2019.08.13

営業マネージャーへ転職するコツとは!?

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

一口に営業といっても、その業務は多岐に渡りますよね。自社製品を売り込むだけでなく、顧客との窓口となったり、技術職やバックオフィスの部署の方との調整を担当したり…。

様々な業務を通して、コミュニケーションスキルやプレゼンテーション能力、交渉力、目標達成のための逆算思考など、汎用的なビジネススキルを身につけることができますから、「営業を続けながら、キャリアアップしたい!」という方も多いのではないでしょうか?

今回は、現在営業の方で「転職しても営業をやりたい!」という方へ向けて、マネージャーとして転職するコツを書いていきます。

【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

営業マネージャーなどのマネジメント層に必要なスキルは?

マネジメントは一プレイヤーではなく、管理する能力が必要になってきます。

マネジメントに必要な能力は5つに分けることができます。

どれもチームをまとめていく上で必要な能力です。

  1. 目標を設定する力
  2. 計画を立てる力
  3. コミュニケーション能力
  4. リスク回避能力
  5. 評価する力

まず、マネージャーは指揮者であるためにメンバーをゴールへ導く目標を立てる力をもっていないといけません。
それは、計画する力ともつながってきます。

また、メンバーと密にコミュニケーションをとれる力がないとメンバーはついてきません。
メンバーが困ったときや悩んでいるときにマネージャーに相談しましょう。
マネージャーに相談したら、なんとかなると頼りにされているのが理想です。

さらに、ゴールに上手くたどり着くためにリスクは回避しないといけません。
考えうるリスクはあらかじめ回避しなければ良いマネージャーとは言えません。

最後は、評価する力です。
日本人マネージャーは、このスキルが苦手な方が多いです。
メンバーを褒めることが苦手なのです。
心のなかでは認めているが、それを言葉にすることは少なかったりします。
積極的に褒めることを大切にしましょう。

また、人間はそうしても好みというものがあります。
しかし、メンバーを評価するときは平等な目で評価しなければいけません。
ひいきがあってはいけません。
他のメンバーのモチベーションが下がります。
良いマネージャーは全メンバーに慕われているものです。

【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

マネージャー職への転職理由は?

マネージャー職への転職を成功させるためのポイントをあげていきます。
転職理由が重要になってきます。

まず、マネージャー経験者の方は以下の2つのポイントをアピールするとよいでしょう。

  1. 実績
  2. エピソード

すでにマネージャーの経験がある方なら、その自分の実績を具体的なエピソードにして説明すると効果的です。

エピソードの選び方や説明の仕方を見れば、その方がどの程度戦略的な発想の持ち主であるかわかるものです。

どう面接官に伝えるかについては、実際に紙に書き出してみましょう。

具体的な過去の経験の話の選び方が適切であるか、表現が伝わりやすいか、などを確認します。

ポイントは、マネージャー経験がある方と基本的には同じなのですが、マネージャー経験がない方はマネージャーの資質をもっていることをアピールします。

マネージャーの資質があるかどうかを過去の経験を通して伝える必要があります。

実績とエピソードでアピールします。

そのときのポイントは、まずは自分が優秀だと思う理想となる上司や先輩を思い浮かべてみることです。

彼らがどのようにあなたと接しているか、そこに大きなヒントがあります。

マネージャー職への転職の志望動機は?

マネージャーの志望動機の例文は以下のようなイメージです。

私が御社を志望した理由は、○○の大ヒットがきっかけです。
人々の生活スタイルまで変える力のある新製品の開発に携わることに魅力を感じています。

現在、私は○○会社で新製品の開発を担当しておりますが、是非とも御社にて人々の生活を変えうる製品を世に送り出したいと考えております。

しかし、そのためには越えなければならないハードルが多くあります。
それらをクリアするためには私自身が多くのスタッフを統率してプロジェクトを遂行できる能力を持ち、チームに貢献できるように努力してまいります。

マネージャー職の転職での面接で見られるポイントは?

面接の際に見られるポイントは、頼りになる堂々とした落ち着いた振る舞いや、受け答えが見られています。

今後、その会社のマネジメントを任される立場にあるので、重要視されることが多いです。

そのため、以下のような点を意識する必要があります。

  • どういうマネージャーを目指しているか明確に回答する
  • 目指しているマネージャー像が応募会社の求める人物像と合致している
  • 心地良いコミュニケーションがとれる
  • 相手の話をしっかり聞いているという姿勢を見せる
  • 頭の回転がはやいため早口になりがちなところに気をつける
【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

営業マネージャーとして転職したいなら転職エージェントを利用しよう!

マネジメントができる人材は少ないため、マネジメント経験を持つ人材はどの企業からも求められる、市場価値の高い人材です。

マネージャーとして転職できれば、間違いなくキャリアアップに繋がります。

しかし、営業マネージャーの力量によってその事業部の業績は大きく変わってくるため、企業は営業マネージャーを募集する際の評価基準は非常に厳しくなります。

面接官に「ぜひ我が社で活躍してほしい」と思わせるだけの、目標達成意欲やコミュニケーション能力をアピールする必要があるのです。

ですから、営業マネージャーとしての転職を検討している方には転職エージェントの利用をおすすめいたします。

転職エージェントは企業側の目線を熟知していますから、企業に刺さる自己PRの仕方や受け答えのコツを教えてくれます。

弊社では無形商材(IT・Web・人材・広告)の法人営業職の転職に強みを持っていますので、営業マネージャーとしてキャリアップしたい方はぜひ弊社もご検討ください。

年収350万から700万以上を目指す20代のための転職エージェント

弊社は、会社に依存せず、自分の実力や専門スキルでキャリアを築いていける人材のキャリア支援を提唱しています。
転職者のキャリア形成や自己実現を応援する上で、たとえ短期的にはしゃがんだとしても、その後にきちんとリターンを獲得できるキャリアプランを提案いたします。

企業ではなく徹底的に個人を向いたキャリアエージェント

ポイント

  1. 20代で年収350万から700万に届く最短ステップを伝授!
  2. 転職支援を通じて企業に依存しない自立した人材を目指す方の挑戦を長期に渡ってサポートします!
  3. 丁寧なカウンセリングと厳選された求人による、大手には出来ない圧倒的な内定獲得数を実現!

すべらない転職エージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。