転職したばかりで結婚って大丈夫?妊娠・出産にベストなタイミングを紹介

  • !

転職したばかり 結婚 妊娠 出産

    転職したばかりで結婚しても良いのか悩んでいる人も多いと思います。

    そこで転職する前に結婚したほうが良いのか、それとも後にしたほうが良いのか解説しています。また合わせて、妊娠や出産が被ってしまった場合についてもお伝えしていきます。

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

転職したばかりで結婚しても大丈夫

人物 転職者

転職したばかりで結婚することになりそうなのですが、大丈夫なのでしょうか?

転職エージェント末永 末永

仕事も結婚もどちらも大切ですよね。とくに女性の転職者に多い悩みなのですが、まったく問題ありません

ただ、大変なことも色々ありますので、認識しておくべきことや覚悟しておく必要があります。

具体的にどのようなことを認識・覚悟しておくのが良いか、以下に3つ挙げてみました。

  • 仕事に慣れ、覚えるのが大変
  • 新しい人間関係の構築で精神的な負担になる
  • 手続き上のことも発生する

同じ時期に転職と結婚をしてしまうと、両方の環境に慣れなければいけません。また、氏名の変更など手続き上の手間もかかるため、可能であれば結婚する1年前に転職したほうが良いですね。

転職エージェント末永 末永

1年前に転職しておくことで仕事にも慣れて、新しい人間関係をしっかりと築けた状態で結婚することができて安心ですよ。

とはいえ、やっぱり不安な気持ちもあると思いますので、結婚や妊娠・出産などに理解がある会社に転職したいですよね。そのような相談をしたい人は、以下でご紹介する転職エージェントの利用も視野に入れてみてください。

おすすめの転職エージェント

今現在、転職しようか悩んでいる人はビズリーチに登録しておくと、経歴を見たヘッドハンターからスカウトが届くのでおすすめですよ。

転職する前に結婚するのがおすすめの人

転職する前に結婚を考えているという人も多いと思います。ただ、中には本当に転職前に結婚して良いものなのかどうか…と悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

そこで、以下に転職する前に結婚するのがおすすめの人をまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。

上記に挙げた3つのおすすめの人について、次で順番に詳しくお話していきたいと思います。

長期の新婚旅行を考えている人

長期の新婚旅行を考えている人は、転職してすぐだと長期休暇が取りにくいため、転職する前に結婚するのがおすすめです。

近年では、結婚祝金や結婚休暇というような福利厚生を整えている企業が比較的に多いんです。

ただし、勤続年数によって金額が変わることもあれば、一定年数以上ないと支給されないケースもあります。一方、結婚休暇も入社して半年経たなければ取得することができません。

そのため、長期の新婚旅行を考えている場合は、転職する前に結婚するのが良いと言えますね。

ストレスを感じやすい人

ストレスを感じやすい人も、転職する前に結婚するのが無難だと言えますね。というのも、結婚式の準備や挙式を挙げるのはとても喜ばしいことですが、環境の変化によりストレスを受けることになるからなんです。

同時期に転職活動や転職をすることで環境の変化が大きくなり過ぎてしまい、体調を崩してしまったりうまく新しい会社に馴染めなかったりすることもあります。

だからこそ、慣れている現職で結婚の準備や挙式を済ませてしまうのがおすすめだと言えますね。

有給を取りたい人

結婚を考えている人の中には「まだ残っている有給をしっかりと取りたい」と思っている人もいますよね。そんなふうに考えている人も、転職する前に結婚することをおすすめします。

なぜなら、転職した場合は入社半年後から有給が付与される会社が多く、挙式の準備などで休む場合は給与から休んだ分をマイナスされてしまうからなんです。

そのため、現職で残っている有給休暇を使用して結婚の準備や挙式を済ませるのが良いでしょう。

転職した後に結婚するのがおすすめの人

次に、転職した後に結婚を考えているという人もいますよね。こちらも同じく、本当に転職後に結婚したほうが良いのかどうか悩んでいる人もいると思うんです。

そこで、以下に転職した後に結婚するのがおすすめの人をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

上記に挙げた4つのおすすめの人について、次で順番に詳しくお伝えしていきますね。

妊娠・出産の予定がある人

妊娠・出産の予定がある人は、転職した後に結婚することをおすすめします。というのも、入社後すぐには産休・育休を取得できないからなんです。

ほとんどの会社が入社して1年以上経過していなければ、産休・育休の取得ができないことになっています。そのため、ライフプランから逆算して考えたほうが良いと言えますね。

妊娠・出産を考えている人は、余裕を持って2年〜3年前から転職活動をして、できるだけ早い段階から勤続年数を積んでおくことをおすすめします。

というのも、前もって転職しておくことで職場にも慣れて人間関係も築くことができるからなんです。

そうすることでお休みを取得するとなったときでも、周囲から理解してもらいやすくなり、サポートもしてもらいやすくなります。

結婚相手が同じ会社の人

結婚相手が同じ会社の人だという場合も、転職した後に結婚するのが無難だと言えますね。今時はあまり気にしない会社も多くなっていますが、まだまれに社内恋愛を禁止にしている会社もあります。

その場合は、転職をしてから結婚するほうが何もトラブルを起こすことがなく、スムーズに結婚の準備などをおこなえるのでおすすめですね。

社内恋愛禁止の会社はそんなに多くないとは思いますが、もし該当する人は転職した後に結婚するほうが無難ですよ。

来賓を気にしたくない人

現職の人間関係などで挙式や披露宴に誰を呼ぶのか、しがらみがあるという人も転職をしてから結婚するのがおすすめですね。

転職した後であれば、会場の広さを考慮した上で思い切って職場の人たちを呼ばないという選択ができます。その代わりに出勤の際に菓子折りを持っていくなど、工夫することで印象を落としてしまう恐れもありません。

また、この先も長い付き合いをするのであれば、前職の人も招待しておくのが無難ですね。もし新しい職場の直属の上司を招待しており、主賓の挨拶を前職の上司にお願いする際には、転職先の上司に一言断りを入れるようにしましょう。

結婚を機にローンを組もうと思っている人

結婚を機にローンを組もうと考えている人は、転職した後にするのが良いです。なぜなら、就業企業や年収・勤続年数により、借り入れられるかどうかや借入金額が変わってくるからなんです。

ローンを組んだ直後に転職してしまうと、金融機関に申告しなければならないため、それにより再度審査が必要になるなどの面倒が増えてしまいます。

最近では転職後の勤続年数が1年未満であっても審査を通過できるケースも増えてきているため、転職後にローンを組んだほうが面倒が少なくておすすめですね。

転職してすぐの妊娠・出産は注意が必要

転職したばかりでの妊娠・出産は注意が必要になります。なぜなら、転職してすぐ産休を取るのは厳しいことが挙げられます。

また、同じ会社に継続して1年以上勤務していなければ育休申請ができないため、2年〜3年前くらいから転職活動を始めるのがおすすめです。

さらに、出産育児一時金の取得は可能ですが、育児休業給付金の取得はできません。利用できる制度や利用できない制度も出てきますので、事前にしっかりと確認しておく必要もありますね。

産休・育休について

  • 産休(産前休業・産後休業)
    労働基準法で定められており、出産するすべての人が取得できる制度です。
    産前休業は出産予定日の6週間前、双子以上の場合は14週間前から取得できます。

    一方、産後休業は出産の翌日から8週間まで取得できます。産後休業は本人の申し出に関係なく、6週間は就業させることができないという決まりとなっています。

  • 育休(育児休業)
    育児休業は養育する子どもが満1歳の誕生日を迎える前日まで認められている制度です。
    女性だけではなく男性でも取得すること可能で、父母ともに育休取得する場合は1歳2ヶ月まで取得期間を延長できます。

    1人の子どもにつき父母どちらも原則1回の取得となっていますが、育児休業開始予定日の1ヶ月前までに会社へ申請する必要があります。また、父親については出生後8週間以内に育休を取得した場合、特例で再度育休を取得することが可能となっています。

出産育児一時金について

出産育児一時金は、妊娠4ヶ月目(85日)以上の出産(死産・流産等も含む)について、公的医療保険から支給されるお金のことを指します。ただし、正常分娩の場合の費用は公的医療保険の対象にはなりません。

支給額は産科医療補償制度加入分娩機関で出産した場合、在胎週数第22週以降のものに限られますが、1人につき42万円となっています。それ以外の場合は40.4万円です。

育児休業給付金について

育児休業給付金は、育児休業開始から180日目までは休業開始の資金の67%、そして180日目からは50%が支給されます。ただし、支給額には上限額と下限額があります。

また、母親の産後休業は育児休業給付金の支給対象となる、育児休業の期間には含まれません。父母ともに休業する場合は、後から育児休業を開始するほうは子どもが1歳2ヶ月になる誕生日の前日までの、最大1年まで支給されます。

時短勤務を希望する場合

中には短時間勤務を希望する人もいると思います。しかし、残念ながらかなり専門性が高く短時間でも成果を出せる人ではない限り難しいのが現実です。

とはいえ時短勤務がしやすい会社もあります。しかし、時短勤務が可能な会社を見つけたいと思っていても、実際に自分で探すのは難しいことですよね。そこで提案したいのが転職エージェントなんです。

転職エージェント末永 末永

転職エージェントでは制度の利用率や育児休暇を取得して復帰した人の割合、復帰した後のキャリアについても教えてもらえます。

仕事とプライベートを両立できる会社を提案してもらえるので、相談をしながら転職活動をおこないたい人におすすめですよ。

おすすめの転職エージェント

今すぐに転職はしないけれど転職を視野に入れている人は、ビズリーチに登録してオファーが届くのを待つという手も1つの方法ですよ。

転職活動と結婚・妊娠・出産が被った場合

転職活動と結婚・妊娠・出産が被ってしまった場合は、自分のライフプランの中で何を1番優先したいのか決断することが大きなポイントです。

例えば、妊娠を優先するのであれば転職は後回しにしたり、結婚式を優先するのなら転職期間をずらして上手に進めたりするのが良いですね。

女性の場合、とくに結婚直後だと出産に対して懸念される傾向にあります。そのため、面接では「結婚を控えていますが、子どもは数年考えていません」など、自分から安心材料を提示すると良いですよ。

転職エージェント末永 末永

ただでさえ、転職活動はストレスが溜まりやすいため、結婚式の準備まで被ってしまうと精神的に余裕がなくなってしまいます。

だからこそ、転職期間が被らないように転職と結婚をずらすのがおすすめです。

結婚・育児と仕事を両立させたいのなら

結婚・育児と仕事を両立させたいと考えている人も多くいると思います。しかし、結婚や育児に理解のある会社を自分で探すのは大変ですし、どのように見つけたら良いかわからない人もいますよね。

そこで提案したいのが転職エージェントなんです。近年では女性の転職に強いエージェントもあるので、キャリアアドバイザーに自分のライフプランやライフイベントについて相談して転職先を探すことができますよ。

自分では得られないような福利厚生の詳細情報なども教えてもらえるため、初めての転職だから不安だという人でも大きな安心感があります。

以下におすすめの転職エージェントをまとめておきました。2社〜3社に複数登録をして実際に面談をした上で、信頼できるキャリアアドバイザーと一緒に転職活動を進めていくのが良いですよ。

すべての人におすすめしたいエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
マイナビが運営する女性に特化した転職エージェント!
キャリアアップと年収アップを目指す人のための転職支援サポート

マイナビエージェント

ポイント

  1. 女性ならではの悩みに寄り添った転職エージェント
  2. 非公開求人を80%以上保有
  3. 全国問わず様々な求人が多数!

マイナビエージェント
に相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがおすすめです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)
に相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメント
に相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない人向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ハタラクティブ

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人3000件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブ
に相談する

多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

UZUZ

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒアリングさせて頂きます

UZUZ
に相談する

エンジニア・デザイナーの転職におすすめの転職エージェント

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

マイナビIT AGENT

ポイント

  1. エンジニアがスキルアップできる求人多数
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENT
に相談する

エンジニアの求人も豊富に保有している
国内最大級の定番エージェント

リクルートエージェント(IT)

ポイント

  1. エンジニア求人は業界最大の10万件以上!
  2. プログラマーや品質管理、社内SE、テクニカルサポートなど人気の職種を網羅
  3. 専門のアドバイザーチームがあり、IT・Web業界ならではのサポートが充実

リクルートエージェント(IT)
に相談する

転職活動に役立つ記事

転職活動に役立つ関連記事を以下に複数まとめてみました。

転職を検討しているけれど結婚する前と後のどちらが良いのか悩んでいる人や、転職に関する不安や悩みを抱えている人は、ぜひ参考までに読んでみてくださいね!

女性向けの転職ノウハウについて知りたい人は、以下の記事もチェックしてみてください!

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

人気の転職エージェント