトと転職エージェントの両方に登録した上で、それぞれの違いを比較すると良いでしょう。

転職エージェントと転職サイトの選び方について、さらに詳しく知りたい人は下記の記事もチェックしてみてください。

地方に強い転職サイト・エージェントの使い方

ここでは、地方転職を有利に進めるために、転職サイト・転職エージェントの効果的な使い方を紹介します。

転職エージェントの使い方・利用の流れ

地方に強い転職エージェントの基本的な利用の流れ

地方に強い大手総合型転職エージェントも、そのエリアの地元企業と強いコネクションを持つ地域密着型の転職エージェントでも、会員登録後の基本的な流れは同じです。

  • 利用の申し込み・会員登録
  • 面談
  • 求人紹介・応募書類の添削
  • 応募・書類選考
  • 面接対策・面接
  • 内定・年収交渉
  • 意思決定
  • 入社

転職エージェントは、「転職のプロ」であるキャリアアドバイザーが転職活動を最後までサポートしてくれるのが最大のメリットです。キャリアアドバイザーは求人紹介から応募、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、年収交渉の代行など、転職活動のあらゆる場面で求職者を強力に支援します。

会員登録後は、求職者の希望する業界・業種や、希望条件などを細かく把握するために、担当のキャリアアドバイザーと面談を実施するのが一般的です。

面談は利用者がキャリアアドバイザーをジャッジする場でもあります。自分が求めている求人を紹介してくれるのか、相性はどうなのかなど、転職エージェントの利用にあたって気になることは、この場で確認しておきましょう。

転職エージェント末永 末永

なお、最初の1社で相性の合うキャリアアドバイザーと出会えるかは分かりません。


キャリアアドバイザーを見極める意味でも、同じタイミングで転職エージェントに2〜3社複数登録するのがおすすめです。迷ったら以下の3社すべてに登録してみると良いでしょう。

おすすめの大手総合型転職エージェント

転職エージェントの使い方や面談について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

求人サイトの使い方・利用の流れ

転職サイト(求人サイト)はスカウト型転職サイトなのか、求人検索型転職サイトなのかで、登録後の利用の流れが変わります。

大きく違うのは求人情報の検索のところで、求人検索型転職サイトでは希望条件に合致する求人情報を自分で検索するのに対し、スカウト型転職サイトの場合はヘッドハンターからのスカウトを受け取ります。

  1. 会員登録
  2. 求人情報の検索またはスカウト
  3. 応募書類作成〜応募
  4. 書類選考・面接
  5. 内定・意思決定
  6. 入社

スカウト型転職サイトはヘッドハンターが基本的には求人の紹介と企業との調整を代行してくれるほか、事前に申し出ることで履歴書・職務経歴書の添削や、面接対策のアドバイスを受けられる場合もあります。

一方で求人検索型転職サイトは求人検索から履歴書・職務経歴書の作成、面接対策、企業とのやりとりまですべて自分でおこなわなければなりません。

月給や福利厚生といった待遇・残業の多さなど、希望条件を自由に指定して検索できるのが求人検索型転職サイトのメリットですが、忙しく転職活動に時間が取れない、専門家のアドバイスを受けながら転職活動を進めたい人は転職エージェントを利用したほうが良いでしょう。

おすすめの大手総合型転職エージェント

転職サイトの使い方や利用の流れについて、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

地方に強い転職サイトを活用するコツ

転職サイトを活用して、地方での転職活動を効果的に進めるためのコツを2つ紹介します。

転職サイトは複数社を併用する

自分にとって最適な転職サイトを見つけるためには、実際に使ってみるのが近道です。

転職サイトによって強みや特徴は異なるので、同じタイミングで複数のサービスに登録し、それぞれのサービスを比較することで、自分と相性の合うサービスを見つけやすくなりますよ。

キャリアアドバイザーに頼る

転職サイトは基本的に自分で全ての転職活動を進めないといけないので、初めての転職活動で何から始めたらいいのか分からない人、日常業務が忙しくなかなか時間が取れない人は、転職エージェントに登録し、専任のキャリアアドバイザーを頼るのも重要です。

転職エージェント末永 末永

転職エージェントは「転職のプロ」であるキャリアアドバイザーがひとりひとりの転職活動をトータルでサポートするのが特徴で、手間のかかる企業とのやり取りや入社条件の交渉の代行や、書類選考・面接対策支援も受けられます。


効率よく、確実に転職活動を進めたいのなら、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

おすすめの大手総合型転職エージェント

転職エージェントのおすすめランキングや評判について、さらに詳しく知りたい人は下記の記事もチェックしてみてください。

地方への転職で転職サイトを利用する注意点

転職サイトを利用して地方への転職を進めたいなら、注意すべきポイントを押さえておきましょう。

転職エージェントを利用する際の注意点

転職エージェントを利用するときに気をつけることは以下の4つです。注意点をしっかり把握した上で、転職エージェントを利用しましょう。

  • 企業情報をそのまま鵜呑みにしない
  • ミスマッチな求人を紹介されることもある
  • 優先順位もエージェントの都合が影響しやすい
  • 複数の転職エージェントから同じ求人に応募できない

転職エージェントは求職者が無料で利用できるサービスですが、クライアント企業へ求職者を紹介し、採用に至った場合に企業から報酬を受け取るビジネスモデルです。

そのため、スキルや希望に見合っていない求人案件を紹介されてしまったり、転職エージェント利用上の制約もあるので、注意点をあらかじめ理解しておくと納得の転職が実現しやすくなりますよ。

4つの注意点をどのように気をつければ良いのかについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

求人サイトを利用する際の注意点

求人サイトは、多くの求人を見ることができ、自分のペースで転職活動が進められる一方で、すべての転職活動を1人でこなさなければなりません。

多くのある求人から自分にマッチする求人を選定し、企業研究や応募書類の準備、面接対策、日程調整などが必要になるのはもちろん、スムーズに転職活動を進めるには転職市場に関する知識も求められます。

また、スカウト型転職サイトの場合は、採用担当者やヘッドハンターからのスカウト受けて転職活動を進めますが、採用担当者やヘッドハンターは求職者の履歴書・職務経歴書を確認してスカウトを送るかどうか判断しています。

採用担当者やヘッドハンターは多くの求職者の応募書類を見ているので、テンプレのようなありきたりな自己PRでは人事の目に留まりません。

より多くのスカウトを獲得するには、自分の魅力がしっかりと伝わるようにオリジナルの自己PRを考えることが重要ですよ。

転職サイトに登録する自己PRの書き方は下記の記事で詳しく解説しています。

地方で転職エージェントが使えないは嘘

地方でも転職エージェントを利用することは可能です。ただ、転職エージェントによっては地方の求人を十分に扱っていない可能性もあります。

転職エージェント末永 末永

希望する求人が見つからない場合は、リクルートエージェントdodaマイナビエージェントなどの大手転職エージェントを確認してみるのがおすすめです。


全国の求人を幅広く扱っているのはもちろん、非公開求人も多数保有しているので、条件にマッチする優良求人が見つかるかもしれません。

おすすめの大手総合型転職エージェント

地方の転職で転職サイトを利用する際によくある質問

地方への転職で転職サイトを利用する際に良くある質問をまとめました。参考にしてみてください。

転職サイトと転職エージェントの違い

人物 転職者

転職サイトと転職エージェントの違いはなんですか?

転職エージェント末永 末永

転職サイト(求人サイト)は、インターネット・Webに様々な業界や職種の求人を掲載しているサービスで、求職者は掲載されている求人から応募したい案件を自ら選び、直接企業とコンタクトを取っていきます。


対して、転職エージェントは、キャリアアドバイザーが企業と求職者の間に立ち、求職者の希望条件などをもとにマッチする企業をつなぐサービスです。キャリアアドバイザーは面接対策や内定後の条件交渉など、入社まで全面的に支援してくれます。

転職エージェント末永 末永

サポートの有無は、転職エージェントと転職サイト(求人サイト)の1番大きな違いであると言えますね。


転職エージェントは、プロがすべてサポートしてくれるので転職成功率が上がり、また働きながらでもスムーズに転職活動を進められますよ。

転職サイトは登録だけでもOK?

人物 転職者

転職サイトは登録だけでも大丈夫ですか?

転職エージェント末永 末永

もちろん大丈夫です。積極的に転職活動をしている人だけでなく、「転職するかどうか迷っている」「どんな求人があるのか情報収集したい」など、まだ検討段階にある場合でも、転職サイトに登録するメリットは多くあります。


多くの転職サイトは情報収集や市場価値の把握などを目的として、とりあえず登録している状態を歓迎しているので、少しでも転職に興味があれば転職サイトを利用してみましょう。

会員登録なしの転職サイトってある?

人物 転職者

会員登録なしで利用できる転職サイトってありますか?

転職エージェント末永 末永

登録なしで利用できる転職サイトはありますが、求人情報の閲覧のみなど、利用できる機能に制限がかかります。求人への応募や企業・ヘッドハンターとのやり取り、診断ツールの利用など、すべての機能を利用するには会員登録は必須ですね。


転職サイトを利用するにあたって費用はかからず、簡単に登録手続きできるので、サービスを活用するためにも、とりあえず会員登録を進めておくのがおすすめです。

転職サイトに登録しているのがバレることはある?

人物 転職者

転職サイトに登録しているのが会社にばれることはありますか?

転職エージェント末永 末永

転職サイトではガイドラインを設定し、厳重に求職者の個人情報を扱っています。求職者の氏名や勤務先、住所などの個人情報は非公開となるので、転職サイトのシステム的に現在在籍している会社に転職中であると知られることはありません。


ただ、「職務経歴書に部署名やプロジェクトの詳細、商品サービス名を記載している」「会社のパソコンや回線で転職サイトを利用している」など、求職者の使い方次第で会社にバレることはあるので注意が必要です。

転職サイトの口コミの信憑性ってどうなの?

人物 転職者

転職サイトの口コミの信憑性って正直なところどうなんですか?

転職エージェント末永 末永

口コミは転職サイト利用者からの貴重な情報が得られて便利な一方で、「本当に信用できる情報なのだろうか」「口コミがあてにならない!」と口コミの信憑性を不安視する求職者は多くいます。実際に、匿名性ゆえに偏った意見や、サクラによる過度に誇張された口コミがないとはいえません。


口コミは参考程度に確認するのと、「良い口コミ・悪い口コミをバランス良く確認する」「複数の口コミサイトを比較してみる」などで利用者側での心構えも必要ですね。

転職サイトのスカウトに落ちる理由

人物 転職者

転職サイトから届いたスカウトに落ちる理由ってなんですか?

転職エージェント末永 末永

転職サイトからのスカウトは面接や内定を確約するものではないため、スカウトから選考に進んだとしても、選考結果によっては落ちてしまうこともあります。


そもそも転職サイトのスカウトメールは、転職サイトに登録されているプロフィールや業務経歴、希望条件とマッチング度が高い求職者に送られるサービスです。スカウトを受けている以上、選考が有利に進む可能性はありますが、「企業が求職者の登録情報に興味を持ってくれている」程度に受け取りましょう。

転職サイトのスカウトが怪しい理由

人物 転職者

転職サイトのスカウトが怪しいと感じる理由はなんでしょうか?

転職エージェント末永 末永

スカウトによっては定型文言で送信されていたり、明らかに希望とは異なる職種・条件で送信されたりする場合もあるので、怪しいと感じるのも事実でしょう。


これらのスカウトは一定程度の条件に該当する求職者に対して幅広く一斉送信されています。あまりにも希望に合致しないスカウトばかり届くという場合は、転職サイトに登録しているプロフィールや希望条件を見直したうえで、配信設定を見直しましょう。

転職サイトで同じ会社ばかり表示される理由

人物 転職者

転職サイトで同じ会社ばかり表示されます。なぜなのでしょうか?

転職エージェント末永 末永

転職サイトの検索アルゴリズムによって、1度見た会社は「興味がある」「関心度が高い」と自動的に判断されてしまい、同じ業界や似た会社が表示されることはよくあります。もし、興味がない会社が表示されてしまったらキャッシュクリアやブラウザをシークレットモードにしてから探してみると、同じ会社が表示されにくくなりますよ。


ほかにも、採用強化や宣伝目的のために、より掲載料を多く支払うことで求人掲載枠を多く確保している企業である可能性もあります。

転職サイトの求人が派遣ばかり

人物 転職者

転職サイトで表示される求人が派遣ばかりです。正社員の求人を探したいのですが、どうしたら良いのでしょうか?

転職エージェント末永 末永

転職サイトが求人を表示する際は、求職者のプロフィールや職務経歴書に登録された内容を参考にマッチングをします。そのため、プロフィールや職務経歴書に一般的なスキル・経験のみを記載している人は、高度な専門スキルが必要な求人ではなく、応募条件のハードルが低めな派遣の求人がマッチしやすくなるのです。


正社員求人を検索したいなら、プロフィールを充実させるとともに、「業界・職種の選択肢を広げる」「担当者に希望条件を伝える」「複数の転職サイトを併用する」など使い方を工夫することも効果的です。

転職サイトを退会する方法

人物 転職者

転職サイトを退会する方法を教えてください・

転職エージェント末永 末永

転職エージェントと転職サイト(求人サイト)で退会方法は異なりますが、基本的にはいつでも退会可能で、登録解除・解約によるペナルティや違反金なども発生しません。


転職エージェントの場合は、担当のキャリアアドバイザーにメールや電話で退会の旨を伝えるか、転職エージェントの公式サイトに用意された退会フォームから連絡します。


対して、転職サイト(求人サイト)の場合は、転職エージェントの公式サイトの退会フォームから連絡しましょう。

line

line

人気の転職エージェント