新卒2年目での転職って難しい?仕事を辞めたいと考えている人必見!

The following two tabs change content below.
末永 雄大

末永 雄大

新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今の職場に入社してみたものの、いろいろなことが原因で不満があり、会社を辞めてもっと条件の良い企業に転職したいと思っていませんか?

しかし「まだ入社2年目なのに、会社を辞めて転職してもいいのかな…」と悩んでしまう人がほとんどだと思います。

そこで今回は、入社2年目で会社を辞めたい人が、本当に転職すべきか判断するための情報を紹介します

転職しても良い理由としてはいけない理由」「2年目で辞めたくなったときに考えるべき3つのこと」「実際に2年目で転職を成功させた人の例」についても、余すことなく紹介していきます!

2年目で転職することは難しくない!

必勝のハチマキを結ぶ女性

よく「3年間は我慢して働こう」と言われていますが、2年目で転職をすることは決して難しいことではありません

一般的に仕事を覚えて、必要なスキルを身につけ、様々なトラブルを1人で対応できるようになるまで、早くても3年は必要だと言われています。基礎的なスキルは2年もあれば身につきますからね。

もちろん職種にもよりますが、ビジネスの基本となるスキルが身につく営業職の場合、自分のやりたいことやビジョンがはっきりしているのなら2年で転職しても問題ないです。

ただ、技術職などの専門職の場合は、スキルが身につくまで3年は必要です。

第二新卒の需要は年々上がっている

2年目で転職を考えている人の中には、第二新卒の人も多くいると思います。新卒で入社して2年、それで転職してしまうと不利だと考えてしまいますが、実は年々第二新卒の需要は上がっています

現在、新卒は売り手市場と言われており、思うように新卒を採用できなかった企業が多いです。そんな企業の多くは新卒と年齢が近い第二新卒を積極的に採用しているのです。

第二新卒とは?
第二新卒にはっきりとした定義はありませんが、一般的には「新卒で入社して3年未満の求職者」のことを指します。

年齢で言えば、25歳前後くらいが第二新卒者と言われます。

転職しても良い理由としてはいけない理由

顎に手を当てて悩む女性

2年目で転職をするとしても、転職にふさわしい理由とそうでない理由があります。

仕事を辞めたいと思う状況や理由は人それぞれですが、転職を成功させられる「退職理由」と、転職が失敗してしまう「退職理由」があります。まずは、転職を成功させられる退職理由を3つご紹介します。

退職しても良い理由

  • 年功序列で成長できない
  • 労働環境が悪い
  • 会社の方針や社風が合わない

年功序列で成長できない

いくら頑張って成果を出しても、年功序列で何十年も働いていないと役職がつかない場合は、すぐに転職活動を開始したほうがいいでしょう。

年功序列は、若いうちはなかなか成長できず、時間が無駄に過ぎていってしまいます。

労働環境が悪い

「もっと労働環境が良い職場で働きたい」と考えている方は、すぐに辞めることはせず、とりあえず転職活動することをおすすめします。

残業や休日出勤が多く、有給取得もままならない場合、心の病を患ってしまったり、過労死をしてしまう人も多くいます。

実際に転職市場に出てみると、今の職場でもっとスキルを上げるべきと感じたり、他の会社の労働環境が分かったりするため視野が広がります。

会社の方針や社風が合わない

社風や会社の方針が自分の性格と合わない場合、大きなストレスになります。精神的に限界がきているのであれば、転職を考えた方が良いでしょう。

限界でない場合は、今の会社に在籍したまま転職活動することをおすすめします。

転職活動することで様々な会社の社風を知ることができ、自分に合った会社を見つけることができるかもしれません。

次に、転職してはいけない2つの理由をご紹介します。

退職をしてはいけない理由

  • 人間関係に悩んでいる
  • 給料が安い

人間関係に悩んでいる

人間関係の悩みは、退職理由の大部分を占めるものです。しかし、次に転職した職場で人間関係がうまくいくとは限りません。今の会社で、精一杯改善を試みることをおすすめします。

人間関係に関しては、いくつか解決方法があります。

例えば、部署異動をお願いしてみたり、年長者の先輩に相談してみたりといった方法があります。

また「本当に相手だけが悪いのか?」「もっと自分が工夫すれば改善できるのではないか」など振り返るとともに、相手の視点にたって考えることが必要です。

給料が安い

転職することで給料を上げることができるかどうかは、実際に転職市場に出てみないとわかりません。

3年未満で辞める第二新卒の性質上、スキルではなく、現在の会社名や最終学歴で判断されることが多いからです。

すぐに退職することはせず、とりあえず働きながら転職活動をすることをおすすめします。

2年目で辞めたくなったときに考えるべき3つのこと

紙を持って悩む女性

どうしても辞めたくなってしまったときは、勢いで辞めるのではなく、以下の3点についてまずは考えてみましょう。

  1. どうして辞めたいのか自己分析する
  2. 本当に辞めざるを得ない理由か考える
  3. 転職先を探してから退職する

どうして辞めたいのか自己分析する

なぜ会社を辞めたいのか、理由を紙に書き出し、労働環境・社風・人間関係・給料の中のどれに対して不満があるのか確認し、自己分析しましょう。

紙に書き出すことで客観的に分析でき、解決策が思い浮かぶかもしれません。

原因となっている理由を改善することで、辞めなくて済むだけでなく、次の会社選びに失敗しない可能性が上がります。

転職では自己分析が決め手!面接で活かすコツを伝授!

本当に辞めざるを得ない理由か考える

自己分析で書き出した退職理由について「辞めなかったらどうなるのか」を考えてみましょう。

「とにかく環境を変えたい」と勢いで退職した場合、しばらく時間が経つと「退職しなきゃよかった」と後悔します。

第二新卒は未経験とみなされることも多く、転職することで現在の待遇より悪い職場に転職せざるを得ないこともあります。

「退職したとき」と「退職しなかったとき」の状況を想像し「退職するしかない」と思えたときに、行動を起こすべきでしょう。

転職先を探してから退職する

どんな職場であれば、自分自身が満足して働けるのか希望条件を確認し、転職先を探すようにしましょう。

転職先を決めずに辞めてしまうと、収入が絶たれる不安から焦って次の職場を決めてしまい、また待遇の悪い企業に転職してしまう可能性があります。

実際に2年目で転職を成功させた人の例

グッドサインをする女性

実際にアクシスで転職サポートした人の中で、2年目の転職を成功させた人を一部紹介します。

転職のプロ視点で、成功の決め手も合わせてご紹介しますね。

case1 商社からインターネット広告系の会社に転職したAさん
女性 転職理由:
年功序列なので仕事への意欲が湧かない
スキルをもっと身に付けたくて転職を決意
成功の決め手:
体育会系でガッツがある
case2 商社からリクルートキャリアに転職したBさん
男性 転職理由:
今のままでは身に付けたいスキルが身につかないと思い、転職を決意
成功の決め手:
コミュニケーション能力があり、とても前向き
自分のやりたいことをしっかり言語化できる
2年目ではあるが、同期の中でもずば抜けて成果を出せていた
case3 ウェディングプランナーからインターネット広告会社に転職したCさん
女性 転職理由:
元々ウェディング関係はしたくなかったが、会社の配属でやることになってしまったから
成功の決め手:
元々ウェディングプランナーをやっていたこともあり、コミュニケーション能力が高い
事業立ち上げをしたりして、短いながらもしっかりと働いていた
case4 証券会社からネット広告営業に転職したDさん
男性 転職理由:
自分が身に付けたいスキルとは違うと思った
もっと専門的なスキルを身に付けたかった
成功の決め手:
落ち着いているタイプではあるが頭使って動く能力が高い
証券会社という人数の多い社内でも、成績が良かった
case5 IT開発の営業からリクルートキャリアに転職したEさん
男性 転職理由:
成果で評価が上がらず、雰囲気で評価が良くなる会社だったので不満だった
成功の決め手:
性格がとても誠実
言葉に人を動かす力がある
主体性・思考力が磨かれている
case6 IT系システム営業から人材会社に転職したFさん
女性 転職理由:
仕事内容がテレアポ営業だけだったので、人と対面する営業がしたかった
成功の決め手:
単調な営業でありながらも、コツコツと目標を達成し続ける我慢強さがある
話すのは得意ではないが、真面目に仕事に取り組んでいた

2年目で転職したいなら転職エージェントがおすすめ

人差し指を立てる男性

2年目で転職するでよくあるのが、辞めたい理由が先行して次にやりたいことが漠然としている状態で、転職サイトなどから独力で転職をしてしまい、新卒の就活と同じくミスマッチを繰り返す方です。

こうした事態を避けるためにも、転職エージェントの活用をオススメします。

転職エージェントはあなたの市場価値やキャリアプランを「客観的に」判断し、辞めたい理由を考慮してあなたに合った企業を提案してくれるので、転職後のミスマッチのリスクを減らすことができます。

とはいえ、キャリアコンサルタントと相性が合わなかったり、十分なサポートを受けられない可能性もあります。
まずは自分に合いそうな転職エージェントに2~3社登録し、実際に面談してみた上で、サポートしてもらうエージェントを検討してみましょう!

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


まずは幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントに登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

既卒・正社員経験の少ない方の就職支援が得意なエージェント

第二新卒・既卒・フリーター・高卒に特化した就職支援サービスとしては老舗。
研修やアフターフォローを通じて同じ境遇で頑張る仲間に出会える

ポイント
  1. ノウハウが詰まったオリジナルのスキルアップ研修が無料で受講可能!
  2. 転職決定後も1年間のアフターフォロー付き。転職先での定着・活躍までサポートしてもらえる

ジェイック(JAIC)の評判って悪い?社員に直接取材してみた!

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント
  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリ(UZUZ)の評判ってどうなの?現役の転職エージェントが徹底解説!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?