20代で転職を検討されている方へ


【口コミあり】花王へ転職するには?本気で入社したいのなら見るべし!

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

日本国内の洗剤シェア1位、化粧品シェアは2位の大手化学メーカー「花王」は、世界でも地名度がある企業です。

花王の紙おむつは高品質だと海外でも多くのファンがいるぐらいです!

今回はそんな花王へ転職したい方向けに、「花王へ転職するためのポイント」を記事全体を通してご紹介していきます。本気で花王へ転職したい方はぜひ参考にしてください。

【まずはここに登録すべし!定番エージェント!】

【20代の方はCheckしておきたい!若手に強い転職エージェント!】

<ポイント>
1、営業系の転職先を多数掲載
2、若手向けサービス“マイナビジョブ20’s”を展開。第二新卒の方の転職活動も手厚くサポート

<ポイント>
1、業界最大の取り扱い求人数!幅広い職業・業種の紹介先をもつ
2、転職者の8割以上が登録
3、1人あたりの求人紹介数も業界随一!たくさんの選択肢から天職を探したい人にオススメ!

【業界No.2を誇る求人数の転職エージェント!】

<ポイント>
1、業界No.2を誇る求人数の多さ
2、面接・書類作成といった、転職へのサポートが手厚い
3、「企業が多すぎて決められない」そんなあなたも安心!担当者側で優良企業のみを厳選し、紹介してくれます。

【年収600万円以上、リーダー、管理職などのハイクラス求人を持つ転職サイト!】

<ポイント>
1、テレビCMでお馴染みのハイレイヤー・エグゼクティブ向け転職サイト
2、今よりさらにキャリアアップ・高年収を得たいしたい人
3、企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
4、企業担当者やヘッドハンターから直接スカウトがもらえる!

【年収600万円以上、リーダー、管理職などのハイクラス求人を持つ転職エージェント!】

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです!

<ポイント>
1、外資系企業も得意分野
2、転職者により密な情報を提供するため、アナタの担当者コンサルタントが直接企業とやり取りします。
3、30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み

花王へ転職するのは難しい?


花王は男女共に人気がある転職先なので、入社する難易度はそこそこ高いです。

魅力的な製品を多く取り扱っており、中には「花王製品以外は使わない!」というファンもいるぐらい国内では高いシェア率を誇っています。

たくさんの人に愛される商品を開発したい!と考える人が求人に応募するため、花王の採用倍率は高くなっているのです。

そんな転職が難しい花王ですが、しっかりと対策をすれば入社できる可能性があります。

花王って何している会社?

「花王」という名前を聞いて洗剤や石鹸を思い浮かべる人は多いと思いますが、実際に何をしている会社なの?と改めて聞かれると答えられる人は意外と少ないかもしれません。

花王株式会社は創業1887年。連結従業員数は3万人を超え、国内のほか、アジア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカなど30ヶ国以上にグループ事業拠点が存在します。

花王はトイレタリーで国内最大手、化粧品分野はシェア第2位です。「アタック」や「ハミング」などの洗濯洗剤、「ソフィーナ」「カネボウ」などの化粧品ブランドも有名ですね。

ちなみに花王は「ビューティケア」「ヒューマンヘルスケア」「ファブリック&ホームケア」「ケミカル」の4事業を展開しています。詳しい事業内容を表にまとめてみました。

事業内容
ビューティケア事業 化粧品のほか、スキンケアブランドの「ビオレ」や高級ヘアサロン向けブランドの「ゴールドウェル」などを手がけている
ヒューマンヘルスケア事業 「ロリエ」「メリーズ」といったサニタリー製品、オーラルケア製品入浴剤などを手がけている
ファブリック&ホームケア事業 洗濯洗剤や食器用洗剤などを展開している
ケミカル事業 天然油脂原料からつくる油脂製品と、それを原料とする油脂誘導体や界面活性剤、高機能ポリマー、香料などの工業用製品を開発し、様々な産業界に供給している

上記の表から分かるように、花王株式会社は日本を代表する消費財(日用品)メーカーであるとともに、世界各地に拠点を持つ大手化学メーカーでもあるのです。

花王の直近の実績

2月1日に発表された2017年12月度の連結営業利益は2,047億円と、国内消費財メーカーでは初の2,000億円台を計上しました。

消費財は価格競争が激しいため高い利益を上げるのは難しいのですが、花王は近年「脱デフレ型成長モデルの構築」を進めており、付加価値を高めたファブリック商品の売り上げが好調で販売単価の引き上げに成功しました。

また、生活水準が向上してきた中国では日本製品の需要が高まっており、紙おむつ「メリーズ」が売り上げを伸ばしています。

また、花王にはデジタルビジネスマネジメント(DBM)室というマーケティングを専門に行っている部署があり、口コミなどのデータを解析して主に販売促進に役立てています。

現在7期連続増益という、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いを続けている花王ですが、このような複合的な取り組みが功を奏しているのではないでしょうか。

花王の仕事内容・職種

花王株式会社およびグループの職種は、大きく技術系と事務系の2つに分かれています。

職種 分野
技術系 研究職 化学系分野
生物系分野
化学工学系分野
機械電気系分野
生産技術職 化学工学系分野
機械電気制御系分野
事務系 総合職 マーケティング
ケミカル営業
購買
法務
経理
人事
クリエイティブ職 コピーライター
商品デザイナー
ビジネスプロセスエンジニア 情報システム
ロジスティクス
ケミカルスペシャリティコース ケミカル営業
会計財務スペシャリティコース 経理

技術系はさらに研究職と生産技術職に分かれ、各分野で「ビューティケア」「ヒューマンヘルスケア」「ファブリック&ホームケア」「ケミカル」の4事業の研究や開発などを行っています。

一方で事務系は、総合職とクリエイティブ職の他、ビジネスプロセスエンジニア、ケミカルスペシャリティコース、会計財務スペシャリティコースの5つに分かれています。

ちなみに総合職ではマーケティングやケミカル(BtoB)営業、購買、法務、経理、人事などありますが、採用は職種別に行われています。

花王の採用情報

花王の気になる採用情報ですが、現在募集されているのは技術系で新卒、事務系で新卒および既卒3年未満のみで、中途採用情報はありません。

花王のような大企業は毎年新卒者を大量に採用し、また教育体制も充実しているので、実は中途採用の求人は多くありません。

ただ、非公開で技術職を中心に転職エージェントを通じて採用活動が展開されている可能性があります。

このように、花王株式会社に中途入社を成し遂げるのは狭き門ですが、転職エージェントに登録して普段から情報収集を怠らず、少ないチャンスを逃さないことが重要です。

花王の年収相場は?


花王の給与水準は、とても高いです。

賞与は年に3回用意されています。他社と比較してボーナスの比率が高く、福利厚生も充実しているので、非常に働きやすい環境です。

労働時間が7時間30分を超えると、残業扱いになるので残業代が支給されます。

年齢別の平均年収

花王の年齢別平均年収は、以下のようになっています。

年収
20〜24歳 314~344万円
25〜29歳 557~607万円
30〜34歳 596~696万円
35〜39歳 616~720万円
40〜44歳 688~809万円
45〜49歳 784~906万円
50〜54歳 861~971万円
55〜59歳 853~963万円
60〜64歳 555~963万円

もっとも平均年収が高くなっているのは、50~54歳となっています。

花王は年功序列の傾向が強いので、長く勤めればそれだけ年収に反映される会社のようです。

職種別の平均年収

花王の職種別平均年収についてもご紹介していきます。

年収
営業系 729万円
企画・事務・管理系 688万円
販売・サービス系 350万円
クリエイティブ系 825万円
IT系エンジニア 917万円
電気・電子・機械系エンジニア 500万円
医薬・化学・素材・食品系専門職 710万円
その他 350万円

平均年収の中でも特に高くなっているのは、IT系エンジニアです。

営業系、医薬・化学・素材・食品系専門職の年収も高くなっています。

花王の仕事のやりがい

花王の研究職は、高い技術力をバックに社会貢献できるという大きなやりがいは勿論ですが、研究室の「大部屋制」を採用しており、専門の異なる個人の研究者同士の意見交換が活発に行われているのが特徴です。

また、研究者の自主性が重んじられており、大手でありながら若手のうちから様々な仕事にチャレンジできる傾向のようです。

花王の生産技術職は様々な職域があり、専門知識を生かして生産ラインの管理や技術の支援などに係ることができます。

また、他部署と連携して仕事を進めることも多く人間関係の構築が大切ですが、その分他人の評価などがやりがいにつながるケースも多いようです。

事務系のケミカル営業職は、花王の優れた工業製品を法人ユーザーへ提案し、新しい製品を作り上げていく、「技術コンサルタント」であり、自分が手掛けた商品や企画が店頭に並ぶなどの形になったとき、大きな達成感を得ることができるようです。

このように花王には多くの職種がありますが、どの職種も花王の高い技術力やブランド力を背景に、「社会へ大きく貢献している」という充実感を得ることができ、このことが社員の大きなやりがいとなっているようです。

花王の残業時間


気になる残業時間についてですが、部署によっては残業が多い場合もあります。

ノー残業DAYを設けていますが、繁忙期はどうしても残業することになってしまうという声も挙げられています。

ただ、残業をしたら必ず申請するようにと言われているため、しっかりとその分は支給されます。

あまりにも残業が多くなってしまう場合には、業務内容の見直しをしているのだとか。

部署の中でも務めて残業時間を短くしようと努力している部門もあるそうですよ。

また、女性に対しては、時間を早く終わらせるよう指導もしているとか。

働き方改革により、全社的に業務時間を短縮しようと努力しているのも良い点として挙げられています。

花王の評判・口コミ


花王へ転職したい、と思いつつも実際の労働環境ってよく分からないですよね。

そこで元社員や現在も働いている方からの評判を集めてみました。ぜひ、転職するかどうかの参考にしてみてください。

良い評判・口コミ

穏やかで風通しの良い社風だと感じている人が多いようでした。

産休や育休などが整っており、女性の人でも働きやすいと評判です。紙おむつや洗剤など、家庭向けの製品を多く作っている企業ならでは、という意見が多かったです。

営業・34歳
風通しが良い社風だと思う。役職付きの人にも気軽に相談できるので、すごく仕事がしやすい環境。
事務・28歳
上下関係がしっかりしていますが、時代に合わせて会社の体制を変えています。

産休や育休、時短勤務の制度が整っているので、女性の人でも働きやすいです。

普通に1年以上育休を取っている人が多いです。異動希望も女性の方が通りやすいですね。

商品デザイナー・26歳
基本的に残業は多くないです。繁忙期はもちろん忙しくなって、残業をすることもありますけど。

フレックス制が導入されているので、退社時間を自分で決められるのは良いところだと思います。

研究職・31歳
有給消化を強く推奨しています。取得もしやすい環境なので、よく海外旅行に行ってますね。

福利厚生も充実していて、コナミのスポーツジムもよく利用してます。定時に退社した同僚とジムで鉢合わせることもw

営業・35歳
給料は一般企業と同じぐらいだと思いますが、ボーナスが多いと感じています。

悪い評判・口コミ

花王は明治時代に創業した歴史がある会社ということもあって、年功序列など昔ながらの体制が色濃く残っているようです。

また、保守的な考え方なので、企業の意思決定は遅く、エネルギッシュさが足りないという口コミが目立ちました。

新しいことに次々と挑戦した人には窮屈に感じる社風のようです。

技術職・27歳
年収は年功序列制なので、やる気のない上司の下にいるとモチベーションが下がります。

大企業ゆえにパワハラに敏感で、そういう社員を注意する人がいないのも問題だと思いますね。

営業・31歳
労働環境は悪くないけど、新しいことにチャレンジする熱意は足りないような気がする。

穏やかな人が多い分、上へ上へ目指すエネルギッシュさはない。

営業・29歳
典型的な昔ながらの企業。意思決定スピードが遅い。

安定して働きたいなら、とても良い会社だとは思うけど……

技術職・32歳
スキルがアップしないと感じました。

教育体制は一応あるものの、新しいことに挑戦する意識が薄いから、自分のスキルを磨く機会が少ないです。

研究職・27歳
安定した大企業だから変わらなくても良いと考える人が多い。

人柄が良い人ばかりだが、自分の成長にはならず、モチベーションが上がらないのがつらいところ。

花王の面接・SPIなど選考難易度

花王の選考フローや面接での質問内容を知ることで、事前に対策することができます。

選考難易度が高い花王なので、面接対策などを事前にすることで成功率を少しでも上げられます。

選考フロー

花王の選考フローは、「事務系」「技術系」のどちらを希望するのかによって選考フローも変わってきます。

それぞれの選考フローについては以下の通りです。

事務系の選考フロー

STEP1.エントリーシート・Webテスト

STEP2.Web説明会

STEP3.1次面接

STEP4.2次面接・筆記試験

STEP5.最終面接

STEP6.内定

事務系の選考には、Webでの説明会がありますが、直接社員から話を聞く機会は用意されていないようです。

選考過程全体を通して、花王の企業理念である「花王ウェイ」に共感した点など、頻繁に質問される傾向にあるそうですよ。

面接時間は20分くらいで、結構多くの質問が飛んでくるようなので、しっかり受け答えできるよう対策することをおすすめします。

技術系の選考フロー

STEP1.エントリーシート

STEP2.分野別説明会・1次面接

STEP3.2次面接

STEP4.Webテスト

STEP5.最終面接

STEP6.内定

技術系の特徴として挙げられるのは、エントリーシートで合計約2,400字を手書きで記入するという点だそうです。

面接でも自分の研究内容についてプレゼンをすることを求められ、専門分野について説明することも要求されるのだとか。

事務系よりも技術系の方が、対策しておくべき点が多いのかもしれませんね。

面接での質問例

花王の面接では、どのようなことが質問されているのでしょうか?

具体的な質問内容についてご紹介したいと思います。

1.志望動機

2.学生時代に取り組んだこと

3.チャレンジしたいこと

4.どの製品が好きですか?

花王は、強い熱意を持ってチームワークを重視しながら、発展・挑戦の機会を求める健全な危機意識が持てる人材を求めています。

そのため、学生時代にどんなことに取り組んだのか。チャレンジしたいことは何か、どんな製品が好きでその製品をより良くするためにはどうしたら良いか。

そういった点を質問して、志望者がどのような人物であるのか見極めようとしているのかもしれません。

SPI難易度

花王のSPI難易度は、高いと言えるでしょう。

比較的多くの方を対象に募集しているものもあれば、入社に専門的な知識・経験が求められる職種もあります。

以前までは中途採用をあまり行なっていなかったのですが、ここ近年になってからは中途採用を積極的に行なっています。

もちろん、経験やスキルに応じて給与・待遇に違いが生じます。

花王への転職を成功させるポイント

花王などのような大手企業の求人は、大手の転職エージェントか、大企業に強い中小エージェントに非公開求人として、依頼する事が多いです。

また花王のような大手企業への転職は、様々な職種に分かれているため転職後の配属先や給与面の交渉など自分一人ではしづらいことも代わりに行ってくれるため転職エージェントの利用は非常に有効です。

しかし大手の転職エージェントでも担当になるキャリアアドバイザーによって得意、不得意もあるので、まずは複数の転職エージェントへ登録をしてみて、自分に1番合うエージェントを見つけるようにすると良いですよ。

※転職エージェントは、平均して2〜3社登録することをオススメします。

花王へ転職するのにおすすめな転職エージェント

花王の転職におすすめな転職エージェントをいくつかご紹介します!

この記事を読んで花王へ転職したいな〜!と思われた方は、ぜひチェックしてみてください。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント

30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

大手エージェントの中でも、特に20代に強みをもつエージェント
新卒サイトの掲載社数、業界No1!
20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅しています。

特徴
【メリット】

  1. 若手向けサービスマイナビジョブ20’s”を展開。第二新卒の方の転職活動も手厚くサポート
  2. 20代の若手層で未経験業界や職種へのチャレンジ可能な求人を多数保有
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが求人マッチングや絞り込んだ提案を行ってくれます

【デメリット】

  1. 大手なのでキャリアアドバイザーの数が多いために、質にばらつきがでる可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 20代で転職を考えている方
  2. 異業界・異職種へのキャリアチェンジを希望している方

【関連記事】
マイナビエージェントの詳しい評判についてはこちら

紹介実績、求人数共に業界No1!転職者の8割が利用している転職エージェント。
大手エージェントの場合は特に、担当になるコンサルタントによって質のばらつきがあるので、マイナビと平行して登録をオススメします。

特徴
【メリット】

  1. 国内最多の求人数を保有
  2. 転職者の8割以上が登録
  3. 幅広い業界・職種の求人を網羅的に閲覧・紹介してもらえます

【デメリット】

  1. 求人数が多い一方で、転職者の登録数も多いため、1人1人に手厚いサービスが期待できない可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 「大量の求人を一旦閲覧したい、紹介してもらいたい」という方
  2. 業界最大手の転職エージェントの標準的・平均値的なサービスレベルを最初に知っておきたい方

【関連記事】
リクルートエージェントの詳しい評判についてはこちら

リクルートエージェントと並ぶ、業界最大手のエージェント。リクルートと比べると、多くの求人の中から、コンサルタントが厳選して求人を紹介してくれるスタイルです。
マイナビ、リクルートと平行して登録し、比較検討することをオススメしています。

特徴
【メリット】

  1. 国内第2位の求人数を保有
  2. 面接・書類作成といった、転職へのサポートが手厚い
  3. マッチングにこだわっており、キャリアアドバイザーが求人を絞り込んで提案してくれます

【デメリット】

  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーによってバラつく可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 「多くの求人を網羅的に閲覧したいが、自分に合った求人をプロ視点で一定は絞り込んで提案してほしい」といったニーズをお持ちの方

【関連記事】
dodaの詳しい評判についてはこちら

 

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性にオススメの、事務の求人や残業なし・少なめの求人も多数取り扱い!
女性の方は間違いなく登録しておくべきエージェントです!

※サポートエリアが1都3県に限られます。

希望勤務地が上記のサポート対象外の場合は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。


特徴
【メリット】

  1. 女性のアドバイザーが担当
  2. 女性にオススメの求人を多数保有している
  3. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  4. 女性の転職に10年以上のノウハウ

【デメリット】

  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!

  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

【関連記事】
type女性の転職エージェントの詳しい評判についてはこちら

 

高卒・フリーター・第二新卒・既卒の転職に特化した転職エージェント

大手転職エージェント(リクルートエージェント、doda、マイナビエージェント)の3社に登録して、面談してみた際に各社のキャリアアドバイザーから転職市場価値的にサポートが難しいというフィードバックや温度感を感じた場合は、ジェイックにも追加登録することをオススメします!

特徴
【メリット】

  1. 転職市場で評価されづらい転職者層(高卒・既卒者・派遣・フリーター・転職歴が極端に多い方、明確なスキルや経験を持っていない方)の転職を手厚くサポート
  2. ジェイックの自社オリジナルビジネス研修を無料で受けられ、転職者を育成した上で求人企業を紹介するので、転職を成功させやすいです
  3. 未経験の職種に対しても積極的に挑戦できます
  4. 既卒(大卒後、正社員の就業経験がない派遣・フリーター)の転職決定率が通常の2倍

【デメリット】

  1. ビジネス研修を受講する事は、一定の時間や手間暇がかかるので、転職者側にとってもそれ相応の覚悟やコミットが求められます。

こんな人がおすすめ!

  1. ご自分のキャリア経験値や転職市場価値に自信のない方
  2. 特にキャリアのない未経験者で、まずは営業・販売関連の仕事からキャリア形成を開始していく事も検討している方

【関連記事】
ジェイックの詳しい評判についてはこちら

 

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

特徴
【メリット】

  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる

【デメリット】

  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!

  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方


【関連記事】
ビズリーチの詳しい評判についてはこちら

特徴
【メリット】

  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)

【デメリット】

  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!

  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

【関連記事】
JACリクルートメントの詳しい評判についてはこちら