2019.08.14

【必見】資生堂へ転職するには?気になる評判や年収もご紹介!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

資生堂は、グローバル企業へと成長を続けており、また女性の方への福利厚生が充実している面でも、高い評価を受けています。

今回は気になる「資生堂の転職難易度」「資生堂の平均年収」「資生堂での女性の働きやすさ」「資生堂で働いている方の評判・口コミ」をご紹介していきます。

資生堂へ転職を検討している方に、資生堂への転職についてのノウハウをレクチャーしていこうと思います。

資生堂に転職するのは難しい?

資生堂の転職難易度は高いと言えます。

資生堂のキャリア採用では専門的な知識・能力をチェックされるため、未経験からの転職は難しいと思った方が良いです。

もちろん、資生堂は希望する職種によって転職難易度が変わってきますが、それぞれ最低でも3年の経験が求められます。ちなみに、資生堂で現在募集されているのは、「美容職」「総合職」の2つです。

では、「美容職」「総合職」についてご紹介していきますね。

美容職への転職

資生堂の美容職は、デパートなどの、お客様に対して化粧品を通じて美しくなるための提案を行なうカウンセリング職です。

ビューティコンサルタントへの転職の難易度はそこまで高くはないでしょう、上記でも少し触れたように、化粧品販売経験が3年以上あるのであれば、高卒の方でも活躍できます。

ビューティコンサルタントに興味がある方は積極的にチャレンジすることをオススメします。

総合職への転職

資生堂のような知名度が非常に高い大企業は、1つの求人に対して、10倍、100倍の求人が殺到することが予想されるため、転職難易度は高いと言えます。

基本的にマーケティングや人事などの職種は、そもそも営業職などと比較すると求人の数が絶対的に少なく、管理系の職種は大変人気なために求人の募集があるとすぐに埋まってしまいます。

そのため、管理系の職種は欠員補充の意味合いが強いです。したがって、希望するポジョションのスキルや経験がないと、書類選考の段階で落ちてしまう可能性が非常に高いです。

転職エージェントを活用すれば、職務経歴書の添削、面接対策、企業への推薦などあなたの転職に関わる全てをサポートしてくれるので選考通過率を上げる事ができます。

転職エージェント 末永

資生堂に転職をするには、マイナビエージェントリクルートエージェントdodaなどの大手転職エージェントの利用がオススメです。


というのも、一部の大手メーカーや上場企業の採用傾向として、特定の大手エージェント1社のみに求人を依頼しており、大手に登録をしていないと紹介を受けられない求人が存在するからです。


また、大手エージェントは、全業界・職種の求人を網羅しているので、「自分の進むべき業界・職種が定まっていない」という方は、大手のコンサルタントにキャリア相談してみましょう。


  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • doda
  • 資生堂ってどんな会社?

    資生堂は、今や化粧品、業務用化粧品、石鹸、シャンプー、リンス、医薬品などの製造販売、輸出入を行う企業として知られています。

    例えば、化粧品で知られているINTEGRATEやMAQUiIIAGE。シャンプーやリンスで知られているTSUBAKIやMA CHERIEも資生堂から販売されているブランドです。

    元々は、1872年に洋風調剤薬局として創業し、その後1916年に化粧品事業に本格参入しています。

    現在では世界88ヶ国で事業展開し、海外売上比率は5割を超えています。

    資生堂の売上は、化粧品の日本国内シェア第1位となっています。世界での化粧品売上は第5位なんですよ。

    たくさんある資生堂のグループ会社

    資生堂が数多くのグループ会社を展開しています。海外拠点のほかに、20ほどのグループ会社があります。

    数多くありますが、そのうちの5つをピックアップして後紹介します。

    1. 株式会社ザ・ギンザ
    2. 株式会社エテュセ
    3. 資生堂美容室株式会社
    4. 株式会社資生堂パーラー
    5. 株式会社資生堂インターナショナル

    多くは化粧品の開発・製造・販売を担う企業です。

    しかし、その他に美容技術専門学校や、エステティックサロンなどのプロ向けの商品販売を担いつつ、経営者へのセミナーを運営するグループ会社もあります。

    海外には、生産工場や研究開発拠点などがあります。

    資生堂の仕事内容・職種

    資生堂には、どのような職種があるのでしょうか。気になる職種について、わかりやすく表を使ってご紹介していきます。

    総合職

    資生堂の総合職は、様々となっています。どのような職種に分かれているのか、ご紹介していきます。

    職種 仕事内容
    営業職 得意先・資生堂双方の継続的な成長性、収益を上げることを目的としています。

    お客様や得意先に寄り添い、店頭売上を上げるための提案活動の実践が主な仕事です。
    マーケティング 消費者を理解し、選ばれ続けるためのブランドマネジメントを行います。

    具体的には、戦略立案や新製品企画、コミュニケーション・プロモーション企画などです。
    財務・経営管理 部門や事業所によって異なり、会計、税務、資金財務の戦略立案や決算、深刻、資金繰りなどの実務と多岐に渡ります。

    経営管理は、本社、関係会社に置いてブランドや事業の管理をはじめとした分析・提案によりトップマネジメントを支える役割を担います。
    コーポレート企画 総務人事、IT、環境などの会社運営に必要な業務を担います。
    デザイナー プロダクトから、広告・グラフィックデザイン、店舗やデジタルコンテンツまで、広い領域でのクリエイティブワークです。

    日本国内だけではなく、世界中に展開するブランドに広く関わる仕事です。

    上記が資生堂の職種となっています。

    ちなみに、資生堂は「誰もが生き生きと働くことができる職場づくり」に向けた取り組みの一つとして、障がい者雇用にも積極的に力を入れています。

    障害のある社員に対しては、職場の貴重な貴重な人材として成長を期待しているので、本気で期待し、必要な配慮はするが特別扱いはしない、というルールを設けているそうですよ。

    美容職

    資生堂の美容職は以下の職種のみとなっています。

    職種 仕事内容
    ビューティーコンサルタント

    ビューティーコンサルタントは、お客様ひとりひとりのご要望にお答えするべく、ヒアリングをしながら、最適な美容を提案します。


    スキンケア実習など、様々なアプローチで美しくなるお手伝いをしていきます。

    お客様に満足していただけるよう、「おもてなしの心」を磨き、日々提供していくのがビューティーコンサルタントです。

    人と接する仕事、美容に興味をお持ちの方には向いているので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

    資生堂の平均年収

    資生堂の気になる平均年収は、どれくらいだと思いますか?平成29年度の有価証券報告書によると、平均年収は724万円だそうです。

    ちなみに、同じ業界の花王は平均年収が780万円、コーセーの平均年収は604万円となっています。日本ロレアルの平均年収は800〜900万円だそうです。

    業界の中で、資生堂の平均年収は平均より高い方だと言えるでしょう。

    資生堂の労働環境

    資生堂はどのような労働環境にされているのか、その点も気になるところだと思います。

    今回は「本社・オフィス」「社風」「労働時間・残業時間」などについて、順番にご紹介していきます!

    本社・オフィス

    20ヶ所以上に分散していたオフィスを集約し、2003年に移転。現在は汐留(東京都港区東新橋1-16-2)に本社を構えています。

    ワークスペースの中央には、従業員が休憩できるスペースとして「オフィスガーデン」が設置されています。

    本社では、偶数階と奇数階を1セットとして、フロア中央部分を吹き抜けとするデザインが施されています。

    開放感があり、休憩をとりながら従業員が仕事に取り組める環境が整っています。社員食堂も完備されており、1フロアすべてがカフェテリアになっています。

    利用スタイルに合わせてエリアが分かれており、また曜日によって外部の有名店の出張店舗や、著名なシェフの料理を食べることもできます。

    また「table for two」という活動にも参加しています。ランチメニューの中に設定された対象品目を購入すると、1食につき20円が開発途上国の子供の給食に寄付される、というシステムもあり、社会貢献も行えます。

    社風

    資生堂の社風はどうなっているのでしょうか?

    実際に働いている方からは、とても日本的でスペシャリストではなくジェネラリストが多い、との声が寄せられています。

    年功序列の縦割り社会という、典型的な内資系企業の動きの重たさなどを変革しようとしているそうです。また、社長が変わってから、急速にグローバル化が進んでいるとも。

    しかし、一部の部門では部署同士で助け合う風習がないことや、お互いがお互いをライバル視しており、とても緊張感がある、という声も見られました。

    商品の売上に貢献したいと考える社員が多いからこそ、ライバル視をして仕事に取り組んでいるのかもしれません。

    もちろん、全ての部署ではなく、ごく一部のようなので、そんなに不安視しなくても大丈夫でしょう。

    労働時間・残業時間

    資生堂の労働時間については、部署によって異なるようです。基本的に本社の場合は、残業が多い傾向にあるという声が多く寄せられています。

    ただ、本社は残業時間が多いですが厳しく管理されているため、ワーク・ライフ・バランスが安定するようです。

    販売や接客の場合は、出勤時間が遅くなることもあってその分帰りも遅くなるそうです。特に土日祝日は休みにくく、プライベートとの調整が難しいという声も。

    営業職も同じく休みを取ることがきつく、繁忙期には残業時間が多くなるケースもあるそうです。管理部門は事前に申請すれば有給取得が可能だとか。

    残業をする社員や休日出勤をする社員を評価する雰囲気も、未だにあるとの声も見られました。

    福利厚生

    資生堂には、どのような福利厚生があるのでしょうか。気になる福利厚生について、表を使ってご紹介していきます!

    • 寮、社宅制度や住宅関連手当ての支給
    • 財形制度、自社株投資会制度
    • 健康診断、成人病健診
    • 慶弔見舞金制度、健康保険組合
    • 自社商品割引購入
    • 企業年金制度、積立型総合福祉共済制度
    • 産前産後休暇、育児休業制度
    • 介護休業制度
    • 育児時間制度、介護休業制度

    資生堂の福利厚生は充実していることがわかりますね。毎年一度の健康診断の他、定期的にその季節の体調管理の情報を発信しているそうです。

    職種ごとの追加健康管理も実施しているため、従業員の健康管理を大切に考えていることがわかります。

    上記の他にも、部活動を盛んに行っており、業務外でのコミュニケーション体制も充実しているそうです。

    資生堂は女性が働きやすい会社?

    資生堂は女性が働きやすい会社だと言えます。その理由は、女性にとって嬉しい福利厚生が充実しているからです。

    産前産後休暇や育児休業制度、育児時間制度など、特に女性にとって魅力的な制度が導入されています。ちなみに、育児時間制度は小学校3年生までの子供を持つ社員が、短時間勤務できるものとなっています。

    出産や育児への対応が手厚いという口コミがある一方で、実際には出産・育児でのフォロー体制がまだバッチリではない、という意見もありました。

    ただ、少しずつ変わってきているとのことなので、女性にとっては優しい会社だと言えるでしょう。

    資生堂の評判・口コミ

    資生堂の評判・口コミがどうなっているのか、見ておきたい部分ですよね?

    そこで、実際に働いている方や働いていたからの良い評判・口コミ、悪い評判・口コミ、その両面をいくつかご紹介します。

    良い評判・口コミ

    良い評判・口コミでは、女性のための制度が充実していることや、年功序列や実力主義からチームワーク重視に変わってきていることが挙げられています。

    他にも、キャリアアップができることや、グローバルな仕事ができるといった意見も見られました。

    マーケティング・30代

    女性が多いだけに制度が整っており、本社勤務の総合職はフル活用して働き続けている人が多い。一般的に見れば女性が働きやすい環境であると思います。


    同じ部署にも時短勤務者が数名いる部署も多く、子供の具合が悪い時もお互い様的なムードがあります。


    とは言え、マーケティング部門の仕事量は多いので、実質帰宅後も自宅で仕事をこなすなどの自助努力が必要です。

    営業・40代

    昔ながらの日本企業ではあるものの、昨今は経営層の入れ替わりも多く、外部からの人材登用も活発になってきている。外資的な雰囲気も少しずつではあるが濃くなってきている。


    以前は年功序列が強かったが、今では若手でもマネージャーに昇格するなど、段々と実力主義的な制度に移行してきている。


    新卒から入社した社員には、全体的に穏やかで良い人が多く、チームワークや協調性を重視した働き方をしている。

    クリエイティブ部門・30代

    社内託児所や育児休暇、自担など様々な制度を他社に先駆けて導入し、女性の多様な生き方を支援してくれる体制が整っていると思います。


    美容部員から本社勤務になる場合も多く、宣伝部デザイナーや製品開発研究者などの院卒、海外大学MBA取得者、転職組、外国籍の社員、様々なバックグラウンドのクリエイティブな仕事ができます。

    マーケティング・30代

    選抜制での研修や留学制度も最近充実して来たので、キャリアアップをしたい意欲の高い社員にとっては、良い環境になってきている。


    英語公用語化に向けた支援策も多く、私も2週間ほどのアメリカへの短期留学にも行くことができ、グローバルな仕事をしたい若手や中堅へのサポートは手厚い。

    悪い評判・口コミ

    悪い評判・口コミでは、古い体質で馴染みにくい環境になっていることが挙げられています。

    他にも、転職した場合に活かせる経験や学びがないこと、育児休暇取得ができても独身の方に負担がかかってしまう、という意見も見られました。

    技術職・20代

    古い体質である。改変によってより新しい社風にしようと頑張っているが空回りしてる感が否めない。これからは現場末端の社員ひとりひとりの意見や気持ちを尊重していくべきである。


    中途入社の社員には馴染みにくい環境ではないかと感じているが、体育会系の人や若い人には合う会社ではあるかもしれない。

    情報部門他・40代

    ワーク・ライフ・バランスを推奨する企業風土はあると思いますが、やはり職種による制約や事業所、職場の上長の影響はあるのではないでしょうか。


    本社は一生懸命旗振りしていますが、完全に浸透するまでには、ある程度の時間がかかると思います。

    管理部門・20代

    キャリア開発という点においては、あまり会社に期待できない。歴史ある会社にもかかわらず、自社内でキャリア開発はできておらず、会社の成長に組織・人材の成長が伴っていない。


    外部からの転職者で補っている印象が強い。正直、他の会社に転職して勝負していけるような経験や学びがあるとは思えない。

    販売・30代

    育児休暇は取れますが、やはり周りに気を使って辞めてしまう方もいます。遅番もやるようになり、時間の都合がつかないために辞めた方もいます。


    ただ、権利はあるので人の目を気にしない方でしたら、働きやすいのではないでしょうか。理解してくれる店舗も中にはありますが、やはり独身の方に負担が増えてしまうようでした。

    資生堂の選考情報

    資生堂へ転職する前に知っておきたいのは、選考情報ではないでしょうか。どのような選考を行なっているのか、詳細をご紹介していきます。

    選考フロー

    資生堂の選考フローは下記の通りです。

    • STEP1.応募
    • STEP2.書類選考
    • STEP3.面接
    • STEP4.採用内定

    まず、公式ホームページや求人サイトなどから応募し、その際に職務経歴書も一緒に添付します。その後、書類選考が行われます。

    通過者にのみ、1st Interviewへ来てもらうためのメールもしくは電話にて連絡がいきます。

    面接は2〜4回、汐留エリアまたはスカイプでのビデオ面接となっています。

    現在の仕事内容とこれまでの経歴からの経験・知見、自身で描いているキャリアプランなどについて、質問されるそうです。

    面接を通過すると採用内定がもらえます。Soft Copyで説明をした上で、書面を郵送にて届けてもらえます。

    面接での質問例

    次に、資生堂の面接でどのような質問がされるのか、ご紹介していきます。

    • 今まで苦労したこと・困難だったことをどう乗り越えたのか?
    • 好きな資生堂の商品とその理由
    • どのように資生堂に貢献できるか
    • 今までの成功体験

    資生堂という企業をしっかり理解できているかどうか、という点が重要視されているようです。

    研究職を希望する場合には、大学や大学院での研究内容について詳しく質問されるので、しっかりと受け答えができるよう、対策しておくのがベストです。

    美容に関する職種を希望する際には、普段から美容に興味を持ち、どのような商品が販売されているのかチェックしておくと良いでしょう。

    2018年秋から英語が公用語に!

    資生堂は2018年10月から、英語が第二の公用語となりました。その理由は、海外売上が過半となった会社として、外国籍の社員が働きやすいように。

    そして、日本語を話さない社員でもコミュニケーションがしっかり取れて、共に働ける環境にするためです。

    選考に英語が影響してくるのかどうか、気になるところではありますが、現段階ではその情報がありません。

    今後もしかしたら影響する可能性もあるので、英語を勉強しておくと良いでしょう。

    資生堂出身者の転職先・キャリアパス

    資生堂は、比較的離職率が低く、入社後長く勤続する社員が多いという点が特徴的です。

    退職後のキャリアパスとしては、経験した職種によって大きく異なってくる傾向があります。

    美容職として経験を積んだ方は、そのヒアリング力や説明力を活かして、接客販売や営業として活躍できます。美容関連業務に転身される方も多くいます。

    店舗スタッフとして働いてきた場合には、同業他社の店舗スタッフとして活躍する方もいますし、営業職であればこれまでの経験を活かして、やはり店舗スタッフと同じく、同業他社の営業やマーケティングとして活躍する方もいます。

    中には未経験から営業として活躍する方もいますよ。

    技術職の場合は、化粧品の企画を行なう、またはマーケティングとして活躍することも可能です。

    自身が経験してきた職種内容やスキルにより、キャリアパスが大きく変わってきます。ですから、自分はどんなキャリアを描いていくべきであるのか、よく考えて自身に適した選択をとっていくことをオススメします。

    資生堂に転職するコツ

    資生堂への転職は、コーポレートサイトから直接申し込むことも可能ですが、キャリアプランを一人で考えるのはミスマッチが起こる原因になります。

    そこでおすすめしたいのが、転職エージェントの利用です。キャリアコンサルタントが、あなたのスキルや人格、これまでの経歴などを分析して、キャリアプランを提案してくれます。

    資生堂が重視している点はどこなのか、そして面接でどんな質問がされているのか、キャリアコンサルタントは知っています。

    しかし、転職活動はそのキャリアコンサルタントの質によって左右されます。経験年数やスキル、強みなどに違いがあるので、複数の転職エージェントに登録しておくのが無難です。

    大手エージェント2〜3社、特化型エージェント1社に登録をしておきましょう。

    まずは、実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを、比較・検討してみることをおすすめします!

    大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

    大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
    幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

    CMでおなじみ!転職者満足度No1!
    豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

    ポイント

    1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
    2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
    3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

    dodaに
    相談する

    業界No.1!転職者の8割が利用している
    国内最大の定番エージェント

    ポイント

    1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
    2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
    3. たくさんの求人の中から比較検討できる

    リクルートエージェントに
    相談する

    20代の登録者数No.1!
    20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

    ポイント

    1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
    2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
    3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

    マイナビエージェントに
    相談する

    年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

    ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

    国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
    外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

    ポイント

    1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
    2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
    3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

    JACリクルートメントに
    相談する

    年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

    登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

    ポイント

    1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
    2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
    3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

    ビズリーチ(転職サイト)に
    相談する

    女性におすすめの転職エージェント

    女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

    ※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
    それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

    ポイント

    1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
    2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

    Type女性の転職エージェントに
    相談する

    資生堂に興味がある人におすすめの企業

    資生堂に興味がある方にオススメの企業をご紹介します。それは「花王」「カネボウ」「コーセー」「日本ロレアル」の4つです。

    どの企業も非常に名の知れた有名企業ですよね。その詳細についてご紹介している記事がありますので、ご興味のある方はぜひご覧になってみてください。

    花王へ転職はできる?採用難易度や気になる年収をプロが徹底解説!
    株式会社カネボウ化粧品に転職(中途採用・求人)するには?
    コーセーへ転職するには?面接難易度や評判についてプロが徹底解説!
    日本ロレアルに転職|採用情報や面接難易度を現役のプロが徹底解説!

    この記事とあわせて読まれている記事 Related

    おすすめ人気記事 Popular

    運営会社

    Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。