転職活動と就職活動の3つの違い!新卒感覚だと失敗する!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回はキャリア・転職についてのお話、第一回として、転職について全くの初めて、という方に対して、そもそも転職ってどんなものなの?どのようにするものなの?という転職活動全般についてご説明していければと思います。

まずは、転職市場と、新卒市場の違いについてご説明します。

転職(中途市場)と就職活動(新卒市場)の違い

多くの方は大学をご卒業後、リクナビ等の大手媒体を活用して、説明会に参加、会社にエントリーし、面接を受け、内定をもらい、現在の会社に入社を果たしたと思います。

ですので、転職活動についても、就活と同じようなイメージを漠然と考えている方も多いのではないでしょうか?

ただ、日本の新卒採用市場は世界的に見てもかなり特殊であり、中途市場と異なる点がいくつかあります。以下に中途採用・転職活動の特徴を記載します。

→まず転職といったら、転職業界最大手の転職エージェントであるリクルートエージェントに登録をしてみましょう。

(1)年間での一括採用を行っていない

新卒での就職活動は大学三年生の後半、年明け1月くらいから一斉に始まり、大学4年生にあがる4月のタイミングで各社の選考、内定が出揃う形になっています。

中途転職市場においては、こうしたスケジュールは明確にはなく、各個人、各企業がそれぞれ個別に転職活動、採用活動を進める事が通常のため、それぞれで情報収集をし、進めていく必要があります。

特に現職に勤めながらの転職活動をする場合が多いと思いますので、新卒の就職活動のように、企業の人事任せでスケジュールや情報提供を受け身で委ねるのではなく、個人が能動的に、情報収集や選考への活動を進めていく必要があります。

→【無料】20代や第二新卒の人で転職を検討しているなら、新卒でもお馴染みのマイナビエージェント(20代・第二新卒の求人情報が豊富にある転職エージェント)に登録することをオススメします!!

(2)候補者に即戦力性を求める

新卒採用は、就業経験のない学生を対象としているため、基本的にポテンシャルと呼ばれる要素を選考に際して重視しています。

たとえば、コミュニケーション能力、志望理由・意欲の高さ、学生時代頑張った事、リーダーシップ等が中心になります。

また配属についても、オープン採用が一般的で、内定後、入社前に各人との面談を通して、配属を決定する場合が通常です。

それに対して中途市場では、より明確なポジションありきで採用活動を行うため、そのポジションの要件を満たす事のできる

即戦力性の高い業務経験・スキルが求められます。※もちろん中途でも、年次によってポテンシャルや人物要件も重視されます。

たとえば、専門性の高い経理職種の募集であれば、経理職として月次決算、年次決算の業務経験を3年以上~という最低条件が求められる事が多いです。

採用求人に対して、自分自身がその最低条件を満たしているかどうかがそもそもの応募の可否を決めてしまうのです。

→【業界2位】パーソルキャリア株式会社(旧:株式会社インテリジェンス)が提供する転職エージェントサービスのdodaで転職支援を申し込むことをオススメします。

(3)選考フローが短い

新卒の就職活動では、(1)でも触れたように年間を通して採用活動が行われます。

また採用側から見ても、たくさんの学生とコンタクトを取り、その中で自社の求める学生を絞り込んでいくといったスタイルのため、選考プロセスが、エントリーシート提出⇒SPI等の筆記試験⇒グループディスカっション⇒1次面接⇒2次面接⇒最終面接 と長期にわたる事が一般的です。

中途については、採用側からしてもポジションありきの採用が多く、急ぎでの欠員補充等の採用背景から、また、ポジションが明確な分、候補者の職務経験や実績が今回の要件を満たすかどうかの判断基準が明確なため、選考プロセスが新卒と比べて短い場合が多くなっています。

一般的には2~3回の面接で内定が出る場合がほとんどです。

※今回が初めての転職という人は下記の記事でさらに詳しく紹介をしております。是非ご覧ください。

初めての転職ですべきこと!最初の行動を7つに分けて紹介!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このように新卒市場と中途市場では、活動の期間やプロセス、採用側から見て、求められる要件も大きく異なってきます。

意外と、新卒でチヤホヤされていた学生時代の感覚のまま、転職活動を受け身で行う方が多いため、あえて最初にお伝えさせていただきました。

上記をあらかじめ念頭においた上で、活動を主体的に進めていく事が重要と思います。

転職エージェントを活用しよう

就職活動と転職活動は、ご自身の行動力がより重要になり、評価ポイントも今後の期待値ではなく、現職で何を学び今回転職をしたいと考えているのか?を説明する能力が求められます。

また現在の仕事と平行して転職活動をするのは日程の調整など難しいことが多く、そのようなサポートをしてくれる転職エージェントは活用をした方がいいでしょう。

そのためまずは、大手の転職エージェントに登録をして、今後転職して自分がどのようになりたいのか?そしてその夢や目標を実現できるような最適な企業を紹介してもらうのがいいでしょう。

とはいえ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、そういった優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきです

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25