第二新卒でハローワークを使うべき?おすすめの転職方法は?

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

第二新卒者が転職をしようとした際、初めての転職でどうしたら良いかわからず、とりあえず有名なハローワークってどうなんだろう?行ってみようかな?って思う人は多いんじゃないかって思います。

そんな第二新卒者に向けて、今回はハローワークって実際のところどうなのかを、ぶっちゃけて解説していこうと思います。

第二新卒で転職するならハローワークは使うべき?

第二新卒でハローワークを利用するのは、ぶっちゃけおすすめ出来ません。

まあ人によると言ってしまえばそれまでなのですが、ハローワークに掲載されている求人は基本的に、ベンチャーでも大手企業でも、中堅企業でもない中小企業が多いんですよ。さらにファッションやエンタメ業界など、特殊な業界の求人はほとんど扱っていません。

ハローワークの特徴として、求人を掲載するのにお金がかからないっていう点があるんです。むしろ特定の人を採用したらもらえる、補助金目当てで求人を掲載している企業もあるぐらいです。

実際に掲載されている求人で多いのは、投資用マンションの営業とか不動産のカウンター営業、土木系の求人とか不人気業種が多いんです。その中には当然ブラック企業の求人もあります。

ハッキリ言うと、40代で職歴がない人でも受かるような求人を多く取り扱っているのがハローワークです。

そのような仕事でも別に構わないという人なら良いですが、私としてはまだ若い第二新卒者がハローワークで仕事を探すのは、勿体無いなと思います。

そうは言っても、逆にハローワークで仕事を探しても特に問題ない人はいます。具体的に、どういった人ならハローワークで仕事を探しても問題ないのか、以下から解説していきますね。

地元で働きたい人はハローワークに向いている

ハローワークは地域密着の傾向が強くて、地元企業の求人を数多く取り扱っているんですよ。地元で仕事をしたい!と思って、職探ししている人には良いかもしれません。

ただ、先程もお伝えした通り、特殊な業界の求人はかなり少ないです。なので、地元で働ければ職種は特にこだわらない人に向いているかもしれないですね。

ただ、そういう人でもまずはハローワーク以外の転職エージェント・転職サイトを利用して、それでも見つからない場合に頼るべきです。

転職エージェントや転職サイトの中には、地域の求人に特化したものもあり、地元の仕事を探すこともできるんです。さらに職種も多く取り扱っているので、自分が希望している職種で探すことも可能ですよ!

不動産・24歳
転職する際にハローワークを利用しました。他の転職サイトとかと違って、面倒な登録手続きがなく、スムーズに仕事探し出来たと思います。利用するのにもお金がかからず、リスクがありません。

求人数は噂通り多いと思います。まあ僕自身、特に職種に希望もなかったので、業界で選ぶ必要もなかったからかなーと思いますが。

エンタメ・25歳
ハローワークは若い人よりも、歳がいってる人が多い印象でした。雰囲気もなんとなくドヨーンとしてて、僕はちょっと受け付けられない感じですね。

いきたい業界は決まっていたので、その業界で職探しをしていたんですけど、全然良い求人はヒットしませんでした。また日を改めて行ってみても、変わらず。専門的な仕事にはかなり弱いと思います。

第二新卒でおすすめな転職方法とは

第二新卒者が転職をする時におすすめの方法は、ズバリ転職エージェントを利用することです。一応言っておくと、私が人材業界の人間だからおすすめしている訳ではありません。

ではなぜ、第二新卒者は転職エージェントを利用するのがおすすめなのか?以下から詳しく解説していきましょう。

面接対策してもらえる

第二新卒者にとって、転職は初めてのことで右も左もわからない状況かと思います。実際に新卒と第二新卒では、面接時に話す自己PR1つとっても違いがあるのです。

転職エージェントでは、実際に転職における面接では新卒時とどのように違うのかだったり、志望企業に合わせた面接対策を丁寧にテクチャーしながら対策してくれます。

また、履歴書と職務経歴書の添削もおこなってもらえ、初めての転職でもしっかりサポートくれるので、内定確率をあげることが出来ます。

求人数が豊富

転職エージェントは、通常の転職サイトやハローワークにはない、非公開求人を取り扱っています。転職エージェントで扱っている約8割の求人は非公開のもので、これは登録しないと見ることすら出来ないんです。

実際にエージェントを使うのはなんか嫌だな……。という人は、とりあえず登録だけでもしてみて、実際掲載されている求人を見てみるだけでもありです。

代理で連絡・交渉してくれる

転職エージェントは、面倒な企業との連絡や、伝えにくい年収の話を代わりに伝えてくれます。

特に年収の交渉は、自分で伝えにくかったり、印象を悪くしてしまうリスクがあります。ただ、転職エージェントが間に入ることで、上手く交渉してくれ、印象も悪くならず、スムーズに話が進みやすいです。

また、第二新卒に強い転職エージェントについて詳しく知りたい方は、以下の記事もぜひご覧ください!

第二新卒が転職エージェントで失敗しない方法とオススメ8社比較

エージェントを利用したくない人は転職サイトを使おう

転職エージェントを利用するということは、キャリアアドバイザーと対面で転職活動を進めていくので、どうしても嫌だなぁ……と思う人もいるかと思います。

そういう人は、転職サイトの利用をおすすめします。転職サイトの中には、第二新卒に特化しているものがあります。第二新卒歓迎な求人もあり、積極的に採用をおこなっている企業の求人が多いです。

第二新卒でおすすめの転職サイトについては、以下のリンクで紹介しているのでよかったら目を通してみてください!

絶対失敗しない!第二新卒におすすめする転職サイト5選!

第二新卒でおすすめの転職エージェントをプロが紹介します!

最後に、第二新卒に強みを持つオススメの転職エージェントをご紹介します!

それぞれの特徴を下記にまとめていますので、自分に合っていると感じた転職エージェントへ気軽に登録することをオススメします!

第二新卒に強い大手エージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

第二新卒・既卒者に特化した転職エージェント

第二新卒・既卒・フリーター・高卒に特化した就職支援サービスとしては老舗。
研修やアフターフォローを通じて同じ境遇で頑張る仲間に出会える

ポイント
  1. ノウハウが詰まったオリジナルのスキルアップ研修が無料で受講可能!
  2. 転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらえる

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント
  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!