32歳の転職は性別で難易度が変わる?成功する人の特徴を大公開!

32歳の転職難易度について解説しています。また、32歳女性の転職についても詳しく紹介しています。

他にも、転職成功する人と失敗する人の特徴、転職回数、年収についても説明しています!

32歳の転職は不利ではないが20代よりは難易度が上がる

32歳と言わず、30代前半の転職者は20代と比べて転職難易度が上がります。

20代は実績やスキルが30代と比べて低いのは当然ですが、まだ若いのでこれから育成して、将来的に会社に貢献できるかという観点で見られていることが多いです。

比べて30代は育成していくというよりも、転職後すぐに活躍してくれるのかという、実績やスキルを重要視され、一定の即戦力性が求められます。

もちろん、転職することは不可能ではありませんし、転職者の実力次第では全く不利に感じないということもあります。ただこれは、裏を返せば完全に転職者の実力次第ということになります。

20代のうちからしっかりスキルを伸ばしてきた人なら、そこまで苦にはならないかもしれません。

逆に今まで言われたことしかやって来なかったという受け身な人で、特別スキルを伸ばすことも意識してこなかった人だと、転職が難しいと感じてしまうかもしれません。

30代の転職事情について、もっと詳しく知りたい人は以下の記事をご確認ください。

関連記事30代の転職って不利?成功を掴むコツを転職のプロが徹底解説!

未経験業種への転職はさらに難しい

先ほど30代になると、転職者は即戦力かどうかを求められると説明しましたが、当然ながら未経験業種への転職はさらに難しくなります。

仮に転職できたとしても、年収が下がってしまったりと、何かしらリスクを伴うことがほとんどです。

30代から未経験業種に転職を考えている人は、リスクをしっかりと理解し、結婚している人は家族ともよく相談してから、転職活動を始めましょう。

異業種への転職について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事も読んでみてください。

関連記事異業種への転職で成功をするポイントは?不安をなくす方法を伝授!

32歳はキャリアアップしやすい年齢

30代の転職は難しいと言いましたが、もし転職成功できたら年収が上がる可能性が高いです。30代は即戦力として採用されるので、年収アップなど条件の良い求人が多いためです。

とはいえ、30代でも年齢が増すに連れてどんどん難易度が上がってしまうので、転職で年収アップを狙いたいなら30代前半はもっともチャンスと言えます。

32歳で転職成功するためのコツ

32歳から転職するなら、何に気をつけて転職活動すれば良いのか、転職成功のコツを紹介します。

自己分析を怠らない

転職活動がいまいち上手くいかない人は、この自己分析を怠ってしまっていることが多いです。実際に自己分析をするときは、以下の5点に注視してみてください。

  • 自分のキャリアの棚卸し
  • 自分の強みの「言語化」
  • 成功事例のエピソードを整理する
  • 転職目的を明確にする
  • これまで培ってきた知識と技術をどう活かすのかを明確にする

自己分析のポイントとして、上記の点を意識してやってみるのと、これから先自分はどんなキャリアを築いていきたいのかという、未来の話も考えてみると良いです。また、未来の話を応募した企業とどう結びつけるのかも重要です。

未来の話を面接時に上手く伝えられると、志望動機が明確になるので入社意欲の本気度が伝わりやすくなります。

自己分析についてもっと詳しく知りたい人は以下の記事もご覧ください。

関連記事自己分析なしの転職は失敗します。転職のプロが正しいやり方をご紹介!

転職活動は前職を退職する前に終わらせる

多くの転職者と話していると「転職活動に集中したいから」と言い、前職を退職してから転職活動を始める人がいますが、これは間違いです。

転職活動は基本的に前職を退職する前におこなうのが普通です。退職してからの転職活動は、応募先の採用担当者にも良い印象は与えません。

それというのも、仮に転職活動が上手くいかなかったら生活に支障が出てしまいますよね。そこまで計算して行動できない人と思われやすくなってしまうのです。

最悪の場合、なかなか転職先が決まらないと前職の貯金もなくなってしまい、生活費を稼ぐためにとりあえずアルバイトを始めてしまいます。そのアルバイトも長くなってしまうと、履歴書の空白期間がどんどん長くなってしまいます。

企業の採用担当者としても、32歳で履歴書の空白期間が長い人に良い印象はもちません。

上記のリスクを踏まえ、転職活動は前職を退職する前からはじめ、ある程度の妥協と折り合いをつけて行動しましょう。

32歳女性の転職難易度

32歳女性の転職難易度は基本的に男性と変わりません。ただ、女性は結婚しているかどうかで難易度に差が出てきます。

多くの企業が不安に思うのは、産休や育休のタイミングです。32歳で結婚している女性は「もしかしたら入社後すぐに育休をとってしまうのでは?」と女性ならではのイベントに不安を感じやすいです。

どの企業も、育休や産休は入社して1年以上と決まっていることがほとんどです。転職してすぐに育休や産休を取得しようとしても、そのルールに乗っ取れなくなってしまいます。

仮に入社1年未満で育休か産休を取得できたとしても、早いタイミングで長期休みを取っているので、勤続年数だけ長い人になってしまいます。ブランクもあり、実際のスキル感は新人とほぼ変わらないということになりえます。

まだ子供は考えていないなら、面接時にそのことをしっかりと伝えましょう。伝えることで、採用担当者の不安も払拭されます。

専業主婦から転職する場合

専業主婦からの転職は、まず前職からどの程度ブランクがあるのかによって、転職の難易度は大きく変わってきます。

仕事から離れていた期間が1ヶ月や2ヶ月など、短い期間であればそこまで影響しませんが、1年以上など、離職期間が長くなってしまうと、正直転職はかなり難しいです。

また、家庭の事情で時短勤務が必須であったり、家からなるべく近いところで働きたいなど、条件が多くなっていくに連れ、求人自体も少なくなり、さらに転職は難しくなります。

女性の転職で人気な職種

転職サイトのdodaが調査した結果、30代前半女性が転職するときに、主に人気がある職種は以下の4つでした。

  • 企画・管理系
  • 事務・アシスタント系
  • 営業系
  • IT・エンジニア系

Webマーケティングやエンジニアなど、手に職をつけたような職種が割と人気があるようです。出産後など、仕事に復帰したときに無理なく働くことができるように、そのような職種が人気になっているようです。

32歳で転職した人の体験談

32歳で実際に転職した人の体験談を、成功した人と失敗した人に分けて紹介します。

成功した人

営業→営業

2回目の転職なので、絶対に失敗できないというプレッシャーがありました。前回転職したときは、結構妥協を重ねて決めたので、今回は条件をかなり絞って転職活動をおこなっていました。

まず、はじめに前の職場のどこが不満なのかを書き出して、その不満がない企業をとにかくリストアップ。まあ流石に全部が希望通りにはいきませんが、今の職場にはわりと満足してます。

事務→営業

大学を卒業してからずっと事務の仕事をしていました。10年くらいたった頃に、違う仕事にも挑戦してみたいと思い、転職を決意。はじめての転職で右も左もわからない状態で、正直思っているよりも受からないんだなって印象でした。

1度転職をしている友人に相談して、最後には熱意が大事なんだなと認識。面接ではとにかく熱意を伝えるようにして、なんとか転職することができました。

失敗した人

エンジニア

転職はまず、転職して何がしたいのかを明確にするべきなんだなって知りました。今の会社の勤続年数が無駄に長くなってきたから、とりあえず転職して年収でも上がらないかなって気持ちではダメですね。

もっと具体的な目的意識をもたないと、企業から必要とされないみたいです。おかげさまで転職は失敗して、今だに会社を辞められず。

事務職

転職はできましたけど、半年かかりました。前職ではクリエイティブ系の仕事をしていたのですが、歳を重ねるごとに激務に耐えられなくなり、一般企業の事務に転職を考えていました。

ただ、前職の経験がほとんど活かせない職種で、年齢もあり中々採用されず…。忍耐強く面接を続けなんとか受かりましたが、年収は下がりました。

転職回数は2回以上していると多いと思われやすい

転職回数は、業界や職種で何回からが多いと思われるのか変わりますが、一般的には2回以上転職していると多いと思われやすくなります。

32歳で2回以上転職しているということは、1社1社の経験はどうして短くなりますよね。企業の採用担当者としては、このような転職者に「会社に貢献する前に退職してしまうのでは?」と懸念されてしまい、転職が不利になります。

とはいえ、クリエイティブ、メディカル系技術、化学系技術、食品系技術、建築系技術、土木系技術のような専門性が高い職種は、転職回数が多くてもそこまで不利にならない傾向があります

逆に、転職回数が多くなると不利になる職種は、電気系技術、電子系技術、機械系技術、営業、販売などです。

ちなみに内閣府の調査によると、1度も転職したことがなく終身雇用の道を歩んでいる人は、30代で約38%になっています。つまり、全体の6〜7割の人は1回は転職しているということになります。

転職回数と合否の関係について詳しく知りたい人は以下の記事もご覧ください。

関連記事転職回数が多い人向け!内定を獲得する方法をプロが伝授!

30代前半が転職エージェントを利用して転職を成功させるには?

32歳は20代よりも転職難易度が高くなるので、自分1人で転職活動を進めてもなかなか上手くいきません。

そんな32歳にこそ転職のプロである転職エージェントの利用をおすすめします

転職エージェントでは、客観的な視点であなたにあう業界や職種・企業を紹介してくれたり、企業の採用担当者に直接あなたを推薦してくれるので、結果として転職成功率が上がりやすいです。

以下オススメの転職エージェントをピックアップしました。

ただ、担当になるアドバイザーによってサービスの質が変わってしまうリスクがあるので、大手転職エージェントの中から2〜3社、特化型転職エージェントの中から1社程度、複数登録することをおすすめします。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの人は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

転職エージェントについては、以下の記事でも詳しく書かれています。気になるようであれば、ぜひ読んでみてください。

関連記事30代は転職エージェントで内定率を上げられる!プロがおすすめ徹底厳選!
関連記事転職エージェントに使われるな!成功のための3つのテクニック

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント