短期間で転職しても良いの?転職のプロが成功する秘訣を伝授!

The following two tabs change content below.
アクシス(株)代表  末永雄大

アクシス(株)代表  末永雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

新卒で入社した会社を早期で退職してしまう方の転職相談

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

今回は新卒で入社した会社を1年〜2年と早期に退職した、もしくは退職したいという方向けにお伝えしたいことがあります。

先日友人の後輩Aさんが、新卒で入った会社を1年半で退職したので、次の転職先を探すにあたり相談に乗って上げてほしいと依頼がありました。

転職先を探している後輩Aさん本人は、当初は自分一人で探して、壁にぶち当たってから、「転職エージェントに相談してみよう」と考えていたようですが、

私の友人が「就活で自分で選んで入社した会社を短期間で退職した人間に、本当に自分に合った転職先を見つけられると思う?結局、転職しても自分に合わずに、またすぐに転職を繰り返してしまう人って意外と多いんだよ」

と話したところ、一度プロに客観的な意見をもらいたいと、後日お会いすることになりました。

当初は転職サイトに登録したり、求人情報を閲覧していたそうで、やりたい事は営業職に絞っていた程度で、業界を絞らずに探していたため、

「営業職でも求人情報が多すぎて、実際自分に合っている求人を絞れずにいたので、どの求人が自分に合っているのか分からなかったし、実際に何をするのか仕事のイメージもついていなかったです。今回は本当事前に相談ができて良かったです。」

と言って頂けました。

求人情報を何件眺めたところで選択軸が固まらなければ選べない

私のところへ相談に来てくれる方にも、特に多いのですが、新卒で入社した企業を短期間で転職している方の中で、自力で次の転職を探された方は、その次の転職先も短期間で辞められている方が、実際多い傾向にあるなぁ、と感じています。

そもそも自分の中で、仕事に対する軸が決まっていない場合は、大量の求人情報をいくら眺めたところで、次の転職先を探すのは非常に難しいです。

自力で探そうとなると、求人サイト、あるいは求人企業の中途採用ページを見て、会社規模、職種、給与条件、勤務地等しか確認できず、特に異業界への転職であれば、その求人企業の深いところまで確認することが難しい場合がほとんどです。

また、仕事内容に関しても深く認識できずに面接後に内定をもらったのでと深い考えなく入社し、結果入社前と入社後の仕事内容にギャップがあり、新卒で入社した会社と同じく短期間で再度退職してしまうという方が結構いらっしゃいます。

一般的に転職エージェントを介して転職活動をすることによって、求人企業の選定の前に、今後どんな人生を歩みたいのか、どんなキャリアを形成していきたいのかをまず確認します。

その後、転職者の意向に合った求人先を選定しますので、転職者本人が誰にも相談せずに転職活動をするよりも、圧倒的にミスマッチを防ぐことができると考えています。

→【無料】転職と言えば、業界最大手のリクルートエージェントにまずは相談をしてみましょう!

現状逃避・回避の先が「やりがい」ではない

早期に退職した方の傾向として、現職に対して強いネガティブ感情をお持ちであるケースが多いです。

転職をしようと思うくらいですので当たり前ではあるのですが、そう言った方は、現職企業の不満を回避する事にばかりとらわれてしまいがちで、求人や転職先選びも短絡的になりがちで、再度失敗を繰り返してしまうケースが多いです。
どんな会社も良い点もあるし、その反対に悪い部分もあるものです。あっちを立てれば、こっちが立たず、となる事が多いのです。

そのため、例え短期的に、現職の不満は払拭・解決できたとしても、入社してみたら、今度は別の部分で不満が勃発して辞めてしまう・・といったピンボールのように左右の壁にぶつかっては、反作用を繰り返す方が多くなるのです。

経営コンサル業界でよく言われる用語では、「モグラ叩き」といった現象ですね。

根本原因をしっかりと見つめずに、事象にとらわれて慌てて右往左往してしまうようなイメージです。

このように、新卒3年〜5年目で、数社転職を繰り返すとなると、自らキャリアを傷つけてしまい取り返しがつかなくなってきます。

→【無料】20代や第二新卒の方で転職を検討しているなら、マイナビエージェントに登録することをオススメします。

転職者に意外と抜けている視点。自身の会社選択軸のPDCAを回せているか?

私は、早期に退職をされた方と面談させていただく時に、必ずなぜ転職したのか?どういった経緯だったのか?

その時どう感じてどう行動したのか?そうした自分を振り返って、その出来事に対して自らどう思ってどう評価しているのか?

そうした経験を踏まえて、今回はどういった観点で会社や仕事を選ぼうと考えているのか?

について徹底的に質問させていただいています。

短期転職でお悩みの方へ

基本的には、3年以内の転職はおすすめしません。

なぜなら、あまりにも転職するまでの期間が短いと、企業は「またすぐに辞めてしまうのではないか?」「考えが浅いのではないか?」と転職者に対する、ネガティブなイメージをもつ可能性が高いです。

なので、多くの人にとって、新卒3年以内の転職は厳しいです。

とは言え、「今の自分の市場価値が知りたい!」「良い求人があれば転職したい!」という方も多いかと思います。

そんな方は、転職エージェントに相談して、まずは自分の市場価値を知る事をおすすめします。

もちろん自分とあった求人があれば転職しても良いと思います。

しかし、「思った以上に求人がない。。」という方もいるかと思います。

自分が求める求人が見つからない方は、自分の希望する求人はどんなスキル・経験が求められるのかをしっかりと把握しましょう。

それよって、これからの仕事に対する向き合い方や、キャリアに対する意識が変わるのではないでしょう。

「早まって転職する」ということだけは、避けましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

悲しいかな面接官には関係ない現職への不満の感情

これらは求人企業の面接官も全く同じ視点で見ています。

つまり、あえて言葉を選ばずにお伝えすると、早期退職者は、自分の選択を間違った・失敗したのです。

採用側視点で、更にやや意地悪な言い方をすると、大人である自分の責任で選んで入社した会社を、利益貢献をする前に、自らの選択で早期に退職することを決めたのです。

その事に対して、何も感じていない人を、反省していない人を、ましてや即戦力になるような経験・スキルもない中で、どうして魅力的な会社があえて採用しようと思うでしょうか。

→【無料】転職の成功率を高めたいなら転職エージェントのdodaへの登録をオススメします。

面接官はポテンシャル高い人を求めている

面接官は、即戦力での採用ではない場合は、ポテンシャルを中心に見て採用しています。

ポテンシャルとは、成長性です。成長性が高い人はどんな人でしょう?平たく言うと、PDCAサイクルを高速回転で回せる人です。

転職という人生の方向性を決める重要且つ非日常で特殊な状況において、PDCAを回せる人か否かは、面接官にとって非常に大きな見極めポイントなのです。

自らの前回の会社選び・選択を失敗したという事実から、目を背けずに向き合い、何が課題・原因で会ったのかを究明し、自己責任の意識で捉えられ、次の会社選びの仕方を改善できており、前回とはこのような点で変わったのである、と言えるか、を見ているのです。

→【無料】転職と言えば、業界最大手のリクルートエージェントにまずは相談をしてみましょう!

すべて自己責任と捉えると意外と自由になれる

実際のところ、自己責任を認めたくない人は多いです。

現職によほどの辛いことがあり、転職にまで踏み切ったのですから、当事者である本人はとても感情的になっています。

自分ではなく会社が悪い、最低な会社だったとむしろ非難したいかもしれません。でも、繰り返しますが、残念ながら、面接官には、そんな事正直関係ないのです。ジャッジ基準は、採用したいか、活躍できるポテンシャルがあるか、一緒に働きたいと思うかだけです。

なぜ、自己責任が重要なのか?

自己責任論、ブラック企業お得意な強者の精神論はやめてくれ!と思われる方もいるでしょう。答えは、単純です。単に、自己責任で捉えた方が、変えられる事が増えるからです。変えられない事にフォーカスしても、時間の無駄です。

自己責任で捉えて、変えられる事のみに集中し、リストアップし、淡々と打ち手を打っていけば、改善します。単にそれだけの事で、自らにとって合理的だからそうすべきなのです。

→【無料】20代や第二新卒の方で転職を検討しているなら、マイナビエージェントに登録することをオススメします。

エージェントはあなたの負の感情を受け止めるクッションにもなります

なので、エージェントである私の役割は、ある意味、喧嘩の仲裁役でもあります。

「あなたの現職に対する辛い、ムカつくというその気持ちは、とてもよく分かりますよ・・でももう愚痴るのは私の前だけにしましょう。変えられない事ばかり嘆いていても、面接官には悲しいけど関係ないし、評価落とすだけだしあなたにとって損ですよ?あえて自己責任の意識で自分側の課題だけを抽出してみて、何をどのように変えれば、改善していけるかを一緒に考えてみましょうよ」

そんなことを毎回お話してます。

早期に転職を検討されている方は、一人で抱え込まずに、まずは客観的な視点で第三者の助言を得ることも大事だという事を頭の片隅に留めておいてください。

短期転職でお悩みの方へ

基本的には、3年以内の転職はおすすめしません。

なぜなら、あまりにも転職するまでの期間が短いと、企業は「またすぐに辞めてしまうのではないか?」「考えが浅いのではないか?」と転職者に対する、ネガティブなイメージをもつ可能性が高いです。

なので、多くの人にとって、新卒3年以内の転職は厳しいです。

とは言え、「今の自分の市場価値が知りたい!」「良い求人があれば転職したい!」という方も多いかと思います。

そんな方は、転職エージェントに相談して、まずは自分の市場価値を知る事をおすすめします。

もちろん自分とあった求人があれば転職しても良いと思います。

しかし、「思った以上に求人がない。。」という方もいるかと思います。

自分が求める求人が見つからない方は、自分の希望する求人はどんなスキル・経験が求められるのかをしっかりと把握しましょう。

それよって、これからの仕事に対する向き合い方や、キャリアに対する意識が変わるのではないでしょう。

「早まって転職する」ということだけは、避けましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18